「されている側」の弱い私

08
8月
2018

おはようございます♪

昨日と今日は雨でお天気は悪いのですが

気温が少し収まり、息継ぎが出来るようなそんな

2日間ですね。

 

今までが暑すぎて危険な災害レベルの暑さでしたから

もっともです☆

 

さて、今日は私を含めてですがクライアントさんの殆どが

大なり小なり持っている感覚について書いていきたいと思います。

 

ご相談のお話を聞いていると・・・

自分の立ち位置と言いますか、存在している場所と言いますか

殆どが誰かや環境や、社会や何かに「されている側」になっているのです。

 

一見、「している側」に居るようでも、そこに例えば怒りを感じているときなど

「している感」が足りなくて、こんなもんじゃすまされないとか

私はもっと傷ついたんだとか・・・

 

あなたはこれを同じように分かるべき、知るべき、罪滅ぼしを

するべき・・・などなど・・・

 

もしくは周りは私を助けるべき、理解するべきなど・・・

 

色々な形こそあれ、「されちゃっている私」または

「過去にされていた私」であることが多いですよね。

 

この思いを持っていると良くないから

「明るい力のある私へ変化しましょう」とか

どうやったら許せるでしょうね~という事を言いたいのではありません。

 

 

これらのある意味大なり小なりのみんなが経験したことがある

「される側」の私の「何故今も、これに苦しんでいるのか」の

理由と訳を聞いていってあげたいのです。

→例え普段は忘れていたとしても10年前の出来事を

思い出せるのはその時の自分の傷があるからですよね。

 

時薬・・・

時間が解決してくれるってよく親にも言われたし

先生もそう言っていたけれど・・・

本当にそこにある傷は時間で忘れようとしても

実は蓋をしているだけで「あるなぁ」と感じざるを得ません・・・

 

 

自分の中に出ている思いや感情・・・

「あの時、あの人がこんなことをしなかったら

今の私は違っていたはず」

 

「社会がもっと私を助けてくれていたら

今の私は自由に生きていたはず」

 

「やりたいことが出来ないのは

〇〇のせいだ・・・」

 

他者や環境が悪い…と感じている時の私の傷ついた声は

本当に聞いてもらえていない心の叫びであることが

多いなぁと感じます。

 

そして根本的に「される側」でデフォルトの私が強く存在していると

どうしてもそこに引っ張られてしまうのは

当たり前なんですよね・・。

 

私も自分の中の「される側の弱い私」=「被害者の可哀そうな私」を

ずっと見つめてきています。

いっぱいいますから・・・笑

永遠のテーマです♪笑

 

 

自分自身の深い声は「諦めていたり」「世の中そんなもんだ」とか

「誰もわたしのことは分かってくれない」とか

最初はそんな声ばかりなのですが・・・

 

ここをとことん「セラピーで聞き倒すこと」で

どんな声もずっと押さえつけられてきた日の目を見ることが出来なかった

痛みの声なので理解して理解して受容して受容していくと・・・

 

ある瞬間に「どわぁ~」っと溢れて出てきます・・・

もう、本当に涙が洪水の様に出て・・・

そして「これが欲しかったの(欲しかったものは様々です)・・・」

と小さい子の叫びの様に

ずっと抑えていたものが見えてきたときに・・・

 

本当の意味での赦しや、癒しや、緩みが体感できます。

 

直ぐに訪れないことも多々ありますし

無意識に楽になることへの抵抗もあったり

苦しい自分からの変化が怖くて

 

そこに触れられないことも良くあります・・・

 

私も何年もかけて同じようなテーマを

自分自身が見ているものもあります。

 

でも・・・一度これを体験したら・・・もう、本当に

それは「完璧な安堵」しかなく、常にこれしかないことを

身体全てで感じます。

 

ご自身の中にある「されている側」の私を

優しい眼差しで抱きしめてあげる経験は

自分自身の理解とこれこそが自分への愛そのものだと

 

日々のセッションや経験から感じています。

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.