「そうだったんだね・・・」

25
8月
2018

おはようございます♪

昨日はとんでもない強い風と雨が一時的でしたが

窓に打ち付けるような台風の影響のお天気でしたね。

 

今朝の東京は快晴♪

大物洗いでもすぐに乾きそうです~

 

皆様の所はいかがお過ごしでしょうか?

 

たまたま昨日もSkypeやzoomのセッションが続き

対面でなかったので良かったなぁと思います。

今は本当に便利な世の中ですよね。

 

実際に身体をここまで運ばなくても対面と全く同じように

セッションが行えるなんて、20年前に想像もつきませんでした。

 

======

 

セッション通じ、自分の自己ワーク通じ、本当にびっくりするような

自分の中に隠れていた、日の目を見なかった

光が当たっていなかった思いや感情が出てくるのです・・・。

 

頭の中で洪水の様に流れてくる思いや感情は

誰かのアドバイスや賢者の言葉で一時的な平安は得られますが

また何か刺激があれば簡単に崩れて

同じパターンの苦しみがやってきます。

 

私も何度となく同じパターンからどうしても抜けられずに

同じテーマを何度もワークしたのは

本当に「底の底にあった気持ちや感情」を

自分が見えてあげられなかったからだなぁと

毎回感じます。

 

 

そしてそれが見つかったときには

本当に今まで「自分が自分の真の苦しみ」に

気づかずに分かってあげられなかったこと・・・

そして今までよく一人でそれを孤独に抱えて

耐えていた「私自身に」抱きしめて共感したい気持ちに

なります・・・

 

あるケースでは(私のではなかったのですが)

相手からの「好き」「愛している」「大切に思っている」という

言葉自体がどうしても自分の中にしっかりとした重さとして

響いてこない・・・

これさえ響いたら今の不安感や見捨てられ感は無くなるのに・・・

 

 

そんな思いの苦しみでした。

 

相手がパートナーの場合もあるでしょうし

信頼している上司の時もあるでしょう。

尊敬している師匠や、全知全能の神の言葉かもしれません。

 

相手が「絶対に嘘じゃない」「本当にあなたを必要としている」

100万回伝えてくれても顕在意識上では本当だと分かっていても

相手の真剣な表情や声からも嘘ではないとは感じているのですが

何故ご本人に響かないのでしょうか・・・

 

ここの声をよ~く聴いていってあげると出てきたのは

「この声を受け取って響かせた瞬間に

次からはいつ捨てられてしまうのかという恐怖に耐えなければいけない」

 

こんな絶叫が聞こえてきました・・・

 

響かない辛さよりもいつ捨てられるのかの怖さの方が

どちらも辛いけれどもっと耐えがたいの・・・

 

そんな声が聞こえてきまた・・・

 

そして更にその奥には相手が好意を伝えてくれても

一方的にそれではダメで何を真に求めていたかといえば

相手が自分を自分と同じぐらいに頼ってくれている確信と

証拠がないとダメなの・・・

 

この両方が揃わない限りはこの方の真の安心感、安定が

得られない・・・

そんな本当に苦しんでいる姿を見せてくれました。

 

「知らなかったよ・・・」

「そんな隠れていた私の声がそこに在ったんだ・・・」

「何故それを今まで出せなかったのかが分かったよ」

「そうだったんだね・・」

 

いつでも待っているのは切なる私の本当の声。

 

なんて純粋でなんて隠し事のない美しい声なんでしょうか・・・

 

身体から感じる本当の声を聞いた時の沸き上がるものを

今日も探していきたいと思います。

 

そこに広がる真の安心感・・・

そこに実はずっと持っていた平和・・・

 

最初からこの生命の自然の動き、営みの中で

永遠に続く美しいもの・・・・

 

どの声も美しすぎて、声の持ち主に対しての愛が溢れ

全体の仕組みに感嘆し、その時の涙は安堵の涙です♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.