「そこに人がいる、ということ」

15
9月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

昨日はHRA OADセラピスト養成講座で

フォーカシングの講師を無事終えて

今日はアシスタントとしてサポートで1日過ごします。

 

フォーカシングを1日お伝えする中で・・・

一番伝えたかったこと・・・

それはどんな技法よりも一番大切な

「そこに人がいる、ということ」

 

ジェンドリン博士も事あるごとに言っていますが

大好きなコラムを抜粋します。

 

=======

 

私が言わなければならない、最も大切なことから始めよう。

すなわち、人とワークすることの本質は

生きている存在として

そこにいること(to be present)です。

そして、これは幸運なことなのです。なぜなら、

もしも、私たちが頭がいいとか、善良であるとか、

成熟しているとか、賢明でなければならないのなら

私たちはおそらく困ってしまうでしょう。

しかし、重要なことはそれらではありません。

重要なことは

熱の人間と共にいる人間であること・・・

 

by ジェンドリン・E

 

========

 

ここで言うワークとは自分を自分が見つめるでも良いし

自分が誰かの話を聞く、悩みを聞くでも良いし

セラピストやカウンセラーとしてそこにいる事でも

全てに通じるのですが・・・

 

私たちが自分の心の中の、まだごちゃごちゃして

ぐるぐる悩んでいて出口がない時・・

「本当は何を感じている?どうしたい?」

「ここがすごく辛かったの」

 

こういった普段のすぐに捉えられる声の下に

隠されていて、

本当は「ある」のに「ない」ことになっている

抑圧されているものを掴むには

 

誰かがそこにいて聴いてくれるからこそ出てくるよね・・・

ジェンドリンが伝えています・・・

 

この話を聞いてくれる人が誰かによって

話す内容や出てくる声さえも違ってきます。

 

一見、無愛想だったり寡黙な悩める人だったとしても・・

その眼差しの奥には一生懸命生きようとしている人間がいる・・

 

こういったイメージで常に「待つ」ことを厭わずに

その場に一緒にいて共に生きてくれる、生きてもらっている時間を

過ごしながら・・・

 

初めて隠されていた本音は顔を出してくるでしょう・・

 

私もそんな誰かにそばにいてほしいし

自分の心が開くとしたら・・そんな瞬間でしょう。

もちろん、誰かのそんな存在でもありたいし

それは自分自身がその役をしても良いのです。

 

どうにか良くしなきゃ、変えなきゃといった操作なしで

本当に目の前のその人の生命が開示される瞬間を

共に生きる・・・

素晴らしいと感じます。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.