「ただの考え」と『気付き』の違い

06
6月
2019

おはようございます

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はいつも書いている『気付く』ことと

『考える』ことの違いについて

みなさんと分かち合いたいと思います。

 

 

********

 

考えているとは?

例えば

今日はこれから◯◯さんと会って、ミーティングだ。

あ、その前に、彼にもコーヒー買っていこう。

あそこのコーヒーは格段に美味しいし。

彼には色々迷惑かけているから、

せめて自分がこのぐらいは気を遣わなきゃ。

急ごう〜

 

これはただの考え。

なんだか自分なりに彼に気を遣っているから疲れるよね、とか、

この仕事自体がわたしには荷が重いとか、

正当な考えのようですがただ思考レベルで考えているだけ。

 

最もらしさや分析も入り、いかにも「考えている」と

思考が感じる状態。

 

通常の私たちはこの状態です。

私もセッション以外では勿論これがメイン。

 

では、「気づくってなに?」

 

=========

 

私たちは悩んでいる時こそ、苦しみがある時こそ

実は色々考えているように感じますが

これこそ、上記のような思考の言葉の羅列の中で

一生懸命答え探しをしています。

 

これはその自分がイメージした世界の中に

どハマりしていて、客観視ができていない

同化しきっている状態です。

 

これが悪いとか、いけないと言う話ではなく

私も苦しみを感じている時には

もれなくこの状態になっています。

 

溺れていて、救命胴衣や浮き輪を懸命に探したり

大声で助けて〜と叫んでいて

パニックです。

そんな時はまさしく感情の渦にはまっています。

 

「どうして気づいてくれないの?」

「どうしてそんなひどいことをできるの?」

「私、悪いことした?」

 

頭の中は静かなベッドの中でも嵐です。

 

では【気づく】とは?

 

*私は40歳になってもう子供を産めないかも・・・

このまま一人でずっと孤独で最後は孤独死なんだ・・・

家庭を持って愛する人と共に寝起きして、その人々のために

食事を作り、家族で出かけ、そんな人生を送りたかったのに・・・

 

こんな風に展開する頭の中のストーリーは誰にでも

1度や2度は経験ありますよね。

このままでは「考えているのみ」なのでこの渦から永遠に出れません。

忘れるために、感じなくて済むための逃避行動を

続けるしかないですよね。

 

では【気づく、振り返る】とは。。。

*40歳は子供がもう永遠に産めないと私が感じているんだな

*このままずっと一人が続いていくと私は感じているのね

*一人暮らしは絶対に孤独死になると思っているんだ・・私って!

*家庭を持つ=愛する人との寝起きを共にすることと

感じているのね、私って人は・・・なるほど。

*私は愛する人に食事を作る、出かけることが人生の望みなのね・・そうなのね。

 

 

最初の「考える」時は思いと感情が自分とくっついている状態。

イコールになっています。

この時にどんな崇高な言葉が流れていたとしても

ただ「同化」して苦しみと

離れることは難しいでしょう・・・

 

では「振り返れる時、気づいている状態の時」は

どうでしょう・・・?

自分と出来事、感情、思いと距離ができているのは

わかりましたか?

 

 

「同化=感情と思いそのものになっている」時

まさに、悩んでいる時に改めて自分が同化しているか

立ち止まって確認できたら・・・

そこから少し風が通り、なにかしらの息抜きができるでしょう。

 

ハマりきっている・・・(同化しきっている)

それは悪いことではないのですが

苦しい時ほど、ここに気づけると早く楽になれます。

 

いつも応援、ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.