「当たり前だ」と思われたくないとき

09
8月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「当たり前」と思われて

悲しくなったり、怒りが出たり

もう2度とするもんか!と思っているはずが

 

数ヶ月経ったり、または相手がいい人に感じると

どうしても繰り返してしまう・・・

 

そんなあなたとシェアできたらと思います♡

 

 

========

 

まず、どうしてその行動を辞めれないのでしょうか?

 

例えば自分の都合より相手の都合を優先してしまうとか

いつも人の話の聞き役になってしまうとか

「都合のいい人」にどうしても戻ってしまう・・・

 

自分に意地悪した人だけれど

大失恋をして傷ついていると

どうしても一緒にご飯を付き合ってご馳走してしまうとか

 

絶対返すから・・と言われて

お金を貸してしまってほとんど返ってこない

もしくは返済を促すことを遠慮しながらも

しないと返ってこない・・とか・・

 

*余談ですが「貸したつもり100%でした」が

あれはくれたと思った・・

屈託無くあっさりと言われたのに

また貸したこともあるケースも・・・

 

パートナーが浮気をして2度と許さないはずが

また事実上は「許している」ことになって

そのままあやふやに付き合っているなど・・

 

 

どうして「当たり前の人」になってしまうのでしょうか?

 

=======

 

もしかしたら相手は私のことを

「当たり前」と思っていないかもしれませんよね。

 

「あれ?やった!ラッキー」と思ったかもしれないし

押せばどうにかなるけれど、押すのも大変と

感じているかもしれません・・

相手はドキドキしていたり、実は不安かもしれません。

 

なぜ自分はその行動をしてしまうの?

 

ここもよく「感じて」みませんか?

 

*相手の喜ぶ顔が見たいから?

*私が役立った証を自分が感じたいから?

*私はそれができる自分だと自分が確かめたいから?

*断るとは相手を見捨てることだから・・?

 

なんでしょうね・・

(ここも無数にその人特有の理由があります)

 

 

ここをまずは見つけ(頭ですぐに出した答えではなく)

じっくりと体に戻して本当にそうかを確かめた上で

ここの自分との対話をスタート。

 

それをしない、断る自分=何も与えないことを

自分はどう感じている?

 

「どうしたらいいか」ではなく

「なぜそれを続けるのか」の理由、仕組みを

潜在意識の気づいていなかったレベルから見つける・・

 

ここからが本当に見ていきたい私の姿が

顔を出してくれるでしょう・・

 

繋がっている空の下

それぞれの場所でファイティン♡

 

*心の仕組みをもっと本格的に学びたい方へ→こちら

残席2名となっております

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.