「正論もヘイトスピーチも」どこから来ている声?

16
6月
2019

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

題名にも書いた通り

私たちがやけに正論をかざしたくなったり

ヘイトスピーチを言いたくなる時には

心の中で何が起こっているでしょう…

 

これが悪いからやめようとか

変えようとか言う話ではなく

こうしたくなる時には

必ずそこに隠された理由や訳があります。

 

だからそれが表面に出てくるわけです。

 

========

 

セッションでテーマになることは

圧倒的に犠牲者側の声。

私ももちろんそうなりますし、

犠牲者意識がダメだとか、悪いという訳ではありません。

 

悩んで苦しんでる時には

「やられちゃってる私」

「勝てない(負けてる)私」

など、犠牲者がそこにいます・・・

 

もちろん、深刻なレイプ被害や

お金を騙されたとか、浮気されたとか

心の痛みが尋常じゃないような苦しみがある時に

 

あなたは被害者意識がありますね、では

余計な傷を増やすだけ。

 

見ていきたいのは

いつだって傷ついて、その時に

やり返せないし、逃げれなかったし

戦えなかったし、される事でむしろ

危険から自分を守った形もあるでしょう…

 

その時にそれが最善の自分を生かす姿として

無意識レベルでそうするしかなかった

無力な弱い私がいるでしょう…

 

ケアしたいのはこの自分。

対話したいのはこの自分。

 

フリーズして全く最初は反応がなかったり

わざと明るく振る舞い、平気な私を演じたり

または大暴れする自分もいるでしょう…

 

自分の中のどうしようもなかった

力のなかった抵抗できなかった私の声を

見つけていくことが自分への愛情・・・

 

自己愛の一つの形・・・

 

もう、これは過ぎ去ったクリアーした問題だと思うものからも、まだまだ出てきた事も沢山あります。

 

私たちは単純じゃなくて

本当に複雑で繊細な存在。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.