「諦め」が出てくるときの内側の声

02
2月
2018

みなさま、おはようございます♪

今朝も窓を見ると・・・

「雪、雪・・・」

そして凄く静かな空間が広がっていました・・・。

通勤の方など、外に出るときには滑りやすいですし

交通機関も今日はまたダイヤが乱れそうですね。

 

温かくして余裕をもってお出かけください。

 

今朝は「諦め」が出てくるときの自分の内側で何が起こっているかを

書いてみたいと思います。

 

=====

 

凄く自分が大好きで始めた仕事や続けていること・・・

趣味でもいいし、ちょっとしたささやかなものでも全くOK.

それが段々とパッションが高まり、もっと深めたくて

色々な犠牲を払いつつ進んでいる、上手く行っていると感じているとき・・

 

楽しいし、充実感で一杯ですよね。

 

素晴らしい出会いに感謝したり、今の自分を肯定している

意気揚々としたエネルギーで一杯です。

 

でも、もし、それに少しでもつまづきや陰りが出てくると

途端に不安になったりしませんか?

 

お金も時間もかけていたら尚更です。

焦りもいつもくっついてきます・・・。

 

そんな時・・・

自分に自問しますよね。

 

「このままでいいの?」

「自分には趣味程度にしておけば良かった」

「最初から力がないし、才能がないから諦めろ」

「みんなも気づいているよ。どんどん置いて行かれるよ」

 

もしかしたら自分を「このグズ!」と罵倒さえしてしまうかもしれません。

 

こんな時は心の中で何が起こっているのでしょうか?

 

======

 

もう逃げてしまいたい・・・

もう辞めて、一切関係のない世界に行ってしまいたい・・・

こんな未熟な私なんかもうダメだ・・・

 

こんな声の自分に声をかけてみましょう

 

「どうしたの?何がそんなにダメなの?教えて」

 

→私は所詮、これは成し遂げることが出来ないの・・。

最初から無理だった・・・私は未熟だから・・・

 

「自分が未熟で所詮、無理だって思いがあったら諦めるのは

当たり前だよね・・・。だからこの諦めはでてくるのは当たり前だね。

そうだったんだね・・・。辛かったね・・・」

 

→もう辛すぎる、私ができるわけない、もう辞めたい・・・(大泣き)

だって、私は何をやっても駄目だった・・・

周りにも迷惑をかけているのが辛い・・・

目指す資格なんかないんだ・・・

(小さい頃の思い出も走馬灯のように出てきます・・・)

 

充分にこの叫びを聞いてあげた後・・・(ここ、ポイント)

「本当はどうしたいの?教えて」

 

→うえ~~ん・・・(大号泣)

本当はね、続けたいの、もっと上手くなりたいの~~

辞めたくない~~~~

 

======

 

自分が自分を信じることが出来なかった・・・

自分が自分を信じれば心から「この私」を応援できる・・・。

 

そして私が本当は辞めたかったのではなく

続けたかった声だったことに気づくでしょう・・・

→「辞めたい」が「続けたかった、辞めたくない」だなんて!!

驚きませんか?

自分に力が戻り、愛が増える瞬間です♡

 

私たちの本当の声は見えにくいですが必ずあるのです。

 

今日も静かで温かな一日をお過ごしくださいね♪

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.