「過食・拒食・嘔吐」やめられない依存症

07
10月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はそれなりにテーマで出てきている

「過食嘔吐」「拒食症」で悩んで苦しんでいる

(悩んだことがある)あなたと、何かをシェアできたら・・と思います。

 

自分自身の体験として

高校2年生の時に初めて「体験」したのは

「過食嘔吐」

最初のきっかけはよくある「ダイエット」

見た目を気にする年頃なので女子の話題は

「体型」のこと、美容関係、恋愛関係・・

美味しいものもいくらでも食べられる年齢ですが

同時に生物学的にも相手を探すお年頃ですから

 

太る=恋愛から遠ざかるみたいな意味付けがありました。

 

そのうちに・・

いつの間にか、イライラしたり、ストレスを感じると

「食べる」ことをし始め

食べるから「流し込む」「押し込む」

そして「吐く」ことで儀式の一括りが私の中で出来上がります。

 

これは何を意味しているかといえば・・・

「過食」でストレスを感じない時間を一時的ですが与えられて

苦しみからの解放時間でもあるのです。

が・・

逆に「入れっぱなし」が今度は次の「太る」ストレス、

恐怖を私に与えるので

「吐き」がマストになります。

 

拒食症の経験がないのですが

拒食症の方のセッションの時に感じたのは

「仕組み的には全く同じ」

現れが過食か。拒食かで違うのですが

どちらもやっていることは「心の痛み止め」として

何か、嫌なこと、怖いことを感じなくて済む・・

その「気持ちをそらしてくれて自分を支えてくれるぐらい」の

大切な行為なのです。

 

なのでここの「何に痛みを感じているか」

「何が怖いのか」「何が不安なのか」を持ったまま

過食・拒食・嘔吐は変化できないのです。

 

必要すぎる行為」だから・・

 

=======

 

私は多い時には1日5回の過食嘔吐が現れ

もう、喉に耐性ができてしまい、なかなか吐けずに

手ではダメでフォーク、箸など

喉から血が出てしまっても、涙を流しつつ

絶対に太りたくないから自分からOKが出るまで

吐きました。

 

もう、オカシイですよね。

狂っているようなこの行為ですが、とても大切だったです。

 

そして症状は強く出る時(1日5回)〜1日1回とか

半月出なかったり、1年でなくても

また始まったり・・

結局、25年以上はありましたね。

 

今でも全然できる気がする。笑

でも、今ではどうして症状が出ないかといえば

「出る必要がなくなったから」

これに尽きます。

したくなった時には自分の中で何が起きたかを

見つめてセラピーなどで緩めることで

要らなくなっただけなんです。

 

過食嘔吐が必要な状況=「なくてはならない儀式」です。

 

見ていきたいのは・・・

*それをしなかったら何を感じるの?

*それをしている時には何を感じている?

*発症に至るまでに自分の心の中で何が起こっていたの?

*そこにある感情たち(複数あると思います)は

なんと言っている?

*身体はなんと言っている?何を感じている?

などなど・・

(心を紐解いていく問いかけとセラピーはマスト)

 

 

必要だから出ている症状の「行為だけ」を取り上げることは

難しいです。

その行為が必要ではない自分をまずは目指します。

=世間でいう「治ったね」

 

その行為の依存度合いによりますが

時間がかかるケースも多いですが

ここに自分の中の「本当に待ち望んんでいた私」の声が

あったりして

非常に感動も多いです。

 

今日も優しくて温かなつながりある1日を

お過ごしくださいね♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.