その悩みの本当の理由はなんだろう〜健康編〜

12
7月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は私たちの悩みって実は表面的には

「ここ」って思っていても

よく探って潜在意識の声を聞いていくと

「そこじゃない」ことがよくあるのです。

そんなお話をシェアしていきたいと思います。

 

=======

 

例えば「健康食品のCMを見るとつい買ってしまい

続かないし効果もそんなに得られていないんです。

どうしてこれ、止められないんですかね・・」

 

どうやって「買うのを止めるか」って思考的には考えますが

なぜ「買いたくなるのか」の理由が残っている限り

抑圧して「買わないようにしているだけ」ですので

本当の意味ではラクになっていませんよね。

 

また有機食品やbioにこだわり過ぎてしまい

外食するときにもなかなか選べない・・とか

買い物の時に神経質に裏の表示を見てしまうとか・・

 

これって根底にどんなものがあるのでしょう・・

 

ある女性は自分があまりにも健康に気を使いすぎていて

体重管理や自分の身体に取り入れるものに対して

やり過ぎだ・・とはわかっていました。

 

ここを見つめていくと

「毒されたくない」

「働けなくなってしまう」

「自分で自分を守らなきゃいけない」などもありつつ

一番は「自分で自分を養わないと誰も助けてくれない」と言った

「働けなくなる事」への恐れが見えてきました。

 

彼女は色々な人をサポートしていますし

人望もありますし、仕事も自営が順調なのですが

いつも「自分一人でそれを守らなきゃ」という

普段は気づかない恐怖があり

 

しかも「自分は助けてもらえない」

「自分は一生懸命やらないと分かってもらえない存在」と言った

セルフイメージも見えてきました。

小さい頃から父親に「人の倍働いてなんぼだ」とか

「アリとキリギリス」の絵本も

キリギリスにだけはなったらダメと言った母親の読み聞かせなど

バックグラウンドもありました。

 

 

この自分を守るために=お金を自分で得るために

過度な健康への心配が出てきていました。

 

=======

 

もし、「自分は最終的には誰かに助けてもらえるし

守ってもらえるし、大丈夫」と言ったような

セルフイメージがあったら・・・

 

どんな風に健康に対して、食生活に対して

振舞ったり感じたりできるでしょう・・・

お金の得方や貯め方はどうでしょう・・

 

ここのセルフイメージが作られた過程も時間をかけて

それなりに自分の中では正しい理由としてあるので

ここの部分に対しての対話を続けていきました。

 

すると・・・

かなりの重さを背負っている私が2割だけ

肩の荷を降ろすことができ

残りの8割に対しても「背負わなければ」から

自由に重さを自分が決めていい・・・

そんな風に柔らかくなりました。

 

更に続けていくうちにもっと自由になり

「ご本人に一番ちょうどのスタイル」が構築され

厳しい自分だと感じたら緩めた自分も自由に出てこれる

「リラックスした厳しさ」が作られていきました。

→これこそ、彼女オリジナルの形。

 

自営業をしていく中では「完全ぐでたま」状態は

やはり心地よくなく

その方に一番ぴったりのスタイルが必ずあり

そしてそのスタイル自身も変化していいのです。

→本当の意味での緩み

 

そんな風に自分と付き合えたらいいですよね。

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.