みんなの方が安全・・?と感じるとき

31
1月
2018

おはようございます♪

今朝は輝く朝日の中、ブログを書いています・・・

幸せですね・・・♡

さて今日は何人か続いたセッションの同じようなテーマから

気づいたこと、独り言を綴ってみますね。

 

私たちって、私を含めてですがどうしても「2つのサバイバル」のために

生き残りを無意識に頑張っています。

これはある意味自然で当たり前な・・・

ナチュラルな抑えるほうがむしろ不自然な衝動です。

 

*他者と比べて自分は上手く溶け込んでいるだろうか・・・

*もし目立ってしまったら他者から怒りや嫉妬は買わないか・・・

そうなったらどうしよう・・・

*周りと比べていけていない自分はきっと孤立して孤独になってしまう・・・

*一人じゃ生きていけない・・・

でも生きていくためにはお金を稼がなきゃ・・・

*どうせ誰も助けてくれないし、権力や地位は自分を守ってくれる・・・

などなど・・・

 

無数の「コメンテーター」が私たちの思考として毎日囁きます。

 

言葉や強さや濃さこそバラエティーに富んでいるだけで

2つのサバイバルは生き抜くためには自我にとっては必須です。

 

あるクライアントさんは本当は自分の中にしっかりと心地よい

「自分が在る感覚」「こちらが好きという感覚」があるのに

もしそれが自分だけのものだ・・・

みんなと違う…と感じた瞬間から

 

「私はみんなと違う」「間違っている」

「みんなと離れてしまう」「攻撃されてしまう」

「孤立する、孤独になる」・・・

 

こんなコメントが一瞬で無意識に起こっていて

自分の感じている確かなものを手放し、「大多数のみんな」が居ると思われる

場所に行くのが正しいような気がしています。

 

常にあるのは「みんなの方に行かなきゃ、合わせなきゃ」

 

======

 

こういったことが現れるのは過去の体験があったり

親や周りを見て「無意識に」判断しているからです。

 

何度もお話ししている通り、私たちは無数のビリーフがあるので

その通りに行動したり感じたり、考えます。

 

そんな時はこう言ってみませんか?

 

 

『みんなの方に行かなかったらどうなると思ったの?』

 

例えば

「みんなの方に行かなかったら、みんなから間違っていると

思われちゃうし、独りぼっちになりたくないもん」

こんな声が聞こえてくるかもしてません。

「一人になったら全部見られちゃってどこにも隠れられないもん」

 

『そうだったんだね・・・だからみんなの方に行きたくなっちゃったんだね。

そうだったらそう思うのは当たり前だよね・・。

その思い、持っていて全然良かったよ。教えてくれてありがとう・・・』

 

こんな風に自分の声と寄り添い、何故そう思うのかを聞いてあげる時間

良いですよ♡

 

一日1~2分でもOK!

気楽に適当でいいんです♪

これって自己愛です♡

 

私も毎日自分の中の隠されていた声を聞いています。

好奇心と深い愛情でそっと包んであげませんか?

 

素敵な一日を・・・!

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.