依存症は【心の痛み止め】

01
7月
2019

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

皆さんの中で依存症とまでは行かないけれど

→それ無しでは生活に支障が出てしまう

クレービング(ついつい、という感じの依存症までは行かない癖)は

何かしらありませんか?

例えば…

スマホ、ゲーム、恋愛、甘いもの、仕事、お酒

ギャンブル、TV・・・などなど・・

 

依存症もクレービングも、程度の差こそあれど

何がそこで起こっているかといえば

「何か、感じたくないものがあり、感じないための痛み止め」として

上記のものを必要としているのです。

 

========

 

Aさんは必ず寝る前の飲酒がやめられず

アルコール依存とまではいかないけれど

どうしてこの癖がなくならないんだろうと思っていました。

 

詳しく何がそこで起こっているかを見つけていくと

「お疲れ様」の自分への労いや1日頑張った自分を

認めてあげる時間となっていました。

 

実はAさんは幼い頃から両親から厳しく育てられ

「まだこれがちゃんとできていない」とか

「もっと◯◯ちゃんは出来ていたよ」など

自分のことを「認めて欲しい」と言う気持ちが強かったのですが

認められていないし、自分も出来ていないと

深いところで感じていたのでした。

 

表面上では自分は「出来ている」「良くやっている」と

言いつつも、なぜこれを選ばなかったのかとか

もっとこうするべきだったなど

一人で反省会も同時に開いていました。

 

セラピーで聞いていくと

傷ついた自分が抱えていたのは

「誰も認めてくれない寂しさ」で

両親も世の中の人もですが

自分自身が自分を認めていないことも見えてきました・・・

 

この絶対感じたら壊れてしまいそうな「寂しさ」を

寝る前の飲酒で「蓋をして」感じない様にしていたのでした。

自分的にはしないほうがいいことですが

飲酒を自分が自分に許す行為が

「今日も良くやったね」と自分を認める形となって

ずっと続いていた側面も見えてきました。

 

小さかった頃の何をやっても成就しない感じや

自分には出来ないんだと言う刷り込みや

努力は身を結ばないといった刷り込みや

親から愛されていないんだと言う刷り込みや

 

無数の気づいていない抱えていた感情を

感じないためにはクレービングは必要。

 

どうやってそれを止めるか・・・ではなく

なぜそれが必要になっているの?

→痛み止めが必要な痛い場所はどこ?教えて?

 

傷ついている抱えきれない感情、思いを見つけていって

その痛み止めが必要なくなった時に

初めて「依存するもの」がいらない自分になります。

 

必要なのに「やめさせる」のは実は心の仕組み上からも

無理があるのです。

 

ニュースで依存症で家庭が壊れたり

仕事を失ったり

世間からバッシングを受けている人々を見るたびに

「痛み止めが必要なほど何かに傷ついて傷んだね」と

感じます。

 

心の飢えからくる衝動

耐えられない孤独感や絶望感や

抱えたら自分が崩壊しそうな無力感など・・・

これを依存と言う痛み止めなしに受け止めることなんて

無理ですよね。

 

ちょっとしたクレービングでしたら

自分の中の何がその衝動を起こしているかを

見つけていければ

大きな自分への優しさ、愛情ですよね。

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.