当たり前に慣れてしまう時

06
1月
2019

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

連休最後の日曜日ですから十分に楽しまれますように♡

 

今日はタイトルにも書きましたが

【当たり前になっている時】に陥りやすい

様々なココロの仕組みを綴りますね。

 

私たちは無意識ですが

今、自分が受けている恩恵…例えば

水道をひねると飲める水がいつでも手に入ったり

 

電気もいつでも必要な時には使えるし

 

優しいパートナーがいると、いつでも守って貰えたり、

話を聞いて貰えたり、知恵を貸して貰えたり

 

健康な人ならば朝、なんの身体の痛みや不快なく

身体を動かして好きな所に行けたり

 

会社を経営している人ならば社員が動いてくれる事で、

もちろん報酬も与えていますが、自分にも利益は出るし

 

可愛いペットがいる方ならば

呼べばどこからでも飛んできてくれたり、

無償の愛を感じる事ができるでしょう。

 

別にこれはこれで全く良いのですが

もし、最初の頃に感激したときの気持ちや相手に対する感謝が、

自然に慣れてしまう事でなくなってしまったり

当たり前になると…

 

実は自分がハッピーじゃない…

そんな気がしませんか?

➤感謝をしようという話では全くなく・・・♡

 

自分が幸せじゃないんです。

自分が安心じゃなくて、満たされた感覚を感じなくなっているのです。

 

別に相手は感謝しろと言わなくても・・・思わなくてもです。

 

もちろん、感謝を言われた相手は

喜びや自分の価値を感じたりもするでしょうが

感謝で満たされている時の「自分の感覚」は

幸せ感ありませんか?

 

優しい気持ちや柔らかな感じ、リラックス感や安心感などありませんか?

 

自分が優しさや緩んだ感覚でいる為の一つとして、

【これがあって当たり前、続いて当たり前】と言うものがあれば

改めて、それが自分にとって、何を意味しているかを探してみると

 

案外、今の私はすでに幸せだったりしますよね♡

 

温かな1日をお過ごし下さいね♡

 

いつも応援ありがとうございます。

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.