心を解剖する♪

15
12月
2016

おはようございます♪

久々の更新ですよね〜

いつもこんな頻度のblogでも読んでくださっている方に

心からありがとうをお伝えしたい今朝の気分です♥笑

 

さて、今年もあと少し…

年齢が上がるほど、毎日が本当に短くあっという間に感じています。

10代、20代の頃はなかったけれど、、、

本当に実感しています❤笑

 

*************

 

私が普段行なっていることは

☆個人セッション

☆インテグレイテッド心理学基礎講座(来年から名前も変わりますよ〜♪( ´θ`)ノ)

☆心を解剖する『問いかけ』と『セラピー』の練習、勉強会

 

今はこの3つの柱を中心に、、、

師匠溝口あゆかさんのアシスタントや

(社)ハートレジリエンス協会の活動

あゆかさんの関連の事を勉強したり参加することにより

切磋琢磨しております♪→楽しすぎます❤

 

今日は個人セッションで必ず触れる『心の解剖』について

書いて見ますね。

 

私のセッションでは溝口あゆかさんの教えを純粋に使いながら

ロジカルな心理学としての知識、今まで沢山習った心理学や

エビデンスからの知識ではなく

『目の前にいるクライアントさん』から全ての情報を引き出します。

 

どういうことか、、、と言いますと

私の知識やアドバイスは時としてはクライアントさんを

ホッとさせたり、安心させたりするでしょう、、、

が、本当の意味では全くその場限りの対処となってしまいます。

 

何故か、、と言いますと

私たちの殆どは実は自分で直ぐに『あ〜で、こ〜で、こうだから、、、』

と言う部分は顕在意識→即ち自分で気がつける意識なので

ここは全体のたったの4%、、、

 

残りの96%の潜在意識自分では全く普段気がついていない意識

アクセスしてここにある『思いと感情』を緩めないと

結局、その場限りのホッとしたセッションになってしまいます。

 

なのでいつもしていることは『顕在意識から問いかけて潜在意識を探り

ここにある自分を動かす大元、根元、根本、原因、訳、理由』

などを探して、それからセラピーをしていくのです。

 

なので、、、

【1】クライアントさんの顕在意識のお話を聞き

(ここはまだ全然気がついている思考レベルの真剣なストーリー)

 

【2】上記からクライアントさん自身の心の仕組みとデザインを

見つけ出し、何を抑圧して投影しているかを特定し

*病院で言う一人一人の血液検査、CT、MRIにあたります。

 

【3】頭と身体反応で『あぁ、そうだ!』と腑に落ちた時点で

セラピーを使いながらそこにくっついている感情を流します。

感情がそこに滞って握りしめている限り、スッキリしません。

感情が元々の性質通り、流れていくと緩みが起こり

事実は何一つ変わらなくても投影が変化し

事実に対する解釈が変化し(認知のシフト)驚くほど

軽く、楽になります。

*セラピーはお医者様で言うとお薬や手術みたいな感じです。

 

と言うことは、、、

そうなんです。

私たちは何で苦しんでいるのかと言うと

『事実』を自分の投影(解釈)でどう見えて、聞こえて、感じて

思ったか、、、で苦しみます。

 

すごくないですか?

私の苦しみの仕組みです!

==============

EX:フェイスブックで私のコメントに返事をくれない。他の人には

コメントがある。

 

Aさん:あれ、たまたま忘れちゃったのかな?

忙しかったか、思いっきり共感してスルーしたのね♪

 

Bさん:あれ、「私にだけ」コメント返さないという事は

きっと私の事、嫌いなんだ・・・

 

Bさんの解釈(投影)は自分にとって苦しい解釈だという事が

見えてきますよね。

 

ポイント:事実は同じでも解釈で私たちは色々な感情を味わいます。

 

==============

 

これを師匠から習ったときはもう驚愕でした!

しかも、この自分の投影が世界の全てを当然見て、理解しているので

投影が濃ければ濃いほど苦しみも大きくなりますし

身体反応も大きくなります。

同じ投影があっても薄ければ当然苦しみも少しです♪

 

それを何年も、何十年も刷り込み続けていたら、、、

自分のエネルギーのフィールドが重くなり、ますます

自分の中では絶対の真実になる訳です。

 

この点、トラウマなどは一見大きな心のダメージに感じますが

(もちろん、ダメージではあります)

トラウマの方がフィールドへの刷り込みの回数が少ないので

取れやすいのです。

 

日々の刷り込み、思い込みが一番フィールドに

入りやすく、自分の中では疑いようのない絶対真実として

日々、この中で生きていくことになります。

 

まずは【1】お話を聞きながら

【2】何をどう解釈しているから苦しいという

原因を問いかけで特定してから

【3】セラピーで解放したり、緩めたりします。

ココがお薬、手術の部分です。

 

この知識やセラピストさん、カウンセラーさんの

意見、提案、アドバイスじゃなくて

クライアントさんの中にある投影元を特定し

そこにある感情をセラピーする手法に出会い

私自身が苦しみの真っ最中の2010年にまず変化しました。

 

2004年から2010年12月までの6年間、人生で一番

離婚から始まり子供の不登校、引きこもり、

鬱、拒食、依存症各種、自殺願望で苦しみ抜いたので

ありとあらゆるセッションを受けまくり、ありとあらゆる

先生を渡り歩きました。

どこかにきっと娘を救ってくれる先生がいて

その人のアドバイスを聞いたらきっと良くなると信じていました。

 

日本列島、ありとあらゆる情報を集め必死で、、、

 

でも、どんどん状況が悪くなり2010年、離れて暮らすことに

担当医や行政に勧められてから初めて『自分が自分と向き合いました』

 

そこからこのメソッドに出会いみるみるうちに変化し

職業まで変わったのです♪

 

なので、自分の知識ではなく経験から全てのクライアントさんに

寄り添い、【1】〜【3】までの行程を通りながらセッションを

提供しています。

 

何十年もののbeliefやセルフイメージは時間はかかることも

ありますが、続けてきてくださる限り、悪くなった方は一人もいません。

最終的にもちろんクライアントさん自身が自分の人生を

クリエイトするのですが、みなさん軽やかに自由に変化されています。

 

もともとあった症状や、苦しみを忘れてしまうほどです。

 

お顔も、行動自体も、好みの服や好きな色まで

変化し、セッションを受け始める前と後では写真を見ると

分かりますが笑顔が増えていたりお付き合いする人々も

変化しています。

 

こんなセッションを通じ、日々、一緒に泣き笑いしながら

ガッチリホールドしています❤︎

 

今日はここまでに・・・♪

長文お読みくださりありがとうございます♥

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.