思考のクセとは?

17
12月
2018

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

窓の外は朝日が眩しかったり、曇り空だったり・・・

今日も一日が始まりますね・・・

 

=======

 

私たちの頭の中には様々な「思い」「思考」「セリフ」

1日で1万とも2万とも言われている

それが流れているのではないでしょうか?

現代人は殆どが思考優位ですよね。

勿論、私もです。

 

朝、起きた瞬間から「あ、もう朝だ」

「今朝も寒いな~」

「あぁ、今日はあの仕事やり切らなきゃ」

「時間がない」

「〇〇を起こさなきゃ」

「洗濯、干してから家を出れるかな」

 

物凄い数の思考はどんな役割を持っているでしょう。

 

まず思考がなければ身体が動けないし

「私」という存在を維持できない感じですし

大きな役割は持っている分、影響も大きいのです。

 

そして性質の一つが「分かりたい」

 

通常は考えるのが普通ですが「分かりたい」という

思考の性質で安心を得ようとします。

 

私たちは体験して分かるものと

知識や情報を「知る事、分かる事」で安心できる

この2つがありますが

自分自身もそうですが

「知識屋さん」になったときには深まりが感じられない事

多くありませんか?

 

「知識」「情報」が沢山あると一見、安心があるのですが

これを「体験に持って行く」ことで不動の自分のものとなり

これは誰にも奪えませんよね。

 

でも思考のクセは「把握したい」「理解したい」ので

今まで知らなかったことに価値を高く置くのです。

しかも「頭でわかる事」を求めます。

 

逆に言えば既に知っていることなどにはあまり価値を置かず

「もっと新しいこと、教えて!」となり

セミナー通いなどが始まります。

➤体験談として

結果的に「分かった」「知った」を増やすことと

自分が本当にそれを体験から実感するとの違いが

経験出来ました。

 

「実験・体験」と「観察」に勝るものはありません。

 

知識や情報は大切ではありますが

「やり方」「How To」のみで気持ちが安心するだけ。

 

気持ちの安心もあって良いのですが

あまりにも自分のベースが心配や不安だと

「情報集めで安心を作る」ことになりがち。

 

心配だから探すんだね・・・・

安心したいから、得たいよね・・・・

置いて行かれたくないからするよね・・・

 

思考のクセを知り、自分の思考と会話する習慣は

自分を自分が理解して受け入れる

とても深い愛情の一つです♡

 

いつもありがとうございます♪

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.