悔いなき時間を…

22
3月
2018

皆さまおはようございます♪

昨日は急な雪に本当に

驚きましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

セッションをしながら

窓に映る大きな雪を眺めつつ…

*横殴りの結構な勢いで雪が舞っていました

 

 

夕方から久しぶりに20年来の

友達と会いました。

お正月に会ったきり、特に連絡もせず

お互いに20年も過ごしていれば

その間にどんな歴史があるか

阿吽の呼吸で知っている仲です。

 

******

 

彼女の最愛のお母様があっと言う間に

旅立ちました…

あれよ、あれよと言う間に…

 

ご本人の強い希望で自宅で

最後を看取ったそうです。

 

もちろん、後悔や◯◯にもっと早く気付けば…とか、

あの時にこうしておけば良かったのかな…とキリなく様々な思いはありますが…

 

それでも一番のお母様ご本人の

家に戻りたい…の声に応えたことは

とても良かった、間違いなかったと

涙ながらに話してくれました。

 

あぁ、本当にそうだなぁと思うのは

「お母様の為に自宅で看取る」と

表面上の思考では思うけれど

 

「お母様の最後の希望に応えた私」とは

まさしく「自分が自分のためにそうしたいことを尊重した姿」

それそのものであるなぁと・・・

 

私の為にしたいことを

私自身が(無意識ですが私に)してあげる…

 

自分を受け入れるとか、自分を愛するとか

自分を肯定するとか、自分を許すとか

沢山の言葉はあれど、本当にこれに尽きると思います。

 

誰かのために何かをしているようでも実は

「そうしたかった自分にそうさせてあげる」姿は

本当に尊くて美しいと感じます。

 

 

本当はどうしたいの・・・?

 

いかに様々なコメントが頭の中に渦巻いていて

「一番本当はしたいこと」はおざなりになっていることや

諦めていることが多々あるなぁ・・・と。

そしてそれを横に置いて、引き出してみると・・・

「あぁ、そうしたかったんだね・・・」と心打たれる言葉がそのあとに続きます。

 

 

今日は私自身も「本当はどうしたい?」と特に意識して

過ごしてみたいと思います♡

 

 

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.