本を読んだり調べ尽くしても楽にならない時

05
10月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

爽やかですが日中はクーラーが欲しくなります。

部屋の中が暑い?のでしょうか・・?(笑)

 

今日は沢山今まで勉強したり

講座に出かけて修了証を持っていたり

一生懸命、自分の思考上ではその原因を突き止めて

「きっとこう言うわけに違いない」

 

ここまで見つけているのに

感情的にスッキリしなかったり

何か刺激があると、すぐに反応がやっぱり出てしまう・・・

そんな経験のある方とシェアしていきたいと思います。

→私ももちろん、経験者です

 

 

=======

 

どうしてでしょう・・

もし、本当にそれが解決されていて

そこにあった未消化の感情や

自分が抱えていた問題がスッキリしていたら

→そこになかったら

 

刺激が周りにあっても「反応は起こりません」よね。

何故ならば「ない」からです。

ないものは反応もないし、別の反応が出てくる感覚です。

 

もし、一見収まっていても

何かの刺激で疼いていたらそれは「そこにまだある」証拠。

あるから「現れる」と言うシンプルな構造。

 

========

 

知識や情報、理論は必要ですが

結局は満たされるのは顕在意識の全体の4〜5%。

残り、95〜96%は潜在意識の中にあって

そこは「気づけないエリア」なのです。

 

綱引きしたらどちらが力があるでしょう・・・

 

そして「理論」とはなんでしょう・・・

巷で溢れている「◯◯理論」は確かに興味深いし

私たちに色々な理解を生みますが

→なるほどね〜と唸らせてくれたり、今までの学びが

繋がったりします。

が・・・

 

理論は人が生きることについての説明であり

なんらかの法則性であり、理(ことわり)に基づいて

論じることであり、もっともなことではあれど・・

「生きること」は理論についてではない・・

 

こんなことがある方のコラムに書いてありました。

 

本当にその通り!と感じました。

この還元できない「生きる、と言うこと」が

まさに「生きている実感そのもの」であり

これは目の前のその人に「何が起きているの?」そのものです。

 

この純粋な観察の視点と、何が苦しみを作っているのか・・

この目線でご本人に聞いて行って

初めて現れてくる「その方の人生そのもの」です。

 

人生は理論に全て還元して説明できないところが

ユニークな魅力だと感じます・・。

 

思考はどうしても「説明」「理由」で安心や

着地点を欲しがりますが

この見えない、気づけないものと、じっくり会話すること自体が

「生きている実感」をもたらしている・・・

 

セッション通じ、つくづく感じています。

 

そして潜在意識の隠されていた真実の声は

本当に理論よりも「腑に落ちて」辻褄が合います。

それも「自分の中での辻褄として」です。

→あぁ、そういう訳だったのね・・

自分への本当の理解がここにあります。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.