子供への怒りが止まらない時①

28
1月
2019

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

引き続き欲しいのは疲れない家族シリーズ

今日は【子供編】です。

というのもお子さんの悩みでいらっしゃるお母さま方も

非常に多いので・・・

 

皆さん同じように仰るのが

子供に思わず暴言を吐いたり、手が出てしまったり

自分がこの小さな無力な自分を頼る存在に対して

どうしてここまで凶暴になってしまうのか・・・

 

何故セッションにこれをテーマにされるのかといえば

「後悔」「自分を責める感覚」「罪悪感」や

何か自分の中に悪魔が居て、もしかしたら

取り返しのつかないほどの危害を我が子に与えたらどうしよう・・とか

心の傷を負わせているんだ・・と

非常に悩まれています。

*育児書などにも6歳ぐらいまでに受けた心の傷が・・とか

書いてありますし・・・

 

 

その時の衝動は自分では抑えられない・・・

あんなに可愛い我が子なのに・・・

正気に返ったあとに怯えている我が子の眼差しが

自分に突き刺さる・・などなど・・

 

もちろん、これは結構悩まれている方の声ですが

大なり小なり、子育てそ経験された方なら

何となく共感しますよね。

 

子供も非常に自分を刺激してくる存在です。

容赦なく・・・

しかも愛しているからこそ、そのあとの苦しみも

大きいのです。

 

傷ついているのは子供自身というよりは

子供を傷つけてしまったと感じている自分なのです。

 

みなさん、子供にどんな風に接したらいいですか?とか

怒りが沸いた時にどんな声掛けで接すればいいですか?とか

方法論を求めるのですが

見つめていきたいのは傷ついた自分。

➤お母さん自身が安定すると例え子供を一時的には

傷つけたとしてもそのあとに充分な修復が出来るのです。

 

この傷ついた自分がどうしてその衝動が出てくるのか・・・

二度としたくないのに、止まらないのか・・・

 

なぜならば「ないものは出ない」し

「ないものはやらない」からです。

 

何か理由があるからそうなる訳で、

根っこの衝動を探していきます。

 

========

 

同じような事をされた時、例えば時間までに起きてこないとか

食事の食べ方や、何かをこぼしたとか

宿題をやらないとか、忘れ物が多いとか・・・

他の子は簡単に覚えるのにうちの子は出来ないなど・・・

 

 

自分が余裕がある対応で「怒っている」ときと

感情に飲み込まれて「怒っている時」があるのに

気が付いていらっしゃいましたか?

 

同じような事でもです。

 

もしくはもっといけないことをしても優しく諭すことが出来たり

自分でも子供のためにOKな叱り方ができたとか・・・

 

これは何故でしょう?

 

長くなりすぎそうですので

今日はこの辺で・・

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.