無意識で他者優先が人生でメインになっている時

04
9月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「他者優先」について

セッションでも多くの方がテーマで抱えていらっしゃいますが

ここにまつわるものを

みなさんとシェアして行きたいと思います。

 

========

 

傾向的には

相手がどう感じるかが決め手のひと

周りにどう思われるかが大きな人・・

嫌われたくない、一人になりたくない・・

などなど・・

 

大なり小なり何となくこう言ったことは

私にもありますし、みなさんも人生で経験したことのある

感覚の一つですよね。

 

それがどのぐらい自分の中で

大きな位置を占めているかなのですが

「気づかずに無意識レベルで」当たり前に

日常に現れている時、

すごく報われて自分も幸せな時と

やって損した、とか

当たり前と思われて怒りを感じたりとか

言えなかった自分に後悔したり・・・

 

そんな時には心の中では何が起こっているの?

 

 

=======

 

ある女性は仕事で何か頼まれたら

持っている自分の才能や集めた資料や知っている情報などを

どうしてこんなにも相手に与えてしまうのか・・

すごく自分でも謎で

 

与えるのはいいけれどその後に必ずと言っていいほど

後悔や相手に対する怒りで一杯になっている・・

そんな相談でした。

→全然感謝されないんです〜という表現。

 

心の仕組みを紐解いていくと

内側に見えてきたのは

「持っているものを全部出さないとずるい人になる」

こんなビリーフでした。

→ここには恐怖がしっかりとくっ付いています・・

 

そして当然ですが、ずるい人となれば

周りと上手くいかなくなるし、弾かれるし

人としてもダメな感じ・・

でも同時に「私はいつも利用される人だ・・」

こんなセルフイメージも出てきました。

 

 

「自分がどこまで何をしたらいいか分からない・・」

全部今までは自分の事のように感じてやってきたけれど

憤りでいっぱいの私がいました。

 

 

========

 

*全力で全部自分ごととして、したくないことも

一生懸命相手に「与えない」とどうなりそう・・?

→ここに出てくる声をどのぐらい強く信じているか

 

*本当の本当はどんな風に自分が存在したい?

行動したい?何を感じたい?

 

長い間がんじがらめになってきた

傷ついて怒っていた自分との対話をしていくと

きっと本音の声が聞こえてくるでしょう・・

→ここはすぐではないかもしれないです。

 

自分の中では「絶対こうなんだ」と

視野が固定されたものほど

選べないし、ずっと苦しみが続くことになっていますよね。

経験もあれば当たり前。

 

なぜ、その固定されてしまった思いが

自分の中にそこまで存在していたのかを

とことん聞いてあげたいですね。

 

ここで使うとオススメなのがフォーカシングや

セラピーです。

 

頭の思考の声ではなく

目を閉じて・・ゆっくりと身体の感覚に注意しましょう。

(潜在意識の身体の声から十分に拾ってあげたいですね)

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.