相手が無意識で小さく見えている時

03
9月
2018

こんばんは☆彡
今日は珍しく夜の投稿です。

 

どうも明日あたりは台風の影響で風も強そうです。

台風・・大きな被害がないと良いのですが。。

 

=======

 

自分の目の前の人、少し離れたところに居る人

全然関係のない人・・・

これは自分と相手との距離ですが

 

この距離とは実際に何メートル離れているかという意味ではなく

どのぐらい自分との関係が濃いか、薄いか、

深いか、浅いのか・・・

違う言い方をすれば影響があるのかのないのか、どうかです・・・

 

全部「自分」との関係です。

 

その相手が自分との距離が近いとしましょう。

例えば子供だったり、パートナーだったり

親、家族・・・親友・・・尊敬している人、または尊敬したい人・・・

 

「自分にとって」大切であればあるほど

その相手は自分に大きな影響がありますよね。

 

そんな相手が窮地に陥っていたとします。

とても困っていて悩んでいるように感じます。

代わりに自分がそれをしてあげたくても代わりが出来ずに

どうやって助けてあげられるかで頭が一杯だとしましょう。

 

私自身がそうでしたが100%相手がその問題を

解決できない・・・とか潰れてしまうだろうと感じていました。

そしてこれを救ってあげられるのは、支えてあげられるのは

自分しかいない・・・

 

そして相手は本当にそれが出来ない人に

「自分からは見えて」いました。

 

こんな時はもう、自分がどうにかするしかないのモードに

スイッチが入るのは当たり前。

しかもかけがえのない大切な唯一無二の存在であればあるほど

この傾向が強くなりませんか?

 

 

 

 

私が彼を助けてあげないと駄目になってしまう・・・

可哀そう・・・見てられない・・・

ここを私がどうにかしないと娘が、息子が生きていけないんだ・・・

そんなあの子を助けられないのが苦しい・・・

もう、見たくない・・・

いや、でも気になる・・・

 

など頭の中はぐるぐるです。

完全に振り回されてしまっている状態です。

 

相手を力のない存在と見えている時ほど

自分の中でどうにかしなきゃが強まっていますよね。

 

でも本当はどうなんでしょうね・・・

本当にその相手はダメな弱い存在でしょうか?

 

そう見えている時」の自分の中のココロの声を

まずは聞いてあげましょう。

 

自分が助けなかったら相手はどうなる?(と思っているの?)

このままだと相手はどんな風になっていく?(と感じているの?)

私はどうするべき?(と思っているの?)

それは何故?

 

 

ここの声が出てきてそこにある感覚、感情を

まずは見つけてあげましょう。

 

そしてそう感じるしかなかった

そうとしか見えなかった自分のすべてを

まずは分かってあげましょう。

自分への理解です。

自分への寄り添いです。

自分への愛情です。

 

ここを十分に汲んであげたうえで改めて

相手を静かに見つめてみましょう。

 

どうでしょうか?

そこまで相手は無力な弱い存在でしょうか?

 

相手の力を信じてあげながら、同じ助けをするのと

弱い人と信じ切って助けるのでは

実際に同じことをサポートしていても全く

エネルギーが違うのはきっと相手も感じます。

 

もし、サポートしながらも、相手の力を本当に信じてあげながら

近くで支えたり、見守るって素敵ですよね。

 

一杯助けてあげましょう。

一杯支えてあげましょう・・・

 

相手は大丈夫だと信じながら・・・

 

 

 

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.