自分のためにお金を使えない

03
2月
2019

皆さまおはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今日は午前中、午後共に自宅での講座開催です。

どんな時間になるのか楽しみ・・・♡

おやつはフランス産粉、発酵バターの

チョコチャンククッキーです♪

 

=======

 

 

時々これも出てくるテーマなのですが

お金を自分のために使おうと思うと躊躇してしまう・・・

家族や誰かのためには結構惜しみなく出せるのに

自分の事ではずごく悩んでしまう・・・

 

こんなテーマを見つめてみましょう。

 

*なのでセッションを受けること自体がハードル高かったなど

後からお話ししてくださること、多いです。

 

 

 

私も例えばですが自分のためには

タクシーを使うことが凄く贅沢で歩けばいい、とか

電車を使えばいい、バスは?など

タクシーに乗れば身体の疲れや時間も随分節約できるのに

(ここもタクシーに意味付けが深く乗っていたので)

頑張ってとても重い荷物を持っていても

タクシーの乗らずにそのあと整体でもっと高額な

出費をしていた・・・

タクシーに節約した自分で満足し

結果的にはもっと出費しているにも関わらずです・・

こんな側面があったりしました。

➤今では以前の半分以下は気軽にタクシーを

使っています。(罪悪感ナシ)

 

 

子供の塾や、例えばちょっとした風邪などでも

家族には病院に行け、行けというのに

自分の事となると休めば大丈夫とか

 

本当はちょっと贅沢ランチを食べたいけれど

子供にはすぐにお金を出せるけれど

自分は冷蔵庫の残り物でいいやとか・・・

 

そういったことはありませんか?

 

逆の人もいます。

例えば私の息子は自分が一番いいものを食べ

休日もたっぷりと取り、自分に無理をさせずに

自分のしたいことをしています。

 

そして何だか分からないですが自分で何かできる感覚や

ダメでも失敗してもまたやり直せばいいとか

転職も躊躇の時間や悩む時間が短かったり

行動が早いです。

 

この差ってなんでしょうね・・・

 

「自分はそれをする価値がある存在」

「自分はそれを受け取るのがマッチする感覚」

「なんか大丈夫で出来る感覚」など

言葉は色々ですが

自己肯定感が高いと(自己愛が高い)

自分にある意味都合のよい

自分に優しい解釈で全てを判断します。

 

上司が自分に怒ってきても、相手がなにか

機嫌が悪いことがあったのかなあったのかな・・・とか

自分のせいで自分が出来ないから怒られたとか

そういった反応が出にくいです。

 

また「お前は本当にできないな」と言われても

「(上司の)あなたの方がどうだろうか・・」

「自分がダメな気がしない」など

同じことが起こったときに反応がここまで違います。

 

 

自分への信頼、自信、価値を増やすことは

心の仕組みが無意識に決めているのですが

この仕組みさえ変化してくると本当に自然に対応全てが変わります。

世の中や相手は一切変化しないのに・・・

 

ただ仕組みさえ変わればいいのではなく

ポイントは「何故この仕組みを持つようになったのか」

 

ここを探して対話する事です。

 

理由なきものは私たちの中に存在しません・・・

 

自分に優しくなかったら、どうして相手だけをずっと

受け入れることができましょう・・・

 

まずは自分ケアというのは本当に大切なんです。

➤それが他者への優しさへ繋がるので・・

 

=今日の潜在意識との対話=

 

*どんな人にはお金を使うのはOK?

➤自分はそういった人じゃないと感じているんだね・・・

 

*本当は何をしたいの?(お金を使う事で何がしたいの?)

➤それをいつも無意識に我慢していたね・・・

 

*出来ている人を本当はどんな風に感じていた?

➤そこにあった感情はなんだろう・・・

 

 

じっくり、身体に聞きながら書き出してみるのも

自分の内側との対話♡

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.