自分の中の怖さ、どのぐらい?

28
8月
2018

おはようございます♪

昨夜の我が家のエリアはニュースにもなったのですが

凄い落雷と雨・・・

映画みたいだった~・・・

地響きするぐらいと周りが明るくなるような

雷・・・

 

今住んでいるマンションは

一度でも、短時間でも雨が降ると

見事に窓が汚れます…(*´-`)

 

風の向きも影響あるのですがマンションの構造上、

どうしても雨風を打ち付けやすく

 

先日も磨いた2日後に見事にやられました。

なので、今日はちょっと様子見ます…笑

 

******

 

最近、薄ぼんやりとですがそれでも確実に

前と変わってきたなぁと思う事。

それは意識上か、無意識上か別として

「自分の中の恐れ」について。

 

見せたくなくて隠していたものや、

感じたくなかったものや

見つかったら絶対に不利になるから

去勢を張らないとまずいものが

以前よりは減ってきたなぁと言う事・・・。

→これらは「感じたくない」ものなので

通常では顕在意識上には上がりにくいです。

 

例えば…

 

絶対に前ならば自分の失敗したこと

恥ずかしい経験

教えたくない惨めな側面

自分がヘタレな部分

卑怯だと感じる行為

自分のズルさ

怠け者の部分

 

などなど自分が

人様から、自分自身から隠したいと思っていたところは

それを露呈してしまったら

バッチリ気づいてしまったら

マズイ、怖いと言うところ。

 

そうです。

自分の中の怖さです。

 

本当にまずいんです…バレてしまったら。

本当に怖いんです…感じるのが。

そんな私で居たくないんです・・・

そんな私になりたくないんです・・・

 

だから一生懸命、無意識に隠していました。

だから一生懸命、そうじゃないアピールを自分自身のため、

他者に見せるため無意識に頑張っていました。

 

もちろん、今もいっぱいありすぎて

書ききれませんが(無意識も含まれるので

よーく、正直に自分のことをひたすら観察すると…

あるものはあるんです…笑

 

例えば、今、たまたまこの仕事、心理セラピストとしてblogを書いているとしたら

できるだけ成功例やこんな風にクライアントさんが良くなりましたと

書いていたとしましょう。

 

同じように書いていてもその心の中では無意識に走っている

支えているエネルギーはこうです。

 

怖さを持っている私

→私は出来る、結果を出せるセラピストでないと

クライアントさんに信用されない。だから

こんな風に出来る自分を表現しなきゃ。

成功例をこんなに持っていることを知って貰わないと(怖い)

 

怖さが減っている私

→こういった例もあるけれど、もし上手く行かなかった

人の例を書いたとしても、逆にクライアントさんが安心できる。

セッションはこういうものでもあるし、それが決して悪い事ではない。

こういったやり取りを重ねて信頼関係を築いて

確実に安定していくのが

正直で心地よい♪

 

 

上記は一例ですが同じような文章を書いていても

それを支えているエネルギー自体が全然違うのと

毎日生きていて感じる軽さやラクな感覚が違っています。

 

 

勿論怖さがゼロになるという事はないですし

まだまだいっぱい世の中に怖いなぁと思うものは

あります。

 

でもダメな部分に対して隠さなくても大丈夫感が増えてくることで

自分の在り方自体の変化を感じています。

 

例えば「人から嫌われるのが怖い」を強く持っている時は

毎日顔を合わすマンションの管理人さんや

ごみ置き場で朝の挨拶をする人と

挨拶のタイミングがずれただけで

「あれ?私なにかあ嫌われている?」とか

「気に障ることしたのかな」とか

 

いつも向こうから挨拶してくれている人と

目が合わないだけでもなんだかぼんやりと不安感や

モヤモヤを感じていました。

 

会社でも毎日挨拶を欠かさずしている人と

視線が合ったのに一瞬挨拶をずらされたとすると

なんかあれ・・?って色々なネガティブな思考が

走っていました。

 

もう、全身でいつも「嫌われないような自分」でいないと

不安だったのです。

→無意識で・・・

 

それが自分の中から不安が減ると

「あれ、どうしたんだろう・・(以上)」

「なんか家であったのかな?(以上)」

 

自分に関して「機嫌が悪いんだ」という解釈が本当に

見事に減り、次回会ったときに自分から

気持ちの良い挨拶が自然に出来ていたり

気になり度が各段に自然に減っているのでラクなんです。

 

「怖さ」が減ると様々な解釈の変化が生活の中で自然に表れて

自分の反応が変化しているのが分かります。

 

こんな風に自分の中の「怖さ」を見てみる事

どんな種類の「怖さ」があるのか知ること

どうなることへの「怖さ」があるのかなどを

自分が知ることが自分への理解につながるので

これらすべてが結局は自分への愛情そのもの。

 

心の無意識の部分に沢山入っているこれらの

自分では気づきにくいところにアクセスし続ける事・・・

 

引き続き私も「私の特有の怖さ」を

観察し続けて自分への愛情を増やし続けていきます♪

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.