自分の中の正しさに疲れたら・・・・

17
10月
2018

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか・・・?

久しぶりの朝日が眩しい一日の始まりは

何だか気持ちがいいです~

 

=======

 

さて、今日書いてみたいことは自分の中の正しさについて。

誰でも、勿論私も含めですが

自分の今までの経験、世の中の刷り込み、みんなが共通して

持っている「こうあるべき」な姿や

メンターの格言や、素敵な高次の?メッセージや

信じている存在の言葉などは一切間違っている感じが

しませんよね・・・

 

自分の中で心地よくて、首をぶんぶん縦に振るような

「その通り!」と思うものなど・・・

ありますよね。

 

例えば・・・

キリストの名言集に出ていたのですが

「惜しんで僅かに種をまくものはわずかに刈り取る事しかできない。

惜しまずに豊かに種をまくものは豊かに刈り取ることが出来る」

とか

「いつも人に与えなさい。そうすれば人々はあなた方に与えてくれるでしょう」

とか

「目には目を、歯には歯を言える事あるを汝ら聞けり。

されどわれは汝らに告ぐ。悪しきものに抵抗うな。

人もし何時の右の頬を打たば、左も向けよ」

 

こういった言葉をみていると、間違っていない分、

美しい言葉の内容そのものは真実だったりするので余計に

これを守ろうとしがちです・・・

 

ましてやこれを自分の人生の信条にしていたりしたら

絶対に守りたくなりますよね。

 

で、これをしていない人を見ると

怒りが出たり・・・なんか嫌な感じになったり

守っている時に自分に疲れが出たり・・・

悲しくなったり・・・・

 

こういった時は一度は「言葉」から離れて

振り返ってみませんか?

 

本当にこの言葉を守る事、これを正しいと思い

邁進していくことが100%正しければ疲れとかは出ないはず・・・

 

こんな時に実は頼りになるのは

頭の中の思考よりも「体感覚、感じている感情」です。

 

こっちの感覚の方が圧倒的に自分が本当に感じていることを

表してくれています。

 

大人になるに従い、私たちはどうしても正論や

理想の正しい姿にならなければと無意識になっているので

小さい時に純粋に「〇〇ちゃんが嫌いだ~~!だって

私の好きなケーキ、先に横取りした~」とか言えていたのに

 

「自分の好きなように振舞い続けたら、みんなから嫌われるから

自分を抑えて周りの様子を気づくべき」とか・・・

 

なんかそんな風に自分に無意識に自分の作った正論に

自分を当てはめていたりします。

 

勿論、正論が悪いわけでも全くありませんし

ある意味それがあることで困難にも立ち向かえたりしますし

自分をそれで褒めて認めてあげたりもするでしょう。

 

でも、もしも・・・

正論で疲れている自分を少しでもキャッチできた時は

「本当はどう感じているの?」

一言、その下に居る自分と会話してみては

いかがでしょうか?

 

 

私なんか一杯正論に疲れていますよ~笑

でも、本当の声を拾えると、ずっと頑張っていた自分が

愛おしくて、・・・笑えます。

そして一生懸命生きていること自体・・・

そもそも私は本当はどこにいたのかなど見えてくると

嘘のようにラクになりますよ~

 

今日も素敵な1日をお過ごしください♡

*全ては師匠である溝口あゆかさんの提唱している

インテグレイテッド心理学より抜粋しています

 

【お知らせ】

「家族会」@ハートレジリエンス協会

2018/10/24(水曜日)13時~15時
不登校・ひきこもり・鬱・依存症・そのほか心の病
精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方へ・・・
私もファシリテーターで参加しています。
毎月第4水曜日に定期的に続けております。
詳細はこちらから・・・

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.