自分の中の過剰反応

08
2月
2019

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は自分の中に

もしかして、ちょっと過敏に反応しているな…とか

私、何故これに関してこんなにムキになるの?

という反応があったら

もしかしたらそこにはまだ癒えていない

傷ついた自分がいるのかもしれません。

 

*******

 

ある女性A子さんがステキなカフェで

休日を過ごそうとやって来ました。

いつもは混んでいるのですが並ばずにすっと入れて

イケメンの彼がこちらに…と

少し奥まったゆっくり出来そうな

場所に案内してくれました。

 

今日はなんだかラッキー♡

そんな気分で着席。

 

しばらくメニューを見ていたら

自分より後から来た女性の方の

オーダーを先にとっていて

この奥まった席まで来てくれません…

 

その後割とすぐににA子さんのところにオーダーを

取りに来たのですが

彼女の心の中では「私の方が先だったのに…!」

明らかに怒っています。

チクッと伝えられた彼からも笑顔は消え

「申し訳ありませんでしたm(_ _)m」

なんだか気まずい空気が流れています…

 

********

 

ある意味、事実としてそこで起こっていたことは

後から着席した彼女は直ぐに手を挙げオーダーをした。

 

それだけなのですが

主人公のA子さんのココロの中で

何が起こっていたのでしょうか…

 

その後もリラックスしたカフェでの時間も消え

ずっと不愉快な感覚に包まれ

落ち着ける席に案内してくれた彼にも

ありがとうと言う気持ちも吹っ飛び

後から来た彼女に対してもイライラして

一気に気持ちが尖ってしまいました。

 

*******

 

 

A子さんの頭の中では

後から来た彼女と、イケメンの彼は

「私をないがしろにした悪い人達」として認識しているから

怒りが出ていますが…

 

実際には何が私たちを動かしているのでしょうか。

 

95%の潜在意識の中に確かにある傷が疼いて

怒っているのです。

 

A子さんは子供の頃からとても敏感に相手の機嫌が良いか、

怒っていないかを無意識にいつも判断して

自分の態度を決めていたとします。

 

本当は◯◯が欲しくても

相手がそれが欲しいと分かると譲ってしまったり

初めから△△を選んでいました。

 

それがA子さんにとっては

お友達や周りや親などと一緒にいる時に

「生きやすい姿」=「上手くやれている姿」として定着しています。

こうしている限りは問題なく平和です。

 

が、本当の望みをいつも抑えているので

どこかでうっすら、不満やイライラも同時に蓄積されています。

 

本人も周りも気づかないぐらいに…

 

周りには優しい人として映り、

本人も私はそんなタイプと自分でも思い込み、

まさかイライラや怒りがいっぱいいっぱいなどと

どうして気づけましょうか…

 

でもココロの中の風景には

いつも譲ることで対処し、大切にして貰えなかった

我慢でいっぱいの女の子が叫んでいます。

 

「私だってここにいるよ!」

「私をないがしろにしないで!」

 

さっき、奥まった席で怒っていたのは

A子さんの姿の中に住んでいる小さな女の子なのです。

 

些細な事でも何か反応が大きめに出るときなどは

実際の出来事に反応というよりは

 

それがトリガー(きっかけ)として

本当はココロの中の子が叫んでいるのかも知れませんね。

 

私も自分の中にたくさんいるであろう

傷ついた子や、寂しい思いをした子と

たくさん会って話をしたいと思います。

 

誰の中にもいる子は自分が存在を見つけてくれるのを

待っているでしょう♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.