自分を甘やかしていますか?笑

24
1月
2016

おはようございます♪

 

今日はこれから表参道のCTWにて社団法人ハートレジリエンス協会

ショートセミナーが開かれます。

アシスタントで参加してきますがとても楽しみ❤︎

なぜならロンドンのカウンセリングコースの先輩セラピストの

美香子さんが登板!

 

美香子さんのプロフィールを見ると分かる通り本を出版され

平積みされ大人気のセラピストなんです〜♪

 

**********************

 

さて、私たちは誰かに何かを相談するときに自分のことを伝えて

そのあとに出来ればどうしたら良いか、私が間違っていたのかな?

これからどんな方向に進めば良いんだろうなど相手からの答え

聞きたいときってありますよね。

 

そんな時にもし相手が『あらまぁ〜、それやっちゃったんだ〜』とか

『ちょっと自分勝手なんじゃない?』とか

『それじゃー全然ダメだよ〜』とか

『誰かに説教されなくなったら終わりなんだからね〜』…等々

 

こんな言葉たちを浴びせられ続けたらどうでしょうか…?

 

逆にもしこんな言葉たちを言ってもらえたらどうでしょうか?

 

『そのままで良いんだよ』『その経験は本物だね…』

『色々話せて聞けて嬉しいよ、ありがとう』

『余計なことはしなくて良いんだよ』『とにかく、会いたかった…』

 

私たちって(私ももちろん含めてデス♪)いつも【無意識に】自分に対しては

厳しい言葉をかけがち。

『こんなことするべきじゃない』『まだ同じこと繰り返すの?良い加減にしなさい』

『やっぱりね…またやると思ったよ。懲りないね』『ホラ、やっぱりね幸せになれない』…

 

私は事実、こんな言葉をたくさん自分自身にかけていました。

毎日の無意識の中で自分に浴びせていました。

 

そして最後にはいつも『こんな思いを味あわせるあの人が悪いのよ』

『この経験をさせた環境が悪い、世の中が間違ってる!』

 

こんな状態の時は本当に辛いんです…

すごく孤独…

たとえ友人やパートナーや温かい飲み物やリッチな洋服や何かに

囲まれていてもココロは凍っています…

 

誰かに、何かに温めてもらいたくて常に探して泣いている状態なんです…

 

どうしていつから私たちは誰かには優しい言葉をかけ、励まして支えてあげるのに

自分にはこんなに厳しく裁くようになってしまったのでしょうか…

 

必ず訳があります。

 

この訳に寄り添い、本当に理解し、そうだったんだねって受容した時に

変化は起こります❤︎本当に…❤︎

 

まずは今一度、自分に今日は優しい言葉をかけてねぎらいを寄せたか…

振り返ってみませんか?笑

 

私もすぐ忘れちゃうんです…笑

でも、これは常に気をつけています。

 

忘れても大丈夫、今はできなくても大丈夫❤︎

訳をちゃんと探しに行ければ大丈夫♪

 

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.