苦しい時ほど視野が狭くなっていませんか?

18
6月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は朝、寝坊できない・・と思いすぎて

4時台から2度寝ができず起きてしまいました〜

今夜は早めに休もう( ;∀;)

 

さて、「視野が狭くなっている」って

自分ではなかなか気づきにくいですよね。

自分はいつだって最善のつもりですし

色々な可能性を吟味しているつもり。

 

人のことは結構気付けるのですが

自分自身のことが実は一番見えにくいのが当たり前。

 

全体が見える=つながりや共感ができていて

苦しい時ほど視野が狭くなって

「自分一人劇場」に無意識でなっていることが多いです。

 

そして自分の一人芝居の中で本気で苦しんで

全部、頭の中の妄想ストーリーを走らせて

勝手に喜怒哀楽しているのが通常です。

→私ももれなく

 

=======

 

ストーリーから外れた自分・・・

自分の夢から目覚めている自分・・・

理解が進んだ自我。

いい意味での目線が上がっている自我。

 

もちろん、身体がある限りは「個=自我=私」感覚はあるけれど

全体を見渡せる視野ができてくるほど

「苦しみの渦」には巻き込まれにくくなります。

 

*お父さんが訳も聞かずに門限を破ったと

玄関でいきなりビンタした。

もう怒りと悲しみでいっぱい・・・

こんな例があったとします。

 

私たちはこの「怒りと悲しみ」に同化して

怒り=悲しみ=私そのものとして今までの父に対する思い出や

記憶の感情の波、嫌だったエピソードに巻き込まれているのですが

ここでポイントです。

 

このエピソードを「外側から見ている」私をイメージしてみましょう。

そして怒っている私に

「何が悲しい?」

「何が悔しい、」許せない(怒り)?」

「いきなりのビンタ」ってどういうこと?

私にとって、どんな意味があるんだろう・・・

 

こんな「目線」が持ててくると

感情の渦に巻き込まれずに、自分への理解の方向へ

向かっていきます。

 

出てきた感情は最大限にウエルカム。

そしてそこに隠されたどんな声があるんだろう・・・

こんな視線です。

 

もしかしたら「理解されなかったこと」かもしれないし

「大事にされなかったこと」かもしれないし

「父に叩かれる=愛されていない」と思ったことかもしれないし

→父に愛されたい自分がいるし

 

なんでしょうね・・・

 

ここが一人一人全く心の構造が違うため

ブログで答えを「こうです」って書くことができないのですが

見えていなかったここが顔を出して

初めてふっと緩んだり、辛さが減ったり

自分への理解が深まって優しい目線になれると

 

初めて他者へも同じ目線が向けれたりします。

 

自分が本当は物凄く怒っているのに

→怒りのストーリーの中で生きているのに

相手に親切にしたり、理解している振る舞いをすることは

自分を縛っていますよね。

 

縛りはいつか、爆発します。

 

どんなストーリーの中で苦しんでいるのか

まずは自分が見つけてあげるって自分への紛れもない愛。

 

自分への愛を増やす=他者への愛も増える

世界平和♡へつながりますよね。

 

優しい世界って住みやすいと思いませんか?

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.