解決への道は「原因探し」ではない

10
5月
2019

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

朝日が本当に赤くてキラキラでした。

4時台に起きたご褒美♡

 

 

今日は常々感じていることを

また皆さまと分かち合いたいと思います。

 

========

 

私たちは何か身体でも、ココロでも

調子が崩れて、それが続いていくと

『これはどんな病気なの?どう治療したらいいの?』と調べ物をしたり

こうすれば治ると言う名医や病名を探したり

どこかに自分をカテゴリー化して

 

あ、わたしは今◯◯と言う病名だ。とか

これは△△と言う状態なんだと知ることで安心したり、

またはこれからこうすれば良いと(How To探し)

未来に希望をもったり

→希望を持ちたいから探すと言う見方もできますよね

 

何を隠そう、わたしもそうやって調べることがたくさんありますし、

それが悪い訳ではありません。

 

が、今日、お伝えしたかったのは

一番大事なのは診断名やカテゴリー化する

原因探しが解決なのではなく

➤見つかっただけで実際はなんら変わっていませんよね。

 

見ていきたいのは

【なぜ今の状況、症状、感覚がそこに現れているか】

これを支えているものを探すことです。

 

========

 

ココロのことに関しては

「何度なおしても、家の中のドアが上手く開閉できない」

というたとえ話だとします。

 

ドアを削ったり、何かを塗ってその時は滑りが良くなっても

また数ヶ月すればドアの調子が悪くなります。

 

実は家の基礎工事の土台が痛み

土台そのものがぐらつき、家が傾いていたら

永久にはドアの不具合は治りません。

 

土台そのものをしっかりとケアして

傾き自体がなくなれば=ココロの仕組みそのもののケア

もう「ドアの不具合自体が起こりようがない」のです。

 

つい、部分部分でどうしたらいいか?と考えがちだったり

新しい家具やカーテンで気分をリフレッシュしたりして

 

何かその場は、いっときは良い感じになりますが

また繰り返して起こります。

 

本当にココロも同じ。

 

原因探しではなくどんな土台が見えないココロの中にあるのかを

探す旅をしてみましょう♪

 

輝く、良い自分や

できる自分になる訳ではなく

何がそこにあるの?

どんな風にわたしはそれを見ている?

感じてる?聞こえてる?思ってる?

 

これを探しましょう♡

 

まずは書き出して客観的に眺めることは

非常に効果的です。

頭のぐるぐるにも役立ちます。

このやり方も参照に➤過去記事

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.