過食が止まらないとき①

01
3月
2019

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか・・・?

 

過食・・・

ダメですよね・・・

止めたいし、太りたくないのに、お腹が空いていないのに

どうしても食べることが止まらない・・・

または自分を傷つけるように食べてしまい

あとから吐いてしまう「過食嘔吐」

 

私自身が実は過食嘔吐で20年以上は苦しんでいました。

症状的には強まったり弱まったり

出ない日もあったりの混合タイプでしたが

ひどい時には1日に5回ほど過食嘔吐。

 

最後にはもう、嘔吐できずにフォークなど

何でも喉に入れて無理やり吐いてしまっていたので

喉から血が出る事や爪で傷つけてしまう事も。

嘔吐しながら涙も自然と流れて

(悲しいからではなくもう必死で身体から出そうとしていました)

よくあの時代を頑張って生きていたなぁとしみじみ。

 

「止められない」衝動の強さは体験済みです。

 

では何故今、全く症状が消えているか・・

それは過食嘔吐の「必要がなくなったから」です。

これに尽きます。

➤体験上、過食嘔吐の必要がある限りはどうしても

やってしまうのは当たり前です。

 

理由があり、ちゃんとココロの中ではそれがないと

生きていけない位に必要なのに、

そのままで行動だけ「止めさせる」ことは

非常に実際は難しいです。

 

過食嘔吐で何を埋めているか、または何を感じないで済むかなど

依存症なのでここを探していくことがポイントでした。

 

それぞれの過食が必要な訳は一人一人違いますが

私自身のケースをシェアしていきますね。

 

何回かに分けて書いていきます。

 

とても苦しかった「過食嘔吐時代」。

しかも長い間ずっと共にあったものですから

これで辛い方の何かヒントになればと思います。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♪

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.