頼まれていないのに「世話をしてしまう」あなたへ・・

23
6月
2019

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は自分でも「お節介焼き」とか

「お人好し」とか思うのに・・

困っている人やを見たり、気づいてしまったら

身体が動いて行動してしまう・・・

 

そして、毎回思うのは「やっぱり関わらなければよかった」

そんな思いで自分バッシング・・・

 

やっぱり、私って何をやっても伝わらない

だめだなー・・・

お人好しのバカだ・・・

 

でもこのパターンは常にある感じ・・

そんなあなたの心の中にはどういった仕組みがあるのでしょう

 

 

=======

 

ある女性は、家族の何か問題があると

頼まれていないときでも自分がどうしても気になってしまい

お金を出してあげたり、一緒に病院に付き添ったり

旅行の計画を立ててイベントを計画したり

悩みの相談にも乗る・・

 

でも、家族は自分が思っているようには感謝してないから

当たり前にもなりつつあるから

「もうやらないぞ!」と誓うのに

 

しゅんとしている姿を見るとどうしても

やってしまう・・

そんな状態でした。

 

「報われなさ」や「伝わらない悲しみ」や「寂しさ」・・・

いつもそんな感覚でいたのですが

どうしてこの行動が出てくるのかを見つめてみると・・

→セラピー併用です

 

イメージの中でスーパーの床に捨てられたレシートが見えます。

このレシートは「このまま捨てないで」

すごくそういっている気がするんです・・と。

 

もう一度、もう一役誰かの役に立ってから

捨てられたら幸せ・・・

例えばメモ用紙として裏を使ってもらうとか

小銭を包む役割を果たすとか

なんでもいいけれど、このままでは嫌だ。

 

すでにレシートとしての役割は立派に果たしているのに・・です。

 

彼女はすでに立派にお仕事を果たし、

長女としても十分に役割を果たし

社会的にも、「きちんと」しているように見えるのですが

心の中は「これじゃなんか足りない」

「もう一役立ちたい」気持ちが一杯だったのです。

 

だから、様々な習い事をして起業したかったし

家族の色々な悩みももっと応えたかったし

会社でも更に役にっ立ちたいと努力していました。

 

あまりにも自分の心の中がぴったりだったので

本当に驚かれていましたが

こういった自分特有の仕組みが見えることで

 

「十分によくやっていて、そのままでも本当はいいんだよ。

でもやりたい気持ちもすごく理解できる。。」

 

ダメな私100%から

自分のセルフイメージが変化し、

何よりも温かい眼差しで自分を見れていたことに

緩みが起こっていました。

 

自分へのまなざしが厳しい時には苦しいし

理解ある温かさであれば

そこにある現実は辛く、何も変わっていなくとも

全然感じ方、捉え方が違ってきます。

 

 

「現実をどうやったら変えられるか」から→

「自分をどうしたら理解し、受容できるか」へ・・・

 

どちらも「経験して実感して」みてくださいね。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.