Author Archives masumi

25
3月
2019

相手の真意は関係ないって…どういう事?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお過ごしでしょうか…

今日もお花に癒されています♡

毎日、お花を通じて思い出を刷り込んでいます♡笑

 

今日、皆さまと分かち合いたいことは

私たちはすぐに『あの人がこんな風に言ったことに傷ついた』とか

『この状況が私を追い詰めた』とか

 

外側の何かのせいで、自分が辛いから

相手に変わって欲しい、気付いてやめてほしい、謝って欲しい…などなど

相手へのコントロールが生まれたりしますが

 

そもそも、何故自分がこんな風に

相手や状況に影響されるのか…

ここに少し着目してみましょう。

 

********

 

もし上司が『もう帰るんだ〜、お疲れ様』と

定時の退社時間に声を掛けたとします。

 

実はまだ本当は終わらせた方が良い仕事はあるし、

まだ残業する人も同じプロジェクトでいます。

 

子供が風邪気味で体調が万全ではなく

保育園に預けているので

帰る支度中の一コマ。

 

『もう帰るんだ〜、お疲れ様』

 

この言葉を上司に言われて

あなたはこの状況で何を感じますか?

書き出してみましょう。

 

===========

 

Aさん

→うわぁ、釘刺された!

夜、家で持ち帰って挽回しないと

上司にあてにされなくなる…(>人<;)

みんなにも気の利かないダメなやつって思われるから

見つからないように裏道から帰ろうかな…

 

Bさん

→あぁ、ごめんちゃい♡

子供が気になるから今日は定時で帰らせてもらいます。

その分、みんなとの差が出たら何かで埋め合わせしたいな…

帰らせてくれてありがたいです♡

誰かが早く帰る時も、分かるなぁ…協力しよう♪

 

同じ言葉を言われても

傷つく人と、感謝の気持ちとなる人との

差は何でしょうか?

 

 

実はきっかけはもちろん

『相手の言葉』や『目の前の状況』であることは変わりないのですが

 

それをどう解釈したか、

どう意味づけして自分の中に取り入れているかに

全ては決まります。

 

そう言った意味で、

本当に相手が悪意があろうがなかろうが、

実はあまり関係がなくてΣ(・ω・ノ)ノ!

➤親切や優しさで言ってくれていても

意地悪で嫌味っぽさが込められていても

 

全てが自分自身の受け取り方次第で決まって来ます。

 

受け取り方が自分に優しくて、

リラックスしたものであればあるほど、人生が優しくなりますよね。

 

=今日の問い=

 

①実際に言われた言葉はなんだったっけ?

(ちゃんと思い出してなるべく正確に書き出す)

②その言葉は自分に何と言っているように感じた?聞こえた?

③上記をもとに・・・

実際の言葉がそんな風に(変換されていたのなら)

凄く嫌だったのは分かるよ・・・そうだったんだね・・。

 

 

言われた瞬間の自分をイメージして

優しい言葉や味方として、理解者としての

言葉をかけてあげましょう。

 

その時に自分の身体のどこにどんな感覚が出ていたかも

書き出してみましょう。

 

 

小さな小さな自分へのワークですが

こんな風にイメージ化した自分との対話は

非常にお勧めです。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
24
3月
2019

『終わりは始まり』繋がっている私たち

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

昨日は1年間ずっとアシスタントとして、講師として

参加していた「OADセラピスト養成講座」の

終了パーティーでした。

 

色々な思いと共に感じたことを皆さんと

分かち合えたら…と思います♡

 

 

========

 

春は別れの季節でもありますよね・・・

一区切りと言いますか、年度末があって

何かを一度、終わりにして、新しいものが始まっていく感じ・・

 

名残惜しくて「〇〇ロス」になってしまうぐらいに

別れが悲しくなるものもあるでしょうし

「早く、ここから旅立って新しい私として

リセットしたい」という場合もあるでしょう。

 

小学校の時になどまさしく、いじめの思い出が一杯の

小学校の体育館から式を終えて、母と学校を出たときに

「あぁ、もう、二度とここには来たくない」

そんな風に誓って新しい学校へ行った記憶があります。

➤セラピーのいい「ネタ」でした~

 

 

表面上は色々な形で「終わり」

次に新しい場所での「始まり」はどんなものか人それぞれですが

必ず人生から「主人公の私」は消えたことはありません。

 

終わらせる時も、始まりを迎えるときも実は

「私という存在そのもの」はずっとそこに在り続けるので。

そういった意味では形は変化しても、本当の意味での

「別れ」はないんだなぁとしみじみ・・・♡

 

忌まわしい記憶も、絶対に失いたくない幸せな記憶も

全てが精一杯生きている私の証であり

永遠に私のものなんだ・・・

 

この私がとても健気で愛おしい存在そのものだと

しみじみ・・・・

 

登場人物たちも全てが愛おしい・・・

 

「私」をこんな視点で眺めると、

ずっと現れ続けていることが起こっていて

一度も終わったことがないことにも気付いたり・・・

 

「人間劇場」の主人公や登場人物は今日も色々動いて感じて

生命としてあり続けるのですが

それを見ている気づきとしての私は永遠に在る感覚・・・

 

『色々なお芝居、していいし全部見ているよ~』

そんな風に見守られた空間で精一杯今日も演じよう♡

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
23
3月
2019

相手と距離を作ってしまう瞬間

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は人間関係が上手く行かない相談の時に

よく出てくる一つとして

誰とでもとりあえず上手く行きたいのに

 

「こんな瞬間に相手と距離を作ってしまうんです」とか

「これが見えたときにシャッターを自分から下ろしてしまいます」

どうしたらいいでしょうか?

 

こういった体験をしたことありませんか?

ここを皆さんと分かち合えたらと思います。

 

 

=======

 

頭の中ではなるべくみんなと仲良くしたい・・・

親しい人が欲しい・・・

上手く人間関係を築きたいと思っているのに

 

ある瞬間に「無理・・・」と自分からその関係を

切ってしまったことありますよね。

例えばなんでしょう・・

 

嘘をつかれたと思った瞬間?

相手が私を嫌っているエネルギーを感じたとき?

私の事、何も分かっていないし、この先も無理だ・・・

繋がっていたら自分が傷ついてしまう・・

自分の利益しか考えていないように感じたとき?

コントロールされている感覚を感じ続けたとき?

 

どんな時でしょうか?

 

 

ここは本当に人の数ほど理由があるのですが

自分にとっての決定打は何?

ここを自分が知ってあげる事は大事ですよね。

 

決定打=絶対に感じたくないものです。

だからどんなに思考上では上手く人間関係を

築きたくても出来ないのは当たり前です。

 

 

私の中の絶対に嫌だと思っているものを探してあげることは

自分への愛情ですし、理解を深める事です。

➤その先、出来そうならばどうしてそこまでそれが

嫌なのかも聞いてあげたいですね。

 

自分が自分のセラピストになるという意味は

こんな感覚です。

 

理解されたい、分かって欲しい・・・から

自分が自分を分かってあげるへ・・・

 

『真の理解者の私の寄り添い』と『思いやり』は

氷が解けていくように変化を生み出します。

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
22
3月
2019

コアなアイデンティーが自分を動かす訳

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

私はココロの仕組みを見つけていくのが大好きなのですが

その一つは自分のアイデンティティー、コアなセルフイメージ

ビリーフがどんな風に自分の人生に現れているのかを

紐解いていくと・・・・

 

自分という存在の行動や思考までが「全て辻褄があってくる」のが

面白くてたまりません。

本当にぴったり一致しすぎるほど

完璧な構造がそこに在るからこそ

『その悩みという現れが存在していたんだ』・・・

 

そんな風に毎回セッションでも「感嘆」しながら

セラピーへと繋げていきます。

 

アイデンティティ―とは凄く簡単に言えば

「自分らしさ」とでも言いましょうか、

またはパソコンでいえばアプリではなくOSそのものみたいな感じ。

 

なのでお料理でいえば「出汁」みたいな?感じですね。

この出汁を使って例えばお味噌汁も作るし

煮物も作るし、炊き込みご飯も作るし

シチューや卵焼きや・・・

 

どの料理にも入っている感じです。

 

=======

 

例えば人間関係、家族や、友達、職場など

どのグループの場所でも

「仲良く、穏やかに」しなければいけない・・・

そんな「出汁」を持っていたとします。

 

勿論ご本人は全く気付いていません。

どの料理にも必ず少しづつ、またはメインで沢山使う

出汁なので、そんな構造は気づきません。

 

きっかけは職場の上司が仕事にルーズでだらしない人だったとしたら

彼の責任で彼が責められたり、チームが崩れるのは

仕方がないし、コントロールできないので

自分の手を出す範疇は超えているのに

 

この出汁の特徴を思い出してください。

どの場所でもいつも穏やかで上手く回っていて

いい感じにしないと・・という特徴ですしたよね。

 

いつも見張って、いつも彼の行動を確かめて仕事してしまうのです。

無意識レベルで止んだことがないのです。

 

どうしても「彼に変わってほしい」と怒りを持ってしまいます。

なので、自分の見張りのスキをついて彼が問題を起こすと

本当に怒りの噴火となりますよね。

➤彼の自動的なミスは彼女にとっては

「見張りのスキを突いたもの」として映ります。

 

また、この出汁を持っていると

家族の中で自分勝手な兄弟がいるとすると

自分が仲介役を無意識に買って出てしまい

いつも相手の文句の聞き役に・・・

 

そして相手が感謝するどころか、ストレスのはけ口として

当たられ役が多かったりするとそれだけでも疲れます。

でもこれも

この出汁のなせる業です。

 

例えば本当はこのパーティーに行きたくないけれど

誘われてしまいました・・・

 

行かないと場の雰囲気を壊すかも・・・とか相手に悪いとか

参加したら楽しそうにその場に居なきゃと思うのも

「この出汁」のせい。

何故ならこの出汁は「そこの場を上手くまわすべし」

「穏やかにみんな仲良く・・」という味だからです。

 

 

子供や夫がちょっとした相談や風邪を引いた、熱が出たと

ただ話すだけで「わぁ、どうしよう、今の時間だと

病院、やっていないし・・」など頭の中が駆け巡るのも

この出汁のせい。

この出汁はとにかく全て円満にスムースに自分が納めたい

エネルギーの出汁なのです。

 

 

こんな風に「出汁」そのものの特徴が少しでも変化すると

料理自体や表れ、自分の行動、浮かんでくる思考・・・

全てに変化が起きます。

 

なのでこの自分の出汁はどんなものなんかをまずは

知ることは本当に有効なんです。

 

コアなアイデンティテー探しは自分探し。

私という存在を良く知ることのできる大事な外せない

プロセスです。

ただし・・・

優しい眼差しで・・・♡

 

犯人捜しのような変えてやる~みたいな眼差しで探されても

隠れてしまいますよね。

「この出汁のせいで料理が全部マズくなっている」

そんな姿勢が出ていないかチェックしてみましょう。

➤自分が出汁そのものの立場だと隠れたくなりませんか?

または怒ってしまうとか、戦いが起こってしまいます。

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
21
3月
2019

自分へのおめでとうも忘れずに♪

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

東京は曇りの静かな朝です・・・

これから少し雨も降るようです。

 

昨日、今日は卒業式なんです…という方が多く

お子さんや知り合いの方のセレモニーで

色々感慨ひとしおの方々も多かったのでは?

クライアントさんの中にも息子さんの卒業式の後に

来てくださった方もいらっしゃいました・・・

 

SNSなどにも卒業式の写真を上げている方が

多かった気がします♡

 

当人たちは

沢山の祝福の言葉や励ましを貰って

次の新しい世界に羽ばたいていくのでしょう・・・

 

今日はその主人公を支えていた「私」について

分かち合いたいと思います。

 

 

======

 

この日を迎えるまでに、走馬灯のように

その存在との数々の思い出が駆け巡りますよね・・・

色々あったと思います。

心配のあまり、どうにかしてその子を学校に行かせなきゃと

奮闘したり、先生とやり取りしてみたり・・・

 

友達と上手く行かない子もいたかもしれませんね・・・

または急に成績が下がって受験でどうしたらいいものかと

悩んだかもしれません・・・

 

 

随分昔の私の子供たちの卒業式にも万感の思いが溢れて

思わず目頭が熱くなりました。

 

今日はその子を支えた自分の方に少しだけ

眼差しを向けてみましょう・・・

 

数々の修羅場や心配した日々・・・

私なりに精一杯頑張ってきたよね・・

労いの言葉を自分に向けてみましょう・・・

 

静かに、そっと・・・でもちゃんと。

 

自分への小さな感謝も忘れずに心から受け止めて

認めてあげましょう・・・♡

 

「私、頑張ったね」

 

おめでとうございます♡

 

温かな一日をお過ごしくださいね。

いつも応援、ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
20
3月
2019

やっぱり最後は自分・・?恋愛から見る風景

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

毎日なんらかの仕事上、お悩みを聞くのですが

私も含めて、最後はやっぱり「自分」を見つめることに

戻っていくなぁとしみじみ・・・

 

誰かをどうにかするとか

何かを得て自分を変えるとか

最初は「(そのためには)どうしたらいいですか?」

から始まるお悩み相談は必ず

「あぁ、そういう事だったのね」に

行きつく・・・

 

今日はこんなことを皆さんと分かち合いたいなと思います。

 

 

=======

 

たまたまなのかもしれませんが最近特に多いのが

「恋愛の悩み」

 

恋愛は本当に人生の凝縮系と言いますか

自分が一人では得られないと思っている感覚を

相手が与えてくれる関係が実に心地よいものです。

 

一緒に居るときに感じる「安心感」「守られている感覚」

自分がそこに居ていい感覚や、自分の何らかの価値を

感じさせてくれるような・・・

 

相手に役立っていて必要とされる感覚かもしれませんし

自分が相手をこんなに喜ばせて幸せに出来るという

自己価値かもしれません・・・

 

だからこそ、その関係が危機になるかもしれない・・・

そう思ったらもう辛いです・・・

悪いストーリーがむくむくと沸き上がり

止まりませんよね。

 

 

========

 

40代のある女性はやはり、とても仕事ができる人。

引き受けたらもう、責任感の塊で無意識に

頑張ってしまう事が止まりません。

➤ここにもこうさせる理由がちゃんとあります

 

今、一緒に住んでいるパートナーとは初めて

「結婚したい人」であり親にも紹介したいし

自分でも何でこんな気持ちになるのか不思議だと仰っていました。

 

でも今の彼は超自立型といいますか

仕事をやはりバリバリとするタイプで

まだまだ結婚は考えていない・・・

 

今のままずっと一緒に居ることも悪くはないけれど

自分でもどうしたのか・・・と、ここを見ていきました。

➤好きだったら結婚したいのは当たり前だよねとか

40代だったら当たり前だよね・・は

ちょっと横に置いてみます。

 

 

彼女は20代の頃に大きな仕事を成功させて

本当はそのあとに直ぐに結婚して子供が欲しいと思っていました。

でも色々あり、紆余曲折の人生を「突っ走って」きました。

 

それなりの成果や成功もあり、勿論色々な大きな傷も負ったり

そろそろこういう生き方、変えたいとも感じていました。

ここを本当に良く感じてもらうと・・・

 

実は疲労困憊して動けない私がいました・・・

彼女にとっては新しい生活とは「安心な生活の事」だったのです。

➤安心な生活とは?も、人それぞれなので

ここも細かく何を求めているかを見つけていきます。

 

もう一人でこれ以上頑張るぐらいなら、この孤独を感じるぐらいなら

死んだほうがいい・・・

彼の前で仕事ができることを隠しておけばよかった・・・

何でこれ以上私を頑張らせるの?

 

彼に対する怒りと、自分も能力を見せてしまった自分への怒りと

もうぐちゃぐちゃに疲れ切っていました・・・

 

「え?そこまで?」

ご本人も驚くほど、「死んだほうがいい」とまで

叫んでいる自分が居たとは・・・

 

そしてその心の中の自分は

「彼に結婚してほしいのではなく

身体の持ち主の私自身に一緒に居てほしい。

私を責めないで味方になって・・・」と。

 

「え?彼じゃないの?」

 

ここも改めて驚かれていましたが

これがセラピーの凄さです。

 

体感覚でマッチしているので頭の声は入る余地がありません。

フォーカシングが生きています。

 

思考はいくらでもある意味本心ではない体裁のいい言葉で

自分を納得させますが

身体で感じる「そうだったんだ」には

嘘がないです。

 

全部が私。

全部がその通り・・・

 

自分が自分を知っていくジャーニーは

頭で考えているものとは大きな違いがいつもあって

結局どの心の中の自分も「自分に愛されたい」

「自分に寄り添ってもらいたい」と思っています。

 

これも頭の知識や理解を超えて是非「体感」してみてくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
19
3月
2019

競馬依存から見えてきたもの

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はいわゆる依存症ならばどんなものでもいのですが

そこには必ず「止められない理由」があり

それを見つけ、傷ついた声と対話し

自分が自分を受け入れられたり許した時に

初めて「依存が必要なくなる」例を

皆さんと分かち合えたらと思います。

 

 

========

 

あるクライアントさんは50代。

独身の頃から当時付き合っていた彼には内緒で

競馬に狂っていた時がありました。

 

1週間の仕事が終わるや否や、すぐにいつも競馬場に・・。

あの場所特有のエネルギー、人々の色々な思惑・・・

全てに高揚感があり、実際にはお給料の殆どを使っていたし

時には借金までしてでもやめられなかった競馬。

 

50代の今は、どうにか抑えているものの

最近、行きたくてうずうずしていていつか爆発しそう・・・

旅行や趣味や、友人との飲み会などで

気持ちをどうにか誤魔化しているものの

自分でもおかしい・・・と

一度辞めたけれど、本当はやめていない気持ちにも気づいていて

私、どうなるのですか?とのお話から・・・

 

 

彼女は実は仕事がとてもできる人で責任ある部署を

任されています。

周りからは信頼も厚く、自分でも出来ない仕事などあると

果敢に努力して絶対に人から後ろ指刺されたくない・・・

そんなバックグラウンドがありました。

バカにされたくない、人から下に見られたくないなどの

伏線もありました。

 

競馬で何を満たしていたか・・・というと

自分で馬を選ぶ・・・

自分で騎手との相性も選ぶ・・・

人の流れや、「勝つ」ことは全てが

自分の選択で決まる・・・

勝つことが「自分が頑張ったことでやってやったぞ」という

気持ちになれて「優秀な出来る自分」を感じられる・・・

そんな事が見えてきました。

下に居る自分ではなく、上に立っていられる感覚が

何ともいい感じだったのです・・・

 

 

「私は出来るんだ」「私は負けない」

この感覚を味わいたくて、足繁く通っていたのです。

という事はある意味、ここに通っていない時には

常に緊張感の中、「私は出来ていないから」頑張り続けて

結果を出し続けなきゃ、負けるかもという恐怖の世界で

戦っていましたとしみじみ・・

 

私は「出来る人」ではなくて出来ない人だからこそ

戦い続ける必要があったなんて・・・!

ここが腑に落ちるまでも時間が掛かっています。

 

 

実は自分がコンプレックスの塊で

家庭環境も惨めで、人には知られたくない家族構成だったので

勉強だけは負けたくない・・・

そんな気持ちで学校だけは頑張り続けました。

 

母親は出ていく時に妹を連れて行ったのですが

「お前はここに残ってお父さんの面倒を見て」

この言葉も平然と受け入れていた自分がいましたが

落ちこむことさえフリーズして出来なかったのだと

50歳になって気づきました・・・

 

この場面は今でもしっかりと覚えています・・・

そうおっしゃっていました・・・

 

ご両親ともに亡くされていて今では

「もう過ぎたこと」とか

「死んだ人を恨んではいけない」とか

両親も仕方なかったのだ・・・などと思っていて

自分ではたいしたことではないはずでしたが

 

置いてきぼりにされた幼い私を癒すセラピーで

ココロの中に溜まっていた大声を出してあげる事で

自分がいかにここを抑えていたかを知りましたと

仰っていました。

➤声が出るまでも時間が掛かっています

 

 

見たくなかった・・・

なかったことにしたかった・・・

触りたくない・・・だって今は大丈夫だし

私はもう大人なんだから・・・

それに、私はちゃんとできる人で、部下もいて・・・

 

何度もここに来るまでに時間が掛かりましたが

ゆっくりと段々と氷河が溶けるように

変化されていきました。

➤複雑性トラウマもあって、徐々にでした。

 

 

 

今では競馬中継を見たり、馬券売り場の前を通っても

「懐かしい」気持ち、「愛おしい思い出」として

感じます・・・と変化。

 

ある方の競馬物語でした。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
18
3月
2019

頭の中には誰が住んでいる?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は私たちの頭の中、思考って

どんな声がいるのか、あるのか・・・を

もう一度検証してみませんか?

ご興味がある方と分かち合えたらと思います♡

 

 

======

 

普段、私たちはナチュラルに何も考えずに

自然に頭の中には色々な声が流れてきているのは

体験済みですよね。

 

よしっ、この言葉を言うぞ‥みたいな感じよりは

自然に次々と思いが沸いてきて

この思いにまた繋がりながら次の思いが出てくる・・・

そんな状態ではありませんか?

 

 

実は頭の中にもしも『色々な声さんたち』が住んでいて

その人たちの会話だとしたら・・

どんな人がそこに居るのでしょう・・・

 

例)

【自分の中のストーリーを加速させて膨らませる存在】

 

例えば「夫が不愉快そうな顔をしている・・・きっと

昨日の喧嘩のせいだわ。まだ根に持っているなんて

子供たちの前でなんて父親らしくないの?

これから出かけるのに嫌になる・・・

待ち合わせの友人家族にも伝わって気まずくなるわ・・・

前もってラインで知らせておこうかな・・・

あぁ、めんどくさい!」

 

上記は全部、自分の中の声が勝手に自動的に作り出している

妄想のストーリーに自分が本気で反応している例です。

 

自分の中ではもちろん真実ですが

実は全部「一人芝居」。

これが悪い事ではなく、私の中にも勿論元気で住んでいますし

あなたの中にもいるはず。

そのぐらいにどの人の中にもいる人気者です。

 

 

この声の存在も破壊力大です。

なぜならば自分の空想、ストーリーが「事実」として

いつの間にか絶対真実となり

その目でしか相手や状況を見ないから・・・

 

➤何も間違っていないですし、当たり前すぎて

スルーしがちですが、この声に静かになってもらわないと

本当の「拾いたい声」から遠くなってしまいます。

 

セッションではこういった声をかき分け、かき分け

「何がこの声を生んでいるのか」を

探していきます。

そして、本当に元にある存在が見つかると

どんぴしゃりと「気づきます」「分かります」

 

更に、この声が作られる製造元?のような

セルフイメージやビリーフが見つかると、

全てがパズルのように完璧に辻褄が合います。

「あぁ、だからだったんだね」

「あぁ、それならそうなって当たり前だったね」

軽く本当の気づきの始まりです。

 

 

こうやって自分が自分という存在を理解し、受け入れて

和解し、力が自然と抜けてナチュラルな自分へ

戻っていく感じです。

ここからセラピーを使い、今度はそこに必ずある

「感情」の部分を触っていきます。

今度はやっと会いたかった「感情さんたち」と会話が始まります

 

ここが頭で情報として理解したり、知る事との

大きな違いです。

➤感情、感覚ともに一緒にあるものなので

それも変化して初めて「現れている症状」に変化が出ます。

 

またほかの頭の中の住人の声シリーズも

お伝えしていきますね。

 

いつも応援、ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
17
3月
2019

自分で出来る心の声の聴き方

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は日曜日なのですがお休みの方が多いですよね?

 

いつもブログを書いている時には

通勤途中のあなたや、朝の何かの習慣で

モバイルを見ているあなた・・・

または昼休みに読んでくださっているあなたや

夜にまとめて見てくださっているあなたを思い浮かべています。

 

========

 

いつもブログには「ココロの声と会話しよう」

そういい続けているのですがその方法を

あまり具体的に書いてこなかったなぁと感じています。

 

というのは、本当にその人特有の

自分オリジナルの声を拾い出して、なるべく

根本的な原因だったところまで探し出すには

私も時間がそれなりにかかっています。

 

初めは2006?2007年ごろから溝口あゆかさんの

ブログを読み始め、本を読み始め

そのブログでいつも泣いて

支えにして毎日過ごしていて・・・

そのうちに日本に来られたときにだけ開かれていた

ワークショップに参加したりしましたが

 

家庭内が色々とありすぎて、刺激する人と一緒に住んでいる状態では

いい講座も頭からすっ飛んでしまい・・・

自分が変化しだしたのは2010年からです。

 

この時には刺激する同居していた人と別々に住み

やっと自分に向き合える環境へ。

ここから2011年にロンドンのカウンセラー養成講座に行き

今はロンドンコースはなくなり、東京であります

今思えばここから始まったなぁと感じています。

意識が「どうやったら=how To」から

「どうして=why」へシフト

 

how toは今の自分はそのままで方法を変化しない自分に

乗せるイメージ。

whyは今の自分が何故そうなっているかを優しく

聞きながら問題の根本を探るイメージ。

 

 

この間もずっと上り調子というわけでもなく

途中で気持ち的に休んだりもありましたが

ずっと心の学びだけはやり続けていました。

勉強会もほぼ参加しながら、最初は「自分の癒し」目的で

参加していました。

 

ロンドンのコースも全くセラピストになる予定はなく

(その時は家業の仕事がしっかりとあってそれ以外考えられなかった)

学ぶごとに奥深いココロにただ惹かれてオタク心で

ずっと続けていた感覚です。

 

 

なのでこうしたらいいというやり方は1つではないのですが

お勧めする確かに助けになったことをお伝えしますね。

 

 

========

 

*毎日、時間を決めて自分のココロの中に浮かんでくる言葉を

ノートに書き出してみる。細かく丁寧に・・・。

または感情が動いた出来事があったら

なるべく直ぐに書き出してみましょう。

 

 

*上記に付け加えるとしたら、最初は難しいという事は

承知の上でですが、そこに感情があるとしたら何かを書きましょう

 

*「思い」「感情」「(身体の)感覚」といったように

ここを区別して最初はただ書いていたことを

意識した上で分けてみましょう

 

例)上司に「〇〇〇」と言われた時に

「見つかった!もうこのプロジェクトから外される」→(思考)

「怖い」→(感情)

「身体がぎゅっと縮まる感じ」→(身体感覚)

 

*もしできればですが上級編として「身体」で感じながら

書き出したことを味わってみる・・・

そして身体の微細な感覚もキャッチし、そこに在る声を

拾ってみる。

 

ポイントは「頭で考える」のではなく

「身体で感じる」こと。

直ぐに答えは出なくて全くOKです。

出てこない時はそれで全然いいぐらいの気持ちで

気軽に遊び感覚でしてみましょう

フォーカシングの要領

 

 

実はこれは「自我=私」にとってもっとも退屈で

直ぐに思考での答えに着地しないため

苦手なはずです。

はっきりと嫌いと仰る方も(!)クライアントさんの中でも

いらっしゃるほど、自我にとっては魅力的ではないのです。

 

 

私もずっと頭での考え、思考で答えを出す癖が

何十年もあったので、どうしても難しかったです。

それに一つの自分のパターンが見つかると

直ぐにそこに結びつけてしまい

本当の声を見逃し続けていたこともあります。

 

経験したからこそですが、この作業が地味ですが一番大事。

そして積み重ねです・・・

 

自宅で一人で、または通勤の電車の中で時間を決めて・・

寝る前ですと疲れてしまうので

お風呂の湯船の中でとか・・?

 

ご自身で時間を決めて習慣か出来たら最高ですね。

 

私も時間を決めてほぼ毎日しています。

今ではしないほうが気持ち悪いぐらいに

やっと習慣化できましたが、やはり時間をかけています。

 

でもこうやって身に着けたものはお金もかからないですし

自分から無くなりません。

 

何処でもできますし、自分を振り返ることが出来て

一時の感情で判断したり、決めつけてしまって

状況や相手を見誤ることも少なくなりますよ。

 

自分に近い大切な家族や子供たちや

親や、パートナ・・・親友などなど・・

あとは「自分自身」については

感情も束になっているので

丁寧に触りたいテーマです。

 

歴史が深いもの(時間が長時間)なども同じくです。

 

それとは別にセラピーを習うのもとてもお勧めです。

自分でワーク出来るEFTやMRはお勧めです。

 

そして一番の基本はやはりフォーカシング

全てのセラピーが上手く行く時に

どのぐらいフォーカシングが上手く行っているかで

大きな差が出てきます。

 

フォーカシングは資格や年齢など全くないので

どなたでもその日から使えるのと

とても優しいアプローチ。

 

自分と親しくなるのに本当にいいなと感じています。

 

 

では今日も温かな1日を♪

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
16
3月
2019

見えないものが気付けたとき

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「気づき」について

みなさんと分かち合いをしたいと思います。

 

「気づき」・・・

大げさに考えずに、何となくどんなイメージがありますか?

よく私もクライアントさんや自分にも問うのですが

「気づき」は何かが「分かる」ことや

「解決に繋がる事」だけではなく

 

どちらかと言えば「存在を認める」とでも言いましょうか・・

勿論、それで悩みが消えてスッキリするとしたら

いいのですが

 

「出来なかったこと」

「認められなかったこと」

「許せなかったこと」などの理由に気づくと言いますか

これらの存在をしっかりと「意識する」とでも言いましょうか

 

 

ここがとても大きくて、大切だなぁと感じます。

 

頭でグルグルしたり、繰り返している人生の問題は

大抵が深い部分で「気づかれていない」からこそ

繰り返すので

 

「存在に気付く」ことはこの視点で見れば

大きな進歩であり、変化でもあります。

で、ここからがやっと対話できるスタートに立ったことになります。

➤知っているという情報や知識と「気づき」は

全く別の感覚です。こちらの記事参照。

 

潜在意識というぐらいですから

頭で探してもすぐにアクセスできないのは当たり前。

でも、その苦しさは間違いなく潜在意識を通じて

表面に現れているものです。

 

特に長年もっているものや

当たり前すぎて馴染み深い感覚や

感情、感覚が強いものなどは是非ここのエリアを

まずは紐解いていきましょう。

 

納得させる言葉や、アファメーションや

みんなそうだから・・とか、大人なんだから・・といった

もっともらしい、正統性のある声を

一度、横に温かなベッドをつくり

そこで待機してもらいましょう。

➤冷たく「横に置くべき」とかでもなく・・・

 

この『もっともらしい正しそうな声』でさえ

理由があって表れているのですから・・・

本当に人のココロは完璧です!

➤全てが完璧な辻褄を持っているのです

 

でもこの【正しそうな声】に引っ張られて、

下にある出てきていない声と会えなくなる可能性が

大きいです。

私もしょっちゅう騙されそうになるほど

この声の存在はパワフルです。

 

あなたのココロの奥深くの声には

どんな叫びがあるのでしょう・・・

好奇心と愛情で探していきませんか?

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.