Author Archives masumi

22
3月
2018

悔いなき時間を…

皆さまおはようございます♪

昨日は急な雪に本当に

驚きましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

セッションをしながら

窓に映る大きな雪を眺めつつ…

*横殴りの結構な勢いで雪が舞っていました

 

 

夕方から久しぶりに20年来の

友達と会いました。

お正月に会ったきり、特に連絡もせず

お互いに20年も過ごしていれば

その間にどんな歴史があるか

阿吽の呼吸で知っている仲です。

 

******

 

彼女の最愛のお母様があっと言う間に

旅立ちました…

あれよ、あれよと言う間に…

 

ご本人の強い希望で自宅で

最後を看取ったそうです。

 

もちろん、後悔や◯◯にもっと早く気付けば…とか、

あの時にこうしておけば良かったのかな…とキリなく様々な思いはありますが…

 

それでも一番のお母様ご本人の

家に戻りたい…の声に応えたことは

とても良かった、間違いなかったと

涙ながらに話してくれました。

 

あぁ、本当にそうだなぁと思うのは

「お母様の為に自宅で看取る」と

表面上の思考では思うけれど

 

「お母様の最後の希望に応えた私」とは

まさしく「自分が自分のためにそうしたいことを尊重した姿」

それそのものであるなぁと・・・

 

私の為にしたいことを

私自身が(無意識ですが私に)してあげる…

 

自分を受け入れるとか、自分を愛するとか

自分を肯定するとか、自分を許すとか

沢山の言葉はあれど、本当にこれに尽きると思います。

 

誰かのために何かをしているようでも実は

「そうしたかった自分にそうさせてあげる」姿は

本当に尊くて美しいと感じます。

 

 

本当はどうしたいの・・・?

 

いかに様々なコメントが頭の中に渦巻いていて

「一番本当はしたいこと」はおざなりになっていることや

諦めていることが多々あるなぁ・・・と。

そしてそれを横に置いて、引き出してみると・・・

「あぁ、そうしたかったんだね・・・」と心打たれる言葉がそのあとに続きます。

 

 

今日は私自身も「本当はどうしたい?」と特に意識して

過ごしてみたいと思います♡

 

 

 

 

 

Read More
16
3月
2018

私は誰かの幸せの源♡

おはようございます♪

今日は素敵な映画の中から一言。

とある家族の物語で、その中での

人間模様や親子の絆や、大切にしていた

風習やしきたり…

家族の誇りや愛情のストーリーから

ハッとした言葉がありました。

 

何度もくっついたり離れたり

家族を守るために犠牲になって

自分の幸せを譲った主人公に

やっと待望の赤ちゃんが生まれたシーンでした。

 

彼女の夫が娘を抱きながら

『あぁ、なんて愛しい…

君はどのぐらいの価値があって

どのぐらいの幸せを与えることが

出来ているのか知っているのかい?』

 

赤ちゃんが生まれたら必ずみんなが撮る写真13

 

娘の顔を覗きながら呟くシーン…

この瞬間に「〇〇出来る子にしよう」とか

「△△さえあれば・・・」なんて皆無。

 

赤ちゃん自身も多分こんな感覚・・・♡

 

あぁ、「私」もそうだったのだ…

私も本当に愛されて望まれていたのだ…

ただいるだけで幸せを与える存在そのものであるし、

ただいるだけで尊い存在…

 

ちゃんと何かできなくても、役に立たなくても

そのまんまで本当に良かったんだ・・・

直ぐに面白いほどに忘れてしまう感覚・・・

 

 

ふと見渡すと、どの人どの人もその尊い存在そのものであり、

老若男女関係なく

誰かの幸せの源なのだと…

 

私たちは誰かの幸せの源です。

 

よ〜〜く感じてみたい…

間違いなくそうだと言うこの感覚を

もっともっと信じるまで…♡

 

Read More
13
3月
2018

心打たれるとき・・・♡

おはようございます♪

今朝もいいお天気ですね。

花粉も飛び交っているようですが30年以上続いた

あんなに重度の花粉症が去年ととりあえず今日までは

薬いらずです。

 

朝、少しぐずぐずと鼻がなりますが薬なしでは

居られなかったのに感激です♡笑

 

もっとしっかりと効果を確証したらまたご紹介しますね。

 

*この4本のチューリップ、嘘見たいな話ですがとあるファッションビルの入り口で声を掛けて頂いて貰いました〜

全くビックリ!でも、人の温かさに感激♡

 

今日はこの記事から・・・

『社員がほぼ辞めない”奇跡”のタクシー会社』

 

=======

 

読んでいて素敵だなぁ・・・

読んでいて共感♡

 

私たちって例えばいつも買っているお店や

いつも言っているカフェがあったとしてそこで

ちょっとした一言や、自分の事を覚えていてくれたって感じた瞬間や

小さな(勿論大きなもあるでしょうが)優しさに心打たれた経験は

在ると思います。

 

私もいつも行っていた例えば個人の経営しているカフェで

雨の日の夕方遅くでしたが

「今日はもう、お客様来ないと思うから・・・」

勿体ないから食べるの手伝ってねと

小さなケーキを出していただいたり・・・

 

 

または自分が仕事で働いていた時に、その方が凄く欲しがっていた

商品があったとして、覚えておいてサプライズでお渡ししたり・・・

 

ベビーカーと荷物をもって電車に乗るときやエスカレーターで

頑張れば勿論自分で出来るでしょうが若いお母さんに

声をかけてお手伝いしたり・・・

 

あ、そうそう、やはり何かの場所で泣いている赤ちゃんに

困り果てていたお母さんにちょっとだけ声掛けして

「私も子育て中はこういう事あって困ったわ♪」と

話しかけたり・・・

 

お友達が私が咳が急に止まらなくなって困っていたら

静かに席を離れてお水を買ってきてくれたり・・・

あ、私もこれはしたことがありました♪笑

 

物凄い落ち込こんだときに何も言わずにただ

傍に居てくれた人もいましたね・・・

 

 

私たちは小さな優しさ、大きな優しさも含めて

「分かって貰える感覚」

「助けてもらえる感覚」

「一人じゃない感覚」

 

そんなものを凄く欲しているなぁと感じます。

 

欲していなくてもそれを誰かが誰かにしているのを見るだけで

自分まで温かくなるような感覚・・・

 

昔の下町のようなお節介過ぎは別としても

人は人との繋がりを求めてやまないなぁと感じる今日この頃です。

一言も何も話さずに全てネットやスーパーで買い物もできますし

今はお医者さんに行ってもささやかなちょっとした

会話なども少ないような気がしますが

 

一人でも生きていけるかもしれないけれど

こういった交流っていいですよね♡

→私はお節介おばさんなのかも・・・笑

 

今日も素敵な一日をお過ごしください♡

 

 

 

Read More
05
3月
2018

別れる事がこわいとき・・・

おはようございます♩

昨日も今日も・・・あぁ本当に春が来てるなぁと感じられる

暖かさですね〜♡

土日の週末は継続で10回クラスのある勉強会が

終わりまして・・・

日曜日のクラスの方々が主催して下さった打上げに

参加してきました♡

温かなカードが本当に今まで続けてきた証のようで

私もとても嬉しかったです。

 

 

=======

 

春だから。。。という訳ではなく私たちの人生って

一区切りや、今までの馴れ親しんだものとどうしても

別れて行く機会ってありますよね。

 

親子も、永遠に一緒だと思っても肉体的に無くなってしまったり

兄弟も遠くに行ってしまったり・・・

 

パートナーではどうでしょうか?

結婚も含めて永遠にこの人と共に生きると誓って

一緒の時間が続くと思っていてもなんらかの状況で

別々の道を歩んで行くことはきっと経験あると思います。

 

学生時代の親友とでも・・・

同じ趣味の教室で仲が良かったあの人とも・・・

 

離れかたは色々・・・

別れ方も色々・・・

理由はその体験の数だけあります。

 

きっと大好きな度合が大きければ大きいほど

心の痛手は響いて来ますし、あまりにも感じたくない痛みは

「相手のせい」にしてしまうこともあるでしょう・・・

 

「あなたさえ、私にこの気持ちを抱かせなかったら

私はこんなに苦しまなくて悩まなくてすむ・・・」

「今までのこの思い出は嘘だったの?」

「本当は所詮はこの程度の存在だったのね・・・」

「あなたにとって私は大したことない存在なのね」

 

こう言った思いが出れば出るほど私が感じるのは

「あぁ、本当にその人が大好きだったんだね・・・」

 

その悲しさや寂しさにとことん寄り添います。

 

だって大したことない人、余り影響受けない人ならば

揺れませんもの・・。笑

 

いつも痛みを自分に与えるのは「自分の中にある傷」です。

 

傷があるのは勲章とは言いませんが私は傷がある人が

とても愛しくて仕方ありません。

傷を抱えて苦しんでいる人にとても共感します。

*ここは境界線を持ちつつがポイント

 

真面目で優しいあなたの傷や私の傷は自分が自分を理解する

とても大きなきっかけです。

 

こころの仕組みは本当にミラクルですね♡

Read More
03
3月
2018

出産にこだわりを持ってしまう時

おはようございます♪

もう、本当に随分春めいています・・

朝の空気、日差しの温かさ・・・

世の中の空気・・・

 

デパートなどでもお雛様のものなど並んでいますし

今日は3月3日♪

 

子供の頃はお雛様を飾ってもらい、甘酒を飲んで

ひなあられや菱餅を食べましたね・・・。

母がハマグリのお澄ましやちらし寿司を作り

ひなパーティーをしたものです・・・

 

======

 

ある女性がとても出産にこだわりを持っていました。

その方は恋愛経験もそこそこあり

見た目も美しく、頭脳明晰。

大きな企業の役職に就き部下も沢山います。

 

 

周りから見ると「結婚していない」ことは確かですが

それなりに幸せそうに見えています。

が・・・

実は彼女には大きな悩みがあったのです・・・

 

「私には子供がいない」

 

物凄く彼女にとって大きな「欠如感」で毎日どうやって

妊娠して子供を産むか、卵子を凍結させてみようかとか

婚活にとてもエネルギーを注ぎ、結婚=子供を作ることに

なってしまっていました。

 

自分が親に無償の愛を注いでもらったから

私も無償の愛を注げる子供が欲しい・・・

 

でも、誰の子供でも良いわけでもなくひたすらお見合いの

マッチングサイトやデートを重ねています・・・

 

彼女の心の中に何が起こっているのでしょうか・・・?

 

 

======

 

 

小さなころから自分は人と関わることが下手だと思っていました・・・

本当は沢山の友達の中で遊びたいのに

家の中でお絵かきをしています・・・

 

「私、こっちのほうが好きなの」

 

子供の私なのに「寂しさをまぎらわずために

誰かといることは空虚だから」と何の意味もないと

決めて一人でいる私・・・

 

良くその子の話を聞いてみると

「一人の人と深くつながれることが意味がある」

「沢山の人と意味なくつながるのは空虚」という

彼女の中の決めていることが見えてきました。

 

 

沢山の人と繋がることが空虚だという思いは過去の

彼女の経験から来ているものでした。

なので一人の人と深くつながることに

大きなもっともな意味を見出す必要があったのです。

 

 

本当はどうしたい・・・?

 

「人の中に入って豊かな人生を味わいたい・・・」

これが凄く欲しかった・・・

沢山の人ととるコミュニケーションが分からなかった・・・

 

本当の彼女の声は「大勢の人と何かを共有したり

共感しあう事を沢山経験したい」でした。

 

人と繋がりたい・・・

 

そうですよね・・・

本当は一人でいるほうがいいという姿ではなく

人と繋がって共感を持っている自分がナチュラルなこの方

本来の姿でした。

 

両親には感謝しているけれど、無償の愛がもっと欲しい

私の寂しさに気づいてほしいと本当は

思っていたことも見えてきました。

 

私が無償の愛を与えたいのではなく欲しかった・・・!

 

表面上の意識で思っていることと潜在意識で抱えている

自分が気づかない意識で思っていることはこんなにも

違っていて、この声に気づいてあげる事は

自分を理解して包んでケアして尊重して労う事・・。

 

自分の本当の声を見つけるコツは

「〇〇だからこれでいいの!」と言っている時に

モヤモヤ感が全くなければいいのですが

うっすらとざわついていたり、モヤモヤしているとき

 

この時に頑張ってその姿でいる自分を少し横に置いてみましょう。

 

その下に居る自分はどんな姿でそこにずっといましたか・・・?

もう、結婚や子供にこだわる彼女はそこに居なくて

それが表面上のこだわりだったことを気づきました。

 

「本当に聞いてもらいたいことは何?」

深いところに居る自分と対話するって大切です。

 

 

ここからが始まりです♡

 

 

 

 

 

 

 

Read More
01
3月
2018

正直さは勇気と比例する

みなさま、こんにちは♪

少しづつ春っぽい匂いや暖かさを

感じ始めていますがいかがお過ごしでしょうか・・・?

今日は「正直さ」について書いてみたいと思います。

 

正直さ・・・

正直になるときに勇気が必要なこと、ありますよね。

 

 

ある女性がアルコール依存の夫との関係で苦しんでいました。

夫のためにお酒の瓶を隠してみたり、

夫の未精算のお店に後日行ってお店の人に謝ってきたり

 

出社できない夫への体裁を隠すために子供達には

「お父さん、具合が悪いから会社行けないの・・・」

 

ほとほと疲れ果てた彼女がいつも相談している親友といよいよ

彼をアルコール依存症の病院へ入院させて「治療」しないと

彼一人の力では、夫婦での共依存の関係の中では病気なので直せないので

入院が苦労の末、やっと決まったとします。

 

ところが・・・

 

彼女がまた入院を拒み、夫を入院させずに家に連れて帰ってしまった・・・

 

======

 

友達は知らずに「良かったね」と彼女の決断を自分の事のように喜び

彼女は罪悪感で一杯だとします。

 

正直になれない時・・・

本当の事が言えない時・・・

自分が間違っているであろうけれどそれをどうしても

止められなくて・・・

言ったら興ざめされる・・・言ったらもう二度と親身になって貰えない・・・

彼女の信頼を失うんだ・・・

 

もし、自分が友達なら、こんな時ならばどうされたいですか?

 

私だったら正直に言って欲しい。

自分がしてしまったことを悔いて隠すよりも

大丈夫なフリを自分の前で演じ続けられるよりも・・・

 

もしかしたら激怒するかもしれないけれど・・・(えへへ)

 

そこから本当の自分たちの関係はさらに深まるだろうし

信頼関係も再構築される・・・

 

本当の事を言ってくれたら最初は口も利かないかもしれないけれど

なんか許せる感じがしませんか?

 

「これ、言うの、怖かったよね」

「実は苦しかったね・・・」

「私の前では正直でいていいよ・・・」

 

実は私たちの心の中にもこんな風に2人の人が居て

葛藤があること、良くあります。

 

激しいバトルや抵抗もあるので

時間もかかることもよくあります。

 

クールな何にも傷ついていない素振りでいたけれど

物凄く悲しんでいる自分が居たり・・・

 

「大丈夫、心配しなくていいよ!」と強がっている自分が居たら

「本当は何を抱えているの?」と

そっと大きな岩をどかしてあげませんか?

 

その岩の下から本当の声や、姿が見えてきます・・・。

ちょっと怖いけれど「勇気」を出してみませんか?

 

一番見てほしいって願っている自分が居ることが多いです♡

この自分に心から「良くやっていたよ、今までも・・・」

労いのハグをしてあげませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read More
24
2月
2018

不完全で全然良い♡

皆さま

おはようございます♪

昨夜は遅くにジムに行き

久々にトレーナーさんと身体を動かしました♪

すっかり忘れていたと思っていた

フォームも、一度身についたら身体が覚えているようで、ビックリ!

自転車に一度乗れたら久々でも

バランス感覚が刷り込まれているみたいに

乗れちゃいますよね〜

とは言え、コンスタントにした方が

一番効果的ですが…笑

 

******

 

ずっとずっと、無意識に『完全な理想の姿』になりたくて、頑張っていた事が分かりました。

 

頭では分かっていましたが、知識としては

100も承知でしたが、『出来る自分』

『間違えない自分』『人を傷付けない自分』

『役割をちゃんと果たせる自分』『期待に応え続ける自分』…

 

その姿が理想で、他者からも望まれていて

その姿を維持できている限りは

安心で安全な人生を送れる…

 

そんな風に思っていたようです。

 

が、人間はそもそもが完全ではありません。

例えどんなに偉人であっても

ある部分は素晴らしい愛情深いところがあったとしても、ある部分ではとても軽率だったり、手を掛けなかったり…

 

でも、『完全じゃないと愛されない、受け入れられない、認めてもらえない』と、やはり無意識に思っていました…

→頭では充分に知っています。

自我の習性ですね…白旗。笑

 

ある時に、私はいけないこと、間違った事をしていたらしく、それを知ることになりました。

 

その時、とても言われて救われた言葉があります。

『人間、誰でも不完全で間違いはあるの。

何が大切か…。それは真摯に受け止めて直せば良いだけ。以上マル。』

 

私は間違えてしまったら

きっと酷く罰せられたり非難されると

何処かで思っていたようでした。

 

なぜならばこの深い深いメッセージの

愛情深さに涙と安堵を感じたから…

 

もしかしたら何処かで既に本当は知っていた愛情だったから…

 

他の方からは人伝てに私の失敗と感じる事を

行動や態度で『それでいい、大丈夫』と示して 下さったり…

自分のダメな所からこんなに愛を沢山感じさせられ、自分の不完全さを自分が赦せた時に

 

知識を超えた安堵に、優しさに包まれました…

 

それに、周りの人々とも

自分に赦しや優しさを与えることに抵抗が減るたびに、実はずっとずっと自分は大切にされていた事が見えてきたり…

 

自分を許すことは甘えではない。

→これも非常に難しいです。常に葛藤は付きまとい、横槍を入れてくるもう1人の私もいますが…

 

不完全さを開き直って受け入れちゃうのではなく、本当の意味でその不完全な自分に愛を示した時には…

 

そこに本物のheavenが…♡

自分らしいナチュラルな本来のエネルギーが…♡

 

不完全の中にある意味の完璧な世界を垣間見るような感覚…

 

愛しい不完全な私に私のハートからエールを本当はいつも送っている事に気付く瞬間に

ドバーッと涙が…

 

あぁ、愛の中からどんなにもがいた所で一度もここから出たことがないし、出られない…

 

出されちゃったと思い込んでいただけ…

 

温かな1日をお過ごしください♡

 

Read More
21
2月
2018

どんなものも埋まらない穴があるとき

みなさま、おはようございます♪

今日は曇り空・・・

少し寒いのでいつもより暖房を高めに設定した朝・・・

 

朝、また気づいたことをつらつらとシェアしていきます。

前回書いた「グレイテスト ショーマン」より・・・

この中に流れていたこの歌・・・

The Greatest Showman – Never Enough

この曲のジェニー リンド役が歌う「ネバー イナフ」に

本当に共感しているんです・・・

 

======

I’m tryin’ to hold my breath
息を止めようとしてたの
Let it stay this way
このままでいようと
Can’t let this moment end
この瞬間を終わらせはしないと
You set off a dream in me
あなたは私の夢をかき消したけど
Gettin’ louder now
今はその夢も大きくなってきてるの
Can you hear it echoing?
この反響した音があなたには聞こえるの?
Take my hand
私の手を取って
Will you share this with me?
私と一緒に感じてくれない?
‘Cause darling without you
だってあなたがいないと、、

All the shine of a thousand spotlights
何万個のスポットライトの光も
All the stars we steal from the night sky
私たちが夜空から取った星空だって
Will never be enough
満足できないわ
Never be enough
全然足りないわ
Towers of gold are still too little
金の塔じゃ小さすぎるでしょ
These hands could hold the world but it’ll
世界を握ることのできる手でも
Never be enough
満足できないわ
Never be enough
全然足りないわ

For me
私にとっては
Never, never
ぜったいに
Never, never
全然
Never, for me
私にはまだまだよ
For me
Never enough
まだまだね
Never enough
足りないわ
Never enough
満足できないわ
For me
私にとったらね
For me
For me

All the shine of a thousand spotlights
何万個のスポットライトの光も
All the stars we steal from the night sky
私たちが夜空から取った星空だって
Will never be enough
満足できないわ
Never be enough
全然足りないわ
Towers of gold are still too little
金の塔じゃ小さすぎるでしょ
These hands could hold the world but it’ll
世界を握ることのできる手でも
Never be enough
満足できないわ
Never be enough
全然足りないわ

For me
私にとっては
Never, never
ぜったいに
Never, never
全然
Never, for me
私にはまだまだよ
For me
Never enough
まだまだね
Never enough
足りないわ
Never enough
満足できないわ
For me
私にとったらね
For me
For me
私からしたらまだまだよ

 

========

 

私たちは今、頭では充分なものが目の前にあったとしても・・・

一見、幸せそうに感じる日常や羨ましがられるような状況が

他者から見るとあるように思えても・・・

 

周りの人からは「どこがそんなに不満?何が心配?不安?」と

絶対に理解してもらえないものがある・・・

 

もう、充分じゃない?

もう、過去は忘れようよ・・・

あの時は全力でやったよ・・・

あの人は気づかなかっただけ・・・

あなたは愛されている・・・

受け入れられているよ・・・

 

そんな言葉もその時は一瞬受け入れられるのだけど

部屋に帰って一人でいるとき・・・

 

「Never enough」全然、全然、まだまだ足りない・・・

愛がほしい、誰か本当に永遠に愛してほしい・・・

 

絶対に永遠に・・・

 

こんな心の絶叫がとても共感しました・・・

 

「依存症」の状態の時はまさにこれでした。

私は買い物依存になり沢山のものを集めました。

でも、全く心の穴は埋まらなかった・・・

寂しさはもっと増すばかり・・・

 

恋愛依存も、アルコール依存も、ワークホリックも・・・

たばこやギャンブルや、共依存・・・

 

本当の本当の欲しいものは手に入っていない虚しさ・・・

「Never enough」

 

心の穴に気づいた時に、永遠にこれを続けるしか生きていけない・・と

思った時に初めて体験したのが

「私の心の叫び」を「私が聴く」ことでした。

 

ただ、一緒にその悲しみを抱きしめてあげるだけで充分です。

 

私も一緒に今日もしていきます♡

 

 

 

 

Read More
20
2月
2018

「普通」とか「みんな」を使う時

みなさまこんにちは♪

最近、

本当に晴天続きですね~

でも体調を崩されている方も多いですし、まだまだ

インフルエンザなどの影響も大きいなと感じています。

 

さて、今日は「普通」とか「みんな」という言葉を使う時の

私たちの心の様相を書いてみますね。

 

とても軽やかで全くいい感覚で楽に使っている時はある意味

どんな言葉でもOKなのですが

自分の心の中で・・・誰かとのおしゃべりの中で

「普通はね・・・〇〇だよね」

「みんな△△なのが当たり前なのに・・・」

とか、流れている時・・・

 

自分の中で無意識ですが誰かや何かと「比べた状態」で

そこを判断してこの声が出ている・・・と思います。

 

昨日、セッションの合間に「グレイテスト ショーマン」という

ヒュー ジャックマン主演のミュージカル映画を見てきました。

*音が出るのでご注意ください♪

 

この映画で何度も涙が溢れるのはいかに私自身も他者や状況、

世間のこうあるべきという常識などに囚われていて

本当の感じている「これが私自身なんだ」という肯定感よりも

「普通」「みんな」というものに巻き込まれているのか・・・

 

セッションでも同じです。

自分のユニークさで苦しんでいらっしゃる方々が走馬灯のように

頭に浮かびました・・・。

 

これを何度も違う角度から見せられて・・・

 

「私がユニークな私自身を認める」

「私が私を赦す」

「私が私に誇りを持つ」

 

素晴らしさと深さと温かさと安堵感に包まれた時間でした。

 

自分が自分を肯定したい気持ちはもちろんあるのですが

これを貫こうとしたときに立ちはだかる壁が様々な形で

襲い掛かってくるのです・・・

 

でも・・・

 

やっぱり「私」しかいないんだ・・・

ベタですが私が私を受け入れ愛する事こそが無敵であるし

そこには愛がベースなのでどんな脅威や弱さがあっても

溶けていくのです・・・

 

惨めでどうしようもなくダメな自分も・・・

勇敢な力のある自分も・・・

どちらも本当の私なのだ・・・

 

私もあなたも・・・

 

それを知っている・・・

 

自分が作った、他者から教えられた、社会が持っている

「普通」をもう一度自分の中の恐れや不安から見つめてみる時間でした。

 

相田みつをさんの詩もふと思い出されましたね。

 

=====

ぐちをこぼしたっていいがな
弱音を吐いたっていいがな
人間だもの
たまには涙をみせたっていいがな
生きているんだもの

- 相田みつを -

 

======

うわぁ~~んと泣きたい気分です♡

そしてうわ~~んと泣きたい人をそっと抱きしめたい気分♡

わかるわかる・・・。

 

 

 

 

Read More
16
2月
2018

そこに愛があれば大丈夫

皆さま、おはようございます♡

今日はどんな朝を迎えていらっしゃいますか?

旧正月の元旦でもあるのですね・・♪

「新春」という言葉がぴったり来るような

季節とお天気の今朝でした。

*新しいpcと今、仲良くしている練習中♡

=====

 

誰かから厳しいアドバイスや

自分の痛いところをズバリ言われて傷ついたこと、ありますか?

 

これだけは絶対に私は見たくない・・・と感じても

実はあぁ、その通りだなぁと

降参するしかない…

 

そんな時ってありますよね?笑

 

逆に誰かに自分が相手の痛いことを伝えなきゃならない立場になった時に

相手が傷ついてしまったらどうしよう…

言葉は選んでもきっと落ち込んでしまわないだろうか…

そんな心配と共に言ったら「やっぱり」の反応を受け取ってしまった・・・

そんな時ってありますよね?笑

 

 

体験から言います♡

 

自分が言われた時でも、言わなきゃならない時でも

本当にそのベースに流れているエネルギーが心からの愛情であれば…

 

必ず相手は分かります♡

時間がかかっても伝わります♡

 

逆にとても表面上ではフレンドリーな言葉や

当たり障りないような接し方だったとしても、

ベースに流れているものが相手を責めていたり攻撃しているエネルギーだと…

 

それも伝わりますよね(´ー`)

 

本当に私の為に敢えて痛い事を伝えられた瞬間は

もちろん傷つくし、ハートは一瞬緊張しますが…

深い愛情からのメッセージだと分かったと同時に流れるのは

相手への心からの信頼と感謝しかありえません。

 

メッセージはすぅ〜っと浸透して行きます。

 

愛がベースで生きていけたら…

本当に素敵♡

ラクだし、自由。

 

縛るものや縛られるものから放たれ

全てが優しく映る世界…

 

まずは自分に自分がその世界、時間を与え

そこから放つ。

 

やっぱり自分の体験からしか伝えられない。

 

今日も自分に純度の高い正直な信頼と愛情と共に

温かい一日をお過ごしください♡

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.