ブログ

04
1月
2018

JMET主催EFTスキルアップ練習会

皆様こんばんは☆

今日はJMET主催のEFTスキルアップ練習会

お知らせです。

セラピーをせっかく学んでも実際にしっかりと使えるためには

練習が必要ですよね。

JMETではEFTトレーナーが定期的にスキルアップ練習会を

開催しています。

どうぞ気軽に、お一人お一人見るチャンスですので

ご参加くださいね。

 

~~~~~~~~~

 

2018年3月17日(土曜日)
EFTスキルアップ練習会

~~~~EFTの精度がぐんと上がるための
トークセッションからタッピング開始までの流れの作り方~~~~~

JMET認定EFTトレーナーの浦松ますみです。
3月に東京でEFTスキルアップ勉強会を開催します。

【日時】2018年3月17日(土) 13時半~16時半

【場所】あうるすぽっと 3階 B1 room
東池袋駅1分

〒170-0013
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751/FAX.03-5391-0752

http://www.owlspot.jp/access/

【講師】浦松ますみ(JMET認定EFTトレーナー)
【料金】4000円(事前お振込みとなります)

【講義内容予定】

EFTを習ってプラクティショナーとなりそれぞれの中で
自分のEFTを他者、自己ワークに
お使いになっていることと思います。

自分のEFTに効果を感じるときと、
「もっとこうすればよかったのかな」と不安を感じるときなどありませんか?

実は大きなポイントがいくつかあるのです。

セラピーに入る前の「効果的なトークセッション」
→(気づきの問いかけ)が
どんな風にテーマに基づいて掴めているかは
大きな効果の違いを生んでいます。

せっかく手に入れた「EFTのスキル」のもっと精度を上げるために
一緒にトレーナーとの練習会の時間を使って学んでください♪

既に手に入れているこのツールをもっと磨きませんか?

その他お一人お一人の実際に悩んでいる疑問、
質問にもお答えしたいと思います。

ペアワークタイムもしっかり取りたいと思います。
【お申込み&お問合せ】

PC・スマホ共用フォームURL
https://ws.formzu.net/fgen/S51846105/
スマホ専用フォームURL
https://ws.formzu.net/sfgen/S51846105/
携帯電話用フォームURL
自動振分けURL(レスポンシブ)

(折り返しのお手続きのご案内をお送りいたします)

セルフワークでも、お仕事としてのスキルアップをしたい方も
「精度を上げて」効果的なEFTを一緒に育てていきましょう♪

 

Read More
04
1月
2018

出来る、出来ないに陥っているとき

こんにちは♪

 

思い思いの決意や出来事から

新しくスタートを切っている

2018年のお正月・・・

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日書いてみたいこと・・・

それは私たちがすぐに陥りやすいもの・・・

 

「出来るか出来ないか」という【結果】に

無意識にフォーカスしている時についてです。

 

~~~~~~~

 

最初は純粋に

「これが出来たら嬉しいな・・」

 

「これを表現できたらきっと◯◯だなぁ・・・」

 

小さな子が心の赴くままに何かをしている時の様に

ハートの声のまんま動いているときって本当に

軽やかで自由で「していること」そのものが

嬉しさで一杯です。

 

こういう時は結果がすぐにつながらなくても

成果も見えなくても

誰にも認めてもらえなくても

「自分がそれに触れている喜び」で

幸せの灯があったかく

胸の中にあるものです・・・

 

そしてそこには誰かや何かへの感謝も自然にあるでしょう。

 

 

ところが・・・

 

結果や成果にこだわりが出てくると途端に

最初の瑞々しい気持ちがどこかに行ってしまっています・・・

 

「これだけやったら〇〇になるはずだ・・・」

「きっと△△に認められるはず・・・」

「私の能力はこのぐらいは出来るはず・・・」

 

ハートの声がいつの間にか

「エゴの声」に変わってしまっています。

 

勿論、これが悪いとか持ってはいけないと

いう話ではありません。

仕事などでも全く結果や成果を度外視して

やりたい気持ちだけでは上手く行かない時もあるでしょう・・・

 

子育ても介護も純粋な◯◯したい…だけで

済む話ではありませんよね。

 

おまけに・・・

世の中って過程はどうでもいいから

「結果と成果」を求めているなぁと思わざるを得ないような

そんな場面や状況もありますよね。

 

そんな時の私の中の純粋な存在は小さく

「やっぱりね・・」とつぶやきます・・・

 

何度もそんな経験をするともう「諦め」もついてきて

純粋な「〇〇したい」という声は完全に潰れています。

 

そんなときの私は怒りっぽかったり、被害者意識に

埋もれていたり、感謝が全くでてくるどころか

相手を攻撃していたりします。

 

 

こんな時は自分の胸に手を当てて

よ~~く感じながら聞いてみます…

静かに自分と向き合う「対話の時間」を

持ってみます。

 

 

「本当はどうしたかったの?

何話してもいいよ。教えて・・・」

 

~~~~~~

 

大抵出てくるのは純粋な自分の中の思いです。

ハートからの声です。

既に実はずっと持っている叫びだったりします。

 

「私はここにいるよ!頑張っているよ!」

「ただわかってほしいの!」

 

自分の中の既にあったけれど出せなかった「声」って

本当に穢れなくて美しくて可愛らしい

純粋なもの・・・

 

結果も成果も関係ないその「声」は誰の中にも

既にあります・・・♡

 

この声を大切に出来たら・・・と自戒を込めて

今日のつぶやきに・・・♪

 

元気がなくなったときや周りに攻撃の気持ちが出た時に私は良く寄り添っています。

 

今日はスパイスの効いた美味しいキャラメルティーを自分のために労いと共に…♡

 

 

 

 

Read More
01
1月
2018

感謝の湧き上がる時…

皆さま

新年明けましておめでとうございます🎍

 

2018年が快晴のもとスタート。

 

毎年恒例のお墓まいりと

実家への顔出し…

 

昨日の些細なメールのやり取りから

私や息子が何時頃に行くね!と言う

母からの返事が

『何をご馳走するかずっと朝から

キッチンに立っています』

 

あぁ、なんてありがたい…

なんて愛されているんだろう…

私はやはり受け入れて貰っている…

 

どわぁ〜〜っと感謝のエネルギーが

身体を優しく包み込みました…

 

******

 

愛が見えない時…

自分が被害者になっている時…

 

全く同じ相手に対して

苛立ち、悲しみ、諦め、怒り、情けなさ…

これを絶対真実として感じていますが

相手の中の、私の中に『既にあるもの』に

気付くだけでこんなにも幸せに…

 

*******

 

いつもの電車の風景…

お爺さんが小さなお花を持って

どこかへ向かっています…

あぁ、お爺さんもお墓まいりに行かれるのね…

きっとご先祖様たちも喜んでいるなぁ…

 

子供づれの若い夫婦…

あぁ、今からご実家に行くのかしら…

先方は今か今かと待っているのね…

 

お友達同士の楽しげなグループ…

青春を謳歌しているなぁ…♡

楽しんで!

 

見る風景全てが全くいつもと同じなのに

そこに感謝や優しさが溢れている…

 

******

 

あんなに戦って怒りや憎しみを持った

相手に全く違う思いと感情で

眼差しを向けることができるのは

 

既にあるから…ですね♡

 

既にあるものは

一時的に見えなくなっても、感じられなくなったとしても必ず既にあるので

絶対に大丈夫!

 

それぞれの豊かで優しく温かな

2018年でありますように…♡

 

今年は沢山のシェアをして行きたいと

思います♪

 

Read More
27
12月
2017

見えなくなっているものが見えたとき・・・

こんばんは☆彡
珍しく夜の投稿です・・♪

 

今朝は寒い一日でしたがすこぶるお天気は良く

サクサクと所用を済ませたり仕事をしたり・・・

 

そんな一日の終わりにYouTubeのある歌の歌詞を見ていて

改めてウルウル・・・

 

~~~~~~

 

Imagine there’s no Heaven
想像して 天国はないと

It’s easy if you try
やってみれば簡単

No Hell below us
下に地獄はなく

Above us only sky
上にあるのは空だけ

Imagine all the people
Living for today…
想像して 今日のために生きているすべての人々を

Imagine there’s no countries
想像して 国がないことを

It isn’t hard to do
難しくはない

Nothing to kill or die for
殺す人も、誰かのために死ぬこともない

And no religion too
そして宗教もない

Imagine all the people
Living life in peace
想像して 平和に生きているすべての人を

You may say I’m a dreamer
夢想家だと君は言うかもしれない

But I’m not the only one
だけど、僕は一人じゃない

I hope someday you’ll join us
And the world will be as one
いつか、君も加わって
世界は一つになると願う

Imagine no possessions
想像して 財産がないのを

Imagine no possessions
君は(想像)できるだろうか

No need for greed or hunger
どん欲になることも飢える必要もない

A brotherhood of man
人類愛(人の兄弟愛)

magine all the people
Sharing all the world
想像して すべての世界を分かち合うすべての人々を

You may say I’m a dreamer
But I’m not the only one
I hope someday you’ll join us
いつか君が僕たちに参加してくれることを願っている

And the world will live as one
そして、世界はひとつとして生きていくだろう

 

~~~~~~~

ジョンレノンのimagine・・・

あぁ、これの和訳も人の数ほどあるでしょう・・・

その時の自分の状態でも変化するでしょう・・・

心理セラピストとしてこれを感じたことを

シェアしますね♪

 

 

私たちは常に「未来の不安」や「過去の体験」に本気で振り回され

「今」が見えなくて誰かと争ったり・・・

恐怖でいっぱいで分かち合いや信じることにストップがかかったり・・・

自分を守ることがメインになっていたり・・・

 

これが続いたらどうなるんだろう・・・・

きっと将来は大変だ・・・

 

深い絶望感や諦めと共に膝を抱えて溜息や

悲しみに暮れている存在も内側にいるでしょう・・・

 

でも、繋がること・・・

共感すること・・・

恐れを少しでも緩めることが出来たなら・・・

 

きっと優しくてリラックスした世界が待っているはず。

 

2018年はそんな人々が増える年になるといいな・・・

 

なぜならば本当に私たちはいつでも愛の中から

逃れることが出来ないから・・・

 

下に地獄は本当になくて既にある愛が見えなくなっているだけ。

 

*私もよく下に本気で地獄がある‥と勘違いし

再び愛を見つけてはホッとしています♡

 

 

 

Read More
17
12月
2017

誰かに何かをしてあげるって素敵♡

おはようございます♪

今朝も輝く朝日の中、一日がスタートしました。

昨日の事なのですが、もうずっと前に継続セッションが終了していた

クライアントさんから小包が・・・

 

中にはカードとお菓子などが添えられていました。

こういうのって本当に「嬉しい」「心が動く」「安堵」などを

感じますが・・・

 

どんなエネルギーが嬉しかったのかを

お伝えします♡

 

~~~~~~~

 

私たちっていつも世の中で自分は上手に溶け込めているか

少数派になっていないか・・・

受け入れられているか・・・・愛されているか・・・

 

周りと比べてちゃんとやれているか・・・

 

こんなことを凄くナチュラルに「無意識に」感じていて

これに時間を、エネルギーを使っているなぁと感じます。

 

大多数に馴染んでいないと弾かれてしまう・・・

人が去ってしまうなどの恐れもこんなところに繋がりますよね。

 

私も含め、セッションに来られる方はこういったお悩みの方も多いのですが

今日お伝えしたいのは・・・

 

「私がこういった感動や安心を与える側になりたい

 

そんな気持ちになったことです。

 

与えてもらって嬉しかった感動を私が誰かにも伝えたい・・・

 

「あなたの事、覚えていますよ」

「とても大好きです」

「これからも宜しく」

といった言葉の内側に流れているのは

 

「信頼、安心、繋がり」だなぁと感じます…

 

一緒に過去共有したものを大切に相手がしてくれていた時

自分が忘れてしまっていた記憶を大切にしてくれていた時

 

本当に嬉しいですよね。

 

私もこの嬉しさを沢山の誰かと共有したい・・・

そんな気持ちになった一日でした。

 

「これをしないと辛いことになるから」

「誤解を解きたいから」

「より自分に有利になるから・・・」

などといった「恐れや不安」がベースでない「したい気持ち」は

本当に温かい・・♡

→恐れや不安ベースは私を含めよくありますよね~(‘_’)笑

いつもの投稿はこっちがベースなので今日は違う観点から・・・笑

 

こんなあったかな感染が沢山の私たちの中に

広がりますように♡

優しい一日をお過ごしください♡

 

Read More
14
12月
2017

あなたの中にある『つい…』の正体

こんにちは♪

久々の久々の更新ですね〜〜(>人<;)

RFT基礎講座を東京で開いたり

12月初めはHRA OADセラピスト養成講座

初めての講師をさせていただいたり

→愛着障害、COMPLEX PTSDの講師

セッションやテキスト作り、内容を勉強したり…

 

さて、今日は久々にお話したいことは

皆さんの中にある『つい、他の仕事を入れてしまう時』の

『つい』を見つめていきませんか?

 

私の中にある『つい』さんは毎日現れて毎日、私の

時間の大部分を占めています。

 

本当はこれをした方がいいのに…

先にこっちでしょ、、、?

つい、食べてしまったり、、、

つい用もなくモバイルを片手にあっという間に時間が遅くなり、、、

 

または先にこれをするためにこの部屋に来たのに

他のことをしたり、、、

 

***********

 

また、私たちはこれをやってしまえば終わると言った

気軽なto doリストを先にやっちゃう傾向も…

そうすれば『これは終わると言った目先の事』に

先に目がいったり、『終わらせる』事が大事な毎日を送ってしまいます…

 

本当に大事なのは?

『終わらせる』事に忙殺される毎日を送ること?

 

自分のハートに静かに聞いて見ます、、、

 

あぁ、今日も隠されていた私の声が、

小さいけれど、すぐに埋もれてしまう私の大事な声が

拾えた…♡

 

素敵なホッとするとても大切な気づき…♡

 

街はクリスマスと新年の準備で色めきあっていました。

セッションルームも大人仕様クリスマスディスプレイに…

素敵なシーズンを♡

Read More
06
10月
2017

目に見えない縛りに気が付いた時・・・

おはようございます♪

 

最近、自分の中の気が付いているようで

本当に腑に落ちていないこと、または

頭の理解で「乗り越えた、分かったことにしている」ものに対して

ずっとワークをしつつ・・・

 

クライアントさんとのセッション通じ「溶けていく」「ほどける」瞬間に

出会う度にOADに携わっていて良かった・・・と感じています。

 

原初のこの手法との出会いは「自分を赦すため」でした。

 

赦すなんて発想も全くなくて思考レベルでは「ラクになるため」でしたが

深いところでの自分への寄り添い、赦しに触れる事が

一番の癒しだなぁと感じます・・・

 

======

 

今日もセッションの感想文をご了承の形でシェアしますね。

決して簡単に直ぐにラクになったことをお伝えしたいのではなく

このクライアントさんも長い間の試行錯誤の中で

やっと触れて・・・

やっと緩んで・・・そしてきっとまた何かあるとは思いますが

この「緩む瞬間」「自分を赦した瞬間」の積み重ねこそが

自分へのギフトだなぁと傍でホールドしていて感じることです。

 

 

 

長いのですが切る所が難しくそのまま載せたいので

お時間のある時にどうぞ♡

 

=======

 

【テーマ】

セラピストになりたいのに怖い、自己ワークもできない

動けない感覚

 

【セッションで見えてきたもの】

 

セラピストになりたいのに、怖くて動けない状態。

なぜセラピストになりたいのかと問いかけていくと、人を幸せにするということで、

『自分がここに存在していていいのだ』という感覚を得たいというニーズが埋まるから。

同時にものすごくたくさんの責任を果たし続けなければ、クライアントさんが来てくれない、

職業としてなりたたない、という思いが見えてきた。

あまりしっかり意識していなかったのだけど、「職業として」セラピストになりたくて、

これで食べて生きたいと強く思っているということに気付いた。

この思いが強すぎるために、プロのセラピストとして果たすべき責任や

理想のセラピスト像というのが、私の中にがっつり入っていた。

 

書き出してみると、発言に責任を持つ。嘘をつかない。ごまかさない。適当に済まさない。

持てる最大限の力を常に全力で出す。常に真剣。

人に批判(ちょっとの指摘なども含む)されるようなことは決してしない。

漏れがあってはならない。クライアントに寄り添い続ける、

ホッとする人、また来たいと思える人、信頼される人、

クライアントさんをどーんと受け止められる人、自己ワークを怠らない人、

自身もセッションを受け続け、常に向上しようと努力する人、

きちんと投影を理解している人(常に自分の投影に気づくことができる人)、

境界線が引ける人、これが、私がセラピストとして果たすべき責任だと思っていて

更に、上記のような責任を果たし続けることが出来る人。

 

書き出し終わって、恐ろしくなった。

こんなことを無意識に自分に要求していて、この要求に応えられない自分を責めて苦しくなっていた。

こんなことを自分に課しているセラピスト、すごく苦しそう。

本当にいたら逆に怖くて近づけない。

 

きっと出してるエネルギーは、自身が理想としているものとは程遠いものになっているだろう。

こんな風に思っていたら、動けないよなーと納得した。

セラピストにこころからなりたいと思っているのに、

自分は責任が取り切れない人だから、セラピストとして全然OKじゃない人。

なので、クライアントを幸せにして、自分が存在していいというニーズは満たせない人。

セラピストになりたいのに、ニーズを満たしたいからなりたいのに、

自分には満たせないと思っているから苦しい。

 

*ここあたりまでは問いかけという手法で客観的に自分の内側を

紐解いていきます。OADのやり方で進めていきます。

 

【セラピー後の気づき、変容】

 

これほど責任にこだわるのは、クライアントさんが常に来るようなセラピストになって

この仕事で食べて生きたいという思いが強いのと、

『絶対に(クライアントから)責められたくない』という思いがあることに気付いた。

私は責められる人、というセルフイメージがあるんだ。

 

あと、上記にも書いたけれど、私はプロとして、お金をいただいて、

セラピストで食べて生きたいという思いが強いんだなーとセッションの中で意識することが出来た。

 

『私は責任を取り切れない人』というセルフイメージに対する解釈がとても厳しくて

そこがとても辛かったけど、『責任を取り切れない私だからこそ、絶対に努力して責任を取ろうとするし、

すごくつらいかもしれないけど、かなりメリットがある。

このセルフイメージを変える必要はなくて、もうちょっと優しい目が向けられればいいだけ』と思えたのがとても大きかった。

これが私の良さだって。

このセルフイメージがあるから私はセラピストになれない!憎い!!みたいな感じだったから、

この部分の固く緊張したエネルギーがほわんと柔らかくなった。

 

【セッション後の気づき】

 

ずっと気になっていたテーマでしたが、向き合いたくなくて。。。

やっとセッションに持ってくることが出来ました。

 

私の中で、人生のすべてと言っていいほどの場面で責任を取ることというのは第一優先くらいに大切で大きなものでした。

だから、無責任に見える人には腹が立ちました。責任をきっちり取っている人が好き。

 

自分のことは自分でやる、というのも私の中では、生きていくうえで責任を取るということなので、

助けを求めるのがなかなか出来ない、という風になるんだなと気づきました。

 

 

よく私は『自由じゃない!!』と心で不満を言っているけど、責任を取ることを第一優先にしているからなんですね。

そして、それを他者にも要求しちゃう、特に家族に。

 

そういえば、昔、植木等が無責任な男の歌を歌っていたなぁと、Youtubeで検索していろいろ聴いてみました。

『そのうちなんとかなるだろぉおー♪』とか、『コツコツやるやつはご苦労さん!』みたいな歌で、

『あぁぁぁーーー』と、体から緊張が抜けていくのがわかりました。

私と全然違う(笑)こんな人になりたいわけじゃないけれど、

本当に『私の中の世界なんだ』という思いが沸き上がっていました。

ますみさん、いつもありがとうございます!!

 

========

 

本当に私たちは「私の中の世界」で本気で真剣に苦しんでいて

絶叫して七転八倒して・・・・

 

でもいつもそばにあるのは「赦し」「気づきの意識」

傍にあるのではなくそれそのものの中で起こっている・・・

 

ここに触れるといつも泣かずにはいられません♪笑

 

セルフイメージを変えるのではなく、ビリーフを変えるのではなく

何故苦しんでいたのかを大きな視点で寄り添えた時・・・

結果的にイメージや投影も変化しますが

一番はそんな自分の姿が愛しさでいっぱいになるとき・・・

 

自分が自分を赦す瞬間です♪

 

でも本当は赦しが起きようが起きまいがそれ自体が

完璧なる赦しの中で輝いて動いている・・・

ここに触れたくて自分もOADから離れられません♪笑

 

Read More
12
9月
2017

母との離別の記憶

こんにちは♪

 

今日は久々にセッションのご感想を載せたいと思います。

*長いのでお時間のある時にどうぞ♡

 

最近継続を始めた方ですがずっと「部屋の片づけ」ができない

「断捨離ができない」「仕事がとにかくイヤ」

「何もしたくない」「最近は死にたい気持ちに飲まれる」

 

こんなざっくりテーマの始まりで

セッションはスタートしました。

 

やらなきゃいけないことが滞る・・・

詰まって嫌な感じが

朝起きると胸にドロドロに詰まっている・・・

 

これは強くなったり薄くなったりはあるものの

ずっと続いている感覚で

特にご自身の20代の離婚直後の時には酷く

黒光しているドロドロが身体全体にあって沢山の怒りと

悲しみの声を持っていました。

 

「理不尽な周りに対して分からないうちに

巻き込まれていて

気が付いたら大切なものを奪われた・・」

 

こんな怒りと悲しみをRFTで受容していくと

20歳の時に母に聞いた場面に襲われます。

 

A子さんは実は1歳の直前で実のお母さんと離れ離れに

なっています。

父方のおじいちゃんが突然家に来て

そこで母親と引き離されたのです。

 

「普段泣かない子が凄く泣いたのよ」

 

母親からこの話を聞いた20歳の私はその時は

「そうなんだ・・・」とそれ以上は感情はなかったのです。

*この時にはかなりの抑圧をしていました。

 

しかし、このセッションの時に出てきたのは

辛すぎる・・・

辛かったよね・・・

嗚咽とともにあふれてくる数十年ぶりの涙、涙・・・

 

 

充分に十分に受容した後、今度は母親の怒りを感じます。

 

母自身のびっくりしすぎて何もできないけれど

全身で感じていた「止めて!!」を

胸のぎゅ~っとした感覚とともに

受容していきました。

 

お母さんに対して「凄く辛かったよね・・・」

自然な寄り添いの言葉とともに

母も「やっと分かってくれる時が来た」と硬いエネルギーが

溶けあう時間でした。

 

母に初めて言えた

「私は大丈夫だから安心してね」の言葉が

二人を、そして1歳の時のA子ちゃんを包み込みます・・・

 

*セッション後のシェアでこれは母娘両方の

トラウマ体験だったのだと改めて気がついた感じでした。

 

=======

 

後日、振り返りのメールに書かれていたことをコピペします♪

このテーマは何度も実はトライしていたようですが

片付けができない、とにかく何もやる気が起きず

最近の夏の連休時には死にたい気持ちが高まっての

セッションのタイミングだったようです。

 

********

ますみさま、セッション後の変化について書かせていただきます。

〇〇コースに行く前から掃除や片付けが

以前のように出来なくなっていました。

いつできるようになるのか?とあまり気にせずにいたのですが、

あまりに期間が長いな。とは感じていました。

◯◯コースから帰っても相変わらずで、

さすがにこれは困ったと思っていたのですが。

この母との離別の悲しみについては

◯◯コースに参加するきっかけとなった思いと感情で、

コース中もモニターセッションでも何度か出て来たものでしたが、

その時々でそれなりにすっきりしていたのですが、

今回ますみさんのセッションを受けた後、

数年ぶりの大掛かりな断捨離が始まって、

片付けと掃除が出来、部屋が今までにないほどすっきりしたのです。

 

今までやっていた断捨離と比べ物にならないほど物が捨てられました。

もう少し削れそうに感じていますが、

今はこの状態で快適に過ごせるので、

これ以上は時期が来るまで待とうと思います。

 

セッションのすっきり感が外側にも顕著に現れているので

ご報告させていただきました。

ありがとうございました♪

引き続き、◯◯クラスとセッションよろしくお願いいたします!

 

********

今回は3回目のセッションで、

まさか最初のざっくりテーマから

親子のトラウマ体験が出てくることは全くわからず

とにかく呼吸が出来なくなるほどの涙でしたが

かなりのエネルギーが流れたようで

 

死にたい気持ちだけでもラクになって良かったねと言っていたら

あの何年も出来なかった部屋の片付け、断捨離が

出来て、ご自身でも驚いておられました。

 

引き続きどうぞ宜しくお願い致します♪

 

 

Read More
28
8月
2017

「私」は最大で一番身近なクライアント♥

おはようございます♪

今朝はお天気も良くしかも涼しい!

 

昨夜は鈴虫の声が聞こえ(飯田橋という都内の真ん中)

秋が確実に来ている・・・♪とも感じました。

 

2日間HRAの「OADセラピスト養成講座」アシスタントで

参加してその中でとても心に響いた言葉を今朝は書き綴りたく

PCに向かいました。

 

=====

 

今回の2日間の講師を務めたのは我らが大先輩の

小貫淳子さん♪

いつ、どんな時も安定のエネルギーでサポートしてくださる

頼りの存在で、私たちOADセラピストの拠り所でもあります。

 

今回の2日間は「気づきの問いかけ」についての後半とまとめでしたが

この中で最後の最後の言葉が染み入りました・・・

 

「自分という最大のクライアントはいつも自分と一緒に居る」

 

これ、これです~~!

本当にそうなんんです・・・

誰かや何かのことを見つめていく前に

本当に「私」という最大で最難関なクライアントさんは

いつも一緒です。

 

「私」というクライアントは最高に手ごわくて

難攻不落の城主です。

 

 

そして本当に難しいのは他者や状況に対しては

赦すことができるものがなぜか自分には赦せなくて

苦しんでいたり、緩められなかったり・・・

 

世界で一番厳しいのは自分自身だったりします。

 

なかなか変化しないテーマについては辛かったりキツい時は

ほぼ間違いなく私も「急ぎたくなります」

 

優し気な言葉をかけているつもりでも

自分に対しては

どこかでうっすらと無意識に早くこの症状を消したいと

感じている姿勢があるのです・・・

 

本当の意味で「自分というセラピスト」に

「自分というクライアント」に

「時間を与えること」が赦せたなら・・・

 

きっとそこから本当に何か溶けていくと思います。

 

焦りが出たら・・・

その焦りを感じている自分に時間を与えて大きな赦しで包み

 

変化できない辛さが大きくなる自分にも

時間を与えて赦しで包む・・・・

 

ましてやトラウマや何度も繰り返してきたことや

時間が長かったものや

強烈な思い出などであれば尚更ですよね。

 

改めて自分というクライアントさんに本当に優しく赦しという

エネルギーで包んであげたい気持ちになれた昨晩でした。

 

癒しって時間がかかるけれど・・・

確実にラクになるこれが私の体験からくる

知識ではない本当の事として実感しています♪

 

癒しを一緒に進めている仲間たちも本当に傍にいて

ラクです~~♥

いつもありがとう~~~♥

Read More
20
8月
2017

拭い去れない家族に対する責任感

おはようございます♪

今朝も曇り・・・

今年の夏は一体何なのでしょう・・・

勿論あの暑さがずっと続いたら身体もキツ過ぎますが

「夏」がこんな風になるのを色々な思いで感じています。

 

さて今日もセッションの感想例を載せますが

長文ですがセッションはその時だけでなく

帰り道や自宅に戻ってから・・・

じわじわと気づいていくものでもある・・・

 

そんな感想をご紹介します♪

長文ですのでお時間のある時にどうぞ~

 

短くするところが思いつかないほど全て、すべてに

このクライアントさんの思いがほとばしり・・・

全て載せてあります。

 

継続5回目、あと5回あるのでどこまで

寄り添えるかも私自身がとても楽しみなクライアントさんです。

 

 

匿名での掲載の許可を頂いております。

 

セッションでは師匠溝口あゆかさんのOADセッションを

使いながら進めていっております。

 

OADは私自身の命も救われたほど本当に

信頼と大好きを束ねた手法です。

 

*******

 

【今日のテーマ】

母との旅行の予定があり、旅行のことを考えるとしっかりしなくちゃという思いが湧いてくる。

旅行の日が近づくにつれ、楽しみが薄れて責任感が強くなってきている。

 

【問いかけなどで見つかった自分の心の構造、仕組み】

 

・いつも粗相してしまう自分で何事においても出来ない感が満載であり、

また、誰か(ここでは特に家族、母や叔母たち)に何か言われては

揺れっぱなしの自分なので、旅行にしろ何かをするにしろ、

常に、しっかりしなくちゃという思いが出てくる。

 

・責任は誰かが持たなければばいけないもので、

私が家族の分も持てば、役立たずのお荷物にならなくて済む。

しっかりする=粗相せずに出来ることであり、

それは責任でもあるので、しっかりしなくてはならない。

 

 

【セッションを受けてのご自身の気づき】

 

ますみさん、先日もありがとうございました。

潜在意識へ深く静かに潜っていく感覚を体験できたセッションでした。

苦しいわけじゃないけど気になっていた、「しっかりしなくちゃ」という思い。

 

今回テーマにした母との旅行に限らず、あらゆる場で出てくる思いでした。

 

私にとって「しっかりしている人」とは

・そつが無く何でもできて、粗相しない人

・誰が何と言おうと、これがいい、私はこうするのだと揺るがない人

(ここでの誰は、私にとっては父や母、叔母も含めた家族でした)

これは自分の中で当然であり普通のことになっていましたが、

言葉に出してみると、まぁ何と高いハードルを掲げているんだろうと思いました。

 

ここで、ますみさんが私の言葉を臨場感をもって表現した

「自分って粗相の塊みたい」 「私は歩く粗相です」 という言葉は、

この表現はもらっちゃおう!と思うくらい、自分の中にフィットする言葉でした。

 

そのしっかりしなくちゃという思いからポーンと出てきた自分のイメージは、

二宮金次郎のように何かを背負っている女の子でした。

カゴのようなものを背負っていて、いつから背負っているのか訊いてみると、

それは気付いたときにはあって、

生まれたときから装着されている感じがしていました。

 

背負っているものは責任。

なぜ背負っているのか訊いていくと、

まず最初に「家族がバラバラになる」という言葉が浮かんできました。

 

家族は自分の責任を抱えきれなくて、

自分のことでいっぱいいっぱいで、

そうなると家族がバラバラになってしまう。

だから私が家族の分の責任も持たなければいけないし、

持っていることで自分の存在意義がある。

もし持たなければ、役立たずになるし、

万が一自分の責任まで家族に持たせることになったら私はお荷物になってしまう。

 

 

私にとって責任は「誰かが必ず抱えるか背負うかしなければらならないもの」でした。

これも私の中では当たり前になっていることで

ますみさんに質問されなければこの思いに全く気付かなかったと思います。

 

注)セッションでの醍醐味の一つが自分では当たり前すぎて

気づくことのできない「思い」「自分のデフォルト」を

ご自身が気付けることが大きいです♪

 

その責任を背負っている女の子には悲壮感が漂っていて、

その悲壮感自体の声を聴いていくと、怒り、そして悲しみが出てきました。

家族に都合良く扱われる。

人として扱われない人形。

いつも笑っている人形でいなければいけないという悲しみでした。

 

人形でいなければOKは貰えないし、他に選択肢はない。

笑っている人形でいるメリットもあると同時に、

もうそれしか道はないように思っていました。

笑っている人形も、選択肢は他にないということも、

ずっと自分の中で親しんできたものでした。→

注)こういった親しみすぎて分からないデフォルトを

見つけることが大きな紐解きのpointとなります。

 

この悲壮感に付いている思いを受容したあと、その役割を訊くと、

その役割は「自分を奮い立たせるもの」でした。

自分を奮い立たせられなかったら、グズグズの使いものにならず、

ゴミや邪魔なもので、用済みだねと捨てられてしまう。

逆を言えば、グズグズで使いものにならないものにならなければ、

ゴミや邪魔なものにならなければ、

用済みだと捨てられなければ、死ななくて済む。生きていられる。

 

 

ここの「死」と「生」のところは、

セッション中に自分の中にすんなり入ってこず、

質問されても言葉が浮かばず、解説されればそうだと理解できるけど…という感じでした。

でも、いま振り返りの感想をここまで書いてきて、

やっと繋がった!という感じがしています。

そして、最後に悲壮感のエネルギーを見てみると、

物凄く窮屈で耐えなければいけないというエネルギーから、

それはとても強くて、しなやかで、強靭なものに変わっていました。

同じものだけど、それを見ている思いが違えば全然違うものに見えることを実感した瞬間でした。

 

注)セッション中に全て気づかなくて全くOKです。

こうして後からあれとあれが繋がるなぁというのは

私自身も沢山体験しています。

 

本当はその力を持っていたけれど、

いつの間にか忘れてしまって自分にはないものにしていたんだなぁと思いました。

 

ここからはセッションが終わったあとの帰り道のことですが、

生まれたときに既にカゴを装着していた私のイメージがフッと出てきました。

その子はとても無邪気にニコニコ笑い、

幼稚さ全開で、「これからこのカゴにね、自分の好きなものを入れていくんだ♪」

と言って、楽しそうにしていました。

 

カゴには沢山好きなもの入れよう!と楽しみにして子供だったのに、

生きていくうちに、あれ?好きなことや楽しいこと以前に

やらなくちゃいけないことがある?何やら責任があるの?と思い、

いつしか無邪気な私を忘れてしまったんだなぁ、

蓋をしたんだなぁという感じがしました。

 

今もその無邪気な子がイメージで出てくると、

懐かしくて、切なくて、胸が締め付けられる感覚になります。

その感覚が何なのかはまだわからないのですが、

不快ではないので、出てくるときはそのまま感じておこうかなと思います。

 

ということで、今回もまた帰りの電車でポロポロと泣いて帰りました。

 

セッションを重ねるごとに、

紐解かれていくひとつひとつのことを愛おしく感じます。

長くなりましたが、今回も本当にありがとうございました。

またこれからもよろしくお願いします。

 

********

 

継続の醍醐味はセッションが増えていくと同時に

「私自身」もその方の心の仕組みを知れて

信頼感や傾向やパターンを知れる事・・・

 

大切にすべてのクライアントさんの思いに敬意を払い

丁寧に寄り添いたいと思います。

 

引き続きこちらこそどうぞよろしくお願いいたします☆

 

 

Read More
1 / 1712345...10...最後 »
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.