心の仕組み

06
4月
2019

自分の気持ちが収まらなくなっている時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はよくあるセッションでの一コマについて

皆さんと分かち合えたらと思います。

私自身も経験がある事ですが

 

今まではその状況や相手を見ても

自分の気持ちを上手く収めていた、

上手くコントロールできていた、または

相手や状況に上手に適応している私がいたのに・・・

 

もう、出来ない・・・

感情が納められない・・

笑えない・・いい人で居られない・・・

 

そんな経験はあるでしょうか?

 

 

======

 

ある女性が彼を応援するために

金銭的に彼を支えていたとしましょう。

 

その夢はとても素晴らしく、自分も彼を支えることで

自分の価値や意味を感じていました。

彼にとって必要な人で居られるし

2人で夢をかなえるようで嬉しかったのです・・・

 

ところが彼は夢追い人で、更なる借金をして

今の金額も彼一人では返せる金額ではないのに

自分に相談なしで新たに

融資を受けてしまったとします・・・

 

*私の貸したお金はなんだったの?

融資が受けられないというから貸したのに・・・

 

*私の方のお金は返済が一番最後だ・・・

私のお金はどうでもいいの?

 

*一緒に夢をかなえている感覚だったけれど

「これは俺の夢だ。助けてほしいといったことはない。

お前が勝手に貸してくれるといったから

借りてやったんだ」

ひどい・・・

 

もし、こんなことが2人の間で起こっていたら・・・

事実は

「お金を借りていた金額が私から〇〇円。Aからは△△円」以上。

それだけですが・・・

 

 

今まで彼女はずっと「私がいなければ彼はダメになる」と思って

彼と付き合ってきましたが、

心の中を見ていると、「私が彼に離れてほしくなくて

お金を貸していた」事が見えてきました。

 

え~~~、違う違う!

彼を助けていたのは私なのに!

➤顕在意識の頭の声

 

今までも彼のお金の使い方や夢の追い方に対して

色々思ってきたものの、何故彼に直接言わなかったかと言えば

「言ったら彼が去ってしまう」と深いところで

思っていたからでした。

 

 

なので今までもずっと彼に対しては色々な不満や不信感は

あったのですが、

無意識レベルで去られる怖さから抑えていただけ。

 

本当はずっと持っていたんだ・・

自分が抑えられないと変わったのではなく、

ずっとあった気持ちに気づいただけ・・・

 

 

自分が感じたくない、味わいたくない「怖さ」は

今まで一度も消えたことはないのです。

 

自分の気持ちに気づいただけ。

正直になっただけです。

 

 

自分の気持ちに気づくことは時には辛いし

目を背けたいし、あいまいにしてしまいたい・・・

ましてや愛する人との別れを連想させるものであれば

尚更ですよね。

 

自分の気持ちは「上手く収めるもの」ではなく

「何を感じているか」を自分が知る事が大事。

 

上手く収まらない理由を見つめてあげて

そこと対話していきませんか?

 

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
05
4月
2019

盲目的に誰かを信じている時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は盲目的に何かを信じていたり

誰かを信じている時・・・

そこに何が起こっているかを皆さんと

分かち合えたらと思います。

 

 

=======

 

自分が弱っている時・・・

誰かに助けてほしい時・・・

凄く困って自分ではどうにもならない・・・

力がないと感じている時・・・

 

 

そんな時が人生の中で一度や二度は

経験したことあるでしょうか?

 

そういう時ってもう、目の前に解決できそうな言葉や

支えてくれそうな場所や人がいると

その言葉を「盲目的に」信じてしまう事ありませんか?

 

言い換えればそんな時は自分に何が起こっているのでしょうか?

 

それは自分の考えを持てなくなっている時。

「自分がない」「自分不在」が起こっています。

 

こんな時は本当に不安定でぐるぐる、ゆらゆらしっぱなし。

相手次第、状況次第で自分の状態が決まります。

➤これがいけない事というのではなく

自分が「気づくこと」がポイントです。

気づきながら誰かの言葉を求めているんだという

客観視が出来たら、それは既に「盲目的」ではありません。

 

 

自分の考えがあり、自分で考える力があれば

「今は何も進まなくとも」そこから何かが育ったり

留まって感じる事も出来ます。

 

ポリヴェーガル理論的には

社会系の方の副交感神経に行けていない状態の時。

➤ポージェス博士が発見した哺乳類独特に持っている

横隔膜から上の方の自律神経。

人が集まる、笑う、音楽を聴いて踊る、人の話が聞ける

声を出す、歌を歌う・・・

 

全てがこの横隔膜からの上の自律神経が活発に活動している時

リラックスや緩み、安心安全が感じられている時に

私たちはホッとできます。

そしてこんな時に次の行動や自分の考えや

自立した行動や感謝なども持ちやすくなりますよね。

 

大好きな尊敬できる誰かの言葉も自分の考えを通じて

盲目的に信じるのではなく

ちゃんと「自分を通じて感じる」事が出来ます。

 

揺れないし、流されない感じ。

 

そしてより相手を尊重できます。

 

お互いが自立しあっていい感じで助け合います。

 

もし、自分が「あれ、おかしいぞ」と感じたら

自分が自律神経的にどんなところに居るのか

そこからチェックで来たら素晴らしい♡

➤これはすでに「自分が在る状態」

自分不在になっていないかを気づけたら素晴らしいです

 

参考コラム、ここからどうぞ

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
04
4月
2019

誰かを支えてあげたいときのヒント

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

先日も書きました通り、私は月一で

HRA主催の家族会のファシリテーターとして

場所は東京になりますが活動もしています。

 

不登校、引きこもり、うつ、依存症、そのほかの心の病、

精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方への

色々なお話を聞くことから

心理セラピストの観点で何かリフレッシュや

ラクになるヒントやレクチャーなど

行っております。

 

こういった「ケアラー側」の方との中で見えてくる

一つが「相手の気持ちをラクにしたい」とき

何がそこに起こっているか・・・

 

これはケアラーだけでなく、実はどんな人間関係にも

使えるヒントでもあります。

 

ここをみなさんと分かち合えたら‥と思います。

 

=======

 

もし、自分がケアしてもらう側だとします。

どんなケアだと安心しますか?嬉しいでしょうか?

 

どんな見守りが欲しいでしょう・・・

 

では相手があれこれ(良かれと思ってですし、愛情ベースでも)

何かをしてくれると、なんだか

「相手の期待に応えなきゃ」って感じませんか?

 

勝手に相手がしているから別にいいや。って

思いにくいですよね。

 

そして相手の期待に応えたら、なんだかもっと

親密になれたり、深いつながりや愛がもらえる感じも

しませんか?

 

こういったベースが自分側にあると・・・

何が起こってくるでしょうか?

 

それは「NO」「出来ない」「それは好きじゃないの」

「やりたくない」・・・

こういった言葉が言えなくなりませんか?

 

=======

 

究極に私たちが安心できる時・・・

それは「自分のNO」が受け入れられていると感じたとき。

これは言い換えると「ありのままを認めてもらった感覚」

 

自分の「NO」が聞いてもらえないんだ・・・

伝わらないんだ・・・

または拒否された…と感じたらどうでしょう・・・

 

とても怖かったり、悲しくなりませんか?

 

「相手のNOを受け取る事」は実は自分側にも

充分な安心やスペースが無いとできません。

 

自分自身の経験からも「相手に変わってほしい時」は

相手のNOを心から受け取れませんでした。

 

受け取るフリ、理解しているフリは(無意識ですが)出来ても

そういったエネルギーって相手に必ず伝わります。

➤不登校でもこのままずっと家にいていいよとは

作り笑いでしか言えなかった気がします

 

特に相手が繊細なタイプですとなおさらです。

➤相手は自分のココロを敏感に察知する能力が高いです

 

まずは自分の平和と安心安全は一番の基本。

ここがしっかりあれは

「相手のNO」を待ってあげる余裕や理解が

本当の意味で深まり、それが相手の安心に繋がります。

 

相手を安心させるためにはまずは自分自身の安心から♡

凄く遠回りして、凄く抗った経験からこれは本当、事実。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
03
4月
2019

自己価値のあげ方

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか・・・?

SNSでも桜が本当に美しい。

皆さんの目を通じた色々な桜が見れて

日本を感じます・・・♡

 

今日は題名に書いたように

「自己価値」について・・・

 

自己価値はみんな下げていいとか

無くていいとは思っていないものの

一つですよね。

 

 

本やネットや賢者の言葉や先生だったり・・

色々なところで出てくる「自己価値を上げましょう」は

頭では「そうだそうだ」と思っても

実際は何故上げることが難しいかを

一緒に分かち合いたいと思います。

 

 

=======

 

私たちはどんな時に安心しますか?

自信が持てますか?

これでいいんだ・・と心から感じますか?

怖さや不安感がなくて温かい感覚を持てるときは

どんな時でしょうか?

 

 

誰かを褒めたり、凄いねと感じたり

例え失敗だったとしても温かい目で見ている時は

どなたでも経験があると思います。

 

当の本人は落ち込んでいても

その今までの過程や事情が分かっていると

心から「頑張ったね」と伝えたくなりますよね。

その時の自分のエネルギーは相手に対してどんな眼差しでしょうか?

 

 

では自分に対してはどうでしょう・・・

 

もし、自分がイメージ通りの事を成し遂げられない・・とか

欲しかったものが得られなかった・・・とか

ダメだ~と感じている時に

自分が自分を温かく見つめることは出来るでしょうか?

 

私たちは自分で自分を認めるのってとても難しいです。

 

ではどんな時に自分の存在が大丈夫なんだと

感じられますか?

 

=========

 

自分がどんなに頑張って何か資格を取ったり

成績を上げたりしても

立派と言われる肩書きやポジションが得られても

本当の意味では

自信になかなか繋がりにくい時ありますよね。

またはキリなく何かを得ようとしたり・・・

 

基本的に私たちは

「他者から受容されて理解されている時」に

受け入れられているんだなぁとホッとしませんか?

 

根拠はないけれど、何も特別な資格もないけれど

身近な人が自分を常に受け入れてくれていたら

実際には何も成し遂げていなくても

根拠のない自信がそこに在ります。

 

「私は理解されているんだ」

「私はこれでいいんだ」

 

カラ自信や虚勢ではなく

諦めて自暴自棄でもなく

嘘を自分についているのでもなく

 

本当にこの根拠なき、いつも自分にある

ナチュラルな自信は「強い」です。

 

ある意味、これさえあれば大丈夫。

 

これがないと感じている時は

何か外側から得よう、持ってこよう

埋めようとしても、「仮の自信」なのです。

 

 

◯◯家の血を引いているから

きっと大丈夫〜とかなんて、

まさしく根拠なき自信ですが

こういったそもそもずっと自分に染み込んでいる自信こそ

なくならない感じがしませんか?

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
02
4月
2019

新しく何かを始めるあなたへ・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は3月も終わり、新しく年度を迎え

5月からの元号も「令和」となり

色々な意味でスタートするあなたと

何かを分かち合えたら嬉しいです♡

 

 

=======

 

新しい仕事を始めるあなた・・・

新しい学校へ行くあなた・・・

 

何でもいいです。

 

何か始めるとき、始まるときはワクワクしたり

絶対に上手く行きたい・・と思って

気持ち新たにスタート地点に立っているとします。

 

もし、仕事ならば、この新しい場所へ移るために

色々計画を練って、今後のイメージも持っているでしょう。

 

当然、「良くなる前提のストーリー」があると思います。

 

誰かに誘われた・・・とか

こういう条件が揃った・・・とか

〇〇のためにこれが良いとか・・・

こうして居ればああなるとか・・・

 

ではその通りになれば全く良いのですが

もし、予想と反して自分の思い通りにならなかったら

どうでしょう・・・

 

外側の条件で何かを決めると

その条件が崩れたときに、一緒に自分も崩れがち。

 

大事なのは外側が例えあまり良い状況じゃなくても

揃わなくても・・・

自分の内側から自然に沸き上がるパッションがあれば

自分を必ず支えてくれるという事。

 

誰かや何かではなく、外側の条件ではなくて

自分の内側から沸き上がるエネルギーは誰にも奪えないし

崩れようがない。

 

内なる静かで・・・

でも尽きることのない「〇〇したい」という純粋な気持ちが

しっかりあれば、それが上手く行かなかったとしても

転んで怪我をしたとしても

また立ち上がれる気がします。

 

派手な成功や、

分かりやすく人から見えるものではないかもしれないけれど

理解もされにくいかもしれないけれど

 

自分の中にあるものがしっかりして居たら

大丈夫。

 

自分が自分を肯定できていたら大丈夫。

 

自分が自分に「良くやっているね・・・」

「私は全部、分かっているよ」

「頑張っているね・・・」

「良く今まで続けてきたね・・」

「偉いよ・・・」

 

何でもいいです。

自分が自分をOK出来ている時・・・

かなりいい感じのはず。

 

全て自分が決めています。

 

自戒を込めて・・・笑

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
01
4月
2019

フォーカシングセミナー開催しました

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

新しい元号が今日発表されますね。

「平成」があと1か月なんて・・・

色々な思いが沸き上がります・・・

 

昨日の日曜日は「JMET フォーカシング」を開催しました。

 

フォーカシングとは臨床心理士のジェンドリン博士が

沢山の心理療法のセッションの様子を分析し、研究して

見つけ出したものですが

 

上手くセッションが行われたクライアントさんには

共通の傾向があったのです。

それは自分の外側からの思い、ストーリーをずっとお話するのではなく

自分の身体を通じて「感じていること」に耳を傾け

眺めて、調子を合わせていくことが出来ている人が

大きな気づきや感情のシフトが起きている・・・

 

これは「フォーカシング・プロセス」なのですが

これを起こしやすくする一連のテクニックがフォーカシング。

 

実際にご参加された方は再受講の方もいらっしゃいましたし

遠方からわざわざおいでいただいた方も・・・

ペアワークを2回したのですが

時間がもっと欲しい、もっとやりたい・・

そんな声も聴かれて本当に良い時間でした。

 

ある出来事を感じると出てくる体感覚や

実際に身体に感じている感覚からも入れるのですが

最初に感じていた感覚が変化し

自分が思考で思って知っていた声と

身体を通じて出てきた声の違いを

「これが私の本音だったのね・・」と

涙される方も・・・

 

 

頭は賢いのでもっともらしい正しさで納得させようとしたり

みんなそうだから・・・とか

大人として常識はこうだよね・・と

巧みに本当の気持ちに蓋をしてきますが

 

身体を通じてじっくりと向き合い、優しい眼差しで

会話をすると・・・

「え~~、そうだったのね」や

「あぁ、はっきり言われたなぁ」とか

 

体感として腑に落ちると言いますか

頭の声とは全然違う感覚で浸透していきます。

難しいやり方や何か教材が必要でもなく

自分が居る場所でいつでも体一つで出来るのも魅力。

 

また来年、開けたらいいなと思いつつ

ご参加の皆様とのリアルな分かち合えた時間に

ココロから感謝を添えて・・

 

いつも応援、ありがとうございます♡

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

Read More
31
3月
2019

究極の「ラク」はどこにある?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「究極のラクさ」について

読んでくださっている皆様と分かち合えたら‥と思います。

いつもブログを書いている時は

どんな方がこれを読んでくださっているのかな・・とか

どんな方がどんな表情で自分事として

感じているのかな・・・とか

 

妄想が広がります~笑

 

その目には見えないけれども誰かと

繋がっている感覚が私は好きです。

 

=======

 

私たちが苦しい時・・・

例えばもし、障害を持った子供が生まれたとき・・・

交通事故などで片足を失った時・・・

認知症で自分の事を全く忘れた親を見ている時・・・

 

どんな時でもいいのですが

こんな時には持って行き場のないような

苦しいエネルギーに包まれて、世界は真っ暗だったり

悲しみ一色になったり

全然明るい未来が見えずに閉ざされたようになったり・・・

 

そんな気持ちになりますよね。

 

どうしてこんなに重たいエネルギーがくっついて

苦しくなるのかと言えば

そこには目の前のその人がいる状態から

沢山のストーリーを同時にくっつけて見ているから。

 

例えば、子供が障害を持って生まれて来たら

事実は「目の前に〇〇ちゃんがいる」

それ以上でもないし、それ以下でもない。

 

実はいつだって事実は「苦しみや悲しみや辛さがない」状態。

➤私はこれに気づくまで相当な年月が掛かりました。

 

 

この事実に色々なストーリーが同時にくっついているからこそ

私たちに様々な思いや感情が沸き上がります。

 

*この子は将来苦労するんだ・・・

*人並みの幸せはこの子は得られないんだ・・・

*私はこんな風にこの子を産んで罪深い・・・

*私たちが死んでしまったらこの子は生きていけない・・・

などなど・・・

 

これらは全て「事実」ではなく

自分から生み出された「意味付け」「解釈」の部分です。

 

実はこれがあるからこそ、本当に身体で感じる

苦しさが出てきます。

そしてそれはとても「リアル」です。

➤身体の感覚、感情がよりリアルさを加速させます。

そしていつの間にかこちらが絶対的な事実になります。

 

 

もし、目の前の我が子の「ありのままの姿」そのものを

リラックスして受け入れられていたらどうでしょうか・・・?

 

目の前の我が子はもしかしたら普通学級ではなくて

誰かの介助なしでは何もできなくて

食べることも着替えもままならなくて

ただいつも意味なく叫んだり、突然笑ったり・・・

 

自分の中ではこの姿を「何か意味付けして」

ダメなもの、変えたいもの、認めたくないものとして

反応している時に非常に苦しいですよね。

 

 

もし・・・

本当に突然の笑顔を「あぁ、笑っているんだね」

「何か喜んでいる瞬間なんだ」

 

そんな風に自分が感じられたら・・・

その瞬間に自分に苦しみはあるでしょうか?

 

 

いつも書いていますが「ありのまま」の事実、真実の場所に

自分が居るときは本当にラクです。

 

いつもこの場所に居ようとか、こう感じようという話ではなく

この場所から離れたときに苦しいよね・・というだけ。

 

私もすぐに「ありのままの場所」に居られるテーマと

絶対に抵抗感や受け入れがたい気持ちが頑固にどかない時と

色々です。

そこにもちゃんと訳がある。

➤この訳を抱えているイメージの私と対話が続きます

 

 

ただ・・・

少し想像してみてください。

もし、一切の何も解釈や意味を持たない

生まれたばかりの何も考えのない「ありのまましか見えない私」

この私として目の前の誰かを見たときに・・・

 

その風景はどんな風景?

 

ここはフォーカシングやセラピーを用いながらになるかもしれませんが

この静かで、温かくて、ずっと変わらないエネルギーの中で

少し休憩できると・・・

 

深い深い苦悩の中に居続けている場合は

随分ラクになれます。

 

頭で答えを出さずに・・・

直ぐに答えを出さずに・・・

まずは身体を通じてゆっくりと感じてみましょう。

1日3分でもOK.

 

一切の解釈や意味付けのない世界へようこそ♡

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

Read More
30
3月
2019

「ありのまま」を認める難しさ

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はこれから遠足位の遠方へ

溝口あゆかさんのアシスタントで行ってまいります。

テーマは「自分を労わりながら家族をケアする方法」

HRAの社会貢献活動の一つです♪

 

 

今日は「ありのまま」について・・

みなさんとシェアで来たらと思います。

 

=======

 

よく本やネットや知識上では「ありのまま」で良いよ・・とか

相手の全てを受け入れる・・・とか

そういった言葉を知っていますし

そうすればいい感じだよね・・・と思っています。

 

 

では「ありのまま」とはいったに何?

 

大切な人が病気で余命宣告されたとします。

どうにかして治療法を探したり名医を探したりしませんか?

「そのままでいいよ」って言えますか?

 

もし、相手が借金を繰り返し、一向にそれが止められず

迷惑をかけ続けても「ありのままで良いよ」

これ言えますか?

 

理由もあって人生が辛くてアルコール依存の人がいます。

それが夫や親や子供だったりしたら・・・

どうでしょうか?

「そのままのあなたを受け入れます」って心から言えますか?

 

子供が学校に行けなくなった・・・

このままだとみんなと遅れてしまって

この子は社会で通用しなくなって引きこもりになってしまうかも・・・

そんな時に「そのままでずっといていいよ」

これ難しいですよね。

 

 

状態がそんなにひどくなくて

許容範囲だったら可能でしょうが、

自分にとっては究極の絶対受け入れられない状態の相手を

「ありのまま許す」って実は難しい・・・

自分の経験上、感じます。

 

========

 

一つのヒントとして

こういった状況の自分に対して

「受け入れられなくて、相手を変えたくて

相手に怒っていてむしろ嫌っている(悲しんでいる)私自身」を

まずはちゃんとそこに居ること自体を認めてあげましょう。

 

ここからは人それぞれでブログとして書くことの限界があるのですが

私の場合は何が起こったかと言えば

もう、自分が死んでしまう一歩手前まで

相手とある意味戦って

どうにかして私が助けなきゃとか

変えなきゃとか、自立させなきゃと

「今の相手を受け入れられない」がゆえの戦いをし尽して

 

力が無くなったときにそれが起こりました。

 

「ただ、生きていてくれたらそれでいい」

「あなたは何にも変わらなくてもいい」

 

自分が心の底からそれでいい・・・

そう思った時に自然と「あるがままの受け入れ」が

始まった気がします。

 

サレンダーです。

 

あくまでも私個人の体験なので

その人それぞれのサレンダーの形も違いますし

どういったプロセスで起こるかは本当に違うと思います。

 

ただ、この本当のサレンダーはパワフルに私を助けてくれました。

それまでは、「サレンダーできなくて」戦うしかなかったので・・・

 

本気のサレンダーって難しかったです。

 

逆に心理セラピストとしては

サレンダーできない理由があるからこそ

潜在意識との対話を通じて聞いてあげたいな‥と感じます。

 

サレンダーできなくていいよ・・・

だって…凄く分かるから・・・

心からこう言ってあげたいですね・・・

 

苦しんでいるココロの中の私とまずは一番最初に

会いたい気持ちです。

実はサレンダーから嘘のように私も相手も変化が起こり、

楽になり

癒しのプロセスが一気に進みました。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
29
3月
2019

誰かの心身のケアをしている方へ・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は月一で社会貢献として開催している

HRA 家族会で感じたことを

皆さんと分かち合えたらと思います。

3月は27日に開かれました。

毎月第4水曜日です。

 

この家族会は東京での開催なのでどうしても

近場の方中心となってしまいますが、

ご家族で不登校、引きこもり、うつ、依存症、そのほかの心の病、

精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方へ

一人で抱えずにケアラー側のケアを中心に

心理セラピストの立場から

心が軽くなるヒントをシェアしたりレクチャーしたりなど

そんな活動をしております。

 

=========

 

今回は境界線の引き方というテーマでしたが

私たちは相手がいわゆる「精神的に病気」なのかな‥と思うと

ついつい、相手の感情を

自分がどうにかしなきゃとしてしまいがち。

 

家族間では特に健康な心の状態でも

ついつい、相手の領域に入り、良かれと思って

ある意味コントロールしてしまったり

手助けしてしまって相手の自立を遠ざけたり・・・

 

これは自分と近ければ近い間柄程、起こりやすく

ある意味ナチュラルです。

そしてベースはいつでも「愛情」なのです。

良いか悪いかは別にして・・・

 

で、今日、お伝えしたいのは境界線云々というよりは

まずは「ケア」する側が「健康」でないと

相手のケア自体も難しいという事です。

 

自律神経の話をざっくりとしますね。

 

私たちは交感神経、副交感神経がある事はご存知だと思いますが

実はもう一つ新しく発見された「副交感神経」があるのです。

この新しく発見された副交感神経は横隔膜から上に走っていて

主に社会科系に作用しています。

*ポリヴェーガル理論。

最近やっと欧米からの情報が入り日本語での

本が1冊出たばかりです。

 

①交感神経

➤逃げるか、戦うかという過活動的な興奮状態、緊張状態など

 

②副交感神経

➤(それがもう抱えきれないと感じると)シャットダウン

鬱やフリーズ状態(パソコンのスリーブみたいな状態)

 

③新しく発見された副交感神経(哺乳類特有)

➤安心、安全な社会的にも交われるような状態

(哺乳類が群れで生活をしている感じ。笑顔や音楽を聴いて

踊ったりなどのリラックスな状態)

 

私たちは一番いいのは①、②が適宜、一番必要なところで

ちゃんと働いてまた③に戻っていたら

生活しやすいと思います。

 

危険などから身を守るために①、②も必要ですし

全てが行ったり来たり出来ていたらいい感じですよね。

いい仕事が生まれるのも①も必要ですし、

時には

人生で②もなければならないでしょう。

 

鬱は②の状態に留まっている状態ですし

①にずっと留まっていると(躁状態や常に神経がとがっている感じ)

まったく緩んでいないためにあるとき

こと切れて②へ行ってしまいます。

 

またずっと③で生きていくことが良い事ではなく

全てが行ったり来たりの

自由な感じがベストでしょう。

 

まずは今の自分の行動は①っぽいところから来ているのか

それとも②が多いのか・・・

ここをよく見てみませんか?

 

ケアラーの方はどうしても①の所に来やすいのです。

 

例えば自分のお子さんが何か問題を抱えていたら

どうしても助けてあげたくて、力になりたくて

自分自身が過活動になり、

相手への関心ばかりでどうにかしなきゃと緊張しています。

➤これは当たり前。私自身もまさに①時代が6年間続きました。

よく②にならなかったとしみじみ・・・

状況が私の場合は(離婚や仕事を含めて)②を強く抑圧していた感じです。

 

このケアする側が①状態では本当の意味で相手をケアすることは

非常に難しいのです。

まずは大切なのは

自分が③の状態をちゃんと持てているかです。

時間は短くても全くOKです。

 

 

自分自身が安心安全の③をしっかり持ちつつ

相手の領域を考えていれば、相手の①、②を

安定した気持ちで見守ることが出来やすいのです。

 

自分自身が①、もしくは②であればこれが難しいのは

当たり前ですよね。

 

でも、私自身がそうだったように③の感覚で

大切な人を見守ることがいかに難しいか・・・

 

こういった「自分チェック」は非常に大切です。

 

真のサポート、真の安心感を持ったケアラーは

必ず相手にも伝わります。

 

経験上「難しさ」が十分分かった上で敢えて

そこが本当に大事なのだと実感です。

 

「ケアラーのケア」と何故お伝えしているのか・・というと

ここに集約されるからです。

 

どんな人間関係でも共通しているなぁとも感じます。

 

まずは「私自身」をケアすることは

全ての平和に繋がります♡

 

 

いつも応援、ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
28
3月
2019

誰かの『特別な存在』になるには・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

春ですね~

今朝も空気が暖かです♡

 

今日は「誰かの特別な存在になりたい」・・・

そう思ったことのある方と

分かち合いたいと思います♡

 

========

 

相手は誰でしょう?

パートナーとして好きな人?

仕事上で良好な関係になりたい人?

子供?親?

 

私たちは凄く些細のように思える例えば

「パパとママとどっちが好き?」というような

子供に対する質問でも、自分が選ばれないと(軽い?)ショックを

受けたりしますよね。

 

パートナーなどでしたら尚更・・・

絶対に自分が二番手よりは一番特別な

存在になりたい・・・

そんな気持ちになったことありますよね。

 

逆に二番手で良いと思う時は何かそこに

「特別な意味」があるときでしょう・・・

➤例えば2番手で居たらずっと一緒に居られる・・・とか。

 

=======

 

特別な存在になりたいときにはそこには

特別なニーズが必ずあります。

言い換えると自分の中に『特別な心の飢え感』が

あるのです。

 

どんな飢えがあるのでしょう・・・

 

=自分への問い=

 

*その人の特別な存在になれたんだ・・・

そう感じたときに自分の身体を通じて感じる

「感覚や感情」は何?

じっくりと時間をかけて感じてみましょう

 

その時に出てくるイメージがあればそのイメージも一緒に

感覚、感情と共に感じます。

ノートに書き出してみましょう

 

 

私たちはノートに書きだしたものが『今の自分にない』と感じているので

それが欲しくて、得たくて「特別な存在」になりたいのです。

これが飢えの見つけ方の一つ。

凄く安心したいし、安定を求めることは自然ですよね。

 

 

これを持っていたらダメとか、悪いという事では全くなくて

「私という存在はこれを求めてやまない存在である」ことを

自分が知って理解して分かってあげる事は

 

自分への大きな愛情です。

 

ここを分かった上で、日常「特別になりたい」を感じると

凄く理解が深まりますよね。

それが得られても、得られないことで平和じゃない時も

自分を自分が支えてあげる事が出来そうではないですか?

 

自分が自分の大親友になって

カフェで愚痴をきいてあげたり、やけ酒に付き合うように

自分と自分が対話するのです。

 

 

一番聞いてもらいたかった声が出てきたときは

本当にびっくりするぐらいに感情が動きます。

怒りなのか、悲しみの大号泣なのか、深すぎる寂しさなのか・・・

 

是非、試してみてくださいね。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.