ブログ

02
1月
2019

ちゃんと泣いていますか?

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

2019年の幕開けはなんてお天気が美しく

気持ちがよい快晴が続いているのでしょう~

 

========

 

今朝は「ちゃんと泣いていますか?」

これについて書いていきますね。

 

私たちは大人になってもちろん、ドラマや映画をみてとか

大切な人を失った時、または人からバカにされたり

冷たくあしらわれた時など・・・

または人から思いがけないような親切を受けて

心が温かくなって・・・

そんな時は泣きたくなりませんか?

 

実は私自身が「泣く事」を小さい頃から無意識に禁じていて

本当はドラマとかで泣きたいけれど

とっさに自動的に涙をこらえて抑えていたり

本当は悔しいのに笑顔で振舞ったり

嬉しくて泣きそうなのに冷静にクールな対応をしたり

 

感情を抑えている癖が強かったタイプでした。

 

自分自身の癒しを進めていくうちに緩んだ一つが

「自分が泣くことを許す」ことでした。

 

結構、これが最初は難しくて

我慢することが美徳、感情的になることが

みっともないとか、うつくしくないとか、

そんな刷り込みも相まって心をそのまま表現することが

できない人になっていました。

 

でもしっかりと内側では感じているのに・・・

それさえも気づけていない状態。

 

今は本当によく泣けます。。。笑

自分への縛りが減ったなぁと感じます。

ちゃんと泣けなかったことで未消化だった心の

つっかえが、泣くということで流れて動き出していきます。

 

10年前のグッと抑えてしまった涙や

20年前の本当はみんなの前で泣き崩れたかった時の涙・・・

今、セラピーで時空を超えていっぱい泣いています。

 

本当に氷が溶けていくように

自分の中のつっかえも溶けていきますよ。

 

自分の感情をだせなかった時にはこの方法があれば

何十年前でもできます。

 

本当は泣きたかったね・・・

 

自分を理解し、受容して、包んで理解していくことは

自由を増やしていきます♡

 

温かな1日をお過ごしください♪

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります。

 


心理カウンセラーランキング

Read More
01
1月
2019

決意や抱負はどんな気持ちが支えている?

新年明けましておめでとうございます!

2019年も始まりましたね。

 

全く同じ一日のスタートなのに・・・

街も同じように目覚めて、電車も普通に動いていて

同じ太陽が昇るとそれは「初日の出」となって

今夜見る夢は「初夢」となり

また意味が乗ってきますよね。

 

とは言え、私も今日は実家に行ったり、

子供と会ったり、お墓参りに行ったりなど・・・

こうして何かしらの「決意」「抱負」などを

感じたり意識して過ごすのです・・笑

 

去年もそうだったし。一昨年も・・・

新しい年の初めには「今年はこうありたいな」とか

「今年は出来なかったこれに取り組もう」とか

志を持ちたい気分になりますよね。

 

*今年こそ、子供に優しくなりたい

*今年こそ、立派な〇〇として邁進したい

*今年こそ、お金を稼ぐぞとか

*今年こそ、ダイエットするぞとか

 

「今の自分」より「いい自分」になるような

そんな決意を強さこそそれぞれですが抱きます。

 

もし、その望みが「真剣」だったら

この問いを自分にしてみませんか?

 

「どうしてそうなりたいの?」

「そうならなかったら何を意味するから?」

 

ここの答えは実はすぐにパパっと出ないことが多いです。

直ぐに即答は大抵が表層の意識から。

よ~~く感じて、本当に自分の表層の答えから更に

自分に問いてみましょう。

 

例えば「同じ職場の〇〇さんに絶対に負けない」だとしたら

〇〇さんに負けたらどうなる?何を意味する?

➤私はバカにされる、軽くみられる

➤〇〇さんに私の方が出来ることを知らしめたい

➤みんなはココロの中で私を認めていなくて

〇〇さんの方が受け入れられている

➤私も認めてほしい、私だって受け入れてほしい

私がちゃんとできることを分かってほしい・・・

 

表層では「〇〇さんに絶対に負けたくない」気持ちのA子さんは

ココロの奥では「私は認められない人」と

自分が自分の事をそう感じていたので

「負けたらだめ」という仕組みが出来ていました。

「認められない自分」をどうやったら感じなくて済むか‥と

無意識にそんな行動や思考が出やすくなっています。

ココロの仕組みから言えば当然ですよね。

 

「どうしたら負けないか?勝てるか?」ではなく

自分が自分を「認めて貰えない人」と感じて辛かった

無意識の「自分像」をケアするほうが

ずっと未来に自由や軽やかさが出てきます。

 

「認めて貰えない私」が何かに勝ち続けたり、達成し続けるのは

一見よさげですが、心の仕組みから言えば

ずっと「認めて貰えない私」が強化されていて

頑張り続けている状態です。

交感神経が活発し続けています。

 

人が一番いい感じなのは「全ての感情をキチンと感じる状態」

喜怒哀楽を十分に感じながら

自分と自分が深いところで会話できているのは

本当に安定しています。

 

ちゃんと喜び、笑い、ちゃんと悲しんで怒って泣く。

 

こんな時間が沢山訪れる2019年になりますように!

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
31
12月
2018

自分への感謝♡

おはようございます♪

今日は大晦日・・・

今日で平成の大晦日が最後なんですね・・・

 

平成・・・

この漢字二文字に色々な思い出が乗っています。

結婚、離婚、子供の不登校、何度と繰り返される

自殺企図・・・

自分自身のパニック障害、躁鬱、摂食障害・・・

 

色々なものへ依存して、苦しみを感じないように

誤魔化すしかなかった日々・・・

でも、そこから自分自身への癒しが本格的に始まりました。

それまでは「子供のため」に通っていた

医者やカウンセリングも自分のために変わっていきました。

自分が自分のカウンセラーになりたくて

ロンドンにも行きました。

 

まさか私が心理セラピストで生計を立てるなんて・・・

ずっと30年近く続けていた仕事を辞めるなんて・・・

 

子供たちも独立し、本当に振り返りながら

平成をハグして、自分をハグして

全ての経験に感謝。私に感謝。

 

これから先、どうなるかなんて誰にも分からないし

絶対変化しない永遠の保証や約束を求めた時期もあったけど

それは凄く不安だったから・・・

それはとっても心細くて悲しかったから・・・

 

自分に感謝が持てるようになったら

外に過度に求めなくなりました。

 

ゼロではないけれど、余裕が出てきたかもしれません。

 

外に助けを求めて、誰かや何かに安心を求めて

夜空に放り出されたような弱い、無力な小さい私を

クライアントさんの悩みから過去の自分と重ねるとき

目の前のその人に「絶対に大丈夫」と感じられるのは

自分が経験があるから。

 

平成の時代は激動でした・・・笑

 

自分に改めて感謝と共に、私の人生に登場してくれた

全ての人にも感謝を添えて・・

 

温かい大晦日をお過ごしくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
30
12月
2018

年末年始のココロの風景

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

いよいよ年の瀬も押し迫り

街はお正月を迎える準備。

住んでいるマンションの入り口も立派な門松が

飾られて、あぁ、もうすぐ新しい年が来るんだなぁと。

 

年末年始は色々と気持ちにも刺激があり

例えば「一人で過ごすことに対して」の

不安感、焦り、寂しさ、悲しみ・・・・

 

家族連れの帰省風景を見て孤独感や

もしかしたら出費が多くてお金の心配をする方も

いらっしゃるかもしれません・・・

 

または家族にご馳走を用意したいけれど

どうしよう‥と頭を悩ませていたり

帰省にたいしての色々な悩みを持ったり

 

親戚の子供たちにもお年玉をあげたり、

何か作文に書けるような

お出かけや行事をしなければ・・とか・・・

 

介護が必要な家族を抱えていらっしゃれば

お正月も粛々とお世話で過ぎていくかもしれません・・・

来年はどんな風になっているのかと

様々なイメージが頭を駆け抜けているでしょう・・

 

 

事実は2018年から2019年へ移って・・・

粛々と曜日とカレンダーの数字が変化するだけなのに・・・

この数字、文字に様々な思いを、感情を乗せて

身体を通じて感じている訳です。

 

私たちはほぼ、頭の中のそんな流れているイメージの方に

悲喜こもごもしながら過ごしています。

 

毎年、元旦にはお墓参りをするのですが

お墓をお掃除しながら、子供とお線香を立て

お花を飾り・・・

故人に色々な思いを話しています・・・

 

「ねぇ、おばあちゃん、見てる?こんなに

子供たちが成長したよ。」

「私は去年はね、こんなことがあったけれど

頑張ったんだ・・・見てた?」

「両親が長生きするように見守っていてね」

などなど・・・

 

風景としたら墓石に頭を下げて手を合わせているのに

そこに繰り広げられている私のイメージは

おばあちゃんに一番「分かってほしくて」

「応援してほしくて」「守ってほしくて」

ココロの風景が動いているのです。

 

住職さんの笑顔もただの笑顔のはずですが

「今年もよく来たね」と言ってくださっているように

ココロの風景は感じていますし

私自身も元旦のお墓参りがとても落ち着きます。

 

静かな都心の感じも、道行く人々の顔も

みんなそれぞれの世界観を持っているのですが

どの人々にも優しい、温かな世界観が

広がっていますように・・・と自然に願っています♡

 

素敵な一日をお過ごしくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります。

 


心理カウンセラーランキング

Read More
29
12月
2018

自分の「考え方」の癖、知っていますか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

私は窓ふき、寒いキリっとした空気の中しました♪

 

 

皆さんの中で職場の対人関係がうまくいかない、

しょっちゅうイライラしたり、不安になったりして落ち着かない。

ちょっとしたことですぐ落ち込んでしまう。

「ものごとがなかなかうまくいかない」と感じているなら、

それは、自分でも気づいていない「考え方の癖」が原因かもしれません。

 

「考え方の癖」?

 

そうです、実は同じような場面に遭遇しても

自分へのダメージが軽めの人、傷ついても立ち直りが早い人

または回復力が強い人と

物凄く傷ついて、そのあと、より将来に不安を持ったり

周りが自分を責めているように感じてしまったり

または「全部自分のせいだ・・」と

自分責めに陥りがちな人・・・

 

どうしてこの差がでるのでしょうか?

 

それは「その出来事」をどんな風に解釈したか?

どんな意味として自分が捉えたか?といった

「考え方の癖」のよって違いを作っています。

 

この考え方の癖が作られるのは繰り返しになりますが

自分では気づかない「潜在意識」のエリア。

ここで様々な状況を判断するベースがあり

ここを通じて感情や思考は生まれています。

 

もともとここのエリアが「自分に優しい」ものであれば

生きやすくなりますし、

「自分に厳しいもの」であれば「生きづらい」感覚を

常に抱えていくことになりますよね。

➤考え方の癖が厳しい人に「大丈夫だよ」のアドバイスが

あまり効果がないのはそのためです

 

自分の考え方の癖=潜在意識にあるイメージは

どんなものでしょうね。

 

ある人にとってはAは厳しくてもBに対しては緩めだったり

ある人にとってはその逆もあります。

 

自分特有の仕組みが潜在意識にはあるので

まずはそこを丁寧に紐解くことがポイントです。

 

入門編としてココロの仕組みなども

2019年は思っています。

どうぞ温かな1日をお過ごしくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます♪

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

Read More
28
12月
2018

決めたことが守れないとき

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

お正月ムード一色の街ですが

仕事納めに向かい忙しいかたや

帰省の準備、子供たちが学校が終わり

ランチの準備も増えたり、なんだかバタバタしている方

 

同時に、改めて1年を振り返って年始に立てた

「今年は〇〇になりますように!」が

あまり変わり映えしていなかったなぁと感じる方や

「来年こそ!」という志を選んでいる方も・・・?

 

今度こそ!と決めたことなのに

守れていない時、ありませんか?

 

「今年こそ、絶対に〇〇の資格を取るぞ」とか

「今年こそ、痩せよう」とか「彼を作るぞ」

「今年こそ、あの人と仲良くなりたい」とか

「今年こそ、自分に優しくしたい」とか

 

100人いれば100通りの希望はあると思います。

でも続かない・・・得られない・・・

そんな時はどこを見ていくか・・・?

 

そうです、無意識レベルに自分の中にある

「ココロの仕組み」です。

 

この自分では見ることが出来ない無意識ゾーンに

「私ってこういう人」

「世の中ってこんなものだ」

「こういう時は様子を見たほうがいい」

「それをしたらきっとこうなる(怖さ)」

などなど・・・

 

無数の自分のパターンが存在しているから。

 

でも実はこのパターンも関係はあるのですが

実際に起こっている出来事や目の前の相手に対して

「それを感じたくない」

「それはダメ」と抵抗していることが

一番苦しいのです。

 

➤あり得ませんが、例えば「自分は厄介者」という

イメージを持っていても、自分がそれを許していたり

OKであれば、苦しくないです。

 

上司が「この会社に居られるのはみんなが優しいからだよ」と言っても

「あぁ、本当にそうだなぁ」と感じるのと(許している、OKな場合)

 

感じるのが辛いので「そんな事言わないで!」とか

「私だってこんなに頑張っているのに誰も分かってくれない」と

反応するのは全く感じ方が違ってきますよね。(抵抗の場合)

 

➤例えば「もう2度と不倫はしない。傷ついたから」という方が

繰り返して既婚者と恋愛を続ける場合なども

「自分のココロの仕組み」の無意識の中に

「私は幸せになってはいけない」というものがあったりすると

頭では結婚など願っていてもそうならない人を

自動的に選んでしまっています。

マッチするからです。

自分ではどうすることも出来ない部分です。

 

 

頭の声=決めごとを決めているとき

これが自分のパターンとマッチして居たら

「守れて実行できやすいです」

 

なので、途中で挫折したり、諦めてしまって投げちゃうときは

繰り返してしまう時は

まず「ココロの仕組み」を知り

何に抵抗していたかを探していきましょう。

嫌だったこと、ダメだったことは自分にとって

どんな意味があったのでしょうね・・・

 

小さい子に語り掛けるように、優しい眼差しで

自分の内側と会話していきましょう♡

 

必ず理由を持っています。

 

温かな1日をお過ごしください♪

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります

 


心理カウンセラーランキング

Read More
27
12月
2018

変われない自分が居るのは何故?

おはようございます♪

そろそろ、2018年のラストスパートが始まり

クリスマスで町は色めき立ち

スーパーではもう一晩でお正月用品ばかり・・!

どんな今朝をお迎えでしょうか?

人々のエネルギーもウキウキモードのものあれば

何か重い感じのものを抱えていらっしゃる方も・・・

 

セラピストという職業柄、お悩みを聞くことが多いので

取り扱うのはウキウキをここでは取り上げずに

感じたくない感覚の方を見つめていきましょう。

 

 

よくあるお悩みの一つが

「いつも繰り返してしまうんです」

「今度こそ、と思って新しい職場に転職しても

また人間関係がきつくて辞めてしまいました」

「今度こそ、人生最後の恋愛にしたかったのに・・・」

「せっかく母といい関係を持てたのに

あんなこと、また蒸し返されてあの人とは無理です」

などなど・・・

 

 

変われない自分が居るときには「変われない理由」が

必ず仕組みとしてココロの中にあるのです。

 

繰り返し書いていますが、私たちは

ココロの仕組み通りの思いや感情や衝動が出てきて

それに伴って行動しています。

 

では「仕組みをかえればいいや」という視点に立ってしまうと

この仕組みを持っている自分を「良くないもの」として捉え

ダメな自分から良い自分へ変わるべき・・といった発想に

なりませんか?

 

 

苦しめているのは「今の自分がダメ」という思い。

 

そうではなくて「何故その仕組みを持つようになったの?」

「それが何故自分には必要だったの?」

 

小さい子に寄り添うような気持ちで

自分を理解していく姿勢が大切なのです。

 

「良くないからそれはダメ!」と小さい子を罰しても

その子は戸惑ってせいぜい「自分は本当にダメなんだ」

「だから叱られちゃうんだ」と感じるでしょう・・・

 

「どうしてそうなったの?」と優しい気持ちで

経緯を解いて聞いてあげて対話していくことがポイントです。

 

自分との対話の具体的な仕方もお伝えしていけたらと思います。

 

いつもありがとうございます♪

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
26
12月
2018

「なぜ助けて」と言えないのか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

先日ご招待いただいたみらいrita財団のパーティーのなかでの

「シングルママ大阪応援団」のサポーター通信より

何故シングルママが「助けて」と言えないのかを

読みながら気づいた事を書いてみますね。

 

シングルママだけではなく、私たちも言える「助けて」と

言いずらい「助けて」ってあると思います。

 

この通信おたよりに書いてあったのは

シングルママさんたちは「一人で頑張らなくてはいけない孤独感」が

あり、一人で子供を育てなければいけない重圧感

元夫からのDV、労働条件の悪さと収入の少なさ、

実家や身内との疎遠、または縁を切られてしまった経緯など

様々な要因が重なり「助けて」が言えない状況が多いと

なっています。

 

確かに・・・

ここの団体さまと繋がっているシングルママさんたちは

本当にこの状況ですと心身ともに疲弊し

人間不信、社会不信になって感情を感じないようにするしか

なかったのでしょう・・・

でもこことの繋がりから人間関係の回復などを

初めとして色々な支援の中で変化しているのだと思います。

 

私たちも、様々な理由から

「自分が一人で頑張るしかない」とか

「自分は助けてもらえる存在じゃない」とか

「自分は迷惑をかけている存在だ」とか

「守ってもらえない」とか・・・

「愛されていない」とか・・・

 

様々な心の中に「自分像=セルフイメージ」が

無意識にあるので、それに従った行動をとりますし

逆にセルフイメージにそぐわない状況を

無意識に拒否したり遠ざけたりします。

➤ここは自分ではコントロール不可能なエリアです。

 

DVを受けることが人生で多かった女性などは

とても優しいパートナーを心から望んでいるのに

実際に大切に扱われることが続くと

嬉しい反面、自分のセルフイメージとマッチしないので

自分から離れようとします。

 

自分でも何故だか分からず、

別れた後にとても悲しかったり後悔するのですが・・・

 

助けてほしい時に「助けて」が言えない時

何故言えないの?

言ったらどうなりそう?

 

この答えをじっくりと心に問いながら

自分の中の「理由」や「訳」を聞きましょう。

ココロの声との対話です。

 

ここをまずは自分が知ってあげる事で

根本的な緩みへ繋がっていきます。

 

温かな一日をお過ごしください♡

 

いつもありがとうございます♪

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
25
12月
2018

「どうしたらいいですか?」を使っている時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今回は「どうしたらいいですか?」

 

この毎度おなじみの私自身もよく出てくる

この言葉の意味を見つめみますね。

 

職業柄、当然お悩みにいらっしゃる方のほぼ、みんなが

何かテーマがあり、それについて

「どうしたらいいでしょうかね・・」

「何かアドバイスなどいただけますか?」

 

そんな視点でいらっしゃいますし

私も自分が逆の立場でしたらそうなる気持ちが100%なので

よくわかります。

 

この状態の時の私たちは

今の状況がとても嫌い、感じたくない

許せない、困る、納得できない、改善したい・・・から

変えよう!と決意している状態です。

 

ある意味「当たり前」過ぎてなんのこっちゃと

感じるかもしれませんが

実は「今起こっていること」を100%悪いという見方で

(ここを「何故そうなっているか」という視点なしで)

ここだけ変えよう!とするのは

かなり無理があるのです。

 

私たちは必ず「悪いと感じているもの」

「苦しいと感じていること」について

理由や意味付けをしてそう感じているのです。

 

理由や意味付けを全くスルーして

じゃあ、こうしよう、ああしようというアドバイスや

How Toでは一時は収まってもまた何かの刺激があると

同じように辛さが出てきます。

 

まずはこの根本にある「苦しみの仕組み」を

見つめて、そこにある「見えていなかった声」と

対話します。

 

例えば親の介護があまりにも辛くて

表層の意識では「早く終わってほしい」

親不孝だけれど「もう、いいでしょ?充分生きたよね」

「私はよくやった」など

葬儀の予約や準備なども進めつつ

でも何故、罪悪感を持つのだろう・・・と

終わりのないトンネルに居る方がいらっしゃいました。

 

しかし、自分で気が付かないココロの声は

「親が死ぬことを感じたくない」

「絶対に耐えられない」

だから早く終わりにして・・・!だったのです。

 

介護が辛いのかと思っていたら

介護中にずっと付きまとっていたのは

「いつさよならが来るかもしれない恐怖」でした。

親の死を待つことに対して

過度な恐怖がこの方にはありました。

 

この恐怖を早く終わらせたくて

「早く終わってほしい」だったのです・・・。

 

ご本人も全く気付かなかった声でした。

 

100人いれば100通りの意味付けが存在します。

 

あなたの悩みの「意味付け」はなんでしょうね・・♡

ここを自分が自分で分かってあげることは

物凄い大きな自分への愛です♡

 

応援ありがとうございます♡

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

Read More
24
12月
2018

そもそも「ストレス」ってなんだろう

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

年末を迎えるにあたり行事も目白押し。

お仕事を持っている人ならば休暇前の一番

忙しい時期かもしれませんし

 

お子さんがいらっしゃる家庭では

冬休みに入り、賑やかで全く家が片付かない・・!

お昼ご飯の心配も出来たし疲れるぅ~とか

 

お正月に帰省して「お嫁さん」として頑張らなきゃとか

色々な時期だと思います。

 

こんな時「ストレスが溜まったなぁ」とか

感じるとき、ありませんか?

 

皆さん人生で1度や2度は「ストレスがある」と自覚したり

周りの人に言ったりしたことありますよね。

 

ではそもそもストレスってなんでしょうか?

 

「これです」と目に見えたり、

重さを計って手で掴めるものでもないし

一体何を指して「ストレス」と私たちは言っているのでしょう。

 

一つは肉体的な「ストレス」

具体的な長時間の労働や

物凄く寒い環境や厚いところでの外的な状況。

ハードな重労働や物凄い大きな音の場所など

具体的に身体にかかる負荷があります。

 

で、もう一つは「精神的」にかかるストレス。

 

例えば会社で大きなプロジェクトを抱えていたら

緊張が実は溜まっていたり、焦りがあったり

不安感や、怖さも伴うかもしれません。

 

そこに自分がそもそも、このプロジェクトを成功させる

本当の意味での自信がなかったら

より強く出るでしょう・・・

 

同じプロジェクトを任されていても

「みんなが助けてくれるから」とか

「そもそも、大丈夫感、安心感」のベースを持っていたら

日々の感じる感覚も違います。

 

そうです、私たちはその出来事を「どう解釈するか」

「どう意味付けしているか」で感じ方が違うので

 

ストレスとは

「その状況に対する解釈」と

「その状況にくっついている高い感情、感覚」と

「それを感じたらだめ」「絶対に頑張らなきゃダメ」といった

プレッシャーがあるとストレスを感じます。

 

ストレスってこんな構造になっているのです。

結構複雑だと思いませんか?

 

なので「出来事」を変えても「状況」を変えても

あまりラクになりません・・・

 

*例えば職場で苦手な上司が居たら「少し休んでゆっくりしたらいい」

などのような「状況を変えるアドバイス」をしても

職場に戻るとまたその上司が居るので

ストレスを感じてしまいます。

 

セッションで見ていくのは「何故この上司が自分にとって

苦手なの?」というここの意味付けを見つけて

そこを解していきます。

すると、上司が相変わらず同じでも随分ラクになっている

自分が居ます♡

 

不思議ですが本当にそうですよね。

自分にとっての「解釈」「意味付け」を探すと

変化してきます。

 

また続きを書いていきますね。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.