ブログ

09
5月
2019

『真の自由』ってなんだろう・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はみなさんと分かち合いたいなと思ったものは

「自由」について。

 

セッションでも良く心の叫びとして

「自由になりたい」って出てきますが

本当の真の自由のイメージをみなさんは

どんな風にお持ちでしょうか・・・?

 

 

========

 

自由のイメージ・・・

これも人それぞれですよね。

自由になりたいって思っているときは

言い換えれば今は自由じゃない感じ。

 

縛られている感じなのか、見張られている感じなのか

誰かの言うことを聞かないといけない感じなのか・・・

なんでしょう・・・

 

もし、なんでも好きに自由にしていいよと言われたら

一瞬、ヤッタァ〜と思うでしょうが

永遠に自由でいなければいけないとしたら・・・

これはこれでどんな感じが来るでしょう・・・

 

誰かや何かに縛られているときは不自由さはあるけれど

(例えば、会社でのルールを守って企画を進めなければいけないとか)

もし、大失敗しても、全く受け入れられなくても

会社という存在が自分を守ってくれています。

 

夫が私を縛るのよね・・と言っても

夫がいることでの社会的な恩恵や経済的なのか、

何かでの安心感など・・・

また、病気になったときに救急に

付き合ってくれるかもしれません。

 

子供が警察のお世話になったときに一緒に

付き添ってくれるかもしれません・・

 

全部自分の責任にならなくて済むこと、ありますよね。

全部、自分でしなくて済む感じというか・・

何かをしてもらえる感覚とでもいいましょうか・・・

 

逆に自由とはラクな反面、

全てが自分次第です。

自分の行動、自分の表現などに責任を負うことです。

→ただし、自分を戒めるとかプレッシャーを与える意味ではなく

 

誰かにさせられる、とかしてあげる関係ではなく

『自分が自分の意思で』決めてやるのです

 

私は過去に自由を欲していたとき・・・

全部自分で決めて、判断して

自分でするのは嫌だけれど

やりたいことだけやって、私が好きに決めたい・・・

後は誰かが責任とってほしい・・・

そんな自由を求めていた気がします。

 

頭で、思考で単純にそう考えて

勝手に自分より力のある存在に縛られていると

思い込んでいました。

 

今、フリーで自営業という立場になり

いかに今まで誰かに守られていた中で

自由を望んでいたかを感じています。

 

本当の自由とは自分の上にも下にも人がいない観点で

自分からしたければする。したくなければしないを決めていいこと。

 

誰かのせいにもならないし、自分が被害者になっていない状態。

 

させようとしている人もなく、させられる私もいない。

 

もし、誰かに守ってもらえる方が安心できるなら

自由に全てを自分で決めるより

誰かの中で生きるのもとてもいいと思います。

 

守ってくれる誰かをちゃんと理解して

お互いに感謝を持てる関係もとても素敵。

 

自分は何を求めていてどんな目線でいるのかを

まずは知ることは自由へのゲートの入り口♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
08
5月
2019

(身体の不調時は)3つのストレスから来ている

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

昨日朝、たまたま電車に乗っていると

疲れた感じの通勤途中の方々が・・・

 

GW後の出勤の方が多いでしょうし

結構、動いたりして疲れが抜けきれていなかったり

不調そうな方がそれなりに表情から見受けられましたが

皆さんはどんな感じでしょうか?

 

 

今日は身体の不調時についてみなさんと

シェアしてみたいと思います。

 

=========

 

例えば肩がジーンと凝っている感じ

腰が慢性的にズーンと痛い感じ

首が張り、こわばる感覚・・

胃のシクシク痛む感じ・・

全身がだるいど〜んとした重い感じ・・?

 

長い間、それが続くと、より不安感が出てきますよね。

 

========

 

私たちは痛みがある時には

3つのストレスを抱えます。

それは・・・

 

1)痛みそのものに対してのストレス。

歯が痛かったらそのジーンという痛みそのもの。

病院で言えば先生に一番最初に「ここがこんな風に痛い」

訴えるそのものに対してのストレスです。

ここは意識がストレートに行きやすいですね。

 

2)私たちは痛みが長引けば長引くほど何を感じるでしょう・・

仕事にいけなくなる?支障が出るかな?

お金もかかってしまう・・・働けなくてどうなるんだろう・・・

会社はどのぐらい待ってくれるかな・・・

もう歩けないかも・・自分の足で・・・

家族に迷惑をかけてしまうかも・・・

こんな役立たずの存在ならいない方がいいのかな・・

 

ここの部分は実は先が見えないほどストレス度は大きく

苦しさも大きいです。

 

3)3番目はそもそもの痛みを生み出している

初めは見えないし、原因はよく分からないのですが

実はセラピーをしていくうちに過去のトラウマや

ずっと隠されていた感じることを抑えていた

感情があることがあります。

この症状を生み出した大元は、結構な割合で

辻褄が合う出来事が見つかることがあるのです。

 

不思議ですね・・・。

もう、思考レベルでは追いつかない

不思議だけれど、身体の声を頼りに

感情を追っていくことで

こういった繋がりが自然と出てくるのが不思議ですが

壮大な感動的なドラマを垣間見ます。

 

トラウマなどの蓄積されていた

その時にフリーズしていたずっと本当はそこにあった

ネガティブな感情=エネルギーは非常にセラピーの得意分野です。

→トラウマは是非専門家に任せましょう

 

特に最初の「将来、このまま治らなかったらどうしよう」

その分野は必ず辻褄がぴったり合う「理由」があるので

ここをケアすることで

重たい感じが解けて来ます。

 

感情ってエネルギーなんだ・・・

感情がこんなに身体と関係があったんだ・・・

驚くほど密接です。

 

もうクッタクタ・・・とベッドに倒れこんでも

もし、そこで100万円当選した知らせが入ったら

急に元気になる感じしませんか?

この「感情」こそ、私たちの人生、毎日に密接な存在は

ないなぁと感じる毎日です(笑)

感情に動かされていますよね。

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
07
5月
2019

人の相談で「疲れたこと」ありませんか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

GWも終わり、今日から通常業務に戻られる方も

多いのではないでしょうか?

 

今日は「相談を聞いていて自分も落ち込んだ、疲れてしまった」とか

「どうにかしてあげたいけれどなにもできない」

など・・・

よく聞く話からみなさんと分かち合いたいと思います。

 

 

=======

 

相手の話を聞く時に思わず「共感力」が高ければ高いほど

相手の状況に自分も同時に感じてしまい

一緒に怒ったり、一緒に悲しくなったりすることありますよね。

 

私も普段のカフェトークではよく経験しています。

→セッションでは別スイッチオンですが・・

 

ただ、これで自分が疲れてしまっては

この聞き方をずっとしている限り、

いつも巻き込まれてしまいます。

 

ではどうしたらいいでしょうか?

 

========

 

私たちは普通にしていたらまず、「聞き入ってしまいます」

そして頭の中ではその時の映像が勝手に流れ

その時の相手のセリフや周りの風景までも一緒に感じ

感情に飲み込まれています。

 

これが悪いことではなく、通常の私たちです。

 

だからカフェトークやお酒の席では盛り上がれるのです。

これはこれでいいのですが

引きずられている時はなにが起こっているのか・・・

 

それは「感情=自分」になっている時。

同化している時です。

 

「同化」と「共感」は実は違っていて

同化はミイラ取りがミイラになっていて

助けているとか

客観的にその話を聞いている感じではなく

その主人公に自分もすっかりなりきっている状態。

 

自分の中で同化していたら、相手の話を受け止めるのではなく

「聞き入っていること」になります。

 

では「本当の意味での共感」とはなんでしょう・・・

 

「あなたの苦しみは十分に理解します」ですが

「相手を可哀想、弱い人、できない人」と無意識に感じている時

信頼や尊重、理解といった視点とは違っていますよね。

 

一緒に自分もオイオイ泣いている時には

完全に目の前のその人が弱くてやられている側、

被害者として

力のない存在に見えていませんか?

 

本当に安定している話の場にはなにがあるか・・・

それは「相手の真実の姿」を自分が信頼していること。

 

今は辛いけれど(辛さには共感するけれど)

今は傷ついているけれど(それはとてもわかるけれど)

本当のその人は永遠の被害者でもないし

永遠に弱い立場でずっと悲しんでいる存在ではないと

自分自身が知っていることです。

 

その上で一緒にその話を聞いてあげながら

感情を受け入れて共感してあげたら

どうでしょうか・・

 

「信頼というベース」の中で今の状態のその人を

しっかりと受け止める・・

 

 

自分は徹底的に安心という海になりきり

その上でどんな船が来ても自由に泳がしてあげる感覚・・・

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね♪

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
05
5月
2019

苦しい時ほど「自分で癒す」のが難しいわけ

みなさまおはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「苦しい時ほど」自分で自分を癒すことが

むずかしくなっている仕組みをシェアしていきたいと思います。

 

実は苦しいほど「自分でどうにかしよう」という方は

それなりに多くいらっしゃいます。

風邪で例えれば、引き始めに自宅でゆっくりしたり

自分なりのアプローチでいたわるのですが

 

そもそも実は軽い風邪ではなくて

こじらせてひどくなって苦しさが増幅されてから

セッションにいらっしゃる場合もそれなりにあります。

 

あぁ、こじらせちゃったね・・

でも自分でどうにかしようと思っている場合

ここも人それぞれの「理由」がちゃんとあります。

 

========

 

*一生懸命に過去、勉強して誰かにセッションしても

良くなった実感がない

 

*そもそも、誰かに心を開くことが苦手、怖いと言った

自分でも無意識の抵抗する、抑圧、トラウマがある

 

*「自分でちゃんとやらねば」と言った刷り込みが

そもそもビリーフで持っている場合などなど・・・

 

 

人の数ほどの理由がここにはあるので

その状況は「なるべくしてそこにある」のです。

 

=======

 

自分で自分を見ていくことは決して悪いとか

無駄とか、できないと言っているわけではなく

 

実は「苦しんでいる自分が自分を救おうとしている」状態です。

溺れている人が溺れている人を救おうとしているといいますか・・

 

私自身も何度も溺れて、もがいて

救助隊が来ているのに全力でバタバタするのを止められなくて

「力を抜いてください」

「もう、助かるから大丈夫」と言った声が

良く聞こえてないぐらいのパニックだった時もあります。

 

もう、誰もアテにならない絶望感かもしれませんし

絶対に死にたくないと言った全身の抵抗感かもしれません

 

そこに何があるかは人それぞれですが

まずはここからアプローチしないことには

救助ができないですよね。

 

白旗をあげる=「死ぬんだ」ぐらいの勢いの時は

本当に難しい・・・

 

でも自分の経験からも、まずは

「自分の状態が今どんな風か」

「世の中や誰かに対して怒りがあるか」

「誰かのせいでこうなっている」(被害者意識)

ここがあっていいので

『気付けるかどうか』がポイントです。

 

気づきがあればもう溺れていませんから

自己ワークはいい感じで進むでしょう。

 

構造を知る、仕組みを知る・・

だから「今、こうなっている」

 

ここが見えた時にグッと変化は訪れるでしょう。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
04
5月
2019

境界線が「引けなくても」良い

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日、皆さんと分かち合いたいな・・・

そんな話題は「境界線」

 

勉強で習った境界線、知識、情報としての境界線。

私も「その通り」と思う反面、

境界線の知識から「引くべき」になっている時に

苦しさがこれまた出てくるなぁと実感したことがありました。

 

=======

 

例えば・・・

大事なペットの死期が近くなっていたとしましょう・・・

頑張ってその子自身も治療に耐えたり

飼い主さん自身もできることはしているのですが

どうしても別れを予感してしまう・・・

 

「この子はうちに来たから自然な最期を迎えられず

こんな風に苦しんでいるんだ」

「病院に連れてくることがこの子にとって

多大なストレス・・・

私は正しいことをちゃんと出来ているのか・・」

「生き物は必ず死がくることは当たり前なのに

受け入れたくない」

「もっと生きて・・・は人間のエゴ?」

 

飼い主さんの1番の望みはとにかく「この子の幸せ」

ストレスなく一生を終えられて

楽しく過ごしてもらうこと・・

 

この子は私の犠牲者、被害者なんだ・・・

私はこの子を飼う資格がない人・・

 

そんな自分責めが大きすぎて

苦しみの渦の中の状態、ありますよね。

 

更に知識的に知っている「境界線が引けない」の苦しみで

もっとダメな私に拍車がかかり

この子へ申し訳なさや罪悪感で

身動きが取れない状況でした。

 

 

もちろん、この苦しさのメリットや意味は見えてきました。

少し感情との同化が外れてきましたが

「境界線をどうして私は引けないのか?」

 

 

ここ、本当に何度も自分の中を感じてもらうと・・・

知識や正しさは「引けないから苦しい」でしたが

 

本当の私の声は「引けないよ」「この子に引きたくない」

→血の通った人間でありたい、愛情深い私でいたい

 

自分の真の声をはっきり自分が知り

この子の自分への眼差しをよく感じてもらって

じっくりと体感してもらうと・・・

 

 

初めて「苦しみ」を違う角度で感じることもでき始めました。

 

大事な存在の死・・・

それは例え金魚でも、親でも、

大事な存在であればあるほど全部同じ。

 

「こんなペットごときで・・私はおかしいのかな?」

「これって依存?」

自分責めの声は容赦無く、いくらでも形を変え責めてきますが

本当の私の声はいつも真実を伝えてくれる。

 

「境界線をこの子には引けない」

 

「引けない自分はダメ」から客観視できるようになり

「自分への理解と許し」が出て

少しづつ変化していきました・・・

 

悲しんで良い、悲しみが消えなくてい・・・

自分を責める声もなくならなくて良い・・・

境界線が引けなくて良い・・・

 

当たり前です・・大事な存在の死は無理・・・

納得しなくて良いんです。

 

相変わらず悲しいけれど、

初めて自分の辛さを自分が許してあげたような

この子と私の繋がりのエネルギーを感じ

「今」を大切にしたいと思う気持ちになって来ました。

 

▼余談

私もペットの死は受け入れられないタイプ。

小学生の時に手乗りインコのピーちゃんが

死んでしまった時、ご飯が喉を通らなかった記憶が・・

死は辛い・・平気になれない・・・

『これはナチュラルな感情』

 

 

セッションではナチュラルな反応に

自分の解釈がさらに乗り、感情も加わり

よりリアルですが、苦しみへの理解を

「体感」とともに経験していただきます。

 

自分に優しい眼差しを向けられない時

真の声を拾えると良いですね・・・

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
03
5月
2019

悩みの内容を「話したくない時」の方法

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はもし、自分自身や誰かが悩んでいるけれど

悩みの内容を話したくない時

どうしたらいいか・・

そんな時の方法をお知らせします。

 

セッションでは絶対にそのテーマを話さなきゃ

解決に結びつかない・・・

そう思われるのは当たり前なのですが

例えば、中高生、難しいお年頃で、大人を信じていないとか

または何度も裏切られたり、がっかりしたりで

失望感の塊の人や

 

2度と思いだしたくない出来事、人に絶対知られたくない出来事・・

これで苦しんでいる場合など・・・

もしくは重大な秘密なことなどで悩んでいる場合など・・・

 

でもラクになりたい・・・

 

こんな時に実は有効な方法があるのです。

 

それは「コンテンツフリー」

 

相談内容を秘密にしてもそれに働きかけるセラピーがあります。

EFTのやり方でどうしても詳細を話したくない時なども

セラピストに秘密でしたい時もOKなのです。

(私はEFTのトレーナーでもあります。でも今は一つのセラピーのみ

使うことはなく、いろいろな手法を混ぜています。)

 

そこにある感情を追っていくことで

ずっと抱えていた動いていなくて滞っていたエネルギーを

タッピングで動かしていきます。

 

クライアントさんは詳細は話さなくてOK。

出てきた感情だけ話せばOK。

 

 

静かな時間の中で、無言でもしっかりとエネルギーが変化し

最初に抱えていた体感、イメージが変化しています。

 

レイプされたとか誰かの死に関わること、

きっとこれを言ったら世界中の人に後ろ指を指される、

軽蔑されるなど・・・


自分の中で絶対に話せない・・・

墓場まで持っていく・・と決めたものの

もし、苦しかったらこんな方法もあるので

頭の片隅にそっと付箋をつけておいてくださいね。

 

 

いつも応援、ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
02
5月
2019

世の中は温かさも存在している♪

おはようございます♪

今朝はどのような朝をお迎えでしょうか?

 

今日は世間では突入しているGWについて…

考察その1です。

昨日の厳かな式典を見ながら・・・

新しい時代の始まりを感じつつ・・・

 

 

私は自営業であり、全くお休みが自由であり

曜日の感覚も薄くなっているのですが

→テレビがないのも大きいですね

 

連休の始まりは3日間の師匠溝口あゆかさん

EFTプラクティショナー養成講座の

アシスタントでスタートしました。

EFTとは→

 

==========

 

朝の電車で目の前の若者にふと目を向けると

斜めがけのバックに無造作に墓前に添えるらしい仏花。

 

絶対に茎に水分ないだろうなー

花が痛みそう…

 

でもとっても温かなシーン…

 

茶髪にピアスにゲームに熱中していて

少しまだ幼さも香り

絶対にこの男の子が花がなかったら

私も気づかなかったけれど…

 

きっと大事な人なのね…

優しいのね…

お花を手向けられる存在の喜びが伝わる感じ

 

幸せのお裾分けをありがとう♡

 

GWの朝の小さな一コマ。

世の中は温かさもちゃんと存在している・・・

 


心理カウンセラーランキング

Read More
01
5月
2019

私に対する思いは全て妄想!?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

 

今日は妄想、思いこみ、自分の解釈、意味付け・・・

言葉はいろいろな表現ができますが

これは一体何?

 

こんな視点からみなさんと分かち合いたいと思います。

 

 

========

 

例えば、今年の新しい配属先の上司って

見かけは怖い感じだけれど

親睦会で見たあの姿が本来の姿だったのね・・・

部下にさりげなく気を配り、一人づつ名前も覚えてくれていて

私の名前ももちろん覚えていてくれて・・・

 

あの人はいい人に違いない。

あの人ならうまくやっていけそう。

 

これが自分がその上司に対する「思いこみ」です。

 

他のAさんはこの同じ上司の姿を見ても

「この人が来たから私はあのポジションに行けなかった」

一人づつの名前なんか覚えちゃって、

一生懸命取り込もうとしているんだ・・・

あぁ、みんな騙されている・・

私は今後、この同じ職場でのモチベーションを

どうしたらいいんだろう・・・

 

これがAさんがその上司に対する「思いこみ」ですよね。

 

私も、Aさんもそれぞれそれは事実として

普通に自分の中に取り込んでいて

「思いこみだけでできた世界に」住んでいるのが

通常の私たちです。

 

 

=======

 

ここまではよくブログにも書いてきましたが

ではここから先、今度は自分が自分に対する

「思いこみ」についてです。

 

心理学用語では「セルフイメージ」と言いますが

自分に対する思いこみ程「強くて濃くなる」傾向があるのは

ご存知でしょうか?

 

私が私を「自分はこういった人間なんだ」と

毎日刷り込みを続けています。

それは変化しやすいちょっとしたものから

数年来、数十年来変わらないものまであります。

 

何度も何度も繰り返された思いこみの場合や

何か大きなショック、トラウマなどで

決定されたものから、強さや濃さや真実味度も

同じものが一つとしてありませんし

 

セルフイメージ自体が一人の人の中にいくつもあります。

 

濃い、硬い、絶対に変化しないもの

軽くて少しのセラピーなどで変化するもの

これが混ざり合っているのが通常の私達です。

 

しかも、体感を伴い、【感情】は気付いているかいないかは別として

必ずそこにあり、これがよりリアル感を作り出しています。

 

 

例に書いた通りに「思いこみ=妄想=解釈」は

「事実」かどうか?なんです。

 

自分が決めた体感まで伴った事実のようではあるけれど

「真実」=「ありのまま」ではない・・・

ここにどのぐらいの人が「本当の意味で」気付けるかです。

 

========

 

真実ではない、自分の決めた事実の世界

=自分の作ったイメージの世界なのです。

 

要は私たちはいかにそれが絶対そうなんだ・・・と思っていても

あくまでも自分のイメージの世界からは

一度も抜けたことはありません。

 

世の中の人、私も含め全員がこの自分の世界の中で

リアル感=体感を持って生きています。

 

→とは言え、一度抜け方を体験すると、仕組みが見えてくると

格段に抜けやすくなります。

料理も体験して体験してうまくなる感じ。

 

 

この思いこみが激しくなり過ぎて

エネルギーダウンした状態が鬱だったり

精神疾患の状態を作り出してもいます。

 

自律神経や脳の働き、仕組みも関係していますが

心の中の仕組みからもこのような観点が持てます。

 

私って冷たくて無慈悲なんだ・・・

私って騙されやすくて利用される人なんだ・・・

みんな私のことが面倒で、嫌っているんだ・・・

私ってここにいていいのかな・・・などなど

 

一度それがどのぐらい真実さを持っていて

証拠もどのぐらいあって・・なのかをしっかりと書き出して

 

ここにある感情、そしてその下を支えている

壮大な自分の潜在意識の世界の仕組みを

見てみませんか?

ここに隠されていた声を聞いてみませんか?

 

真実=ありのままで苦しんではいないので

この体感を伴ったリアルなイリュージョンを抜けた世界は

静かで穏やかで苦しみがない世界・・・がいつもあるのです。

 

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

Read More
30
4月
2019

「アイデンティティー」が簡単に変わらないのは何故?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

GW中の月曜日ですが今日は「アイデンティティー」について

みなさまとシェアで来たら‥と思います。

 

アイデンティティーとは・・?

 

①自己が時間や環境の変化に関わらず、連続する同一のものであること

主体性、自己同一性

②本人に間違いない事、また身分証明

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

「自分とは何か?」

「自分らしさ」

パソコンでいえばOSで、アプリではないほうです。

 

私たちはアイデンティティーがなかったらどうなるでしょう・・

今日は「私は能力がある、世の中は優しくて安全だ」

次の日には「私はちゃんとできない、愛されない」

 

こんな風にコロコロとアイデンティティーが変化しては

存在自体が不安定すぎるので

ある程度「こういう人」というアイデンティティ―が

あるからこそ、毎日ぶれずに自分らしさをキープしています。

 

そしてアイデンティティーは潜在意識の

「無意識レベル」にあるため

➤私って「こういうひとだよね~」といったように

カフェトークで話しているものとは区別していきますね。

本当の意味での潜在意識にあって自分を支えている

「アイデンティティー」は

コアビリーフ、コアなセルフイメージでもあり

 

核なる信念です。

 

ここの部分は例え、年齢が変化しても

職業が変化しても、結婚しても、離婚しても

母親になっても、引っ越ししても・・・

変わることはなく、ずっと一緒。

 

特に6歳ぐらいまでは脳波の観点からも

全てスポンジのように吸収し

本当に潜在意識のゲートが開いているような感じなので

アイデンティティ―の形成に大きな影響があります。

 

=======

 

よく考えて見ればこんなに「慣れ親しんだ私らしさ」は

例え、苦しいものであってもとにかく「これが私」なので

逆に簡単に「手放す」事は難しいのが当たり前。

 

そして怖いです。

自分が自分で無くなる恐怖は思っている以上に大きいはず。

全く知らない自分に無抵抗でなれる人はなかなかいません。

 

朝、目覚めて意識が上がり、夜、寝落ちするまで・・・

ずっと一緒なアイデンティティー・・・

 

ここが色々な思いや感情の大元なので

これを動かすことは実は簡単ではありません。

 

余りにも慣れ親しみ過ぎてセッションでも見つかっても

「そんなの当たり前」と感じてしまうほど

「自分がそれを持っているからこう感じる」という

客観視がゼロに近い状態です。

 

自分=そのアイデンティテーそのもの=同一化です。

 

自分が醜い存在だと無意識のアイデンティティーで持っていれば

どんなに実際は周りの人が綺麗だと感じようが

グラビアの表紙を飾ろうが・・・

常に人が自分のあら捜しをしているとか

嘘をついているとか、絶対に美への努力を止めないとか

「自分が醜い」という視点の世界から一歩も出ていないので

 

これを変えることは大事なのです。

で、これによって苦しさも増してくる・・・

こんな感じです。

 

モデルさんであればこのコアなセルフイメージがあれば

オーディションに落ちた理由は全然違っても

「私が醜いから」が絶対真実になります。

事務所の力不足だろうが予算の関係だろうが

絶対自分の醜さがこれを招いた・・・

ここからは離れることが出来ません・・

 

ただ・・・

グッドニュースは時間が掛かるかもしれませんが

必ずここへのアプローチ、癒しを続けていれば

変化はしてくるでしょう。

 

なぜならばこのコアなアイデンティティーも実態は

エネルギーだから・・

ビリーフもエネルギー、思いなので

 

①まず潜在意識のそれを見つける

②エネルギーを触って対話をしたりして(セラピー等)

ワークする

 

これでそれぞれのペースで変化変容は十分可能です。

 

例えば30年来のずっと握りしめていたエネルギーも

30年かかるわけでは全くなく

ここの絡まって動かない滞っているエネルギーを

本来の性質=流動体に戻してあげるだけ。

 

アイデンティティ―も十分に変化していきます。

(自分にラクで苦しさが減り、優しいものへ変化)

 

私たちはいつからでも変化が可能な存在です♡

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
29
4月
2019

悩みを解決するには「感情」を見よう(2)

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

前回の続き・・・

「悩みを解決するには感情を見よう(1)」

ここからの続きを書いていきますね。

 

========

 

 

思考の性質は・・・

*「こうだよね・・」という分析

*理由探し

*定義づけ、解釈

*「正しさ」や「常識」を求めたり

*「ストーリー=妄想=心の風景=イメージ」を作ること

→イメージは立派な思考活動の一つです

 

しかも全てが初めは「顕在意識上で」です。

 

ポイントは気づいていない96%の潜在意識から・・・

ここからいかに自分の隠されてはいるけれど

本当は持っている「思い」「感情」を引き出すか・・・

これに尽きます。

 

セラピーや、心の深いところを紐解く問いかけなどが有効ですが

フォーカシングのように身体を感じ、

身体の声からも顕在意識だけで悩むよりは

はるかに「ハッとする」声が拾えるでしょう・・・

 

身体は潜在意識の入り口ですから・・・・

 

頭の中での思考での解決と

潜在意識の感覚、感情を直に感じるものとの

大きな違いをぜひ体験していただけたらと思います。

 

小さい頃から私たちは

「感情的になってはいけない」とか

「感情に支配されてはいけない」とか

感情を感じることを抑圧してきている分、

慣れていないし、最初はわからないとおっしゃる方も

それなりにいらっしゃいますが

 

慣れていけば驚くほど色々本当は

感じていたんだ。。。ということが実感されています。

 

思考はさらに上手に嘘がつけてしまうので

(男とは・・とか、女性は・・とか母親とはとか

世間的にはとか常識ではなどなど・・・)

本音を正当化した言葉で蓋をしてしまいますが

身体は嘘がつけません・・・

 

本当は怖くて身体が緊張しているのに

お風呂に入った湯船のように緩むことができません。

思考では抑えることのできているものが

身体だけはどうにもならないのは

みなさん体験済みと思います。

 

 

身体、感情を信頼しましょう・・・

本当は全部、ちゃんと感じているのが私たち。

 

本音、本当の声=感情でもあるので

この受容なしには、ここの理解なしには

変化変容は難しいですよね。

 

感情の変容が起こると、勝手に思考の変容が起きるので

この1度変化したものは「恒久的」に変化しています。

アファメーションのように頑張って唱えなくても

全くOKです。

 

一つのテーマにはいくつものアスペクト(それを構成していた要因)が

一つだけということはなく

見れれば見れるほどにいかに沢山のものがそれを支えていたか

この心の仕組みの複雑さに驚嘆します。

 

私たちは単純ではないのですが

そこがまた人のユニークさや唯一無二の大切なものとして

丁寧に見つめていきたい愛情が湧いてきます。

 

思考で解決より「感情を見よう」

感情に一緒にある「思い」と「体感覚」を掴もう。

 

今回のポイントです。

 

いつも応援、ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.