インテグレイテッド心理学

26
8月
2018

自分の中にある「べき」

おはようございます♪

今朝はすこぶる快晴~

とも言えますが、また猛暑がぶり返してきましたね。

 

今朝は日曜日ですがどんな休日をお過ごしでしょうか?

 

この仕事になってからというもの全く曜日の感覚がなくなり

休日、平日の区別もなくなり、「毎日」がある感じですが

雇用されていた時の私には今と随分違った感覚だなぁと

感じるこの頃です・・・

 

というのも

以前は日曜日と祭日のお休みがメインだったのですが

(土曜日は出勤)本当に時間が足りなくて

更に「休んではいけない」という無意識の衝動が

私の中の自分で気が付けない潜在意識に「でーん」とあったので

物凄い沢山の「〇〇するべき」とか

「こうあるべき」とか

そんな中で生きていました・・・。

 

 

身体のどこを切っても「べき」で出来ているような

金太郎飴のような私はどんな生活を送っていたかと言いますと・・

 

今では笑い話ですが

平日にスーパーに行って、そこに居る人々の事を

普通に買い物している人を見て

「暇な人だなぁ」とか

「よく平日、こんなにゆっくりと買い物していて平気なの?」とか

「私はあなた達みたいに優雅ではない」とか

物凄い「ゆっくりできない自分」に実は無意識に怒りを持っていたのに

気づかずに、勝手に相手にぶつけていました。

 

 

ただ、平日にスーパーに居る人にですよ!笑

 

もしくは平日に昼間、美容院に行ける人にですよ!笑

 

もしくは昼間の時間に自由に病院へ行ける人・・・

 

電車に乗っている人を見ても「あぁ、優雅ね~」と勝手に

相手になんか不満を持っていました。

 

「あなたと比べてわたしは平日昼間は絶対に休めないの」

 

平日昼間の人は「休んでいる人」「さぼっている人」もしくは

「怠けている人」もしくは「働かなくても生活できる人」に

勝手に見えていました。

 

休日に働いている人もいるかもしれないし

平日昼間のスーパーやデパートに居る人だって

たまたまその時にいたかもしれないし

相手の事情など分からないのに・・・です。

→ぎゃ~、ごめんなさい~~(;_:)

 

フリーのこの仕事を始めたときに

ゆっくりと買い物ができる、しかも昼間・・・!

このことで物凄く感動した自分がいました。笑

 

自分の中の「抑えている、我慢している」無意識のエネルギーは

こんな風に自動的に気づかない形で自然に表れます。

そしてしかも自分の考えや意見が「もっともだ」とも

思っています・・・笑

 

日常の中でもし、何かちょっとしたモヤモヤがあったら

大きな明らかな腹立たしいことがあったら

自分の中に聞いてみましょう。

 

「本当は相手や状況はどうするべき?どうあるべき?」

 

きっと沢山の理由を自分の中から聞くことになるでしょう。

 

この時に自分が今までに「正しいと思って頑張ってきた」

無意識に努力して続けてきていた、当たり前と思って受け入れてきた

私自身を思いっきり労いませんか・・・?

 

「良く頑張ってきたね・・・」

「本当はくじけそうだったけど、続けなければ

ダメだって思っていたんだよね」

「自分がやってきたことは絶対に正しいんだ」と思わなかったら

やってこれなかったね・・・

 

「偉かったね・・・」

 

だから相手を、状況を責めたくなって当たり前だったよね・・・

 

まずは自分が自分を「分かってあげましょう」

「理解してあげましょう」

 

本当に心から・・・・

 

私も自分自身を分かってあげる事、理解してあげる事を

続けていくことで、自分を好きになれたり

自分に優しく「初めて」なれました。

 

「自分に優しくするべきではない」があったので

そんな事をしたら自分が怠けてしまうとか

生活が堕落するとか感じてとてもじゃないけれど

出来なかったのですが・・・

 

どうして?なんでしたらダメなの?

 

自分の中の聞いてこなかった声を拾い始めると

本当にそれをするしかなかった自分の姿が見えてきました。

 

ここが分かって受け入れてあげる事で初めて少しづつ

自分に優しくなれてきました・・・笑

→雷に打たれたように一度には変化しなかったです♪笑

でも確実に変わりました。

今もまだまだ足りないなぁと思いますから

もっともっと自分を好きになれるといいなぁ・・・♡

 

いやいや・・・

私たちは本当に複雑で、繊細でそして

思いのほか深い思いを持っている存在ですね・・・

私は本当にそんな「人間」が大好き♡

 

その人の存在そのものが大好きです。

 


心理カウンセラーランキング

Read More
25
8月
2018

「そうだったんだね・・・」

おはようございます♪

昨日はとんでもない強い風と雨が一時的でしたが

窓に打ち付けるような台風の影響のお天気でしたね。

 

今朝の東京は快晴♪

大物洗いでもすぐに乾きそうです~

 

皆様の所はいかがお過ごしでしょうか?

 

たまたま昨日もSkypeやzoomのセッションが続き

対面でなかったので良かったなぁと思います。

今は本当に便利な世の中ですよね。

 

実際に身体をここまで運ばなくても対面と全く同じように

セッションが行えるなんて、20年前に想像もつきませんでした。

 

======

 

セッション通じ、自分の自己ワーク通じ、本当にびっくりするような

自分の中に隠れていた、日の目を見なかった

光が当たっていなかった思いや感情が出てくるのです・・・。

 

頭の中で洪水の様に流れてくる思いや感情は

誰かのアドバイスや賢者の言葉で一時的な平安は得られますが

また何か刺激があれば簡単に崩れて

同じパターンの苦しみがやってきます。

 

私も何度となく同じパターンからどうしても抜けられずに

同じテーマを何度もワークしたのは

本当に「底の底にあった気持ちや感情」を

自分が見えてあげられなかったからだなぁと

毎回感じます。

 

 

そしてそれが見つかったときには

本当に今まで「自分が自分の真の苦しみ」に

気づかずに分かってあげられなかったこと・・・

そして今までよく一人でそれを孤独に抱えて

耐えていた「私自身に」抱きしめて共感したい気持ちに

なります・・・

 

あるケースでは(私のではなかったのですが)

相手からの「好き」「愛している」「大切に思っている」という

言葉自体がどうしても自分の中にしっかりとした重さとして

響いてこない・・・

これさえ響いたら今の不安感や見捨てられ感は無くなるのに・・・

 

 

そんな思いの苦しみでした。

 

相手がパートナーの場合もあるでしょうし

信頼している上司の時もあるでしょう。

尊敬している師匠や、全知全能の神の言葉かもしれません。

 

相手が「絶対に嘘じゃない」「本当にあなたを必要としている」

100万回伝えてくれても顕在意識上では本当だと分かっていても

相手の真剣な表情や声からも嘘ではないとは感じているのですが

何故ご本人に響かないのでしょうか・・・

 

ここの声をよ~く聴いていってあげると出てきたのは

「この声を受け取って響かせた瞬間に

次からはいつ捨てられてしまうのかという恐怖に耐えなければいけない」

 

こんな絶叫が聞こえてきました・・・

 

響かない辛さよりもいつ捨てられるのかの怖さの方が

どちらも辛いけれどもっと耐えがたいの・・・

 

そんな声が聞こえてきまた・・・

 

そして更にその奥には相手が好意を伝えてくれても

一方的にそれではダメで何を真に求めていたかといえば

相手が自分を自分と同じぐらいに頼ってくれている確信と

証拠がないとダメなの・・・

 

この両方が揃わない限りはこの方の真の安心感、安定が

得られない・・・

そんな本当に苦しんでいる姿を見せてくれました。

 

「知らなかったよ・・・」

「そんな隠れていた私の声がそこに在ったんだ・・・」

「何故それを今まで出せなかったのかが分かったよ」

「そうだったんだね・・」

 

いつでも待っているのは切なる私の本当の声。

 

なんて純粋でなんて隠し事のない美しい声なんでしょうか・・・

 

身体から感じる本当の声を聞いた時の沸き上がるものを

今日も探していきたいと思います。

 

そこに広がる真の安心感・・・

そこに実はずっと持っていた平和・・・

 

最初からこの生命の自然の動き、営みの中で

永遠に続く美しいもの・・・・

 

どの声も美しすぎて、声の持ち主に対しての愛が溢れ

全体の仕組みに感嘆し、その時の涙は安堵の涙です♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
21
8月
2018

何が本当はあるの?

おはようございます♪

最近は朝の気温がとても気になる暑さに弱くなっている

私ですが皆様、いかがお過ごしでしょうか・・?

 

ここのところ、本当に私たちは(私を含めて)

セッションに来られる方も(そこまでではない方も)

何かモヤモヤして居たり、はっきりと苦しさを持っていたり

全てに当てはまるのですが・・・

 

「症状」の部分をどうにかしよう、無くそう、解放しよう

取り除こう、変化させよう・・・と感じますよね。

 

私もそうです。

 

もし、長年の連れ添った夫にずっと積年の怒りや

悲しみがあったとしたら

「どうしたらこの夫の顔を見てもイライラしないでしょうか?」

「どうしたら私は穏やかに平和になれますか?」

「一番早くて手っ取り早く出来る方法があれば

頑張りますので・・・」

とかなりませんか?

→これが症状です。

 

 

もし、自分の子供が不登校気味、もしくは引きこもっていたとしましょう。

すると・・

「どうしたら子供が学校へ行けるでしょうか?」

「どうしたら子供自身が自信を持てますか?」

「どうしたら子供の自殺願望が減りますか?」

 

 

これはある意味当たりまえで、私も苦しい時は

こうやってセッションに行ったものです。

そしてとても「解決アドバイス」を求めていました。

 

 

この方針の私時代は実は全く自分自身が、変えたい相手も問題そのものも

変わらずにどんどんきつくなって悪化の一途をたどっていたなぁと

今ならば振り返れるのですが

渦中の場合だと、客観視が全く出来ないことが多いので

ある意味これでOKです。

 

 

が・・・

もし、少しだけ余裕が出て来たら見てほしい事

気づいてほしい事、これが物凄く実は効果があるという事を

お伝えしますね。

 

「どうしてそれが続いたらダメなの?」

「その出来事や現象や場面は自分にとって何を意味していたの?」

「これが続いたら自分はどうなってしまいそう?」

「何が一番感じたくなかったの?」

「何を一番本当は欲しかったの?」

 

などなど・・・

 

ここを見つめていくことが本当の意味での緩みのきっかけです。

 

大抵が自分では気づけない潜在意識なので

難しさはあるものの、紙に書き出してみませんか?

 

これは何をやっているかというと

そもそも、その困った状態、苦しい状態はいわゆる「症状」ですので

原因を探すことが必須です。

→ちなみに「原因」を悪いものとして捉えていたら

ここもテーマに入ります。

私自身も苦しみの渦中の時は「悪いもの」以外には見えませんでした。

 

たとえ、一時的に「症状を抑える」ことが出来ても

根本の原因が手付かずでしたらまた同じように

「症状が出るのは当たり前」

 

あまりにも辛すぎるときはまずは「症状を抑えつつ」

病院で言えば原因の治療も同時に見ていきます。

 

何でもいいから「症状だけ抑えてよ!」という声だとしたら

それだけ苦しさが強いという事ですよね・・・

どれだけ苦しみの原因がそこに疼いているかという事でもあるのです。

ここをまず十分に理解し、気づいてあげましょう。

 

そんなのはどうでもいいからまずはこれを解決してよ!

という声が上がったらその声を上げないと居られない

自分の状態をよく理解してあげましょう。

分かってあげましょう。

 

 

セッションでもテーマは職場の〇〇さんと

顔を合わすだけでも息が詰まるんです・・・

そんなテーマから、原因は全く違った「お母さんへの愛が欲しかった」に

繋がっていくことや、「自分は求めてもそれを貰えない存在」

という事についての

悲しみが原因だったり様々です。

 

でもここを見ずして根本的な安心感や緩みが自然に

沸き上がることは難しいです。

 

表層の「苦しみ」から原因の本当の待っている

想いや感情、声を見つけることが自分への愛情だなぁと

常に感じています♡

 

それを見つけたクライアントさんを横で見るたびに

一緒に感動してしまうので、セッションを止められません♪笑

 


心理カウンセラーランキング

Read More
17
8月
2018

自分を理解する真の寄り添い

おはようございます♪

今朝は少し涼しい!

嬉しい!

冷房を使わない外気に触れて気持ちがよい幸せ!

 

朝の短い時間かもしれませんが自然の配慮に感謝しつつ

このブログを書いています・・・

 

自分を含め、セッションでも私たちは「無意識に」

自分の気持ちに蓋をします。

 

無意識なので本当にいつ、どんな蓋をしてたかなんて全く

分からないでしょう・・・

 

心理学の言葉では「抑圧」なんていいますが

この「抑圧」って本当にある意味素晴らしい産物だと思うのです。

 

大抵セッションでは「抑圧」してしまったものを見つけて

その下にずっとあった日の目を見なかった「思いや感情」を

見つけてその声を聞いていくことをしていますが・・・

 

この「抑圧さん」側にも実は深い深い声があったっりします・・・

 

過去にこんな例もありました。

その方のお父さんはとても優しくて、一杯働いて

その子自身の大好きな存在だったようです。

そして同時にこの父親から守って貰えている限りは

絶対に大丈夫な感覚・・・

父親に愛されていれば、必ず大丈夫な感覚・・・

 

ここに「どんな私でも」というものはなく

「いい子の私」「気に入られている私」「役立っている私」

「自慢できるような私」なら・・・というのも同時に刷り込んでいました。

だから同時にこの子は「ちゃんとやらなきゃ」も持っています。

 

 

というのも母親が自分の夫に対して全く同じ感覚だったので

当然子供にもそれは刷り込まれますよね?

 

「お父さんが居るから私たちはこうやって食べていけるのよ」

「お父さんが居るからこうして守られて生きていけるのよ」

 

母親の信じている世界観をそのまま子供が受けとりますよね。

 

ある日、父親が持ち帰ってきた珍しい海外のお土産が

机に並んでいました。

勿論、わぁ~っと子供はテーブルに集まりニコニコ眺めて

あれが欲しい、これが良いなと言っています。

 

ところが次の朝、母親に「あなた、お土産ひとつ盗ったでしょ。

お父さんが言っていたよ。早く出しなさい」

 

自分が尊敬して大好きな父親に「盗った人」と間違ったレッテルを

貼られたその子は傷ついてしましました・・・

 

「あの父がまさか、自分を間違えるなんて」

 

100%信じていた父親への信頼が崩れそうになった時に

出てきたのは「否定しない自分」でした。

 

酷く母親に叱られてお尻を叩かれている時も・・・

自分が盗人と決められた感覚も・・・

間違われたショックも・・・

母親も父親の言葉をすっかり信じ込んで自分に決めつけてくることも・・・

 

「悲しさ」「悔しさ」「怒り」などもあったものの・・・

「一番感じたくなかった感情は何?」

 

その子が言っていたのは「失望感」でした。

もし、父親に対して信頼を失い失望感を感じてしまったら・・・

自分の大切な安心をすべて失う・・・

愛する存在を失う・・・

尊敬し続けることが出来ない悲しみ・・・

 

「これを失うよりも黙って自分の濡れ衣を掛けられていたほうが

良かったの・・・

お父さんを愛せない私でいるよりはずっとましだから・・」

 

こんな健気な声が出てきたときには思わずその子に駆け寄って

本当にそうだよね・・・

これだけはどんなことがあったとしても守りたかったよね・・・

父に失望する感覚だけは感じたくなかったんだね・・・

愛を失いたくなかったんだね・・・

 

 

この子の「父親に対する愛」に駆け寄りハグして

ただただすべてを理解してあげたい気持ちが出てきました。

 

お尻を叩かれる姿は「父への愛の姿」そのものでした。

 

自分の名誉や尊厳よりも、父への愛がこんなに深いその子を

こころから慈しみ、心から「私が愛している」と感じたときに

全てが溶けていくような深い感動がありました。

全てに赦しのエネルギーがいきわたった気がしました。

 

過去の悲しい出来事や思いだしたくないシーンは

こうやってここに埋もれている声を引き出して

自分が自分を理解することで・・・

 

自分への愛情が深まる時間でもあります。

セッションは自分への愛を深めていく時間でもあるなぁと

いつも感じます。

 

今日も自分が自分を愛する時間を持てるように

自分自身も誰かも真摯に見つめていきたいと思います。

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
13
8月
2018

自分の中の声は何と言っている?

こんにちは♪

さっきまで映画やドラマの中で見るような

ピカピカの雷が天から降ってきて

地響きと共に、凄い様相でした。

 

丁度、セッションとセッションの間だったのですが

これでは怖くて外は歩けませんよね・・・

自然の前には人間は任せるしかないのだなぁと感じていました。

 

丁度週末がHRAのカウンセラー養成講座だったのですが

「境界線」と「ビリーフ」の講座でした。

 

先ほどのセッションでも感じたのですが

本当に私たちは「ビリーフ」=「自分の中の声」通りにしか

生きられないというか、それをもとに行動や思考や感情が

生まれています。

 

 

例えば・・・

就職が上手く行かないと悩んでいる方がいて

職から離れて2年近く・・・

 

立派な経歴やそれなりの経験もあるのですが何が

就職を困難にしていたか…と言いますと

心の中の声、その方オリジナルの仕組みを紐解いていくと

「特別なポジション」でなければ人の上に立てない・・・

 

しかも300人に1人しかとらないような難関のポジションばかりを

目指していて、誰でもそこそこ入れるようなところでは

意味がない・・・

 

こんなその方オリジナルの仕組みが見えてきました。

→ここでもっと通りやすい就職を選びましょうといったアドバイスが

あまりその方をラクに出来ないことが見えてきます。

ラクではこの方は安心できないのです・・・

 

そして顕在意識ではそこ(難関ポジション)を目指しているものの

深いところではそのポジションを得られない自分なんだという

絶対に感じたくない自分の姿も出てきました・・・

 

 

また過去の幼少時代からも失敗したらもう二度とやりたいことは

やらせてもらえないといった思いや

みんなからも責められる自分像や、常にトップでいないと陰口を

言われてしまう恐怖感や・・・

親を悲しませているという罪悪感も・・・・

 

 

何故自分が就職が上手く行かないんだろう・・から

何故こんな就職を無意識に選んでいたのかが見えてきて

ご本人も納得と驚きでした。

 

これじゃ、1等の宝くじを絶対に当てなきゃだめだと

言っているようなものだなと・・・

 

何故自分が特別さを求めていたか・・・・

何故特別さが必要になっていったのか・・・

 

全てはこころの深いところ、自分では気づけない

無意識の部分にしっかりあって、ここが自分を動かしている

源になっているのです・・・

 

この求めているものが手に入らなくて叫んでいるこの声こそが

光を当てて分かって貰えた時に

その方オリジナルの深い癒しと緩みの世界が広がってきます。

 

今までも声の「文字」としては同じでも

→例えば「誰でもいいから私を分かってほしい」とか

 

この声の質や中身が同じだったことは一つもなく・・・

 

皆さんがオリジナル。

完全オーダーメイド、オートクチュールなのだと思います。

 

自分の中の見えていなかった声を自分が抱きしめて

迎え入れるときに・・・

その苦しみこそが精一杯生きている美しい証だったり、

生命の営みそのものを感じたり・・・様々ですが

 

この終わりなき「生命の営み」

本当に美しくていつも涙が自然に溢れます。

 

終わりなきに安堵や、安心を覚えてきつつ

今日も午後を丁寧に過ごしたいと思います♪

 

 

 

Read More
08
8月
2018

「されている側」の弱い私

おはようございます♪

昨日と今日は雨でお天気は悪いのですが

気温が少し収まり、息継ぎが出来るようなそんな

2日間ですね。

 

今までが暑すぎて危険な災害レベルの暑さでしたから

もっともです☆

 

さて、今日は私を含めてですがクライアントさんの殆どが

大なり小なり持っている感覚について書いていきたいと思います。

 

ご相談のお話を聞いていると・・・

自分の立ち位置と言いますか、存在している場所と言いますか

殆どが誰かや環境や、社会や何かに「されている側」になっているのです。

 

一見、「している側」に居るようでも、そこに例えば怒りを感じているときなど

「している感」が足りなくて、こんなもんじゃすまされないとか

私はもっと傷ついたんだとか・・・

 

あなたはこれを同じように分かるべき、知るべき、罪滅ぼしを

するべき・・・などなど・・・

 

もしくは周りは私を助けるべき、理解するべきなど・・・

 

色々な形こそあれ、「されちゃっている私」または

「過去にされていた私」であることが多いですよね。

 

この思いを持っていると良くないから

「明るい力のある私へ変化しましょう」とか

どうやったら許せるでしょうね~という事を言いたいのではありません。

 

 

これらのある意味大なり小なりのみんなが経験したことがある

「される側」の私の「何故今も、これに苦しんでいるのか」の

理由と訳を聞いていってあげたいのです。

→例え普段は忘れていたとしても10年前の出来事を

思い出せるのはその時の自分の傷があるからですよね。

 

時薬・・・

時間が解決してくれるってよく親にも言われたし

先生もそう言っていたけれど・・・

本当にそこにある傷は時間で忘れようとしても

実は蓋をしているだけで「あるなぁ」と感じざるを得ません・・・

 

 

自分の中に出ている思いや感情・・・

「あの時、あの人がこんなことをしなかったら

今の私は違っていたはず」

 

「社会がもっと私を助けてくれていたら

今の私は自由に生きていたはず」

 

「やりたいことが出来ないのは

〇〇のせいだ・・・」

 

他者や環境が悪い…と感じている時の私の傷ついた声は

本当に聞いてもらえていない心の叫びであることが

多いなぁと感じます。

 

そして根本的に「される側」でデフォルトの私が強く存在していると

どうしてもそこに引っ張られてしまうのは

当たり前なんですよね・・。

 

私も自分の中の「される側の弱い私」=「被害者の可哀そうな私」を

ずっと見つめてきています。

いっぱいいますから・・・笑

永遠のテーマです♪笑

 

 

自分自身の深い声は「諦めていたり」「世の中そんなもんだ」とか

「誰もわたしのことは分かってくれない」とか

最初はそんな声ばかりなのですが・・・

 

ここをとことん「セラピーで聞き倒すこと」で

どんな声もずっと押さえつけられてきた日の目を見ることが出来なかった

痛みの声なので理解して理解して受容して受容していくと・・・

 

ある瞬間に「どわぁ~」っと溢れて出てきます・・・

もう、本当に涙が洪水の様に出て・・・

そして「これが欲しかったの(欲しかったものは様々です)・・・」

と小さい子の叫びの様に

ずっと抑えていたものが見えてきたときに・・・

 

本当の意味での赦しや、癒しや、緩みが体感できます。

 

直ぐに訪れないことも多々ありますし

無意識に楽になることへの抵抗もあったり

苦しい自分からの変化が怖くて

 

そこに触れられないことも良くあります・・・

 

私も何年もかけて同じようなテーマを

自分自身が見ているものもあります。

 

でも・・・一度これを体験したら・・・もう、本当に

それは「完璧な安堵」しかなく、常にこれしかないことを

身体全てで感じます。

 

ご自身の中にある「されている側」の私を

優しい眼差しで抱きしめてあげる経験は

自分自身の理解とこれこそが自分への愛そのものだと

 

日々のセッションや経験から感じています。

 

 

 

Read More
28
7月
2018

どんな思いがそこにある?

おはようございます!

連日の猛暑が少し落ち着きつつ

今度は台風による雨の影響がありそうな

週末ですね・・。

 

みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

 

暫く、ブログを更新していませんでしたが

今回はセッションや自分自身の中でも馴染み深かった

一つの思いの力」について書いてみたいと思います。

 

 

======

 

「全部できなきゃ・・・」

 

この言葉がある意味どんな人生のシーンにも登場していることが

より深い感覚で感じる日々でした。

 

*例えば苦手だけれど運動をしたほうがいいので

スポーツジムに通っていたのですが、週3回必ずどんなに大変でも

通って頑張れば、きっと身体が変化するはず。

→「全部できなきゃ」

 

 

*なるべく炭水化物というか糖質を取らない食事をしようと

決めて過去に成功したことがあったのでまた自分にそれを課せて

頭では「自分のためにいい事している♪」と思っていたのですが・・・

→「全部できなきゃ」

 

*朝の最初のセッションが始まるまでに、掃除、洗濯、PC作業

自己ワークなどもやって、自分を整えてから始めなきゃ・・・

→「全部できなきゃ」

 

 

*外に出たついでにあの雑用も、この雑用もいっぺんに済ませよう

→「全部できなきゃ」

 

*友達との会話や繋がりを全ての人と平和に保ちたい・・・

→「全部できなきゃ」

 

 

*仕事上の(例えば私ならセッションや講座開催や講師業)自分全てに

納得のいく形を作らなきゃ

→「全部やらなきゃ」

 

などなど・・・

ある意味当たり前に、普通に、自分としては「自分らしく」ナチュラルに

常にある思いなのですが、ここを中心に動いているなぁと・・

 

そして苦しさや悲しみや、後悔がくっつく時は必ずと言っていいほど

「全部がうまく出来ていない」と私が感じている時でした。

 

何故、こんなにも「全部できなきゃ」というミッションがそもそも

染み込んでいるのでしょう・・・

 

深いところにあった私の声は

 

「全部自分がやりたかったことが出来たら

大好きな相手に喜んでもらえるから・・・」

 

 

物凄く相手に喜んでもらう事が「私の愛情表現そのもの」で

その相手とは特定の人物も含まれていましたし

 

大きな神のような、大いなる存在でもありますし

気づいている意識とでも言っていいかもしれませんし

その私以外のすべてに私の愛を伝えたくて、見せたくて

動いていた衝動でした。

 

 

でも、その相手やおおいなる意識はその愛情表現を見せる私に

私と全く同じ愛情で、優しい眼差しで私を見ている・・・・

 

私は全部できなくて良かったんだ・・・

 

既に最初からこの愛情しかないところで勝手に起こっていた

生命の営みの一つなんだ・・・

 

「全部できなくてもいい」

 

この言葉は魔法の言葉。

ここにくっついていた様々な感情も一緒に溶けていきます・・・

→セッションでは「思い」だけでは溶けていかないので

必ずそこに在る「感情」を良く感じてもらう事をしています。

言い換えると「思い」には必ず「感情や感覚」が一緒にくっついています。

 

全ての苦しみが溶けていく不思議な言葉・・・。

 

いかに決めたことを全部できなきゃの世界に縛られて

辛かったのかな・・・と感じるとともに苦しむ自分への優しい眼差しを

自分が自分に向けることが自然に起こります・・・

 

自分の中の苦しみは必ず訳があり存在しています。

その声を聞くと・・・というか聞き倒すと、不思議と自分への理解と

愛情が自然に起こります。

 

何てラクなのでしょう♪

 

素敵な週末を!

Read More
02
7月
2018

自分が自分をOKできる自信とは・・?

おはようございます♪

 

本当に朝から暑い・・・

夏なんですね・・・

暑くないと野菜も育たないし、生命の生育に必要なものですが

段々と軟弱になってきたせいで、ふ~ふ~言っております(笑

 

======

 

昨日はフジコヘミングさんのソロコンサートへ・・・

あぁ、やっぱり素敵・・・

何が素敵か・・・

 

存在そのものが、沢山の愛の経験が、

別れや喪失や・・・心の痛みや、温かさや柔らかさが・・・

音に伝わる・・・

 

ミスタッチや、年齢も85歳・・・身体だっても元気はつらつではないでしょう。

でも何がこんなに人々を惹きつけるのでしょう・・・

 

昨日の中で私の中で一番響いたのは最後から2曲目の

Rranz Lisztの「愛の夢」

もう、音から全ての愛に優しさと賛美が込められているような

そんなエネルギーが満ち満ちていました。

 

愛ってハッピーだけじゃない体験もあるでしょう・・・

残酷で冷たくて打ちひしがれたような裏切られたような

愛もあるでしょう・・・

ズルい愛や、卑怯な愛・・・

一杯色々な愛の顔があるのに、こんなに優しくて

生命のエネルギーに満ち満ちているのは何故なんだろう・・・

 

あぁ、全てあって良い・・・

 

ピアノの音色が全てを受容してくれているような気がして

本当に素晴らしかった♡

 

彼女の波乱万丈な人生や自分が自分を肯定している

強さや、逞しさがまた音に色を付けてくれている感覚・・・。

 

最近、ある方の言葉で改めて感じたことがありました。

死ぬ前にどんな風に自分に言葉を掛けたいか?

 

「ごめんね」より「ありがとう」が言いたい・・・

 

自分にありがとうって心から言えるとしたら自分を肯定していなかったら

なかなか本当の意味で言えないなぁと改めて感じました。

*すぐに日々の忙殺の中で忘れてしまう・・・

 

自分を肯定できている時ってきっと自信も自然にそこにあって

しなやかな強さと優しさで満ちている感じ。

 

そんな時はきっと周りのすべてにも自然な感謝で一杯でしょう・・・

 

同じ勉強をしている仲間の方があげていたYouTubeの中で

フジコさんが自分の演奏を「上手く弾けた」と

凄く自分自身を賛美している言葉が光っていました。

 

TVで自分の演奏を自分が自然に褒めれるってなんて凄いんだろう♪

でもそんな風に「在れたら」楽だろうなぁと・・・

 

「恐れからの自信を持つべき」ではなく「自分が自分をOKできる自信」を

本当に愛しいと感じた時間でした♡

 

でも、「恐れがあるから自信を持たなきや」も

やっぱりその内側にいる怖がっている私自身も愛しさそのもの・・・

 

素敵な一日をお過ごしください♡

Read More
17
6月
2018

自分の中のモンスター

おはようございます♪

 

ここ数日は涼しい朝でしたから

皆様体調はいかがでしょうか?

 

私は今週末はHRA OADセラピスト養成講座のアシスタントです♪

 

さて、私たちの中には小さいモンスターや

巨大なモンスター

長ーく住んでるモンスターや最近生まれた

モンスターなど…

 

さまざまなモンスターちゃんがいます。

*守るものが何もない=怖さがないと

こんな風に生きていけるかも♡

 

*******

 

あるクライアントさんは

ずっとご主人の浮気で苦しんでいました。

熱烈な周囲の反対を

押し切り、困難な状況や大切な何かを

切り捨てやっと結ばれた2人なんです…

 

永遠に続くと思っていた結婚生活の5年目にそれは襲ってきました。

 

もう、それからは5年経っていますが

彼のもうしない、もう絶対にない、

自分的に終わった…の言葉は彼女の中を素通りし、

自分でも何故ここまで許せないか…

過去を流し、新しい生活を送れば安心出来るのに…

この許せない自分が巨大なモンスターとして叫び続けそのモンスターに苦しんでいました。

 

過去の出来事がトリガー1つからありありと蘇り(例えば、今回の一つはベランダでの喫煙がモンスターの目覚めるきっかけ。毎朝の刺激として刷り込まれる)

 

苦しいのは浮気に纏わる出来事そのものや喫煙そのものではなく、モンスターの傷の痛みでした。

 

モンスターはこの痛みをなくしてしまったら

自分じゃなくなる、幸せな愛されて受け入れられて、大切にされる自分は崩壊するからやめてー!と叫び続けます。

 

******

 

傷の痛みに涙を流しているのに

私たちはこの痛みを無意識に手放したくない…

そんな風にこの痛みを抱えている姿にこだわりと言うか、理由や訳を持っていたりします。

セッションでは早くこれをどうにかしたい、痛みを取りたいからどうしたら?と思うのですが…

 

例えば、この痛みを抱えている私でいれば

 

*これ以上、傷つかないで済む…

*相手を許してなかったたことにしなくて済む…

*忘れたら自分への冒涜になってしまう…

*痛みが新しい前に進む力を与えてくれる…

*弱い自分になってしまう

 

などなど…

それぞれのモンスターちゃん達は

健気に健気に、良かれと感じ、判断して

ずっと誰にも褒められなくても粛々とその姿でいた…

 

これって…

これって…

 

自分への愛情?

 

え〜〜!

 

複雑な私たちへハグを♡♡♡

苦悩の中にあった健気な自分への愛を見つけた瞬間です♡

 

 

 

Read More
06
6月
2018

その境界線はどんなエネルギー・・・?

おはようございます♪

今日は雨・・・いかがお過ごしでしょうか?

 

今から少し身体を動かして来ますがその前に書き留めたくなりました。

 

 

あるクライアントさんとのセッションで(長いお付き合いの方です)

フィードバックに書いてあった言葉から・・・

 

======

 

セッションの冒頭で、最近の自分の状態~安心できなくて、

いろんな情報に過敏で大変だ、疲れちゃう~とお話しさせてもらったのだが、

その安心していない自分に同化していた!!ということを問いかけで気づかせてもらい

全く気付けていなかったことに驚いた。

デフォルトの自分―

『本当は安心したいけど、安心せずいつでも警戒して見張っていることで、

安心しようとしている自分』―をよく理解し自覚して、

この自分にとどまって日常を見てみるということが、

とても大切なんだと教えてもらいました。

デフォルトの自分を理解することで、『この自分だから、親に腹が立つ』など

出てきているのだ・・・

 

『最近は、結構自分のこと観察できてるしぃー』とか思っていたところだったので、

またまた同化してる自分に気付くことへの難しさを再認識できた。

安心していないそのものの自分からしか世界を見れていない。

 

本当の意味で出来ていなくて、

『安心したらダメだぁぁ~』という声が出てくる。

私=苦しみ になっちゃってるから、外していく練習をしていけばいいだけなんだなーと。

わたしの表面に出てくる感情や想いに、より共感することができ、

自分への理解や自己愛が深まるのがわかります。

実践して、とどまることの大切さをふかく体験したいと思います。

 

あゆかさんの講座のお話しから境界線についても学ぶことが出来た。

他者と境界線を引くときに発せられる言葉そのものだけが大切なんじゃなくて、

その言葉をどういうまなざしで自分が言っているか、ということを、

ますみさんは常にチェックしていると聞き、とても勉強になった。

『境界線』という盾をつかって、自分を守るために発言していたことがあったことを思い出した。

それを言っているときの自分の感情は恐れや怒りだった。

境界線という名の防御だったなーと気づけた。

 

======

 

私たちは無意識に自分が感じている「感情=自分そのもの」になっていること

良くあります。

例えば「怒りを感じている自分」からいつの間にか

「怒りの塊」として相手を見つめている自分とか・・・

 

そして境界線の話ですが私も耳が痛い話。

本当にすっかり感情に乗っ取られていると相手を「悪者」として

境界線を「正当な理由」として大義名分で全く気付いていない自分が居たり・・・

良かれと思って相手の領域にいつの間にか入っていたり・・・

表面上では良い事していて頑張っている自分だったり・・・

 

それに自分の正しさがないと、

私たちは相手を責めたり、行動そのものが出来ませんよね。

 

自分を本当に間違っていると思っていたら・・・

想像してみてください。

その時の自分を動かすエネルギーはきっと弱まってしまう。

 

思いっきり相手を攻撃するときは

信念を通すときは「自分に正しさが必要」

 

だから・・・

いつも心に留めておくのは私が相手に何か言いたいとき・・・

「私はどんな眼差しで相手を見ているの?」

「相手の事が嫌いで?相手が赦せなくて?怖いから?」

 

これをじっくりと探ってみます。

 

自分の中に本当に本当に恐れがない時の「相手に伝える言葉」は

それが結構強烈だったとしても・・・

そこに愛があるときは、優しさがあるときは大抵上手く伝わります。

 

逆もしかり。

きつい事言われたなぁと感じたとしても

それが愛情からだと思うと全然痛みがない。

 

*優しい言葉でもそれが冷たさや批判から来ていると

とても痛みがあります。

 

相手の姿や行動のすべてが優しく自分に映る・・・この不思議さ。

 

境界線を「盾」として守りで引いているか

愛情いっぱいの温かさで引いているか・・・

 

私もいつも気をつけたいぞ~と改めて思ったのと同時に

いつもクライアントさんに素敵な気づきを同時に貰っている。

 

分かっているつもり・・・から体験の「分かった」へ・・

 

知識や情報を超えた体感へ・・・

 

幸せ・・・♡

 

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.