カウンセリング

20
4月
2019

誰かの機嫌を損ねたくない・・

おはようございます♪

昨夜、日付が変わるギリギリにソウルから帰宅しました。

今朝、皆様はどんな土曜日の朝をお迎えでしょうか?

 

今日はもっと疲れているかな・・と思ったものの

お掃除、お風呂に入り、簡単なお料理もし

今、パソコンに向かっています。

 

セッションは午後から開始。

 

やっぱりセッションが好き・・・

やっぱりアイデンティティーの一つとして

仕事という名の自分のしたいことをしている時が

「自分らしさ」を感じた旅行中でした。

 

=======

 

さて、よくあるこれもテーマなのですが

最初は「夫がこんな風に我儘で一緒にいると疲れるんです」とか

「子供がどうしても言うことを聞いてくれないんです」とか

「上司がこんな人で私はいつも世話役なんです」とか

「友達のいいなりになってしまうんです」とか・・・

 

こういった悩みが入り口だったのですが

心の中の自分では気づかない想いの一つに

「相手の機嫌をそこでたらダメ」と言うのも

それなりにあったりします。

 

テーマとしては=顕在意識で通常の頭の中の声では

相手に対する不満や怒り、いつもそうだと言う

悲しみや絶望感などくっついている感情も様々ですが

そもそも「何故、それを続けているのか」といえば

その下に「相手の機嫌を損ねたくない私」がいるからなんです。

 

*「相手の機嫌が悪くなる」こと自体が何を意味するのだろう・・・

*「相手が機嫌が悪くなるのは誰のせい?」と感じているの?

*「相手が機嫌が悪くなると何が起こりそう?」

 

この辺りの問いを静かに・・・じっくり・・・

身体の感覚もキャッチしながら自分に聞いてみませんか?

 

すぐにペラペラ出てくる頭の中のストーリーの声ではなく

よ〜く探ってみましょう。

フォーカシングもオススメです。

 

出てきた声と自分の中の「腑に落ち感」や

しっくり感がマッチするかどうかも何度もしてみましょう。

 

私はこの心のことを学ぶ前は、自分のことは

自分が一番よく知っていると思い込んでいました。

それなりの回答も持っていて合っているつもりでしたが

出てきた答えがいくら合っていても

 

現実がすっきりしないし、繰り返されるのです・・・

 

ここには感情もくっついていますし

もっとその下に捉えきれていない声があるのかも知れません・・・

本当にそれでOKであれば実際の人生も変化し

感情もリラックスした体感覚もあるはずですよね。

 

セラピーと心の深くにある見えない声を探す

気づきの問いかけとの併用で

さっきの「*」の問いが更に解けて見えてくるでしょう・・・

 

私の中の本当の理由、訳・・・

そこには健気な大切なものが必ずあります。

これを見つけて感じると・・

 

どうなるかは是非体験してみてくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
17
4月
2019

いつもの解釈から深呼吸してみると…

皆さまこんにちは♪

今、ソウルに来ております♡

2カ月前はあまりにも駆け足で滞在だったので

今回は自由プランでじっくりと行きたい所に行ってこようと決めました。

 

古宮を見るのが好きなので

→今の所は朝鮮王朝のものばかり

そこで繰り広げられたであろう

人間模様、感情達を観察しつつ、眺めています^^

 

さて、国は変われども私を含め

皆さん、悩みやイライラや心配はどこの国でも同じですし

 

自分がその起こった出来事や相手をどう見るかで

全て自分のイメージやストーリーも作られるなぁとしみじみ…

 

あるお店で多分、日本の人なのですが

お会計の時に、海外では難しいお金の払い方をしていて、

そこの人がお釣りを間違えた件。

 

例えば2600円の支払いに対して

5600円支払い、3000円のお釣りって

日本の感覚では良くありますよね。

 

この時、お釣りが2000円だったらしく

1000円騙された!とその人が怒っていました。

お店の人は、あー、1000円間違えたーみたいな感じで

すぐに差額を渡していましたが

この人は「だから韓国は信用ならない」とか

「だから観光客はボラれる」とか…

 

せっかくの楽しい食事も

せっかくの思い出も

どうなってしまうのかな…と。

 

これを自分がただちゃんと1000円足りないことを伝えて、

1000円返してもらえたら

そのあと、どうでしょう…

 

お店の人も怪訝な顔をしていて

恐らく店側はわざとではないと思うのですが

受け取り方は、本当に自然に湧き上がり

心の仕組みから出てくるものなので

 

なんとも仕方がないですよね。

 

*人を信じてはダメ

*世の中は騙す人が多いから本音は隠さなきゃ

*絶対に損したくない

*一度許したらどんどんつけ込まれる

 

などなど…

無数の星の数ほど色々なビリーフはありますが、

こういうものが気がつかない部分で

自分の中にあれば、先程のような反応がでるのも当たり前。

そして自分は絶対に「被害者」側なのです・・

弱くて、やられてしまう側・・・

 

 

ビリーフは今までの体験や誰かや何かからの刷り込みなど、

トラウマも含め、色々な形で私たちの中に浸透している上に

 

自分で全く無意識だから難しい。

 

でも、これはちゃんと訳があり

それがあり、全て辻褄の合うものでもある為

それは見つけることと潜在意識の中での対話により

癒しが起こり

セラピーで変化変容します。

 

根の深いものはセラピーは必須です。

 

セラピーに行くまでの思考の樹海をかき分けて

やっと出会えた私の知らなかった思い、感情達・・・

 

ここだけでもじっくりと「この思いがあったら」

「この思いがなかったら」を書き出していくことも

大変有効です。

 

頭の中だけではなく・・・

 

是非お試しくださいね。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
15
4月
2019

固有名詞が消えた時に感じる共通の愛

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今、空港にいます。

数日間ですが日本脱出します〜

 

今日もある方とお茶しながら感じたこと

改めて自分が体験したことなどこれを読んでくださっている

顔も知らないけれどきっと繋がっているあなたと

分かち合いたいと思います。

 

========

 

私たちが感動する時・・・

何かに共感する時・・・

「あぁ、それわかる」って涙が出る時・・・

相手の事情を受け入れて一緒に共鳴できている時・・・

 

そこには何が起こっているんだろうと考えたのです。

 

例えば・・・

最近のニュースでは父親に性被害を受けていた女性が

勇気を持って表に出たのに、裁判で父親が無罪判決になった件。

多くの方々が色々な反応をされていましたが

「女性側が可哀想、酷いよね・・」

「裁判官は大丈夫か」など

 

自分自身とは直接には関係無いのに

どうしてこうやって共感の輪が広がるのでしょう・・・

それは自分の中にも「固有名詞を超えた何かがあるから」ではないでしょうか・・・

 

例えば赤ちゃんが屈託無く笑っています。

この赤ちゃんは◯◯さん夫婦の赤ちゃんですが

先日、母親が急死し、男手ひとつで育っていました。

 

事情を全く知らないAさんも

夫婦のことをよくしっているBさんも

たまたま通りかかった近所の人も

屈託のない笑顔を通じ色々な思いはあるけれど

 

小さな命、輝く生命に対しての共通の思いはありますよね。

元気にね、いい子ね、いっぱい笑ってね、幸せをみんなに与えているよ・・・

何でしょうか・・・

 

小さな生まれたばかりの純粋な瞳や

誰にも笑いかける赤ちゃんの笑顔・・・

守ってあげたい気持ち、幸せをもらった気持ち・・・

みんなが持っていて、みんなが知っている感覚・・

 

目の前の固有名詞が消えて

自分が心が動いていることって結構ありますよね・・・

 

「あぁ、それ知ってる」

「あぁそれ、私も欲しいものだ」

「素敵だよね・・・」

 

逆もあり「それは受け入れられないよね」

「無理だよ・・」

「絶対に感じたくない・・耐えられない」

 

そこには表現こそ千差万別のユニークさがありますが

底に流れているのは常に愛なんだなぁと感じます。

 

温かい愛、気持ちの良い愛、美しく輝く愛

怒りの愛、憎しみの愛、怖さからくる愛・・・

孤独になりたくない愛、虚しさからくる愛・・・

 

全部がすでに良く知っているエネルギーです。

→この感情エネルギー、知らないというものはあるでしょうか?

 

この世はやはり全て愛というエネルギーであり

愛に始まり、愛に終わる・・・(というか終わりがないし始まりもない)

人間ってなんて純粋で、健気で、愛しい存在なんだろう・・・

 

そんな呟きでした・・笑

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
14
4月
2019

「◯◯するべき」の大いなる役割

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は昨日から始まりましたOADセラピスト養成講座にて

改めて私も共感したお話をブログを読んでくださっている

皆様と分かち合えたらと思います。

 

========

 

自分の中で例えば

「時間は守るべき」

「お金は借りるべきでは無い」

「約束は守るべき」

「感謝をするべき」などなど・・・

 

「◯◯するべき」「◯◯するべきでない」というものは

自分の中に一つや二つはありますよね。

 

また役割や社会の刷り込みでも

「男の子は泣いたらダメ」とか

「母親は強くなければいけない」とか

「父親とは、母親とは」

「大人とは・・・」とか

「子供は△△するべき」とか・・

 

世の中には、そして自分の心の中にもこういった

無意識のルールってありますよね。

 

一見、正しさや最もらしいコメントを添えて

絶対に反論しにくいようなものもあったりして

私たちは無意識にそれを守ろうと頑張っています。

 

では、この自分の中で大切に守ってきた「べき」が

一切無くなってしまったら・・・

どうなりそうでしょうか?

 

ほとんどの方が

*生き方が分からなくなる

*世の中が無秩序になって犯罪が多くなりそう

*混乱してしまいそう・・・などなど

 

頭では「べきがない方がラクそう」とは思うものの

実際にはないと困る「べき」さんです。

と言うことは言い換えたら

 

嫌だ 嫌だと言いながらも大切で、生きる指南も持っていて

それがなくなると自分自身もなくなりそうな・・・

そのぐらいに普段は同化しています。

 

べき=自分自身みたいな・・・

私らしさとでも言いましょうか・・・

 

こんなに「べき」で苦しみながらも

「べき」がなくなることにも抵抗している私たち。

私にとって大切だから失いたくないと言う叫びでもあるのですが

では実際に本当に「べき」をなくしたらどうなるでしょうか?

 

社会は窃盗や殺人や無差別、無秩序に完全になってしまう?

赤ちゃんや子供などは力の強いものに虐げられる?

怪我をして動けない人を道路の真ん中にそのままにする?

 

私たちには共通の心から湧き上がる「◯◯したい」が

どの人にもあります。

自然に「助けたい」とか「守りたい」とか

「愛でたい」とか「大切にしたいと」とか

 

その「べき」は自分に力をくれているか?

その「べき」は自分に我慢をさせてストレスを与えて

プレッシャーをかけているか?

 

「いい仕事をしたい」

「いい仕事をするべき」

 

言葉は違えども、どちらのエネルギーでそれが支えられているか・・・

 

パフォーマンスが一番うまく行くときは

力をくれているときですよね。

 

自分にストレスを与えている「べき」ならは

見つけてあげて、なぜそれを持ち続けているかを探せばいいし

力を与えてくれている「べき」は

大切にしていきたいですね。

 

確実に自分にストレスを与える「べき」が少ない方が

自由でしなやかで強さを与えてくれます。

当然、他者にも自分にも本当の意味で優しくなりますし・・・笑

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
13
4月
2019

子供の心で生きられない大人の私たち

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はまたある方からの教えていただいた

YouTubeから感じたことを皆さんとシェアしたいと思います。

→【音が出るので注意

 

=======

 

私たちって本当に誰でも1度や2度は幼い頃は

「お菓子屋さんになりたい」とか

「お医者さんになるんだ」とか

シンプルに自分がなりたいものや欲しいものに対して

何の心配も、何のジャッジも無く表現していましたよね。

 

この時の自分はどんな自分だったでしょうか?

 

「お菓子屋さん」に対してただ「好き」「楽しい」だけで

これを経営していくには採算が労働に対して合わないとか

時代についていくためにはこうしなければいけないとか

何も考えずに表現していましたよね。

 

お医者さんだって、もしかしたら病気のおばあちゃんが

入院してお医者さんに治してもらったら

「僕も、私もなりたい〜」って思ったかもしれないし

純粋に家族が医者ならば「お父さんみたいになるんだ」とか

そんな風な気持ちだけで表現したのに

 

大人になるとすぐに◯◯大学に入ったら△△に配属されて

誰々の下についてしかも、年俸はこのぐらいで・・・

そのためにこんなに勉強しなきゃいけなくて・・

肩書きとしてどうだろうとか、社会的地位としてどうだとか

あぁ、本当にこの選択は間違っていないのか・・などなど・・

 

 

目標や、こうなる姿を持った瞬間に私たちはそれが

得られるか、得られないかで自分の価値を判断し

一喜一憂し、自分は持っていないけれど、それを持っている人に

勝手に憧れたり、また勝手に失望したり・・・

 

想像してみてください・・

 

生まれたばかりのまだ、何にも眼に映るもの

聞こえるもの、感じるものに対して何の知識も持たない赤ちゃんは

目の前の起こっていることに対して

「そのまんま」しか受け取っていません。

 

子供も少しづつ親の刷り込みや、世の中の刷り込みや

先生の言葉など自分の解釈、判断を増やしていきますが

「◯◯になりたいな」と輝く瞳で言っている瞬間には

楽しみとワクワクと、それをしている時の情熱で

損得や価値なんて考えていませんよね。

 

自分の中に(目標は持ってもいいのですが)

それをしている時に「もっと知りたい」「もっと学びたい」

「もっとこれを続けていたい」が

楽しさと好奇心と極めたい気持ちだけだったら・・・

 

それはきっと突き抜けていけるはず。

 

途中に困難があっても、進まなくても「工程そのもの」が

楽しさとパッションで満ちているから・・・

 

大人はなりたい姿が先に決まり「こうするべき」で動く。

子供は「したい」エネルギーが原動力。

 

したいエネルギーはブレないし、やっていて

気持ちが高揚し、損得は関係ない。

実際に人生に不利益も生じることもあるだろう・・・

でも、している時間そのものが楽しい。

 

 

子供らしく生きることから離れてしまったら

なぜ子供のようにいきていけないのかを自分に問おう。

必ず理由があるので、その声を聞いてあげよう。

 

この時間も愛しくて健気な自分に会える時間で大好きです。

 

*子供らしく生きようという話では全くなくて

人生がつまらないと感じたら振り返るぐらいの感覚で・・・

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
12
4月
2019

自己愛も凸凹している私たち

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日の話題も、いつものとてもいい話をしてくださる

大事な人とのお茶タイムから・・・

ここで感じたことを皆さまと分かち合いたいと思います。

 

========

 

私たちってあの人自己愛高いよね、とか

自分に自信がある人だねとか

自己肯定感が高い人だね・・と言う言葉はよく使いますが

人間は全てが完璧に自己愛で満ちているとか

自信で満ち溢れていると言うよりは

 

私たちは凸凹があるよね・・と言う話です。

 

例えば、すごく高尚な話をしてくれて

檀家さんにも絶大な人気があって

信頼も厚いお坊さんがいたとします。

 

話していることは本当に真実で

感動と温かもあり、それも事実。

でも一方で女性関係にだらしがないとか

人に言えない秘密があったりとか

みんながびっくりするような性癖があったりとか

 

そんなようなことってありますよね。

 

友達や身近な人の中にも、こんなに素晴らしいのに

例えばお金にだけはルーズとか

変な相手に騙されるとか・・

 

 

自分の中にも自分ではここは結構イケていると思っている部分があったとしても

恋愛関係はいつも上手くいかないとか

仕事ではどうしても厳しくなって、人を許せなくなるとか

 

 

そもそも、全てが完璧にまあるくて満たされていて

輝いていることはなく

何かが輝き、何かが影を持っていて

穴が空いているような・・・

 

そんな凸凹したものが私たちなんだなとしみじみ

 

凸凹がその人のユニークさ。

でこぼこがその人らしさ。

 

その凸凹をどうにかして全て平らにしたい

穴を埋めなきゃと古今奮闘するのもその人のユニークさ。

愛しい健気さ・・・

 

全てが均一でなくていい感じ。

 

全てはどんな姿であっても愛しきもの・・・

凸凹の私も、あなたも愛しい感覚・・・

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
11
4月
2019

自分に厳しいとは他者にも厳しいということ

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

皆さんの中で自分に厳しいなと感じている方は

どのぐらいいらっしゃいますか?

「私って甘ちゃんなのよ」とか

「私ってダメなのよ〜」とか

「人生楽しまなきゃね」って言っていても

どこかで実は「今の自分で全く1ミリの曇りなくOK」と

それを感じ続けていることって

本当はなかったりしませんか?

どこかで自分を叱咤激励している時、ありませんか?

 

 

===========

 

私は自分自身がかなり厳しくて

若い時は仕事も自分から勝手に自分を追い込み

誰からもいわれていないのに勝手に売り上げを

伸ばさなきゃと感じたり

 

売れない商品は自分が売るべきと感じていたり

 

すると、売れない商品を仕入れた人に対して

怒りや恨みがましたり

「私の苦労、誰も分かってくれない」などと

他にいる社員に対して思ったり

みんなが「私に押し付けている」ように感じたり

 

 

とにかく「尖っていました」

とにかく「不平不満の塊」でした。

 

しかも勝手に、自分の中でのイメージの世界で

被害者となって、相手は加害者で

みんなが私に依存しているぐらいに本当に思っていました。

 

でも、これって全て「事実ではないです」

 

あの時に私と一緒に働いていた人全てに対して

心から「ごめんなさい〜」と謝りたいですね・・笑

すごく、私といると居心地悪かったはず。

 

そう思うと・・・

急に過去の「私が被害者」と思っていた時代は

実は私一人が「暴れん坊」になっていて周りは大きな愛情で

見守ってくれていたなぁとしみじみ。

 

でも、子供が不登校で家で毎日どうやって死ぬかを考えていて

私は元夫の分も2人分働かなきゃと

必死で仕事で成果を求めていた姿も・・・

 

抱えきれない感情を過食嘔吐や買い物依存で紛らわしていた時間も

全てが愛しい私の記録。

一生懸命生き抜いていた証そのもの・・・

 

実は最初から絶対的な安全の中で

それらが起こっていたのだとしみじみ・・・

 

何度でもあの傷ついていた私が声をあげて

現在に出てきても赤ちゃんをあやすように

無条件の愛の眼差しで聞いてあげたい気分。

 

何度言ってもいいし、飽きるまでとことん付き合いたい気分。

 

癒しはいつでも私を自由にしてくれる・・・

どんなに無理と想像していたことでさえも・・・

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

Read More
10
4月
2019

もう済んだことと思っていたけれど・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

皆さんの中でもあれは済んだこと

もう、乗り越えたこと・・

このことは許したんだ・・

いい経験だった、糧になった、成長したこと・・・

 

一度は気持ちよく綺麗に胸に収めたようで

実は「まだまだ引っかかっていたんだ。。。」

そんなことはありませんか・・・?

 

セッションでも自分の経験上でもよくあります。

10年も前の出来事なのに・・・

相手のことは本当に気持ちよくいい関係で

終わったはずなのに!

 

驚きです。

 

そしてリアルに体感としてその時の感情を

私達はいつでも感じることもできるんです。

 

私も最近、そんな出来事が・・・

 

=========

 

10年以上まえの離婚した元夫に対して

随分セッションでもテーマにしたり本気で相手を許していたし

相手の幸せを祈っていたつもりでしたが

→私の場合は相手がこの世から旅立っています

 

一人になってからの子育てでの修羅場も彼のせいで・・とか

沢山見てきたつもりでしたし

その都度、楽になっていたつもりだったのですが

 

先日実家から昔のアルバムの整理をしたからと

懐かしい沢山の写真やビデオが送られてきました。

 

今回、胸にウッときたのは

子供たちのある写真でした。

 

幼い子供と元夫が屈託無く笑っているんです。

その時に私の胸にきたのは

私には父がいて、その父ともいろいろありましたが

私を助けてくれて、無償の愛で包んでくれるのに

 

私は子供にかけがいのない「父の愛」を

与えることが出来なかった・・・

こんなに生きていくために必要で

支えになるものを私があげられなかったと思うと

激しい罪悪感に苛まれました。

 

写真のような状態を子供達に

私は与えることができなかった・・・

 

すると今はこの世にいない元夫に対して

「一人で勝手に逝ってしまって!」

「あなた、子供に対して申し訳なくないの?」

「一人で笑っちゃって!」

「いい気なものね!、後悔はないの?」

 

実は離婚後いろいろあり、彼は一度も私達とコンタクトを取らず

子供にも何もせず、もちろん養育も完全に放棄し

子供たちは急な別れからそれっきり。

 

でも・・・

根底にあったのは彼に対する怒りより「私が抱える罪悪感」

私が私をひどく罰していました。

 

彼の苦しみもやっぱり私のせいかもとか

一人で先に人生を終えてしまったのも・・・

彼が抱えられなかったのは仕方がなくて

そんな彼を選んだのも私のせいだとか

もう、久々の次々出てくる罪悪感と向き合いましたね・・・

 

 

でも・・・

すごく良かった・・・

私の中にあった「罪悪感さん」といっぱい対話して

沢山涙を流して・・・

気づいたのは罪悪感という名前のエネルギーは

言い換えれば愛情そのもの。

罪悪感の全くない私は

愛をどの対象にも感じていない私になってしまう・・・

 

違った眼差しで同じ写真を眺めて・・・

子供達、元夫を眺めて・・・

 

改めて私の人生を振り返り自分を賛美できました。

それで良かったと・・・

 

 

癒しは私に常に気づきを与えてくれて

私という存在を自分が深く理解できる機会を与えてくれて

いつでも変わらず優しく見守って支えてくれます。

 

今日はどなたの癒しのジャーニーとともに過ごすのか楽しみです。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
09
4月
2019

それ、誰が決めているの?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

日常のいろいろな人の悩みを聞く職業で

自分自身も離婚、子供の不登校からの自殺企図の繰り返し

一人で子育てしていくプレッシャーで

過食嘔吐や様々な依存症、

仕事は続けなければいけないので「躁状態」

 

本音なんてとうの昔に忘れて

不安の塊で、常に恐怖を抱えていたからこそ

自分癒しがなくては生きていけなくて

セッションや勉強を続けていくうちに

 

それが自然にいつの間にか

職業になっているわたしですが・・・

 

皆さんとシェアしたいなぁと感じたこと

それは

「それ、誰が決めているか?」です。

 

以前シェアしたローランドさんの記事にしてもそうですが

誰が自分を「カッコいい」と決めているか・・・

世界中の人が「お前はブサイクだ」と言っても

彼は自分のことをどう見続けるでしょう・・・

 

彼が変わるようには思えない。

 

もし、自分の実力と、努力で学校を出て

ある企業に就職しても・・・

「お前は親の七光りでここに入った」と言われたら

自分がそうかも・・・と思った瞬間に

「親の力でコネ入社した自分」が決まります。

→頭の声ではいくら否定していても

そんなこと言った誰かに怒りを持っても

 

 

周りから見ても本当にスタイルが良くて

聡明で綺麗な女性がいるのですが

その方は自分自身を醜い存在と本気で思い

それが悩みでセッションを受けています。

→褒めるような言葉は全てが自分を騙している気がするそうです

余計に落ち込むらしいです

 

 

こう言った人たちに

「あなたは素晴らしい」とか

「あなたの実力だから気にしなくていい」と

説得したところで彼らの心の重さは軽くなりません・・・

 

「自分で決めた姿」=セルフイメージは絶対的で

その視点でしか世の中を見れませんし

他者からそう思われている設定の世界の中で

住み続けているのが私達。

 

そして、苦しい場合はそのセルフイメージが

自分がOKじゃないとか、受け入れがたい、許せないものだから・・・

→そんな自分を感じなくて済む行動を無意識に取り続けます。

だって・・・イヤですから。

 

もし、ローランドさんみたいに自分が自分を信じ

自分が自分を肯定していたら、その彼の住んでいる世界は

どんな世界でしょうか・・・?

 

自分が住んでいる世界自分が決めている・・・

 

誰かじゃないんです。

何かじゃないんです・・・

 

この仕組み、本当にすごいなと感じています。

更に・・・

癒しはこの世界を変えることが目的というよりは

何故この世界を創ったか、

創った工程に存在する自分との対話なんです。

 

自分自身に対する理解と「あぁ、そうだったんだね」という

温かな本気の受け入れです。

イメージ中でその過去の自分に駆け寄り

ハグしたくなる感覚です。

→頭での受け入れではなく、身体を通じて感じる

本物の受け入れ。

セラピーは外せません♡

 

これが起こると自動的に世界が変化して

見え方、感じ方、聞こえ方、思い方なども

自分に優しいものになっています。

 

だから・・・

自分癒しも誰かの癒しもドラマチックで感動の連続。

やめれません・・笑

 

 

いつも応援、ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
08
4月
2019

言葉の力・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はこの記事から・・・

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904030000506.html

内田也哉子さんが父、内田裕也さんに送った「謝辞」

 

これを聞いて・・・

言葉の力の力強さ・・・

表現の響きや届いていくエネルギーに感激。

 

言葉ってすごいですね・・・

そして音楽も・・・

歌詞付きの歌も、「言葉と音」のコラボレーション。

 

みんなのココロを離さないのは

共感や、感動や、響きや共鳴がここにあるから・・・

 

音楽がずっとどの時代にも受け継がれるのは

きっと私たちが心を打つ共感があるから・・・。

音楽と共にある歌詞という「言葉の力」も同じく

共感を響かせてくれるから・・・

 

私たちは何を感じたくて生きているのでしょう・・・

 

こんな意味をじっくり考えたくなった時間でした。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.