カウンセリング

14
12月
2018

思考を通さない透明な視点とは?②

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

昨日の①の続き・・・

「思考を通さない透明な視点」とは?を書いています。

 

=======

 

昨日のお父さんを見ての娘さんの悩み相談ですが

透明、中立、ありのままは

「おとうさんが縁側でスズメに餌をあげている」

このまんまなんです。

ここになんら思考を通さずに・・・なにも感情を乗せずに。

なにもストーリーを走らせずに・・・

 

でも私たちは常にこの視点から何かを乗せて

感じたり見たり、聞いたりしていますから

 

この中立なありのままの風景は一気に次の通りになります。

 

*あんなに立派な父だったのに・・・(悲しみ)

*認知症が進み、父もきっとこの毎日が耐えがたいに違いない(焦り)

*スズメに餌をあげているなんて父らしくない。(怒り)

*もっと昔みたいに〇〇しているべきなのに・・・(イライラ)

*この父を変えてあげたい・・・

*私たちを、過去の栄光も全てを忘れてしまうの?(悲しみ)

➤必ず思考には感情が付いています。

 

上記は思考を通さないありのまま、透明から

「自分の思考、感情、ストーリー」を乗せた時。

 

ありのままからかなり辛くて苦しい世界になっているんです。

 

これが悪いとか、いけないのではなく

この乗せている物で悩みや苦しみが

作られているということです。

 

セッションではここに乗せてしまっている

悩みの元を一緒に探していき、

何故それをどうしても乗せてしまうかなど

その方の普段は聞いていなかった

ココロの声を潜在意識(普段気づけないエリア)から

探して「対話」を続けていきます。

 

ここには自分でもびっくりするような声が隠されていて

ここで自分が実は人生を守って貰っていたり

支えて貰っていたことなどが見つかります。

 

例えばこの娘さんの例であれば

ご自身の悲しみやイライラが

お父さんへの愛情のエネルギーだったなど…

愛がそれを作っていたのです。

 

 

「自分が自分のココロの仕組みを知り

理解を深める旅」が癒しの一つ。

自分が自分を赦して受け入れていくのです。

 

毎日誰かのココの声を一緒に見つけると

思わず大感激してしまいます♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
13
12月
2018

思考を通さない透明な視点とは?①

おはようございます♪

本当に1日ごとにしっかりと「寒さ」を感じる

12月・・・

もうすぐ今年も終わるんですね・・・

色々な思いが駆け巡ります・・

 

さて冒頭にも書きましたが

「思考を通さない透明な視点」とは?

 

透明をほかの言葉で言い換えると

*ありのまま

*事実

*ゼロ

*何も乗せていない状態

*中立

などなど・・・

 

色々な言葉で言い換えることが出来ます。

 

実はこの「観点」「位置」に常に私たちが居れれば

多分、悩みの殆どが動き始めます。

私もセッション以外では普通にこの視点以外の世界で

自由に色々な思考と共にいますが

 

悩んでいる時は何が起こっているのか・・・

それは

ありのまま、中立、ゼロに自分の何かを乗せているんです。

➤乗せているものは感情、思い、ストーリー、体感覚など・・・

 

 

例えば過去、会社でもそれなりに立派に仕事人だった父が

今はリタイアして、庭でスズメに餌をあげています。

お父さんの顔はスズメを愛おしそうに眺め

パンくずをいつもこのために集めたりして

小春日和の一風景です。

 

でも娘さんはそんな父を見て可哀そう・・・

今は認知症も進み、そんな父が哀れで悲しい・・・

あんなに立派だった父が・・・

 

こんな相談だったとします。

 

この風景の何が思考を通さない中立、透明、ありのままか

分かりますか?

何が苦しみや悩みを作っているのでしょうか?

 

②へ続く・・・

 

いつもクリックありがとうございます♪

励みになります♡


心理カウンセラーランキング

 

Read More
11
12月
2018

自分が自分を縛っている?!

おはようございます♪

今朝は早くから目が覚めてしまい

色々な事を粛々とこなしていました。

 

偶然クライアントさんとのやり取りからふと

ブログに書きたくなったこと・・・それは・・・

 

「全ての悩みを見つめていくと

自分がそう感じて、そう見えて、そう聞こえたこと」なので

 

この絡まった感情や思い、そしてそこから発生し続ける

イメージやストーリーを解けるのは・・・

自分しかいないという事。

 

その人や状況に「された」自分だと思っていたのに・・

 

自然の流れの中で自分が自分を解けたら

➤解くべき、許すべき、理解するべきという

思考でのものではなく「自然に起こる赦し」

 

自然に最初の苦しみの風景は変化してしまいます。

1+1=2位に自然に・・・

 

縛っていた自分自身に対しても優しい眼差しに自然に変化。

 

不思議ですね♡

 

いつも応援、ありがとうございます♪


心理カウンセラーランキング

Read More
10
12月
2018

DOZEN ROSE(ダズンローズ)

こんにちは♪

みなさんはdozen roseってご存知でしたか?

 

12本のバラは

「感謝、誠実、幸福、信頼、希望

愛情、情熱、真実、尊敬、栄光

努力、永遠」という意味があるそうです。

 

それぞれにきっと各々の方の意味付けは違うでしょうが

とても素敵♡

人生の中で大切にしていたり

確かめたくなったり、与えたくなったり

貰いたいなぁと感じたり・・・

 

自分には無いからどこかに探しに行ってみたり

くれない相手に怒ってみたり・・・

 

そうやって私たちはいつも繋がりを求めていますよね♡

街で行きかう人々を眺めては

そういった思いと共にどの姿も美しいと感じます。

 

子供が親に甘えているしぐさ・・・

パートナー同士で仲睦まじい姿・・・

疲れた顔をしながらもやっぱり子供の事を

心配している親の姿・・・

 

一日の仕事を終えて帰途に就く人・・・

(今日はどんな一日でしたか?)

 

元気よく掛け声とともにお客さんと談笑している八百屋さん・・

スーパーのレジでちょっとした目が合った瞬間に

「こんにちは」というエネルギーを交し合う時・・・

 

あちこちで目には見えないけれど

繋がりがこの世を作っている♡

 

 

 

誰かに贈るときや自分にもダズンローズっていいなぁと

感じました♪

 

いつも応援、ありがとうございます♡


心理カウンセラーランキング

Read More
04
12月
2018

人に頼れない人集まれ~♪

皆さんの中に人に頼るのが苦手な人

誰かに甘えることが苦手な人いらっしゃいますか?

 

誰かを助けることが得意なのに・・・

誰かを甘えさせるのが得意なのに・・・

自分がそれが出来ない。

 

誰かに相談しても「甘えればいいじゃん」

「大丈夫だよ、きっと力になってくれると思うよ」

 

自分でも「いつも私が助けているから今回は

私から頼っても、甘えてもいいよね??」と思うのに

 

身体が動かないし言葉が出てこない時ありませんか?

 

本当に私が頼ったらどうなると感じているの?

本当に私が甘えてしまったらどうなってしまうの?

〇〇な人ならば頼っていいけれど私みたいな人は頼ったらダメ・・・

 

自分に静かに、頭での答えではなく

「身体」に聞いてみませんか?

じ~っと待って何を怖がっているか、躊躇しているか

頼った後の未来のストーリーを見つけてみましょう。

 

断られた時に感じる恥ずかしさ?

頼ったらダメな人になっていきそうな怖さ?

なんでしょうね・・・

 

ここに答えのヒントが詰まっています。

 


心理カウンセラーランキング

Read More
30
11月
2018

傷ついている時の私たちの姿

 

このYouTubeの5分ぐらいのビデオには

私たちが傷ついている時の全てが映されています・・

 

そう・・・どんなに安心で優しい人が近づいても

傷つけられた思いが抵抗を生んでしまいます。

傷つけられた人間を簡単には信じられませんよね・・・

でも・・・

この子犬ちゃんは最後には人間を信じて

また愛らしい姿に戻れましたが

私たちの中にはまだ戻れない子犬ちゃんがいるのです。

 

自分が自分にレスキュー隊のように接することが

回復への道ですね♡

 

私も同じくです。


心理カウンセラーランキング

*動画は師匠である溝口あゆかさんから♡

音が出るのと泣いてしまいそうになるので閲覧注意です~☆

Read More
30
11月
2018

全て自分のせいだから‥と感じてしまう時

何かが起こったときにいつも最後に出てくるのは

「私が悪いから・・・」

「私のせいだから・・・」

 

こんな言葉たちで自分に納得させて

本当に言いたかったことを相手に伝えるのが

自動的に抑えてしまう方、いらっしゃいますか?

 

「ダメな私」が誰かに自分の意見を言うなんて・・・

「出来ない私」が相手に怒るなんて・・・

「能力がない私」だからこの場は静かにしておこう・・・

 

深いところでそんな仕組みが一瞬で無意識に作動して

抑え続けていたら、きっと身体、心になにか

歪みが出ちゃうでしょう・・・

 

自分が意識して止めることのできないものに

沢山支配されているのが私たち。(私を含め)

それは「反射的に」起こっています。

 

どんな仕組みが自分の中にあるかをまずは

見つけると本当に自分への理解が深まります♡

ココロの仕組みがそうさせているだけ。

→これが「自己愛」

 

きっと自分を好きになりますよ♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
29
11月
2018

止めたくても止められないとき

 

みなさん、止めたくても止められないものはありますか?

それはなんでしょう?

 

深夜のポテトチップ?

過食?それともハードな仕事?

ギャンブル?アルコール?

恋愛?たばこ?コーヒー?

スマホ?ゲーム?買い物?

 

何故自分の意思で止められないのでしょうか?

何故自分の思いや、お医者さんや、大切な人からの

アドバイスで止められないのでしょう?

 

頭では十分わかっているのに止められない苦しさ。

 

依存しているものや相手に現れているものが「症状」だとすると

必ずその症状がでるには「訳」があります。

 

それをしている時・・・

そこにはどんな高揚感や安心感がありますか?

 

それを自分に与えなかったらどんな感情や感覚が

自分を襲うでしょうか?

→それを得るために依存しているもので埋めています。

 

依存症はここを見つめたら動き始めます。

 

私もいくつかの依存症で苦しみましたが

(過食嘔吐、買い物など約25年以上続いたものもあります)

 

投薬、通院では変化がなかったものも

依存で埋めていたものを探し、

そこをケアすることで癒しが起こり

全く症状が「必要なくなりました」♡

→逆に必要だから表れているんです。

 

長年のものでももう遅いはありません♡

実体験からお伝えしています♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
26
11月
2018

電車の前にいる親子

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今朝もいいお天気ですね~

 

私はこの3連休は全てHRAのOADセラピスト養成講座

アシスタントに参加していました。

とても勉強になったのと、参加者の皆様の練習ワーク時の

感動が本当に私自身も惹きつけられました。

 

 

========

 

移動中の電車の中で

今、目の前に2歳ぐらいの男の子とママがいます。

2人の顔に朝日が注ぎ、男の子の髪は

茶色くて本当に可愛い…

なんだか2人の存在が美しい…と感じながらこれを書いています。

 

ママが息子を見る眼差しは

時には「そんなに動いたらダメ。もっと小さな声で」とか

猫かわいがりしているだけではなのですが

 

男の子はママの全てを信頼しきっていて

頭をだらーっと床にアクロバットみたいにしていても、

ママの手は絶対に自分を離さないのが分かっているから…

 

もちろん、家に戻り日常の中では

叩かれて大声で泣いたり、

将来、グレることもあるかもしれません。

 

でも、この愛着の繋がりって本当に大切だなぁと感じます。

絶対に大丈夫。

絶対に愛されている。

絶対に受け入れてもらえるし、分かってもらえる感覚は、

私たちの根本に大きな影響を与え続けます。

 

もし、何らかの事情があり両親でなくとも

誰でも良いとおもうのです・・・

 

例えば近所のおじさんやおばさんでも

親戚の誰かでも

幼稚園、保育園の先生でも

学校の先生でも

部活の指導者でも…

 

誰かと繋がりをしっかりと育めていたら

世の中の見え方、感じ方は自分に優しい温かいものになるでしょう…

 

たとえ、そう言った守られている感覚が

あったとしても…

人生の中では雨の日もあれば

台風や嵐の日もあります。

 

自分の体験した出来事や相手への

受け取り方、意味付けが悲しい感覚や

虚しさや怒りや憎しみの時もあるでしょう…

 

でも根本的に「受け入れられている感じ」や

「守られている感じ」があればダメージの度合いは

そんなに深いものにならないことが多いです。

→一時的な落胆は起こりますが・・・

 

もし、なかなか引きずっているなぁと感じたり

10年前の事でも思い出して感情が残っていたら

そこには必ず聞いて欲しかった

分かって欲しかった声があります。

 

自分と繋がると言う言葉の意味の一つは

こう言った置き去りにされた私を

探して分かってあげる事かもしれませんね。

 

「今までちゃんと気づいてあげれてなくて

ごめんね・・・、何があったの?」

 

こんな会話から始めてみると思いもよらなかった

本当の気持ちが出てくることがあります。

 

癒しには「もう遅い」という事はなく

いつでも何歳でも幸せな子供時代の感覚を

取り戻すことは可能です。

 

セッションもアシスタントも感動の

連続です♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
22
11月
2018

止めたいのにやめられない時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

止めたいのにやめられない・・・

もしくはやらなきゃいけないのに先延ばしにしている・・・

 

ダイエット?

貯金?

健康?

恋愛?

仕事?

勉強?(セミナー通いなど)

 

こんなことって人生で1度や2度ありますよね。

私自身も沢山のこういった経験を繰り返しながら

今でも時々その癖はでるものの

その原因が見えるととてもそれをしている自分に対して

温かい目や赦しが生まれ

 

原因がなくなると自然とその状態が変化してきます。

 

例えば過食です。

 

私の場合はそこにもう一つの理由があり過食だけではなく

過食嘔吐という1つのセットとして25年近くやっていましたが

バッチリ、何故それが辞めることが出来なかったかが

今ではよく見えて

やりたくなった時にはちゃんと「過食」ではない方法で

ケアできるようになりました。

 

病院に行っても本当に治らなかったです~

 

あるクライアントさんも過食のお悩みで相談に

いらっしゃいました。

どうしても止められずに困っていると・・・

 

抑えれば抑えるほど余計に食べたくなり

最後にはドカ食いして吐くことも出来ずに自己嫌悪。

 

「食べる事」自体に罪悪感もあり特に不健康なものが

食べたくなるとのこと。

例えばフライドチキンや甘いケーキや

脂っこいものや

添加物満載のお菓子など・・・

 

お腹が空いていないのに頭が欲しがって抑制できないのです。

 

最初は「外見が醜くなる」とか「洋服が入らない」とか

おばさんになりたくないとか言っていましたが

健康の為かな・・・?

頭の中はもっともらしい声ばかりでしたが・・・

 

実はココロの深いところにはこんな理由がありました。

 

食べている時にいつも必ず傍にいた声は

「私はこれから一人の時間を楽しむぞ~」

「あぁ、やっと全てから解放される~」

「何も考えないぞ~」

 

実は過食時には決まってパターン化していたのは

全ての1日の仕事が終わった後や

明日は仕事がお休みの前とか

「これから緩んでいい」と思った時にこの衝動に

襲われていて抑制できなくなっていました。

 

食べている時=過食=凄いリラックスの時間だったのです。

 

実は私も全く同じ要素が「私の過食」を支えていて

私も過食している時には

頭の中が何も考えなくて済む時間でした。

こうやって日常のストレス、緊張から解放していました。

→私の場合はここに他の理由がくっつき、過食の後に

「嘔吐」という清算をすることでワンクールの儀式でした。

 

なので・・・

このリラックスする時間=過食なので

この過食だけをなくすことはどう考えても出来なかったわけです。

 

どうやったら食べなくなるか・・という「How to」では

過食を支えている理由や衝動は抑えるのが難しく

食べたい衝動の「大元」を探して

声を聞いていくことが本当に近道です。

 

過食の理由=過度のストレスや頭の中のオーバーヒートが

減れば、自然と「過食の必要が減る」のです。

 

ブログでは簡単に「ストレス」と簡単に書いていますが

このそれぞれの中にある「我慢」「抑圧」「感じたくないもの」

「抵抗感」「受け入れたくない感じ」「嫌いな感覚」・・・

 

これを探し出していく作業が大事です。

 

普段「抑圧」している・・ということはどういうことかと言いますと

「感じたくないから抑えている」ので

見つけるのは実は簡単ではないのです。

→簡単だったら悩まないですよね。

 

 

先ほどのクライアントさんも結婚前から続いているこの

過食のパターンにはいくつもの理由がありました。

 

例えば職場では独身時代から

「明るい自分」「出来る自分」を一生懸命見せなきゃと

頑張っていましたし

上司の期待には「応えたい私」がいましたし

「責任は果たすべき」の私もいましたし

それが上手く出来ていない時は実は無意識に

かなり自分を責めていました。

 

そしてどうしても自分の納得がいかない時には

自分の中の情けなさを感じたくなくて

過食することで「リラックスして休んでいました」

 

上記の自分が居たことで親友との別れや

大切だった最愛の恋人との別れや

上司から逃げてしまった(と感じた)自分もいましたし

どこの職場でも「完璧」を目指している自分もいましたし

「重圧」から逃れたことのない自分の姿が見えてきました。

 

実は自分が自分を物凄く責めていました。

 

この自分が自分を責めるエネルギーに比例しての

過食という行動は本当に歴史や理由が沢山あるので

1~2回のセッションで完全に消えることは難しのですが

彼女も自分の構造が見えて大分スッキリされていました。

 

実はこの「重圧」さえも彼女にとって大事な役割を

人生の中で果たしてくれていて

→彼女の場合はこの重圧があったからこそ

腑抜けな自分にならなくて済むし、「生きている実感」を

味わえるものでもありました。

重圧がなくなった人生は彼女にとって腑抜けでバカっぽいんだそうです。

 

そんな一生懸命に生きている自分を本当に愛おしい眼差しで

自分が見れるようになったり

自分への理解が深まって自己愛が自動的に増えてしまいます。

これは自然に止められません♡

 

私も過食したいときにはこういったことを振り返りながら

自分を観察すると本当に過食ではないもので

自分をケアできるようになりました。

 

ココロって本当に全ての理由を持ってくれています。

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

 

 

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.