ビリーフ

27
11月
2018

「卒婚」・・・

 

今朝のネットニュースから・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000173-spnannex-spo

元貴乃花親方が景子さんと離婚していたニュース・・・

 

ご自身が「卒婚」という表現を使っていらっしゃいましたが

素敵な言葉だなぁとしみじみ・・・

 

全てには始まりや終わりがありますよね。

変化変容は避けられないもの・・・

 

山も、海も・・・

ビルも、机も、自然も・・・

私たち人間も全てが表れては変化し続けていくもの。

 

新しいものが古くなって消えていくものもあります。

身体含めて・・・

古いビルも壊されて新しい建物が建てられて・・・

 

結婚も同じだなぁと。

 

形はいつかは変化変容するけれど・・・

そこにある沢山の思い出や感情は無くならない。

ずっと続く・・・

 

そこにそれはあって良い。

大切に扱いたい。

全部が愛しいと感じるまでは時間が掛かるものも含めて。

 

そんな思いを記しておきます♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
12
11月
2018

イメージの力!

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

暫く間が空いてしまいましたが

私は昨日は大好きなフジコヘミングさんのコンサートへ♪

前から4番目、しっかりと彼女の手の動きも見える席で

何を感じていたか・・・

 

「生命の息吹」

 

彼女から生み出されるエネルギーを全身で感じ

世界観や音の織りなすストーリーを感じ

共鳴していました♡

自分の創造したイメージに共鳴しているんです。

 

=======

先日書いていた途中でお伝えしたかったこと・・・

それは「イメージ」について。

 

私たちは普段の会話の中や、

自分一人で考えごとをしている時・・・

何気なく「言葉」のほかにそれをイメージする

「映像」って流れていないでしょうか・・・?

 

例えば・・・

友達の結婚式に呼ばれていたとしましょう。

一度もあったことのない彼女の新郎は噂では

背が高くて、細身で、スポーツ万能で

でもちょっとやきもち焼きで、記念日を大事にする人・・・

 

今までその友達の恋愛相談に何度も乗り、その度に

色々な苦難を乗り越えて、結婚式を迎えるとしましょう。

 

もう、勝手に顔やらスタイルやら・・・

そして記念日にはこんな風に大切にしてくれるのね・・など

自分の頭の中にその彼の姿・・・

結構映像でイメージしていませんか?

 

でも、実際会ってみたら

「背が高い」→実際は175センチ

「スポーツ万能」→過去に部活で励んでいた(10年前)

「記念日を大事にする人」→実際にその日に云々ではなく、

言葉で覚えていることをたまに話題に出す人

「やきもち焼き」→本人に話を聞いてみたらラインに他の男性からの

相談が延々と残っていた

 

などなど・・・

頭の中の真剣なおしゃべりと共に流れている
イメージは勝手に自分色に脚色されて、あたかも

自分の中の「〇〇さん」がそこにいる前提で

話を盛り上げています。

 

例えば、今、モンブランが食べたい・・・と思っていたら

もう、自分の中での「モンブラン」が映像や

味や、香り、舌触りなど・・・

イメージされますよね。

 

私なら「和栗」と「フランス産の栗」と

「イタリア産の栗」とそれぞれのイメージがあったりして・・・

下にあるのがタルトなのか、スポンジなのか・・とか。笑

 

 

=======

 

ネガティブな思いが走っていると、こんなものではなく

その自分の中のストーリーはジェットコースターのように

どんどんネガティブ度が無意識に増しているのです・・・

 

例えば・・・

いつもチクチク嫌味っぽい上司がいるとします。

(事実:〇〇さんという上司がいる)

今朝、顔をあわせた途端に「あの仕事、仕上がってる?」

 

私の中のネガティブなストーリーはこんな感じ。

「〇〇さんは私がまだ出来ていないの知っていて

わざとみんなの前で恥をかかせたいんだ・・・」

 

「私は本当に仕事が遅いと感じさせるなんて

この人、酷い・・・私の事、嫌いなんだ」

 

「〇〇さんは△△ちゃんには優しいのに私にだけ

厳しい気がする・・・」

などなど・・・

 

もう、上司の顔は「嫌味っぽくて意地悪な〇〇さん」の顔に

見えているのです・・・

事実:〇〇さんというそのままの顔

 

もしかしたら・・・

ただ、進み具合を聞いただけかもしれないし

まだだったら助っ人を考えていたかもしれない・・・

 

でも実際には顔を合わせてこのセリフを言われた時には

体感覚は「焦り」「ビクビク」「怖い感覚」などもあって

本当にリアルに絶対に上司が優しい眼差しで

言っているとは思えないのです。

 

このように・・・

イメージの力は物凄く強大。

顕在意識はたったの4~5%とはいうものの、エネルギー自体が

とても大きいので身体に来てあっという間に

引っ張られるのが常なんです・・・

 

全部がリアル。

イメージに反応しています。

 

何か考えている時の頭の中のイメージにも

ふと、気づいてあげてみると・・・

本当に私たちってある意味凄いなぁと思います。

 

このイメージを作り出しているのが

見えないココロの中にある「仕組み」であり

「ビリーフ」や「セルフイメージ」です。

 

ただ、大事なのはこれは悪いのではないです。

このビリーフやセルフイメージに対して

「抵抗」があるときが苦しいのです。

 

次回はこの抵抗についてお話ししていきますね♪

 

今日は月曜日!

素敵な週の初めをお過ごしください♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
12
10月
2018

誰かを愛するってこと

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

私は今から歯医者さんに行ってから

仕事開始です~

 

今日はあるドラマでの主人公の言葉を聞いて

ココロから頷いたことを呟いてみます・・・笑

 

本当にこれが純粋に「愛すること」なのだなぁと

しみじみ感じいりました・・・

 

そういった意味では本当の意味での「愛」を

まだまだ体験していないのかな・・・苦笑

 

まぁ、それもよし。

 

=======

 

彼女は大いなる志を抱いて国のため、貧しい民のために

尽力を尽くしている彼の事を慕っていました・・・

 

その彼を何度も陰で支え続け、自分の犠牲はいとわなかったのですが

彼女が窮地に陥ったときに

どうしても政治的に彼女を救う事を

断念しなければならなかったシーン。

彼女は処刑されることを意味していました・・・

 

悪者側が「お前は捨てられたのだ。今までのお前の

尽くした月日が恨めしいだろう・・」

 

その言葉に彼女は

「あなたを哀れに感じるのは何故か・・・

それは誰かを愛したことが無いから・・・

誰かを慕ったことが無いから」

 

誰かを慕ったことがあるなら私の今の心情は分かるはず。

誰かを愛したことがあれば

彼の決定を決して恨まぬという事が・・・

 

誰かを愛するということはその人の選択と決定を

全て信じる事・・・

 

あなたにはそれが絶対に分からないでしょう・・・

 

=======

 

あぁ、本当に愛する、慕う純粋な思いは

こういった信じ切ることであるなぁと・・・

 

無条件に何かの見返りや、分かって貰いたいだとか

私を理解するべきとか、そんな気持ちはなく

 

純粋にただただ相手の判断や決定や選択を

見守り、尊重できるかなんだなぁと・・・

 

いかに「今の私」が出来ないか・・・を感じてしまいました(;_:)

 

どうしても、出てきちゃう・・・

どうしても分かって貰いたくて

どうしても理解を欲しがって

相手をコントロールしたくなる・・・

相手を正しい姿にしたくなったり

(自分の安心のための理想にしたくなる)

今までの自分の努力を知ってもらいたくなる・・

感謝が欲しくなる・・・

 

男女のリレーションシップにかかわらず、

人間関係で全てそうだなぁと・・・

 

でも、同時に出てくるのは

相手を信じ切れない自分が愛しい存在でもあるという事。

それぐらい、一生懸命な健気さもひしひしと伝わり

どちらも愛しい姿そのもの・・・

あがいて苦しんでいる自分の姿もこれは

相手を愛する一つの形・・・

 

不完全で、不器用なところが

人間の愛しさでもあると感じずにはいられません。

あぁ、人間が愛しい!

 

【お知らせ】

「家族会」@ハートレジリエンス協会

2018/10/24(水曜日)13時~15時
不登校・ひきこもり・鬱・依存症・そのほか心の病
精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方へ・・・
私もファシリテーターで参加しています。
毎月第4水曜日に定期的に続けております。
詳細はこちらから・・・

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
08
10月
2018

え?みんなそうでしょう?

おはようございます♪

 

3連休最終日・・・

どんな朝をお迎えでしょうか?

今朝は4時台に目が覚めて朝から元気に

動いています~

 

ここ数日はいつもよりも人数を減らして

セッションをしているので余裕があり

色々なことが出来る時間も増えて

→久しぶりにウン十年来の友人とディナーへ‥♪

 

たまにはこんな過ごし方も大切だなぁと思います。

とは言え、本当にありがたいことに来春ぐらいまでは

決まった方々のセッションで埋まりそうです・・

 

単発の体験セッションは出来る限りお受けしています♪

新しい10回の継続の方はご相談させてくださいね。

既にお約束している方はそのままで大丈夫です。

 

======

 

さて、日々のセッション通じ・・・

勿論自分自身にも当てはまることですが

「え?それって普通、そうですよね??」

「え?みんなそうなんじゃないですか?!」

「当たり前ですが・・・お恥ずかしい話・・・」

とか

自分の頭の中に流れる思い、思考のぐるぐるは自分にとっては

絶対「その通り」という立ち位置で流れています。

 

 

例えば、ある方は夫の機嫌を損ねたら一日中家が

暗くなって、家族中がピリピリするし

彼がご機嫌であれば仕事も上手く行って私たちも

平和に暮らせる・・・

 

だから私はどんなに実はザワザワしていても玄関で深呼吸して

作り笑いでもいいから明るい妻を演じているんです。

でも、「お帰り~♪お風呂にする?食事は?」と聞いても

低い聞き取れない声で

「ん~~・・・今はそこに置いておいて」

 

怒鳴り散らしたくて本当は仕方がないけれど

彼のテンションに引きこまれて行ったら

私の人生が楽しくなくなっちゃうから

怒りを出したらダメなんです・・・

 

 

こんな入り口から見つめていきました。

 

確かに「怒ること」「怒りをぶちまけたい」

「私のせい??なんか悪いことした??」

大声で言いたいのはその通り。

 

でも何故出せないの?と潜在意識の普段は感じることが出来ない

声を拾っていくと・・・

 

「怒りを出したら彼がつぶれてしまう、家が崩れてしまう」

「この人とは話し合いは不可能な人」

「出口が見えなくて苦しい・・・」

 

そんな声が・・・

 

で、彼女はあらゆるところにSOSを出して

相談や助けや様々なセッションを受けてどうにか解決を

探っていました。

 

が、本当にやりつくしてもどうにも収まりがつかなかったのです。

 

「どうにもできなかったこと」をやりつくしたね・・と

自分に優しい言葉をかけてもうっすら残る自己否定感を感じています・・・

 

 

ここでセラピーの本領発揮です。

 

「やり切った感」を100%認めたらどうなると感じたの?

ここは物凄く丁寧にセラピーしながら聞いていくと出てきたのは

【しっかりつかみ切れていない、どこかが崩れている感じ

収まり切れていない感覚、消化しきれていない感じ

分かり切っていない感覚、通じ合えない感じ、

信頼しきれていない、理解できていない感覚・・・】

これは存在したらダメ。

 

こういった「あるとあらゆるちゃんと出来ていない感じ」は

とにかく1ミリも感じたくないことが自分の中にあることを

全く気づかれていませんでした。

 

「え?それってみんなそうですよね?」

「普通そうでしょう?」

 

そうい感じる当たり前のものほど

見えないことはある意味当たりまえ。

誰だって嫌だし、嬉しくはないし、誇れないし

認めたくはないけれど・・・

 

どのぐらいそれを嫌がっているか、禁じているか

見たくないか、感じたくないかはその人それぞれの

抑圧の、抵抗の強さでもあります。

 

 

彼女の場合、本当に1ミリも耐えられないほど感じたくなかったので

直ぐに誰かに相談したりセッションしたり

ありとあらゆる方法で解決を求めるしかなかったのです。

 

「え~~~嘘~~?!」

確かに私、この思い持っています・・・。

 

→解釈=投影でもあるし、ビリーフともいえますし

ここからもセルフイメージも見つかります。

 

この思いがあったから彼の不機嫌さにもいちいち反応していたんだ・・・

彼が不機嫌=家庭がちゃんとしていない=妻として役目を果たしていない

だから作り笑いでどうにか「ちゃんと」収めたかったんだ・・・

 

そして彼女にとっての「人生の豊かさ」は

全てがちゃんと滞りなく出来ていること。

それが彼女の幸福、幸せでもあったので尚更でした・・・

 

 

「この思いをもって私はずっと頑張ってきた・・・」

そうやって眺めてみると・・・

一途な健気な自分が愛おしく優しく私が私を見ている・・・

 

人生の豊かさの本当の意味を見つけた感じがします・・・♡

彼女の言葉に豊かさを感じながら終わりました・・♪

 

私たちは誰もが目に見えない心が描く風景に反応しています。

 

自分にとって優しいココロの風景を増やしていけたらいいですよね。

私も自分もそうありたいと思っています♡

 

【お知らせ】

「家族会」ハートレジリエンス協会

2018/10/24(水曜日)13時~15時

不登校・ひきこもり・鬱・依存症・そのほか心の病

精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方へ・・・

私もファシリテーターで参加しています。

毎月第4水曜日に定期的に続けております。

詳細はこちらから・・・

 


心理カウンセラーランキング

Read More
01
10月
2018

大切にされていないって悲しい・・・

おはようございます♪

昨夜遅くから始まった凄い脅威の台風・・・

皆さんのお住まいは大丈夫でしょうか?

 

夜中に窓から見えていた光景は本当にただ大自然のエネルギーを

見ているだけしかできませんでしたが・・・

 

自然を目の前に・・・

力を抜いて降伏している私がいます・・・

自分もその自然の一部であると感じつつ・・・

 

今朝はそんなわけで窓ガラス磨きから始まりました。

→凄い泥が吹き付けられてしまって

朝一番に目に入った光景は曇っていました( ;∀;)

 

 

======

 

さて、セッションや自分の悩みの中でよく出てくる

声の一つが「大切にされていなくて悲しい」

「分かって貰えなくて寂しい」

「絶対に通じ合えない、繋がれない虚しさ」

などなど・・・

 

こういった「本当に感じたくないものたち」の声って

誰にでも一回や二回は人生の中で経験していると思います。

 

ましてや相手が大切な人だと思っていたり

愛する人であればあるほど、近しい人であればあるほど

分かって貰いたくなるのが

人間の常ですよね・・・

 

逆に言えば、分かって貰うために一生懸命

相手の話を聞いてあげる「聞き役」に自然になっていたり

その場の空気を読んで相手のニーズを満たそうとしたり

自分の話ばかりにならないように

気を配ったりしていないでしょうか・・・?

 

または「もっと相手に伝えなきゃ」と

自己主張をしてみたり、威張ってみたり

凄い自分を作る必要が出てくるかもしれません・・・

そうしないと「分かって貰えないから・・・」

全部は「分かって貰えるために」

「大切にされるために」

「通じ合える繋がりを感じられるために」です。

 

 

でもこういった時は自然な「ナチュラルな本来の自分」と

とても離れてしまっているんです・・・

 

セッションのご相談の傾向としては多めなのは

自分を抑えて我慢をしている系ですね。

この我慢もご自身が全く普通にしているので

気づいていらっしゃらないか、当たり前になりすぎていて

自分の「我慢」度合いにピンと来ていなかったり・・・

 

 

例えば会社で1か月のお休みが平均7日と決まっているとします。

でも色々な都合で多めの休みを取る人もいれば

少なくいつもみんなの休みをカバーする形で

自分の好きなシフトで休めない人もいます。

 

1年間のトータルではみんな同じぐらいなのですが

ある月に一人の人がどうしても10日休みが必要で

思い切って入社して初めて「3日増やしてください」と

勇気を持って伝えました。

彼女はいつもみんなの休みに合わせて自分のシフトを決めているような

そんな人なんです・・・

彼女の有給はまだたっぷり残っています。

 

するとある後輩が

「〇〇さん~、〇月も1日私より多かったですよね!」

「みんな今月は特に忙しいのに・・」

 

さりげない一言だったのですがぐさ~っと刺さり

翌日まで胸がモヤモヤしていました。

 

この後輩は実は家族の介護で2か月も休職して

復帰したばかりだったのです。

 

後輩の休みの2か月間は彼女は本当に一番休みを取らずに

頑張っていましたが、復帰した彼女は色々な都合で

気軽にシフト替えを申し入れてきます。

 

彼女はそもそも、もし、自分が2か月休職したら

死に物狂いで働かないと迷惑をかけている分が挽回できないと

感じていました。

 

そもそもが「自分ならば休みの間に迷惑をかけた人に

そんなこと言えないのに!」と腹を立てていました。

 

そうなんです・・・

彼女は「迷惑を掛けたくない人」であり

「わがままを言ったらダメな人」という

自分のセルフイメージがあったのです。

 

これが自分では全く気付かない潜在意識にあるので

頭の中の声は「後輩のAさんはなんて失礼なの?」

「誰も私の苦労や我慢を分かってはくれない」

「人はのど元過ぎれば熱さ忘れる生き物なんだ・・・

2が月休んだこと、もう忘れている・・・」

 

こんな悲しみや諦めが渦巻いていて、それが

「腹が立つ」という症状を生み出していたのです。

 

*後輩のAさんのセルフイメージが「私は役に立つ人」だとすると

2か月休んでも職場復帰することが何よりのみんなのために

役立っていることと感じるために罪悪感は持ちにくいですよね。

 

もし、自分は「迷惑をかけても誰かが自分を助けてくれる」とか

「わがまま言っても愛されているし受け入れられているから

大丈夫」といったセルフイメージを持っていたらどうでしょうか?

 

多分、この後輩の言葉に対しても反応は違っていたかもしれませんよね。

 

「ごめんなさいね~!

私、あなたが休んでいた2か月、頑張っていたから

許してね~♡」みたいな軽さをもって

ありがたく休みを心から取れていたかもしれませんよね。

 

同じ状況でもどんな解釈を相手のセリフから持つかで

全く反応が違ってきます。

 

これを「投影」という心理学用語では使いますが

私たちはどんな投影を持っているかで

大分、世の中や相手への見え方や感じ方は変化します。

 

自分の中にどんな解釈があるかを見つけられると

本当にだからこんな風に感情が出ていたんだなぁと

自分という存在への理解が深まります。

 

自分を知る・・・って本当に自分を大切にする

自己愛そのものだと感じています♡

だからそんなに腹が立ったんだね・・・

自分への理解が自分への愛情そのものです♡

 

 

 

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
31
8月
2018

色々なものと戦っている私へ・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝を迎えていらっしゃいますか?

 

 

穏やかな朝?

それとも重い感覚を抑えつつ、時間に追われている朝?

感謝から始まる朝?

とにかく急がなきゃ!という朝?

 

=======

 

私たちって、実は目に見えていない色々なものと

戦っていませんか?

 

色々な戦い方法や表れがあると思うのですが

例えば・・・・

 

眠気と戦ってアラームを止めたり

本当は会いたくない人と笑顔で会話していたり

やりたくない仕事を続けて引き受けていたり

本当はチーズドリアとミルクレープが食べたいけれど

ヘルシーなチキンサラダにしたり・・・

 

本当はドトールに行きたかったけれど

友達がスタバがいいといったから付き合ったり

こっちの洋服が買いたかったけれどセールから選んでみたり

 

本当は緩和ケアで静かな余生を送りたかったけれど

家族のために最後まで辛いケアを選んだり・・・

代々続いた家業を止めてはいけないので自分の夢を諦めたり・・・

 

大きさや重さや強さや状態はそれぞれですが

私たちって実は日々小さな戦いから大きな命を懸けた

戦いまで体験していますよね。

 

 

戦っている時の私の中では何が起こっているのでしょうか・・・

今、起こっていることに抵抗している時の

ココロの中にはどんな声が走っているでしょうか・・・?

 

******

 

今続けている「小さな(大きな)戦いを止めてしまったら」

*どんな自分になってしまいそう?

*やめてしまう事って自分にとって何を意味する?

*辞めることによって自分や相手はどうしなければいけない?

どうなってしまうと感じている?

*戦いをさせる環境や状況や相手はどうするべき?どうあるべき?

などなど・・・

 

 

紙に書き出すこともお勧めです♪

書くと「客観的に」自分のココロの声が視覚から

見ることが出来てすこしスペースが出来ますし

改めて頭の中に流れ続けている声を一時ストップ出来ますよね。

 

書き出された声を一つづつしっかりと身体でも感じてみましょう。

 

私たちは身体がなければ「感覚、感情」を感じることが

出来ないんです。

 

こんなこと当たり前すぎて普段はスルーしがちですが、

こんな当たり前のことに

とても大きな影響を受けています。

 

 

例えば黒板に「あなたは冷たい人」と書かれていたとします。

事実は「あなたは冷たい人」という文字がある。

それだけです。

 

もし、自分の中にこれに対する反応があまりなければ

ただの文字ずらとして感じていますが

ココロの深いところでこれを「ダメなこと」

「絶対感じたくないもの」

「批判、否定しているもの」

「こうはなってはいけない姿」だったりすると・・・

 

なんか身体のどこかで「うっ」とか

「ずーん。。」とか来ませんか?

 

弱い人を、助けを求めている人を、困っている人を

じぶんを頼ってきている人を「切ってはいけない」・・・

こんなものが心の奥深くにあればきっとこの黒板の文字は

あなたにとって特別な文字になってくるのです。

 

感情、身体感覚を全くスルーして

思考や思いだけを変える事では苦しみが本当の意味で

楽にならないのはこのためです。

 

まずは文字に書き出して思考レベルで「見て」あげましょう

そしてそこにどんな感覚、感情がくっついているかを

まずは探してみましょう。

 

使っているセラピーは全てこの感情、感覚を丁寧に

極上の宝物として敬い、リスペクトを込めて扱っていきます。

 

感覚、感情の持っている本当の声を聞いていきます。

 

上手くするすると出てこない声程・・・

直ぐに変化できない苦しさほど・・・

大切なものの様に感じています。

 

なのですぐに変化しないことはそれだけ大事な

自分にとって影響の大きなものにしっかりと触れている証拠。

 

私も同じテーマを年単位で見ているものもあります。

触るたびに勿論辛いのですが、苦笑いですが

同時に自分への愛しさも沸き上がります。

 

だってこんなにもずっとそれを持っていなければならなかった

「私特有の」愛しい健気な歴史がそこに在りますから・・・

 

今日も私と誰かの「特有の歴史探し、愛しさ探し」を

一緒に出来る喜びと共に♡

 

 

*全てが溝口あゆかさんの「インテグレイテッド心理学」をベース

ココロの仕組みを紐解いています。

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
28
8月
2018

自分の中の怖さ、どのぐらい?

おはようございます♪

昨夜の我が家のエリアはニュースにもなったのですが

凄い落雷と雨・・・

映画みたいだった~・・・

地響きするぐらいと周りが明るくなるような

雷・・・

 

今住んでいるマンションは

一度でも、短時間でも雨が降ると

見事に窓が汚れます…(*´-`)

 

風の向きも影響あるのですがマンションの構造上、

どうしても雨風を打ち付けやすく

 

先日も磨いた2日後に見事にやられました。

なので、今日はちょっと様子見ます…笑

 

******

 

最近、薄ぼんやりとですがそれでも確実に

前と変わってきたなぁと思う事。

それは意識上か、無意識上か別として

「自分の中の恐れ」について。

 

見せたくなくて隠していたものや、

感じたくなかったものや

見つかったら絶対に不利になるから

去勢を張らないとまずいものが

以前よりは減ってきたなぁと言う事・・・。

→これらは「感じたくない」ものなので

通常では顕在意識上には上がりにくいです。

 

例えば…

 

絶対に前ならば自分の失敗したこと

恥ずかしい経験

教えたくない惨めな側面

自分がヘタレな部分

卑怯だと感じる行為

自分のズルさ

怠け者の部分

 

などなど自分が

人様から、自分自身から隠したいと思っていたところは

それを露呈してしまったら

バッチリ気づいてしまったら

マズイ、怖いと言うところ。

 

そうです。

自分の中の怖さです。

 

本当にまずいんです…バレてしまったら。

本当に怖いんです…感じるのが。

そんな私で居たくないんです・・・

そんな私になりたくないんです・・・

 

だから一生懸命、無意識に隠していました。

だから一生懸命、そうじゃないアピールを自分自身のため、

他者に見せるため無意識に頑張っていました。

 

もちろん、今もいっぱいありすぎて

書ききれませんが(無意識も含まれるので

よーく、正直に自分のことをひたすら観察すると…

あるものはあるんです…笑

 

例えば、今、たまたまこの仕事、心理セラピストとしてblogを書いているとしたら

できるだけ成功例やこんな風にクライアントさんが良くなりましたと

書いていたとしましょう。

 

同じように書いていてもその心の中では無意識に走っている

支えているエネルギーはこうです。

 

怖さを持っている私

→私は出来る、結果を出せるセラピストでないと

クライアントさんに信用されない。だから

こんな風に出来る自分を表現しなきゃ。

成功例をこんなに持っていることを知って貰わないと(怖い)

 

怖さが減っている私

→こういった例もあるけれど、もし上手く行かなかった

人の例を書いたとしても、逆にクライアントさんが安心できる。

セッションはこういうものでもあるし、それが決して悪い事ではない。

こういったやり取りを重ねて信頼関係を築いて

確実に安定していくのが

正直で心地よい♪

 

 

上記は一例ですが同じような文章を書いていても

それを支えているエネルギー自体が全然違うのと

毎日生きていて感じる軽さやラクな感覚が違っています。

 

 

勿論怖さがゼロになるという事はないですし

まだまだいっぱい世の中に怖いなぁと思うものは

あります。

 

でもダメな部分に対して隠さなくても大丈夫感が増えてくることで

自分の在り方自体の変化を感じています。

 

例えば「人から嫌われるのが怖い」を強く持っている時は

毎日顔を合わすマンションの管理人さんや

ごみ置き場で朝の挨拶をする人と

挨拶のタイミングがずれただけで

「あれ?私なにかあ嫌われている?」とか

「気に障ることしたのかな」とか

 

いつも向こうから挨拶してくれている人と

目が合わないだけでもなんだかぼんやりと不安感や

モヤモヤを感じていました。

 

会社でも毎日挨拶を欠かさずしている人と

視線が合ったのに一瞬挨拶をずらされたとすると

なんかあれ・・?って色々なネガティブな思考が

走っていました。

 

もう、全身でいつも「嫌われないような自分」でいないと

不安だったのです。

→無意識で・・・

 

それが自分の中から不安が減ると

「あれ、どうしたんだろう・・(以上)」

「なんか家であったのかな?(以上)」

 

自分に関して「機嫌が悪いんだ」という解釈が本当に

見事に減り、次回会ったときに自分から

気持ちの良い挨拶が自然に出来ていたり

気になり度が各段に自然に減っているのでラクなんです。

 

「怖さ」が減ると様々な解釈の変化が生活の中で自然に表れて

自分の反応が変化しているのが分かります。

 

こんな風に自分の中の「怖さ」を見てみる事

どんな種類の「怖さ」があるのか知ること

どうなることへの「怖さ」があるのかなどを

自分が知ることが自分への理解につながるので

これらすべてが結局は自分への愛情そのもの。

 

心の無意識の部分に沢山入っているこれらの

自分では気づきにくいところにアクセスし続ける事・・・

 

引き続き私も「私の特有の怖さ」を

観察し続けて自分への愛情を増やし続けていきます♪

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
25
8月
2018

「そうだったんだね・・・」

おはようございます♪

昨日はとんでもない強い風と雨が一時的でしたが

窓に打ち付けるような台風の影響のお天気でしたね。

 

今朝の東京は快晴♪

大物洗いでもすぐに乾きそうです~

 

皆様の所はいかがお過ごしでしょうか?

 

たまたま昨日もSkypeやzoomのセッションが続き

対面でなかったので良かったなぁと思います。

今は本当に便利な世の中ですよね。

 

実際に身体をここまで運ばなくても対面と全く同じように

セッションが行えるなんて、20年前に想像もつきませんでした。

 

======

 

セッション通じ、自分の自己ワーク通じ、本当にびっくりするような

自分の中に隠れていた、日の目を見なかった

光が当たっていなかった思いや感情が出てくるのです・・・。

 

頭の中で洪水の様に流れてくる思いや感情は

誰かのアドバイスや賢者の言葉で一時的な平安は得られますが

また何か刺激があれば簡単に崩れて

同じパターンの苦しみがやってきます。

 

私も何度となく同じパターンからどうしても抜けられずに

同じテーマを何度もワークしたのは

本当に「底の底にあった気持ちや感情」を

自分が見えてあげられなかったからだなぁと

毎回感じます。

 

 

そしてそれが見つかったときには

本当に今まで「自分が自分の真の苦しみ」に

気づかずに分かってあげられなかったこと・・・

そして今までよく一人でそれを孤独に抱えて

耐えていた「私自身に」抱きしめて共感したい気持ちに

なります・・・

 

あるケースでは(私のではなかったのですが)

相手からの「好き」「愛している」「大切に思っている」という

言葉自体がどうしても自分の中にしっかりとした重さとして

響いてこない・・・

これさえ響いたら今の不安感や見捨てられ感は無くなるのに・・・

 

 

そんな思いの苦しみでした。

 

相手がパートナーの場合もあるでしょうし

信頼している上司の時もあるでしょう。

尊敬している師匠や、全知全能の神の言葉かもしれません。

 

相手が「絶対に嘘じゃない」「本当にあなたを必要としている」

100万回伝えてくれても顕在意識上では本当だと分かっていても

相手の真剣な表情や声からも嘘ではないとは感じているのですが

何故ご本人に響かないのでしょうか・・・

 

ここの声をよ~く聴いていってあげると出てきたのは

「この声を受け取って響かせた瞬間に

次からはいつ捨てられてしまうのかという恐怖に耐えなければいけない」

 

こんな絶叫が聞こえてきました・・・

 

響かない辛さよりもいつ捨てられるのかの怖さの方が

どちらも辛いけれどもっと耐えがたいの・・・

 

そんな声が聞こえてきまた・・・

 

そして更にその奥には相手が好意を伝えてくれても

一方的にそれではダメで何を真に求めていたかといえば

相手が自分を自分と同じぐらいに頼ってくれている確信と

証拠がないとダメなの・・・

 

この両方が揃わない限りはこの方の真の安心感、安定が

得られない・・・

そんな本当に苦しんでいる姿を見せてくれました。

 

「知らなかったよ・・・」

「そんな隠れていた私の声がそこに在ったんだ・・・」

「何故それを今まで出せなかったのかが分かったよ」

「そうだったんだね・・」

 

いつでも待っているのは切なる私の本当の声。

 

なんて純粋でなんて隠し事のない美しい声なんでしょうか・・・

 

身体から感じる本当の声を聞いた時の沸き上がるものを

今日も探していきたいと思います。

 

そこに広がる真の安心感・・・

そこに実はずっと持っていた平和・・・

 

最初からこの生命の自然の動き、営みの中で

永遠に続く美しいもの・・・・

 

どの声も美しすぎて、声の持ち主に対しての愛が溢れ

全体の仕組みに感嘆し、その時の涙は安堵の涙です♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
13
8月
2018

自分の中の声は何と言っている?

こんにちは♪

さっきまで映画やドラマの中で見るような

ピカピカの雷が天から降ってきて

地響きと共に、凄い様相でした。

 

丁度、セッションとセッションの間だったのですが

これでは怖くて外は歩けませんよね・・・

自然の前には人間は任せるしかないのだなぁと感じていました。

 

丁度週末がHRAのカウンセラー養成講座だったのですが

「境界線」と「ビリーフ」の講座でした。

 

先ほどのセッションでも感じたのですが

本当に私たちは「ビリーフ」=「自分の中の声」通りにしか

生きられないというか、それをもとに行動や思考や感情が

生まれています。

 

 

例えば・・・

就職が上手く行かないと悩んでいる方がいて

職から離れて2年近く・・・

 

立派な経歴やそれなりの経験もあるのですが何が

就職を困難にしていたか…と言いますと

心の中の声、その方オリジナルの仕組みを紐解いていくと

「特別なポジション」でなければ人の上に立てない・・・

 

しかも300人に1人しかとらないような難関のポジションばかりを

目指していて、誰でもそこそこ入れるようなところでは

意味がない・・・

 

こんなその方オリジナルの仕組みが見えてきました。

→ここでもっと通りやすい就職を選びましょうといったアドバイスが

あまりその方をラクに出来ないことが見えてきます。

ラクではこの方は安心できないのです・・・

 

そして顕在意識ではそこ(難関ポジション)を目指しているものの

深いところではそのポジションを得られない自分なんだという

絶対に感じたくない自分の姿も出てきました・・・

 

 

また過去の幼少時代からも失敗したらもう二度とやりたいことは

やらせてもらえないといった思いや

みんなからも責められる自分像や、常にトップでいないと陰口を

言われてしまう恐怖感や・・・

親を悲しませているという罪悪感も・・・・

 

 

何故自分が就職が上手く行かないんだろう・・から

何故こんな就職を無意識に選んでいたのかが見えてきて

ご本人も納得と驚きでした。

 

これじゃ、1等の宝くじを絶対に当てなきゃだめだと

言っているようなものだなと・・・

 

何故自分が特別さを求めていたか・・・・

何故特別さが必要になっていったのか・・・

 

全てはこころの深いところ、自分では気づけない

無意識の部分にしっかりあって、ここが自分を動かしている

源になっているのです・・・

 

この求めているものが手に入らなくて叫んでいるこの声こそが

光を当てて分かって貰えた時に

その方オリジナルの深い癒しと緩みの世界が広がってきます。

 

今までも声の「文字」としては同じでも

→例えば「誰でもいいから私を分かってほしい」とか

 

この声の質や中身が同じだったことは一つもなく・・・

 

皆さんがオリジナル。

完全オーダーメイド、オートクチュールなのだと思います。

 

自分の中の見えていなかった声を自分が抱きしめて

迎え入れるときに・・・

その苦しみこそが精一杯生きている美しい証だったり、

生命の営みそのものを感じたり・・・様々ですが

 

この終わりなき「生命の営み」

本当に美しくていつも涙が自然に溢れます。

 

終わりなきに安堵や、安心を覚えてきつつ

今日も午後を丁寧に過ごしたいと思います♪

 

 

 

Read More
28
7月
2018

どんな思いがそこにある?

おはようございます!

連日の猛暑が少し落ち着きつつ

今度は台風による雨の影響がありそうな

週末ですね・・。

 

みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

 

暫く、ブログを更新していませんでしたが

今回はセッションや自分自身の中でも馴染み深かった

一つの思いの力」について書いてみたいと思います。

 

 

======

 

「全部できなきゃ・・・」

 

この言葉がある意味どんな人生のシーンにも登場していることが

より深い感覚で感じる日々でした。

 

*例えば苦手だけれど運動をしたほうがいいので

スポーツジムに通っていたのですが、週3回必ずどんなに大変でも

通って頑張れば、きっと身体が変化するはず。

→「全部できなきゃ」

 

 

*なるべく炭水化物というか糖質を取らない食事をしようと

決めて過去に成功したことがあったのでまた自分にそれを課せて

頭では「自分のためにいい事している♪」と思っていたのですが・・・

→「全部できなきゃ」

 

*朝の最初のセッションが始まるまでに、掃除、洗濯、PC作業

自己ワークなどもやって、自分を整えてから始めなきゃ・・・

→「全部できなきゃ」

 

 

*外に出たついでにあの雑用も、この雑用もいっぺんに済ませよう

→「全部できなきゃ」

 

*友達との会話や繋がりを全ての人と平和に保ちたい・・・

→「全部できなきゃ」

 

 

*仕事上の(例えば私ならセッションや講座開催や講師業)自分全てに

納得のいく形を作らなきゃ

→「全部やらなきゃ」

 

などなど・・・

ある意味当たり前に、普通に、自分としては「自分らしく」ナチュラルに

常にある思いなのですが、ここを中心に動いているなぁと・・

 

そして苦しさや悲しみや、後悔がくっつく時は必ずと言っていいほど

「全部がうまく出来ていない」と私が感じている時でした。

 

何故、こんなにも「全部できなきゃ」というミッションがそもそも

染み込んでいるのでしょう・・・

 

深いところにあった私の声は

 

「全部自分がやりたかったことが出来たら

大好きな相手に喜んでもらえるから・・・」

 

 

物凄く相手に喜んでもらう事が「私の愛情表現そのもの」で

その相手とは特定の人物も含まれていましたし

 

大きな神のような、大いなる存在でもありますし

気づいている意識とでも言っていいかもしれませんし

その私以外のすべてに私の愛を伝えたくて、見せたくて

動いていた衝動でした。

 

 

でも、その相手やおおいなる意識はその愛情表現を見せる私に

私と全く同じ愛情で、優しい眼差しで私を見ている・・・・

 

私は全部できなくて良かったんだ・・・

 

既に最初からこの愛情しかないところで勝手に起こっていた

生命の営みの一つなんだ・・・

 

「全部できなくてもいい」

 

この言葉は魔法の言葉。

ここにくっついていた様々な感情も一緒に溶けていきます・・・

→セッションでは「思い」だけでは溶けていかないので

必ずそこに在る「感情」を良く感じてもらう事をしています。

言い換えると「思い」には必ず「感情や感覚」が一緒にくっついています。

 

全ての苦しみが溶けていく不思議な言葉・・・。

 

いかに決めたことを全部できなきゃの世界に縛られて

辛かったのかな・・・と感じるとともに苦しむ自分への優しい眼差しを

自分が自分に向けることが自然に起こります・・・

 

自分の中の苦しみは必ず訳があり存在しています。

その声を聞くと・・・というか聞き倒すと、不思議と自分への理解と

愛情が自然に起こります。

 

何てラクなのでしょう♪

 

素敵な週末を!

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.