子育て

12
10月
2019

「何のために生きているのか」を考えたことありますか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

台風の影響でこの2日間はとにかく

みんなで無事に過ごしたいですね・・

 

今日、みなさんとシェアしたいこと・・それは

「何のために生きているの?」について

 

セッションや辛いことを感じている時に

自問自答する言葉として

時々出てくるワードではないでしょうか?

 

=======

 

人は「人生の目的」を考えたり

「生きている理由」を探している時はどんな状態でしょう・・

 

今していることはきっと〇〇のためになる・・とか

将来△△が得られるために今、これをしているとか・・

これは××のためになるのだから辛くても続けようとか・・・

 

何か「目的」を持ってしていることが多いような気がします。

→「◯◯を感じたい」も含めて

 

そしてそれがない時や得られないと感じたときに

「虚しさ」や「これで合っているのかなみたいな不安」とか

「進歩がない感じ」、「何も達成できない自分」

「置いていかれる感覚(焦り)」・・など

 

上記は挙げたらキリがありませんが

何となくOKじゃない感覚が沸き上がりませんか?

 

「ただ毎日時間を過ごすだけ」

「成長なし」

「無感動」と感じる毎日が連続だったら・・・

どうでしょう・・・?

 

 

逆を言うと、常に「前進したい」

「何かを得て成長したい」私たちなのです。

満たされたい感覚とでもいいましょうか・・・

 

そしてその時には無意識かもしれませんが

具体的な誰かの為や、社会の大勢かもしれませんし

何かと自分を比べて上手く行っているか、ダメかを

判断していること多いです。

 

 

無意識ですが何かしら「理想」があるのです。

 

 

例えば家族が健康でいてほしいとか

子供が元気に学校で仲良くしていてほしいとか

会社でそれなりの結果を出したいとか

〇〇円の貯蓄をするとか

誰かの笑顔が欲しい・・とか

これが買える自分になりたいとか

悩みのない自分になりたいもあるかもしれません。

→無数にありそうですね

 

そして、それが到達できていたら安心で安定しますが

少しでもかけている感覚、得られていない感じ

満たされていない時に、なんか重い感じや

冷たい感覚や怖さや不安を持ちます。

 

======

 

=今日の自分との対話=

*私のなりたい姿ってどんな自分?

例えば体重〇〇キロの私だったとします

 

*上記の私はどんな表情している?何を感じている?

どんな行動をしている?人にはどんな風に接している?

 

 

*上記の私は「今の自分にない」何を持っているように感じる?

➤そうなんだね・・・今の自分にはそれがないと感じていたら

それが欲しいのは当たり前だったね・・・

 

*今、それを持っていなくて欲しい、得たいと感じている私には

どんな感情がそこに在りそうでしょうか?

例えば「怒り」だったらどんな怒りかをじっくり寄り添い

身体で感じていきます・・・(難しいですが探ります)

なぜ怒っているの?イメージの自分の声を探って感じます。

 

 

➤それを感じたくなくて頑張っていたね・・・

→その感じたくない私はどんな私でしょうか?

 

 

その自分をまずは自分が十分理解し、分かってあげて

寄り添う時間を作るのもお勧めです。

フォーカシングを使うとより深い自分の声が

拾いやすくなります

 

 

いつも応援、ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
20
9月
2019

「怒り」の対処の方法

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は前に何度か講座を開いていた

「怒りの解放の方法」を皆さんとシェアしていきたいと

思います。

 

怒ったこと、腹が立ったり、イライラしたことがない人は

いないぐらいに、「怒り」は馴染み深い感情です。

そして強さ、大きさによって自分に与える影響も

様々ですね。

 

=======

 

まずはどんな怒りが自分の中にある?

またはあったでしょう?(今は消えているけれど思い出せるもの)

 

例えばスーパーで買った野菜が傷んでいて

使う時になり初めて気づいて

その野菜を夕食に出来ずにメニュー変更になったとします。

迷ったけれどこちらの方が高かったから美味しいのだろうと

奮発して買ったトマトだったとします。

 

今日はトマトとモッツァレラチーズのバジルソースを

食べるんだ〜と思っていたらがっかりです・・

チーズだけ食べても・・

バジル、どうするのよ?

お店に対するムカムカがお腹から湧きあがります・・。

 

しかも、次の日少し遠いそのお店に言いに行くと

「好きなの選んでください〜」

以上、まる。それで終わり。

謝らないし、他のお客さん優先で待たされたとします。

あなたなら何を感じますか?

 

*私のこと軽く見ている?他の人が優先なんて

お店の教育がなっていない!

*生鮮野菜の担当の人はどうしてちゃんと管理できないの?

うちの会社ならば上司に相当怒られて始末書書くかも!

*私って運が悪いんだ・・せっかく高いのを買ったがゆえに

あまり値段で逆に売れていなくて古かったなんて

などなど・・

なんでしょうか?

 

1)まずは「怒りの理由」が何が一番強いのかを

書き出した後に並べてみてください。

理由は一つではないし、その理由の下にあるものも様々。

その中で特に引っかかり具合が高いものを探します。

 

2)見つかったら(この例でだと最後の運が悪いだとしましょう)

この思いをよ〜〜く感じると体のどの辺りに

どんな感情が一緒にくっ付いているかを探ります。

 

最初は怒りだったのですが・・・

実はそこに悲しみもあったとします。

 

いつもそうだ・・あの時も・・あの時も・・

おなじみの実は覚えている感覚も出てきたりします。

小さい時に夏祭りの屋台で

お姉ちゃんだけ当たって大きな飴をもらえた場面や

お母さんが弟だけに内緒で違うおやつをあげていたのを

知った時かもしれません・・

 

彼が本当はお財布を持っていたのに

「ないから貸して(出して)」と言われた場面かもしれないし

上司が私だけにミスを見逃してくれなかった場面かもしれません・・

 

3)なんか本当はずっと残っている「身体の感覚や感情」を掴めたら

→ポイントは「思考のみでシーンの擦り合わせをしないこと」

必ず身体に戻って擦り合わせます。(最初、難しく出来ずで全くOK)

そこからシーンの自分と対話が始まります。

 

「何を感じているの?教えて」

 

時々、深い深呼吸を何度か入れましょう。

 

セラピーを併用するともちろん効果が高いのですが

こんな風にイメージの中での感覚、感情に寄り添った

じっくりした対話が思わぬ展開を広げてくれること

多かったりします。

 

「その時の自分が感じていた表層の感情の下にある

もう一つの感情」まで探せるといいですね。

 

感情、感覚、そこにあった声は

実はミルフィーユ状の「層」になっています。

表面の怒りを出発点として、怒りの構造自体を見つけ

解いていきたいのです。

 

なるべく下の層に触れるほど深い

「抑えられていたけれど本当はそこにずっとあったもの」と

対話できます。

→深い方が優れているとか正しいとかは自分の解釈で

ノージャッジで対話しましょう

 

癒しは奥深いのです♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
12
9月
2019

相手を責めている時「自分が正しい」になっていませんか?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は自分が相手や何かを批判している時

無意識ですが「私が正しい」とか

「◯◯するべき、そうあるべき」になっていませんか?

 

当たり前ですが、自分が正しくなかったら

相手を責められないんです・・・

この心の仕組みの構造を

みなさんとシェアできたらと思います。

 

=======

 

何気なく使っている「べき」ですが

→この時にこの「べき」を守っていない人や状況を

想像しながら思考が出てきていますが

これを言っている時には無意識に

「それが正しい、当たり前、常識」がくっついていませんか?

 

 

例えば「普通さ〜、お弁当にそれは入れないでしょ?」

「あの人常識ないよね。ここであの服着る??」

「上司なら当然これぐらい気づくべき。できないなら人の上に立つな」

などなど

ちょっとした誰かの悪口から社会のニュースなどを

批判していることまで全部です。

 

 

=======

 

例えば私の場合は極端な例ですが

子供が学校に行けなくなり

不登校になって引きこもってしまった時に

リストカットから始まり

自殺企図を繰り返したりしていたので

本当は耐えがたい恐怖で気が狂いそうでしたが

 

温かく優しい強い母親であるべきと

夜中でも話に付き合い励まし続けて

6年間過ごしていました。

 

私自身もその間、摂食障害、パニック障害、躁状態で過活動の状態、

交感神経優位で頑張り続けてはいたものの

本当は限界をとうに超えていました。

 

でも頑張る私でいたら

【離婚した責任を果たしている最低限の母親】でいられる…

この姿でいたら社会的にも許されるし、

自分が自分を許せると(こうなったのは私のせい)

自分の「べき」を命を削って果たし続けていました。

 

結果、より拗れまくって傷をお互いに深めるという

当たり前の結果になってしまいました。

 

そして・・・

自分の正しさで行動してしまったらそれを

「正当化」するしかなくなります。

「私が絶対に正しいの」を続ける必要が出てきます。

 

=======

 

自然なナチュラルに◯◯してあげたいな…の衝動から

義務感として◯◯するべきになってしまう行動は

 

いくら自分や社会的な通念で正しそうでも

いつかは破綻して、

相手や周りや自分自身を攻撃する行動。

 

自分を動かし支えているエネルギーが

どう言う仕組みから来ているものかを

自分が理解して受容していくことが鍵です。

 

 

先ずは自分から優しくはそういった意味でも

間違いではないでしょう♡

→飛行機の中で、酸素マスクをまずは親がつけてから

子供に付けることを勧めているのもなるほど…です。

 

自分が苦しいのに他者へ優しくは

そもそも無理ですよね。

 

ここへくるまでに相当な回り道をしましたが

これでもか・・という遠回り体験から実感へが一番でした(笑!)

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
07
9月
2019

周りの目がどうしても気になる時

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日から2日間、週末はインテグレイテッド心理学基礎講座。

じっくりと反復練習を絡めながら

ご縁のあった方々と深めて参りたいと思います。

 

さて・・

「周りの目が気になる」

これ自体はどなたにも経験があると思いますが

過度に気になる・・・

いつもこれが基準で自分の行動を決めてしまう・・

あとで後悔や怒り、または無力感などを持つことが多い・・・

 

そんな時には心の仕組み的にはどうなっているのかを

一緒にみなさんとシェアできたらと思います。

 

 

========

 

ある女性はお子さんがまだ2歳、5歳とやんちゃ盛り。

家では割と厳しく子供に接するのですが

スーパーでの買い物や、公共施設へ行った時など

また乗り物の中でなど・・

冷や汗が出るほどに子供に気を使っていました。

 

特に下の子が急に走り回って大声を出したり

陳列してあるものを触ったり

ママの言うことを聞きません。

 

静かにするためにお菓子などを与えたり

優しく言い聞かせても全く効果なし。

しまいには子供に対して殺意に近いものを持ってしまう・・

そして外に出ることがなぜこんなに疲れるのか・・

 

こんなお話からでしたが

潜在意識に隠されている声を探していくと

 

「人の目が気になる」「どう思われるかが一番怖い」

そんな思いが出てきました。

 

 

========

 

子供をどうしたらいいか、どう扱えばいいか?ではなく

なぜそこまで「人の目」が自分にとって

大きな力を持っているのかを探していきます。

 

人の目の怖さは大なり小なりは社会に生きていく

私たちには気になって当然。

でもこう言った過度にエネルギーを使い

外では人の目の怖さから子供にすっかり

振り回されてしまう仕組みを見つめていきます。

 

すると出てきたのは

彼女の場合はシングルマザーに育てられた幼少期に

母親が口癖で言っていた

「お父さんがいないからって言われないように

いい子でいてね。ママも頑張るよ。」

「人はちゃんと見ていてくれる。だから大丈夫。」

 

他者から「良い人」と認められることが大切で

それを守れば母も喜ぶし、安心するし

私もこの社会で生きていける・・

そんな思いが毎日刷り込まれていました。

 

=======

 

自分に使える探し方として・・・

 

1)もし、それをしてしまったら周りからはどんな目で

見られそう?0〜10で言ったらどのぐらい怖い?

 

2)上記を実行している私はこれが世間に知れたら

どうなって行きそう?(なるべく細かく思いつくまで書き出す)

 

3)絶対に感じたくない状況、そこにある感情は?

それは私にとって何を意味するから?どう言うことなんだろう・・

 

 

=======

 

彼女にとって人の目は母や自分を守ることでもあり

人から常識的だと見られることが

(口癖で大多数の方に常にいなければと言っていました)

社会で自分が存在する一番大切な方法となっていたので

当然「人から頑張っている人」「理解される人」でいることは

人生の大事なミッションとなるわけです。

 

ここからこの怖さに対してのセラピーをして行きました。

 

こう言った長年刷り込まれていたものは

根深かったり自分の命を守っていたりしていたので

すぐに他者の目が全く気にならなくなる・・とは

なりにくいですが

なぜ自分がここまで人の目が気になっていたかと言う

自分への理解や寄り添いが深まれば深まるほど

人の目よりも自分の目が自分を守ってくれていることへ

シフトして行きました。

 

1)〜3)を書き出してみて

自分が最も感じたくなかった思いや感情を

「あぁ、これがあったらそうなるね」と

じっくり理解してあげると・・

 

思いもよらなかった次の下にあった声や感情が

出てくることも多々あります。

 

ココロって本当にちゃんと「辻褄」を持った

複雑な仕組みが誰にでもあります。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
30
8月
2019

後悔のない人生はないかもしれないけれど・・・

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

ムシムシした暑さが戻ってきたような

夏の疲れも出てきているような・・日々ですが

体調はいかがでしょうか?

 

今日はまた日常の中で感じたことを

みなさんとシェアしていきたいと思います。

 

======

 

最近、身近な人の大切な存在が亡くなったり

急に動けなくなってしまったり

そんなことを感じる状況が続いています・・・

 

もちろん、寿命や病気といった

避けられないことも含まれつつ・・・

 

私たちは誰一人として「死」を避けられない・・

 

自分がこの身体での生命を終えるとき・・・

大切な誰かが生命を終えるとき・・・

どんな言葉をかけてあげたいですか?

 

========

 

それが自分だったら

「どんな風に私はこの生命を謳歌した?」

「何を感じた時間だった?」

「私は何か自分にさせてあげたいことはある?」

 

そう思うとまだまだ「後悔はない」とは言い難い。

自分にこんなことを与えてあげたいとか

こんな体験をさせてあげたいとか・・・

色々出てきます。

 

逆に大切な誰かならばどう感じるだろう・・・

「私はこの存在に十分に自分の気持ちを伝えているかな?」

「この人と何を共有したい?」

「この人の何かやり残したことで望みがあれば

どんなサポートができるかな?」などなど・・・

 

本当はね・・・

主体なきものがただ起こっていて

捉えられるものは「私のもの」ではないことも

ちらっと感じているけれど・・・

 

捉えられるものの生命の輝きも十分に感じたい。

現れて消えていくものの動きやダイナミズムに

愛しさや健気さを感じつつ

「私が感じているもの」を

もっと愛でたい気持ちもここに確かにある。

 

 

「私の人生」「私の大切なもの」を

もっと気付きたい・・・

どうしてこう言った状態になっているのかも

理解したい・・

もっと自分を愛したい・・

自分に寄り添いたい・・・

そして他者や周りにも自然な感謝で満たされたい・・

 

そんな静かな気分になっています( ˘ω˘ )

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

Read More
25
8月
2019

「生命のタイミング」をどのぐらい信じられるか

おはようございます♩

日曜日の今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「生命のタイミング」について

みなさんと何かをシェアできたらと思います。

 

生命のタイミングとは?なんでしょう・・

 

========

 

そもそも私たちは小さい頃から親や先生や

社会や世の中から

「◯◯になるためにはどうしたらいい?」

「こうしたら正しい自分になれる」

「これはいいことなんだ」

 

こんな風に色々な知識や情報や教育を受けてきました。

それが悪いのではなく、これで助かった時もあるはず。

そしてこの視点で困難を乗り越えた経験もあるでしょう。

 

目標を持とう。

こうなるために頑張ろう。

 

私もいつもこうなりがち。

 

でも・・

これが簡単に叶えばいいのですが

自分の中の何かと逆流していて

どう頑張っても実現できない・・とか

やっている時間が苦しいとか

全然いい感じではない・・・

 

こんな時には心の中で何が起こっている?

 

========

 

 

一番いいのはなんでしょうね。

 

ある時の師匠の言葉にハッとしました。

 

「薔薇のタネは薔薇になろうと頑張って

薔薇を咲かせていないですよね・・・」

 

 

もちろん、土地の条件や気候の恩恵や

ケアしてくれる何かの助けも借りながらですが

そこには「種」としての自分の中の生命に委ね

立派な隣の薔薇より、美しく咲くんだ・・とか

そんな想いもなく、粛々と・・・ですよね。

 

全ては生命のタイミング。

 

生命のタイミングと、自分の「こうありたい」が

合致した時に、一番その人らしい変化が起きる感じ。

 

薔薇なのに「紫陽花」になりたいと思うと

やはり生命のタイミングとは逆行してしまうし

困難になりがち。

 

そんな時には「どうして紫陽花になりたいの?」

「紫陽花にならないとどうなりそう?」

「あなたにとって薔薇ってなに?」

 

こんな風に対話してあげるといいですね。

 

私も書いてはいますが

いつも人生の中で自分の中の生命のタイミングに

逆らって、逆らって生きてきました。

→なんの自慢にもなりませんが・・笑

 

そしてその度に周りに怒りを持ったり

自己憐憫に浸ったり、誰かを羨んだり・・

 

でも少しだけ生命を信じられるようになってからは・・

(自分が全てをコントロールしていると錯覚が溶け始めてから)

「任せる」ことの安堵を感じ始めたのです・・

→ここも本当の意味ではまだまだ任せっぱなしではないです。

委ねることにこんなに抵抗があることに

驚きと笑いが出ます。

 

 

苦しい時は生命を信頼していなかったから「任せられなかった」し

逆らう事こそが「生き抜く事」と思ってしまったのです。

 

人間の中にはテーマによってはすぐに任せられるものと

どうしても力を抜けにくいものと混合しています。

 

私たちはそもそもが「単一の色」ではなく

複雑なたくさんの色を持った存在。

 

こんな複雑で繊細で怖がりで悩み多き自分って

可愛いと思いませんか?

 

温かな1日をお過ごしください♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
22
8月
2019

本当はとても「この人生を愛している」・・・♡

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は自分の苦しみや辛さを感じたり

それで悩んだりしているときには

もう一刻も早くこれをなくしたいとか

変えたいとは思っているけれど

 

本当は何がそこで起こっているのだろう・・・

そんな視点を少しシェアしていきたいと思います。

 

 

=======

 

 

例えば仕事について

言われた仕事をするだけの今のポジションが合わずに

転職を考えているとします。

「どうしたらいいかな」・・・

思考的には「自分には本当はどんな仕事があっているのか」と

こういった方向に持っていきがちですが

 

実はいつも誰かの目を気にしてしまう・・・

誰かからの評価があると安心するとか

これがあるのとないのとでは大きく気持ちが違う・・

そんな自分だったとします。

 

実は「言われた仕事」という中身や大きさではなく

それが「頑張ったね」とか「大変だったでしょ」とか

認めてもらえることが

自分がすごく欲していたことだった・・・

 

 

自分を認めて受け入れられているかが

「真のテーマ」でした。

 

そうして転職を繰り返しつつ

いつも「これかも」と思って始めるのですが

ずっと思考では「好きな仕事が見つからない私」として

流浪の旅を続けていて

そんな自分は実力を発揮できないとか

自信が持てないと

長い間悩んでいたとしましょう・・・

 

 

=======

 

この人を客観的に見つめてみたら・・・?

この人ってどんな人だろう・・

真剣にいつも全力で取り組み

(他者からの評価がないと)自分はダメなんだと感じ

どこだったら自分は評価されるんだろうと

無意識レベルで探しに出かける・・・

 

報われなさや諦めや後悔・・・

無力感でいっぱいのこの存在は

いつだって健気に人生を生きている・・・

この姿は一見悩みの姿でもありますが

自分や人生を愛しているから

守りたくてこうしているだけ・・

 

 

「出来ているか、出来ていないか」

「正しいか正しくないか」だけの視点から

少し離れて見つめてみると

立ち行かずに苦しんでいる自分を

どんな風に感じるでしょうか・・・

 

 

 

今日もココロが一瞬でも

温かな1日をお過ごしください♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
12
8月
2019

どんな人と何に囲まれて暮らしたい?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

私は昨日、一昨日とHRA OAD心理セラピスト養成講座

アシスタントとして朝から活動しておりました。

昨夜は気のおけない仲間との爆笑しかない打ち上げが

(時々!?超真剣な話や自画自賛で自分たちを上げる時間もアリ)

また次回のホールド力を繋げてくれます。

 

来月は自分が講師として登壇するので

笑ってばかりではいられませんが・・

 

さて今日、皆さんと分かち合いたいこと・・・

それは「どんな人と囲まれて暮らしたい?」

またはどんな風に人生を過ごしたい?

 

こんなことをシェアできたらと思います。

 

 

=======

 

側にいて、気持ちがリラックスできる人と過ごしたい?

自分に刺激を与えてくれて

興味を持ち続ける人と過ごしたい?

 

何かを与えてくれる人、安心とか・・・

なんでしょうか・・・?

 

 

超大雑把に言えば自分にとってポジティブな

エネルギーを感じる人と居たいな・・

そんな方が多いのではないでしょうか?

例えば辛さを与える人と答えたとしても

これをたどっていけばこの辛さを乗り越えると

自分が成長できるとか

何かしらの最後には自分にとってのダメージだけを

与える人ではないはずですよね。

 

 

これは「どう生きていきたいか」にも繋がりますし

「どう自分が在りたいか」にも繋がりますし

「何を大切にする人生」かも見えてきます。

 

もう十分なお金や健康もあり、悩みもなかったら

シンプルに自分はどう在りたい?どう生きたい?

 

私たちは好きなように生きるために

「お金」「健康」「パートナー」などをまずは得ようとして

そこで色々な苦しみや葛藤を抱えてしまいがち。

 

それが手に入らないと「好きなように生きることができない」

そんな風に感じていませんか?

 

まずは・・・

少し逆の視点から「どう在りたい?」「どう生きたい?」

それはなぜ?

私は何を感じたいの?

 

 

========

 

上記はじっくりと静かな空間、リラックスできる場所で

頭で答えをすぐに出すというよりは

何度も「で・・本当はどんな感じ?」

「それもいいね〜、でも本当はどうしたい?」

 

もうこれ以上出ない・・というところまで

出してみませんか?

 

 

そしてこの答え自体は変化してもいいし

1ヶ月前と違ってもいいのです。

 

自分が自分の「今感じていること」に

もっと興味を持ってきちんと知ってあげませんか?

 

 

いつも応援ありがとございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
10
8月
2019

「自分の観察」が出来るメリット

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお過ごしでしょうか?

 

今日は「自分を観察する」について

皆さんとシェアしたいと思います。

 

まず、私たちは傷ついている自分がいますよね。

そして、傷ついている自分の声を聞いてあげたり

それを見ている今の自分がいます。

→じつはこの2人に気付いている「気付きの意識」があるのですが、

(この視点が非二元、悟りの視点)

 

今日は「私」がいることが前提での「個の癒し」の視点から

書いていきますね。

 

=======

 

① 傷ついている過去の自分

② ①を眺めて分かってあげている私

 

この①と②の付き合い方が上手くなると

観察力が育っている事にもなりますし

その①が抱えていた傷を

どんな風に本当は感じているのかが

客観的に見えてきたりします。

 

例)

15年連れ添った犬のラッキーが病気で虹の橋を渡った。

私は日を追うごとに悲しみが増え、

二度と会えない辛さがしみて

散歩道や良く寄っていた公園に近寄れない…

ラッキーと仲の良かったケンケンの顔が見れない・・・など

 

 

①は喪失の悲しみを抱えている悲しみそのものの私

②どんな思いや感情を抱えているかを

分かってあげている私

 

この①と②の距離感が離れ過ぎている場合

ちゃんと感じられないし

①に余りにも溺れてしまう時は

実はちゃんと客観視できていないということになります。

→それなりの人数で「同化型」の方がいます。

 

同化して感じる体験を増やしても

傷が広がる場合もありますし、

こじらせている場合もあるので

→自分ではケアをしているつもりなのに

 

①と②の距離感と掴み方の練習は大切。

 

自分の声を聞いてあげる時には

②の立ち位置から①の私を見てあげましょう。

 

もし、同化してしまって感情と自分が

一緒になってしまったら、

身体を良く感じて②に戻りましょう。

 

①の私が抱えている心の傷=思い、感情、体感覚を

②の私がホールドしながら観察します。

②の私が①と対話です。

①のなかだけで対話がぐるぐるしないように気をつけます。

 

今日のあなたからはどんな①の私が見えるでしょう・・・

②で留まって①をどのぐらい眺めることができるかが

キーとなります。

 

同じ空の下で繋がっているあなたと

今日もそれぞれの場所でファイティン♡

 

心の仕組みを本格的に知りたい方はこちらから

8月はあと1〜2名残となります。

 


心理カウンセラーランキング

Read More
07
8月
2019

生まれて最初に出会う社会は「家族」

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「家族」について

皆さんと分かち合いをしたいと思います。

 

家族・・・

今、一人の方も、複数の誰かとともに生活している方も

自分が生まれた時には大抵は「家族」の中に

生命を受けていますよね。

 

生まれてすぐに親が失踪とか

何かの事情で預けられたなど・・

色々な形はあれど、最初に出会う人間関係が

「家族」であり、社会が「家族」。

 

ここがどんなものかで「人間って・・」

「世の中って・・」

「世界って・・」と学んでいく場になりますよね。

 

その親も、どこかの家族に生まれてそこで育ち

ある意味「完璧な温かさ」「完璧な自分肯定」のみの

「安全だけで育った人」などはいないでしょうが

 

ここの影響力は大きく、否めません・・・

しかも家族は自分では選べない・・

 

=======

 

もし、自分の中に「こうして欲しかった」

「これは分かって欲しかった」

「信じて欲しかったのに・・」

これさえあれば良かったのに(それがなかった)など

 

小さな自分がこの感情や思いを持っていたら

ここの声を聞いてあげましょう・・・

 

①静かに目をつぶり深呼吸を3回します

(しっかり肺が膨らむ感覚や、息を吐く時に肺から出て行く感覚も感じます)

 

②適当で全く大丈夫。まず、小さい頃の私をイメージします。

何歳でもOK.

 

③出てきた子供時代の自分はどこにいる?何を感じている?

少し会話をしてもいいでしょう

 

④近くに母親がいるとしたら、母との距離は?

私は母に声をかけやすい?何を感じている?何を伝えたがっている?

 

⑤一度、母のイメージを消して今度は父親でも同じバージョンをしてみます

 

⑥今度は両親揃うと2人の距離は?2人の表情は?

その2人をみている私は何を感じている?思っている?

 

 

========

 

ここで感じていることは

家族の中でも感じていたことなので

この目線で世の中や社会を見ている可能性が高いです。

 

⑦この家族で育った私に何と声をかけてあげたい?

 

⑧この私の「真の望み」は何?

 

ここもよ〜〜く感じてみましょう・・・

すぐに答えを出さずに身体を通じて感じてみます。

 

キリのいいところで深呼吸を2〜3回して

目を開けてお部屋に戻ってきます。

 

 

いかがだったでしょうか?

アクセスの慣れや、どの部分に繋がったかにもよりますが

涙がブワ〜っと出てくるときもあるでしょう・・

 

自分が自分の思いに気づく・・・

自分への愛情、ケアに勝るものはありません。

 

今日も繋がっている空の下

それぞれの場所でファイティン♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.