子育て

15
7月
2019

自分に優しくできた分だけ他者にも優しくなれるとは?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は題名にも書いた通り

「自分に自分が優しくできた分だけ

他者にも優しくなれる」について

皆さんとシェアできたらいいなぁと思います。

 

この言葉って他にも表しかたがあるとしたら

【自分を許した分しか他者も許せない】

【自分を愛した分しか他者も愛せない】

 

これは本当だろうか…と自問と体験を振り返ってみます。

 

========

 

私はこう見えても(実際にお会いして話したことがある人しか分かりにくいですよね)

多分、優しい。

子供とも色々あったし、パートナーとも色々ありすぎた…

離婚やシングルマザーで一人で育てなきゃいけないプレッシャーがあり

そんな自分への否定感が強く

それを感じないために頑張り続けて

誰かに認めて受け入れて欲しかった。

 

で、実際に人に優しさを届けていたし

頑張ってそうしなきゃと努力していた

こう言った場合は自然と優しくしたいといった感じよりは

優しくするべきといった

無自覚での頑張りで作る優しさがベース。

 

しかも相手に喜ばれると本当に自分の頑張りは

全く気付かずにむしろハッピーだったりする状態。

 

これがダメとか悪いと言うわけではなく

もちろん良いのですが

このパターンはいつかは破綻しがち。

頑張って続けているものは身体が疲れたり

余裕がない時に更に相手が欲しがったりすると、

怒りが爆発しがち。

 

私こんなに(無理して)頑張っているのにもうあげれない。

なんで分かってくれないの?

まだ欲しいの?

当たり前じゃないんだよ〜

 

こんな風にひどい場合は相手に怒りが向いたり、

攻撃に転じやすい。

 

一番分かってあげたいのは

自分自身が何を感じているからこそ

優しくしようとしているのか…

そうしなかったら何を感じるから?

 

自分が大変なのに誰かを助けようとしていたら

ちゃんと立ち止まって自分に聞いてみる。

 

そこに出てくる声は一つ残らず全部聞いてあげよう・・

大切な理由や訳を携えていたからこそ

そうして頑張ってきた私がここにいる。

 

上記は「まずは自分から」という意味でもあります。

自分の土台や安定なしに

他者を救い続けることやナチュラルな

愛を届け続けることは難しいですよね。

 

*その自分でい続ける=

やり続けることだから・・・

 

飛行機の緊急時に酸素マスクも

まずは子供連れの母親に

「最初に母親が装着し、次に子供へ」の

インフォもそれと同じ。

 

母親が無酸素で子供は救えないし

母親がしっかりした状態で初めて子供を守れますよね。

 

どうしても初めに「私より相手」となりがちな時

ここに留まり自分の声を聞いてみませんか?

 

今日も同じ空の下、どこかで繋がっているあなたと

ファイティン♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
03
7月
2019

イメージの凄い力

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

こちらソウルは快晴。

湿度も低く爽やかな朝です。

 

 

今日は「イメージ」について

みなさんとシェアしていきたいと思います。

 

どのぐらい私たちが

イメージに影響を受けて、物事を感じたり

考えたりしているかを再度感じて見ませんか?

 

 

********

 

例えば自分が全く食べたことの無い

スイーツの話を聞いたとします。

「今ね、ソウルで行列必須の◯◯って知ってる?」

なんだか、こういったものかなーと

一生懸命に情報を取り入れながら

頭の中でイメージを作りませんか?

 

例えば、うちの子の担任の◯◯先生って

この前、こんなことがあって

凄い厳しい感じしない?

うちの子のクラスじゃなくて、良かったわね〜

 

で、実際に◯◯先生と会うことがあり

何か関わりを持った時に、親切だし目が優しかったなど…

あれ?今まで持っていたイメージと違うぞ、とか経験ありませんか?

 

大好きな小説があり、主人公に恋をしていたとして、

勝手に顔や身長や髪型など思い描き

相手役の女性もこんな感じ…とイメージして読んでいたら

映画化された配役に余りにもストーリーの印象まで変わるほど

「え?こんな声?こんな顔?こんなこと言うんだ」・・

 

頭の中の感じていた世界と違ったことはありませんか?

 

********

 

私たちは実際のそこに在るもの

何が起こったかの事実よりも

そこから頭の中で自動的に変換した

自分らしいイメージ、解釈、意味付けの中で真剣に生きていて

 

そこから発生する感情や思いを

真実として取り入れています。

 

もちろん私も…笑

 

例えば、イメージの中にいる自分が

酷い目にあっている被害者で

誰にも助けて貰えない存在だとしたら

それが私なんだと本気で思い込み

 

ずっとそのエネルギーと共に生活を送っています。

→無意識レベルで

 

本当にそこに弱い私やダメな私や

誰にも助けて貰えない私がいるわけでは無いのに…

 

イメージを事実と思い込む所に苦しみの所以があります。

 

セッションでは頑強に作り込まれた

あたかも真実のような私が

どうやってこのイメージを保持しているのかや

どういった理由から作られたかを

見つけて解体していきます。

 

そしてそこにくっついている感情も

いくつもの層になっているので

解いていきます。

 

全てがある意味幻想だとは驚きませんか?

膨大なエネルギーを持ったイメージは

本当にパワーがあるのです。

 

逆に言うと、ここにポジティブなイメージがある人は

→「自分には力がある」

「自分は周りから助けてもらえる」「愛されている」など

 

実際にはどうであれ、「それが真実」となるのです。

 

今、自分がどんなエネルギーとともに生きているのかを

チェックしながら

自分に生きやすい世界を自分に与える事が

十分に可能です。

 

今日も温かな優しい1日をお過ごしくださいね。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
29
6月
2019

慢性的にずっとある悩みの構造

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は慢性的な悩みについて・・・

いつもなんとなくずっと感じている不安感や

怖さやなど・・・

 

そういったものはどういった構造になっているかを

みなさんとシェアしていきたいと思います。

 

 

=======

 

例えばAさんはずっと自分で何かを決める事が苦手。

今回も引っ越しがあったのですが

引っ越し前に色々と自分なりの家具を探し

検討してある程度は決めていました。

 

が、実際に見ようと売り場に行くと

一緒に付き添ってくれていた友達が

「これに似ているのにもっと安いのを他で見たよ」とか

「さっきの方が便利じゃない?」

 

何気ない一言で決める事ができずに

結局、引っ越し前に家具を買えずに

不自由な暮らしをしていました。

 

Aさんは頭では「少しづつ揃えればいいや」とか

「昔よりも迷いが減っているからいいや」と

一生懸命に自分を庇ってはいますが

本当はもっと決断力が欲しいし、それを同僚や上司にも

指摘されていました。

 

=======

 

Aさんの心の仕組みはどうなっていたのでしょう・・

 

小さい頃から実は蓄積されていた思い出が

沢山の層になっていて一つ一つは小さな事でも

決められない理由がかなりのボリュームで見えてきました。

 

「私の決めたことは本当にあっているか自信がない」

「私の決めたことは必ず後悔が残る」

「私の決めたことは周りに迷惑をかける」

「私は騙されやすい人」

などなど・・

 

人生の中で上記の思いを感じた時間が

多ければ多いほど、自然と蓄積されて

それが自分の中では事実となっていきますよね。

 

こういったビリーフやセルフイメージを

しっかりと数十年抱えていきているので

むしろ「すぐに決めれないこと」は

Aさんにとってナチュラルなんです。

 

どうやって決断できる人になるか・・・よりも

なぜ決断できなかったのかを探してから

そこにある感情や思いと対話していく事が

→セラピー併用

「本当の意味での行動の変化」へ繋がります。

 

決断する事で何もまずい事がなければ

自ずとそれに見合った考えが出てきて

行動が伴うのです。

 

こういった時間がかかって蓄積されたテーマは

すぐに変化は難しいのですが

見つけた分だけは必ず行動に現れてきますし

自分が自分を理解できる事で

優しい眼差しを持つ事ができます。

 

自分への理解=自分への愛情

 

今日も優しい1日をお過ごしくださいね♩

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
25
6月
2019

「やる気のない親子」と思われたくない

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

最近、若い子育て真っ最中のママたちに

会うことがあり

 

そんな場ででてくることは子育ての悩み…

うちの子はちゃんと決めたことを守らないんです…

習い事を始めても

練習しなくてすぐに次のレッスンが来てしまうんです…

 

好奇心旺盛なのでほぼ毎日のように習い事に明け暮れているけれど

いつかこの子がパンクしてしまうのではないか…心配です…

 

いわゆる出来ていても、出来ていないことでも、

心配が尽きない子育てですよね。

 

何が一番、気になっているんだろう…

何が一番嫌なんだろう…

 

つい、子供をどうしたら良いのかとか

どうしたら気分の切り替えが出来るのかを考えてしまうけれど…

 

気になることがあるのに気持ちを切り替えてしまえば、

そこに本当は感じて反応している私を

抑えていなかったことにしてしまいます…

 

反応はそこに「たしかにある」のです。

なぜその感情や思いがでているのかを

分かってあげたいですよね。

 

 

========

 

子供にピアノを習わせているとします。

通い始めた教室の先生は優しくて、

娘が練習嫌いなのも知っていて

「ここで一緒に練習すればいいのよ」と言ってくれるのですが

我が子の練習嫌いが気になってしまい

毎日やきもきしている・・

 

そんなお母さんがいたとします。

→私もそうだったな〜(遠い目)

 

「いつやるの?」

「もう、ゲームやさせないよ」

「じゃ〜、ピアノやめる?そのほうがママはずっと楽!」

 

どうしても目線やっていない怠けている子供に向かい

ヤキモキ、イライラ。

気持ちを切り替えるために自分が他の用事をしたりしているけれど

それは実は逆に自分を追い詰めています。

 

本当は今、無理にでもピアノに向かわせたいのですから・・

 

=======

 

何が起こっているのでしょう・・

私は何を本当は感じているからこんな毎日を過ごしているの?

 

彼女の場合は、自分たち親子が先生に

「この親子はやる気ない親子」だと思われたくない。

先生に対して申し訳ない感じ・・

 

「先生に対して」の気持ちが彼女のヤキモキとイライラを

作り出していました。

もし、先生が本気100%で「本当にここで練習すればいい」ならば

子供が練習しないで次のレッスンでも

(上手にはならないけれど)ヤキモキ度は減っていました。

 

子供をどうにかしたい気持ちの下には

自分が感じたくないこと、否定していたり、嫌だと思っている

そんな訳がこうしてあるのです。

 

そして先生の優しい言葉が「あぁ、だらしない親子の認定だ」とまで

解釈が自分の中で起こってくるのです・・

 

 

自分の中の感情や感覚、思いは

必ず自分特有の、「辻褄のあった理由」があり

それは思考ですぐに考えて答えが出せるものとは

「しっくり感」「腑に落ちる感覚」が違います。

 

そしてそこにある感情はセラピーで対話して動かしていきます。

→辻褄だけ見つけてもすっきりしないのは

「感情」がそこにくっついているため

 

私だけの大切な辻褄の合う理由

そこにずっとあった叫び、出せなかった声を

一緒に見つけ出して救出するのが癒しであり受容。

 

自分への愛の一つの形・・

 

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
24
4月
2019

親から愛されていると気付くまで

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

旅行から帰宅して花粉のないソウルから

マスクなしで空港から自宅までつい過ごしただけで、

激しいアレルギー反応で体調を崩し気味でした。

 

生まれて初めて閃輝暗点というものまで体験し、

ブログも休んでしまいました(>人<;)が・・・

 

前だったら絶対書かなきゃとか

「べきべきマン」の現役力が強すぎて

無理してアップしていたかもしれませんが

年齢のお陰さまなのか、ワークの効果なのか

自分にゆるく、優しくなりました。

私、変わったね〜・・・笑

 

========

 

さて、なんでこの題名にしたのか…

こちらの記事を読んで…思わず浮かんできたのです。

 

そうだよね…

私たちは様々なバックグラウンドがあり

家族と言っても、親と言っても

全く同じイメージを持っていることはありません。

 

優しい親といっても何がどんな風に優しいのか、

または厳しい親と言っても

何がどんな風に厳しいのかは

同じ親の子供同士でさえ→兄弟同士でさえ

捉え方、感じ方、受け取り方は違うのです。

 

 

なので「あの時、お母さん、すっごく怖かったよね、傷ついたよね〜?」と聞いても

同じ温度でその場にいた兄弟が

共感しているかどうかは分かりません。

 

 

その人それぞれの

その人の絶対真実の「私の親はこうだった」シリーズは、

そんな訳で◯◯だからこうしたら良いよとか、

こう思えば良いよでカバーし切れないのですが

 

一つ言えることは

「何故、それが絶対そうだ」と思ったの?

「どうしてそう感じたの?」

ここを本当に辛抱強く聞き続けて対話し続けて行くことで

深いテーマに移行した場合はセラピー併用で進めると

今まで気付かなかった自分の真実の声を見つけることができるでしょう…

 

私自身、親に「良い子で自慢の娘として存在していれば愛される、イコール

迷惑を掛けたり面倒な存在になったら要らないって思われる」と

全くの無意識でがっつり思っていて

そこにはとても深い怖さがあったので

 

なかなか「親の真の姿」も自分のフィルターからしか

感じられませんでしたし

「私自身が本当はどうしたい人」なのかも

見えなかったのです。

 

親の愛を失いたくないと子供の私は思うので

そのための行動を必死で取るわけです。

 

湘南乃風・SHOCKEYEさんも私も時間がかかっていますし

1回の何か出来事やセッションで変わるのではなく

じわじわと変容を繰り返しながら

「あれ?前はもっと自分、反応していたのに?」みたいな

そんな変化が起きています。

 

「私の親はこうなんだ!(それも絶対に)」は

時間がかかって当たり前。

エピソードもてんこ盛りですし

証拠もたくさんあります・・・が・・

 

いつからでも自分の傷を癒すことは可能です。

 

自分の傷が一息つくと、親への見方、感じ方も

もれなく変化し、関係自体のあり方も変わるでしょう。

 

自分がそれを望んだ時が始めどきです♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
20
4月
2019

誰かの機嫌を損ねたくない・・

おはようございます♪

昨夜、日付が変わるギリギリにソウルから帰宅しました。

今朝、皆様はどんな土曜日の朝をお迎えでしょうか?

 

今日はもっと疲れているかな・・と思ったものの

お掃除、お風呂に入り、簡単なお料理もし

今、パソコンに向かっています。

 

セッションは午後から開始。

 

やっぱりセッションが好き・・・

やっぱりアイデンティティーの一つとして

仕事という名の自分のしたいことをしている時が

「自分らしさ」を感じた旅行中でした。

 

=======

 

さて、よくあるこれもテーマなのですが

最初は「夫がこんな風に我儘で一緒にいると疲れるんです」とか

「子供がどうしても言うことを聞いてくれないんです」とか

「上司がこんな人で私はいつも世話役なんです」とか

「友達のいいなりになってしまうんです」とか・・・

 

こういった悩みが入り口だったのですが

心の中の自分では気づかない想いの一つに

「相手の機嫌をそこでたらダメ」と言うのも

それなりにあったりします。

 

テーマとしては=顕在意識で通常の頭の中の声では

相手に対する不満や怒り、いつもそうだと言う

悲しみや絶望感などくっついている感情も様々ですが

そもそも「何故、それを続けているのか」といえば

その下に「相手の機嫌を損ねたくない私」がいるからなんです。

 

*「相手の機嫌が悪くなる」こと自体が何を意味するのだろう・・・

*「相手が機嫌が悪くなるのは誰のせい?」と感じているの?

*「相手が機嫌が悪くなると何が起こりそう?」

 

この辺りの問いを静かに・・・じっくり・・・

身体の感覚もキャッチしながら自分に聞いてみませんか?

 

すぐにペラペラ出てくる頭の中のストーリーの声ではなく

よ〜く探ってみましょう。

フォーカシングもオススメです。

 

出てきた声と自分の中の「腑に落ち感」や

しっくり感がマッチするかどうかも何度もしてみましょう。

 

私はこの心のことを学ぶ前は、自分のことは

自分が一番よく知っていると思い込んでいました。

それなりの回答も持っていて合っているつもりでしたが

出てきた答えがいくら合っていても

 

現実がすっきりしないし、繰り返されるのです・・・

 

ここには感情もくっついていますし

もっとその下に捉えきれていない声があるのかも知れません・・・

本当にそれでOKであれば実際の人生も変化し

感情もリラックスした体感覚もあるはずですよね。

 

セラピーと心の深くにある見えない声を探す

気づきの問いかけとの併用で

さっきの「*」の問いが更に解けて見えてくるでしょう・・・

 

私の中の本当の理由、訳・・・

そこには健気な大切なものが必ずあります。

これを見つけて感じると・・

 

どうなるかは是非体験してみてくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます♡

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
05
4月
2019

盲目的に誰かを信じている時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は盲目的に何かを信じていたり

誰かを信じている時・・・

そこに何が起こっているかを皆さんと

分かち合えたらと思います。

 

 

=======

 

自分が弱っている時・・・

誰かに助けてほしい時・・・

凄く困って自分ではどうにもならない・・・

力がないと感じている時・・・

 

 

そんな時が人生の中で一度や二度は

経験したことあるでしょうか?

 

そういう時ってもう、目の前に解決できそうな言葉や

支えてくれそうな場所や人がいると

その言葉を「盲目的に」信じてしまう事ありませんか?

 

言い換えればそんな時は自分に何が起こっているのでしょうか?

 

それは自分の考えを持てなくなっている時。

「自分がない」「自分不在」が起こっています。

 

こんな時は本当に不安定でぐるぐる、ゆらゆらしっぱなし。

相手次第、状況次第で自分の状態が決まります。

➤これがいけない事というのではなく

自分が「気づくこと」がポイントです。

気づきながら誰かの言葉を求めているんだという

客観視が出来たら、それは既に「盲目的」ではありません。

 

 

自分の考えがあり、自分で考える力があれば

「今は何も進まなくとも」そこから何かが育ったり

留まって感じる事も出来ます。

 

ポリヴェーガル理論的には

社会系の方の副交感神経に行けていない状態の時。

➤ポージェス博士が発見した哺乳類独特に持っている

横隔膜から上の方の自律神経。

人が集まる、笑う、音楽を聴いて踊る、人の話が聞ける

声を出す、歌を歌う・・・

 

全てがこの横隔膜からの上の自律神経が活発に活動している時

リラックスや緩み、安心安全が感じられている時に

私たちはホッとできます。

そしてこんな時に次の行動や自分の考えや

自立した行動や感謝なども持ちやすくなりますよね。

 

大好きな尊敬できる誰かの言葉も自分の考えを通じて

盲目的に信じるのではなく

ちゃんと「自分を通じて感じる」事が出来ます。

 

揺れないし、流されない感じ。

 

そしてより相手を尊重できます。

 

お互いが自立しあっていい感じで助け合います。

 

もし、自分が「あれ、おかしいぞ」と感じたら

自分が自律神経的にどんなところに居るのか

そこからチェックで来たら素晴らしい♡

➤これはすでに「自分が在る状態」

自分不在になっていないかを気づけたら素晴らしいです

 

参考コラム、ここからどうぞ

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
04
4月
2019

誰かを支えてあげたいときのヒント

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

先日も書きました通り、私は月一で

HRA主催の家族会のファシリテーターとして

場所は東京になりますが活動もしています。

 

不登校、引きこもり、うつ、依存症、そのほかの心の病、

精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方への

色々なお話を聞くことから

心理セラピストの観点で何かリフレッシュや

ラクになるヒントやレクチャーなど

行っております。

 

こういった「ケアラー側」の方との中で見えてくる

一つが「相手の気持ちをラクにしたい」とき

何がそこに起こっているか・・・

 

これはケアラーだけでなく、実はどんな人間関係にも

使えるヒントでもあります。

 

ここをみなさんと分かち合えたら‥と思います。

 

=======

 

もし、自分がケアしてもらう側だとします。

どんなケアだと安心しますか?嬉しいでしょうか?

 

どんな見守りが欲しいでしょう・・・

 

では相手があれこれ(良かれと思ってですし、愛情ベースでも)

何かをしてくれると、なんだか

「相手の期待に応えなきゃ」って感じませんか?

 

勝手に相手がしているから別にいいや。って

思いにくいですよね。

 

そして相手の期待に応えたら、なんだかもっと

親密になれたり、深いつながりや愛がもらえる感じも

しませんか?

 

こういったベースが自分側にあると・・・

何が起こってくるでしょうか?

 

それは「NO」「出来ない」「それは好きじゃないの」

「やりたくない」・・・

こういった言葉が言えなくなりませんか?

 

=======

 

究極に私たちが安心できる時・・・

それは「自分のNO」が受け入れられていると感じたとき。

これは言い換えると「ありのままを認めてもらった感覚」

 

自分の「NO」が聞いてもらえないんだ・・・

伝わらないんだ・・・

または拒否された…と感じたらどうでしょう・・・

 

とても怖かったり、悲しくなりませんか?

 

「相手のNOを受け取る事」は実は自分側にも

充分な安心やスペースが無いとできません。

 

自分自身の経験からも「相手に変わってほしい時」は

相手のNOを心から受け取れませんでした。

 

受け取るフリ、理解しているフリは(無意識ですが)出来ても

そういったエネルギーって相手に必ず伝わります。

➤不登校でもこのままずっと家にいていいよとは

作り笑いでしか言えなかった気がします

 

特に相手が繊細なタイプですとなおさらです。

➤相手は自分のココロを敏感に察知する能力が高いです

 

まずは自分の平和と安心安全は一番の基本。

ここがしっかりあれは

「相手のNO」を待ってあげる余裕や理解が

本当の意味で深まり、それが相手の安心に繋がります。

 

相手を安心させるためにはまずは自分自身の安心から♡

凄く遠回りして、凄く抗った経験からこれは本当、事実。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
13
3月
2019

本当の「気づき」のパワフルさ

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

朝日が眩しい1日の始まりです。

 

今日はとても嬉しかったことがあったので

私の思いっきりのシェアですが

読んでくださっている方々と分かち合いたいと思います。

 

=======

 

もう3年?ぐらいでしょうか・・・

継続で通ってくださっているクライアントさんがいます。

今もまだ癒しの途中ですが

症状としては過食嘔吐、鬱、アルコール依存

入退院を繰り返し、躁状態になって体調を崩し

また落ちる…という繰り返し。

何度も死んでしまいそうになりました・・・

危うさがいつもありました。

 

 

色々、見えているものも多かったのですが

一向にキツイ状態は収まらず、自分が良くなる気がしない

セラピーをすると眠気が出て本当に寝てしまうし

全くピンとくるような変化が掴めなかったのです。

 

ところが今日、初めて真の感じたくなかったものが

出てきてくれて

「自分が認めることが出来ました」

「気づくことが出来ました」

➤頭の理解を超えた気づきは大きな力を持っています。

 

彼女のこれらの症状は全てが

「物凄い淋しさ」から出ていて、家庭の中でも

人生の中でも居場所を感じたくて・・

みんなにかまってもらいたくて・・・

大切にされたくて・・・

もうそれが全く得られなかったからこその

真剣な勝負、戦いとして

それらの症状が出ていたのでした。

 

「自分が寂しいだなんて」絶対にそれは認めたくなくて、

感じたくなくて

全力でそういう「寂しさを出す人」を否定していて

被害者である自分VS加害者である家族の世界でいました。

 

両親も、夫も、子供も義理の両親も

全ての家族は自分の頭痛の種で苦しみの根源で・・・

ずっとそう思って生きていました。

 

戦いはやめることが出来なかったのです。

 

 

それが本当の意味で「気づいた」「理解して受け入れた」瞬間でした。

自分を受け入れる=自分を愛することがこれほどパワフルなんですよね・・

改めて実感です。

➤通常にそこに在る感情は何ですか?の問いに対し

「悲しみです」とか「怖さです」のような頭での受け答えではなく

本当にこの感情があったからこそ、それを感じないために

今までの行動が必要だったことがドミノ倒しのように

広がっていく、腑に落ちて浸透するような感覚です。

 

 

そして初めてと言ってもいいぐらいにセラピーも

眠気が出ずに、自分の本当に気づいたほうがいいところに

意識が向かうことが出来ました!

 

あぁ、彼女には時間が必要で

今までの数々のセッションも必要で

今日がまさしくタイミングだったのだ・・・

 

まだまだ

全容は解決していませんが

180度変わったような大きな気づきを

ご自身が受け入れて許している時間は

私も心から拍手を送りたくなったのです。

 

Aさん・・・

良かったですね・・

これからもよろしくお願いいたします<m(__)m>

どんなに辛くても諦めずに伴走、任せてください!

セッションは二人三脚です。

心から応援する事しかできませんが

本当に良かった!!

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
05
2月
2019

今は会えないあの人へ・・・

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

昨日は暖かく今日は急に10度低いとは

体調、崩されませんように・・・!

 

=======

 

 

今日は「今は会えないあの人」について

書いてみたいと思います。

 

もしかしたらその人は既に亡くなっているかもしれません・・・

もしかしたら生きていても今回の人生では

色々な事情から二度と会えない人かもしれません・・・

 

連絡の取りようがなく・・・

または連絡は何かのつてで取れても

面と向かって会うチャンスのない人かも・・・

 

こういった人がいて、本当はこの人と

ちゃんと話をして自分の気持ちを伝えたい・・・

 

そんな人がいる方、いらっしゃいますか?

 

切れてしまったと思った縁や

後悔も気持ち、罪悪感に対してのワークです。

 

========

 

まずは自分の気持ちをじっくり探りましょう・・・

早く、なんでもいいから自分の中にある

「罪悪感」や「後悔」をなくしたい、消したい。感じたくない。

そんな思いがあったらまずはこちらから聞いてあげましょう。

 

*この罪悪感や後悔は辛いよね・・・

これがずっと続いたら私はどうなりそう・・・?

どんな自分としてこれから生きていく感じ?

➤それは嫌だよね。一刻も早くらくになりたいよね・・

そうだったんだね・・・

 

 

*もし、まだまだその相手に対して怒りや恨みがったなら

一杯聞いてあげましょう。

ノートに書き出すのも効果的。

自分の想いを頭の中だけで流してしまうのではなく

客観視できる有効な方法です。

 

*上記を「許さなくていい」「ずっとあっていい」と

自分が本当に思えているかを探ってみましょう

(身体を通じて本当にそうしたいと感じているか)

思えないところが微かにでもあれば、それを丁寧に見つめたいからです。

思えなくても良いのです。

➤本当にそれを持ち続けている側の事情を分かってあげたら

「早く手放しなよ」とは言いにくいですよね・・・

私は自分へのワークの時にはよくこのフレーズを使います。

 

「そんなに傷ついたなら・・・忘れなくていい」

だってそれを忘れてしまったら相手を赦すことになると感じているなら

赦さなくていい・・・。

私がちゃんとあなたを(心の中の自分)分かっているからね・・

許せずにずっと苦しかったのはあなただったね・・・

 

 

まずはこういったワークに関しては自分側にあった傷が

癒されている、緩んでいる(回復されている)ことが

大切なんです・・・

 

自分がズタズタのまま相手を赦す、または感謝を伝えるなんて

出来ないですよね?

 

今日はこういったワークの前半「自分側編」であり

丁寧に始めるための下準備を

お伝えしてみました。

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.