悩み

16
7月
2019

誰かの何かでいたい衝動

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

7月なのに気温も低く、梅雨明けもまだな今年・・

自然のリズムを信じつつ

涼しいのは嬉しいのですが心配ですね。

 

今日は街を歩いて視界に入る

カップル、親子・・・

時期的に街頭演説など・・・

ふとそうだなぁと感じたことを

これを読んで頂いている皆さんと

シェアして行きたいと思います。

 

=========

 

私たちは良く見つめてみると

誰かの何かでいたい…

そんな気持ちはありませんか?

 

*子供の良き母親でいたい、父親でいたい

*パートナーの良き理解者でありたい

*弱きものの支えになれる自分でいたい

*(親から)愛される子供でいたい・・・など

 

特別な誰かの特別な人でいたかったり

みんなを先導するような自分でいたいかもしれませんし

(例えば民を守りたい、政治家として国を守りたいとか)

自然や動物を守りたいかも知れません…

身近な誰かの何かでありたい…かも知れません…

 

それが手に入った、近づけている時には

なにを感じているでしょう…

 

または何か事情があり

どうしても遂行途中で離れなければならなかったとしたら

何を感じそう…?

 

例えば、私は離婚した事で

子供に対しての沢山の罪悪感を抱えていました。

どうして「罪悪感」を持ち続けるの?と自問すると

罪悪感があれば「私はこの子の親だと感じられる、母親でいられる」と…

また罪悪感と言う「感情の名前」のレッテルを外してみると

それは私が子供に向けている愛情でもあったり…

→罪悪感=愛情(レッテルの違いのみ。同じエネルギー)

 

私はとても「母親でいたい」し

「子供への愛情を持ち続けたい」存在ならば…

とことん、それを支持して受け入れて肯定してあげて、

続けさせてあげたくなったのです。

 

罪悪感を持ち続けていいよ…

罪悪感が無くならなくていいよ…

 

本当に心から「罪悪感の私にもたらす役割」が見えてくると

体感覚も違ってきます。

 

私を含め、人間が持つ「誰かの何かでいたい」思いは

それでとても苦しかったり

分かって欲しいとか

そこを離れなきゃいけないときは私を忘れないで欲しいとか

(死が分かつ場合もありますよね)

色々なメッセージがありますが

 

沢山の声そのものが

なんと愛しく健気なものか…

 

一生懸命生きている証そのもの…

 

いつもこの子達(感情、思い、声、記憶など…)に出会うと

無条件のハグをしたくなります。

 

同じ空で繋がっているあなたと

それぞれの場所で今日もファイティン♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
12
7月
2019

その悩みの本当の理由はなんだろう〜健康編〜

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は私たちの悩みって実は表面的には

「ここ」って思っていても

よく探って潜在意識の声を聞いていくと

「そこじゃない」ことがよくあるのです。

そんなお話をシェアしていきたいと思います。

 

=======

 

例えば「健康食品のCMを見るとつい買ってしまい

続かないし効果もそんなに得られていないんです。

どうしてこれ、止められないんですかね・・」

 

どうやって「買うのを止めるか」って思考的には考えますが

なぜ「買いたくなるのか」の理由が残っている限り

抑圧して「買わないようにしているだけ」ですので

本当の意味ではラクになっていませんよね。

 

また有機食品やbioにこだわり過ぎてしまい

外食するときにもなかなか選べない・・とか

買い物の時に神経質に裏の表示を見てしまうとか・・

 

これって根底にどんなものがあるのでしょう・・

 

ある女性は自分があまりにも健康に気を使いすぎていて

体重管理や自分の身体に取り入れるものに対して

やり過ぎだ・・とはわかっていました。

 

ここを見つめていくと

「毒されたくない」

「働けなくなってしまう」

「自分で自分を守らなきゃいけない」などもありつつ

一番は「自分で自分を養わないと誰も助けてくれない」と言った

「働けなくなる事」への恐れが見えてきました。

 

彼女は色々な人をサポートしていますし

人望もありますし、仕事も自営が順調なのですが

いつも「自分一人でそれを守らなきゃ」という

普段は気づかない恐怖があり

 

しかも「自分は助けてもらえない」

「自分は一生懸命やらないと分かってもらえない存在」と言った

セルフイメージも見えてきました。

小さい頃から父親に「人の倍働いてなんぼだ」とか

「アリとキリギリス」の絵本も

キリギリスにだけはなったらダメと言った母親の読み聞かせなど

バックグラウンドもありました。

 

 

この自分を守るために=お金を自分で得るために

過度な健康への心配が出てきていました。

 

=======

 

もし、「自分は最終的には誰かに助けてもらえるし

守ってもらえるし、大丈夫」と言ったような

セルフイメージがあったら・・・

 

どんな風に健康に対して、食生活に対して

振舞ったり感じたりできるでしょう・・・

お金の得方や貯め方はどうでしょう・・

 

ここのセルフイメージが作られた過程も時間をかけて

それなりに自分の中では正しい理由としてあるので

ここの部分に対しての対話を続けていきました。

 

すると・・・

かなりの重さを背負っている私が2割だけ

肩の荷を降ろすことができ

残りの8割に対しても「背負わなければ」から

自由に重さを自分が決めていい・・・

そんな風に柔らかくなりました。

 

更に続けていくうちにもっと自由になり

「ご本人に一番ちょうどのスタイル」が構築され

厳しい自分だと感じたら緩めた自分も自由に出てこれる

「リラックスした厳しさ」が作られていきました。

→これこそ、彼女オリジナルの形。

 

自営業をしていく中では「完全ぐでたま」状態は

やはり心地よくなく

その方に一番ぴったりのスタイルが必ずあり

そしてそのスタイル自身も変化していいのです。

→本当の意味での緩み

 

そんな風に自分と付き合えたらいいですよね。

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
11
7月
2019

本当は私はどんな存在?自分を知るシリーズ

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか・・・?

 

今日は自分が無意識に嫌っているもの

受け入れたり許したくないもの

認めたくもないし感じたくもない・・・

 

そんなものが人生の中にどんな風に現れているかを

シェアしていけたらと思います♡

 

 

=======

 

A子さんは無意識でしたが自分が小さい頃から

人と違っていて好きなものや感じていること

選ぶものも受け取り方も違う・・・

朧げながら分かっていましたが

幼い頃はさほど気にしていませんでした。

 

ところが思春期になり、友たちにあからさまに

「あなたって変」

「普通そうしないよね〜」

「他の人の方がそれは出来ているよ」とか

 

茶化した言葉も含め、家族からも

「ほら、お前だけ違うんだから・・」とか

「どうしてその味が嫌いなの?うちの味なのに」とか

毎日自分でも「変なんだ・・」と刷り込んでいました。

 

そして仕事でミスをした時に上司が「あ〜・・やっぱりね」

「もっとしっかりみんなと合わせてやってね」

 

ヨガに行けば先生が「グラウディング弱いよね」

「なんか流されやすいでしょ?」と・・

 

みんなと同じでない合わせることのできない

しっかりしていない私はすごくダメなんだ・・・

そんな風に自分が自分を否定の目で

見るようになっていました。

 

「みんなと同じになること」

「変だと言われないこと」

「ゆらゆらしていない、迷いがない事」

 

自分と正反対が正しいような気がしていて

ずっと自分らしさを抑えてきました。

 

でも心の叫びを聞いていくと・・

「みんなと同じでないユニークな私が

心地よくて変えたくない。私らしさを奪わないで」

 

ずっと「私らしさを死守してきた」芯のある私が見えてきました。

 

私って本当は強いなぁ・・・

すごく芯がある人なんだ・・・

凛とした清らかさもそこからは感じられ

 

自分に対する見方が変化しました。

 

自分への眼差しはどんなエネルギーでしょうか?

理解している包みこむ眼差し?

信頼している?

赦している?

愛している?

 

自分への否定が出てきたら

眼差しのエネルギーを感じてみるといいでしょう。

そしてそのエネルギーが厳しいものだったら

どうして?何がダメな感じ?と聞いてみましょう。

 

すぐに答えが出る声ではなく(思考)

身体をよ〜〜く感じながら・・・

フォーカシングがオススメ

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
09
7月
2019

「自分に優しく」が難しいのはなぜだろう・・・

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

ここ数日は朝はアイスコーヒーではなく

温かい飲み物が心地よいですね。

 

最近マイブーム?なのは

自分に対しての優しさについて・・・

というのも

私自身がまだまだ自分に対して厳しいなと感じるから。

 

もちろん、スタート自体というか

持っているベースがみなさんそれぞれですので

(最初から優しくできる人ももちろんいらっしゃいます)

一概には言えないのですが・・

 

例えば「自分い優しくする」というと

どんなイメージを持たれますか?

 

過去の私は

*耳障りは良いけれど、本当に優しくすると

自分がダメになっていく・・

*甘えている感じ

*サボっている感じ

*時々はOK。これがメインだと堕落していきそう・・

 

などなど・・

 

でも今は少し変化して

*自分に優しさが増えた分、他者を許せる

*周りに目が向く

*動けるためには元気でないとダメ。

元気は優しさが源。余裕。リラックス感

*自分への優しさが少ないと疲弊してくる。

*怒りや不満が減る

 

 

などなど・・

 

なぜこんなに「自分への優しさ」への解釈が違ったのでしょう・・

ある意味心の仕組みから見ると当たり前ですが

厳しいほうが「とても正しくて」そうしていれば

自分を守れるし、生きやすいはずと思い込んでいたから。

小さい頃は大人に褒めてもらえたから・・・

 

その思い込みを強めていきました。

 

今はある意味「正しさ」が変わり

リラックスしたほうが

むしろ生きやすいことを体験し

こっちが自然に優先されるように変化してきただけ。

 

常に常に「自分にとって良いこと=サバイバルできる」しか

私たちは選んでいるつもりがないので

「今起こっていること」さえも

この視点で無意識に掴んでいるだけ。

 

「頭ではこうしたい」ことができないとしたら・・

「それをしたらどうなる?」

ここをしっかりと聞いてあげましょう・・

→良くないストーリーがあるからそれをしないだけです

 

良くないストーリーにある感情や思いやイメージと

対話することで(セラピー併用)

ここが変化すると

滞っていたものがないので自然にそれをしている自分がいます。

→ここで体験となっていきます。

 

丁寧に小さな声も見つけてあげたいですね。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
05
7月
2019

幸せは「楽しむこと」から始まる♩

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は昨日みた映画から…

【ジョナス・ブラザーズ 復活への旅】

実は全く彼らのことは知らなかったのですが

なんとなく、曲は聴いたことあるかな…程度なのですが

仲の良い3兄弟のバンド結成、成功、解散、復活を

ドキュメンタリーで見せている映画でした。

 

まず自分が楽しくなければ

幸せじゃなくなる…

続かないし、嫌いになったり

時には憎しみまで持ってしまう・・・

→ストーリーは解散後、再結成するまでが描かれていました。

 

そんなドキュメンタリーでした。

 

私たちは楽しむことをどうしても二の次、三の次にしてしまいがち。

自分に我慢を強いて◯◯するべきとか

理想の自分を作り上げてから、楽しもうとか…

 

いつから楽しい感覚を一番に持ってこれなくなったのか

人それぞれでしょうが

何かを得るためには「まずはそこに純粋な楽しみ」がないと

続かない・・

これは確かに実感です。

 

 

そして楽しいから発生する「幸せ」は

伝染するものだということも

改めて感じた映画でした。

 

今している事は、自分にとって

「楽しみのエッセンス」はありますか?

 

もし、これさえあれば、途中にある困難や苦しみも

きっと良い思い出に変わるはず。

 

私もこの視点で人生と関わり

結果よりも「瞬間の楽しみ」の連続を

積み重ねていれば、豊かな感覚になれそう・・

そんな映画でした♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
04
7月
2019

優しさのある暮らしっていいな♡

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はいつもと違う環境だからこそ

感じた事を皆さんとシェアしたいと思います。

 

今、ソウルにいるのですがすこーし前に

ツイッターか何かで話題になったシルバーシートのこと。

*自分も疲れすぎていて譲れなかったとか

*座っていた中年の男性陣がスマホをしていたのだけれど、

年配の方が来たら速攻で寝た…とか

 

確かにこう言った話題を目にしていたし、

実際にも東京では杖をついた人や妊婦さんにも

席を譲っていない光景を目にしました。

 

******

 

儒教の国だから?年配の方を敬うエネルギーが強い国だからか、

ドラマなんかでも確かに親や祖父母の意見には

逆らえなくて、一悶着あるストーリーが確かに多いですが、

実際に地下鉄に乗ると

絶対にと言っていいほど

シルバーシートには若い人は座らず

妊婦さん用のシートにも座らず

 

普通の席でも夫婦が居て奥さんが座ったら

若い子がすぐに席を譲っていた。

 

おばさんはありがとね〜と普通に返し

それに慣れている社会っぽい。

 

とても素敵な光景。

安心と優しさの風景。

 

色々と国同士ではあるし、

個人的にも全てがフレンドリーだけではないでしょうが

こんな日常の一場面がホッコリさせてくれます。

お節介ぐらいにおかずをご飯に乗せてくれるアジュンマや

母親がずーっと子供のどこかに触れてタッチしているのを見ると

 

親子の繋がりも違うなーと。

 

 

どっちがいいとかと言う話でもなく、

個人差もあるし、家庭の差もあるし

どこの国でも悩みや辛さはあるけれど

こういう風景はリラックスできます。

 

ベースにどれだけ自分が大丈夫感があって

受け入れられている感覚があって

愛されている感じがあるかで

 

同じ困難があっても「感じ方が違うので」

実際の行動も違ってくるはず。

 

大人になってからでも自分にこれを与える事は

十分に可能ですので

自分のペースで自分への愛情を育てていけたらいいですね。

 

自分に優しい人は他者にもなぜ優しいか・・

それは自分に眼差しが優しいから

その優しい眼差しで他者や世の中を見るから・・・

→シンプルな理由です

 

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
01
7月
2019

依存症は【心の痛み止め】

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

皆さんの中で依存症とまでは行かないけれど

→それ無しでは生活に支障が出てしまう

クレービング(ついつい、という感じの依存症までは行かない癖)は

何かしらありませんか?

例えば…

スマホ、ゲーム、恋愛、甘いもの、仕事、お酒

ギャンブル、TV・・・などなど・・

 

依存症もクレービングも、程度の差こそあれど

何がそこで起こっているかといえば

「何か、感じたくないものがあり、感じないための痛み止め」として

上記のものを必要としているのです。

 

========

 

Aさんは必ず寝る前の飲酒がやめられず

アルコール依存とまではいかないけれど

どうしてこの癖がなくならないんだろうと思っていました。

 

詳しく何がそこで起こっているかを見つけていくと

「お疲れ様」の自分への労いや1日頑張った自分を

認めてあげる時間となっていました。

 

実はAさんは幼い頃から両親から厳しく育てられ

「まだこれがちゃんとできていない」とか

「もっと◯◯ちゃんは出来ていたよ」など

自分のことを「認めて欲しい」と言う気持ちが強かったのですが

認められていないし、自分も出来ていないと

深いところで感じていたのでした。

 

表面上では自分は「出来ている」「良くやっている」と

言いつつも、なぜこれを選ばなかったのかとか

もっとこうするべきだったなど

一人で反省会も同時に開いていました。

 

セラピーで聞いていくと

傷ついた自分が抱えていたのは

「誰も認めてくれない寂しさ」で

両親も世の中の人もですが

自分自身が自分を認めていないことも見えてきました・・・

 

この絶対感じたら壊れてしまいそうな「寂しさ」を

寝る前の飲酒で「蓋をして」感じない様にしていたのでした。

自分的にはしないほうがいいことですが

飲酒を自分が自分に許す行為が

「今日も良くやったね」と自分を認める形となって

ずっと続いていた側面も見えてきました。

 

小さかった頃の何をやっても成就しない感じや

自分には出来ないんだと言う刷り込みや

努力は身を結ばないといった刷り込みや

親から愛されていないんだと言う刷り込みや

 

無数の気づいていない抱えていた感情を

感じないためにはクレービングは必要。

 

どうやってそれを止めるか・・・ではなく

なぜそれが必要になっているの?

→痛み止めが必要な痛い場所はどこ?教えて?

 

傷ついている抱えきれない感情、思いを見つけていって

その痛み止めが必要なくなった時に

初めて「依存するもの」がいらない自分になります。

 

必要なのに「やめさせる」のは実は心の仕組み上からも

無理があるのです。

 

ニュースで依存症で家庭が壊れたり

仕事を失ったり

世間からバッシングを受けている人々を見るたびに

「痛み止めが必要なほど何かに傷ついて傷んだね」と

感じます。

 

心の飢えからくる衝動

耐えられない孤独感や絶望感や

抱えたら自分が崩壊しそうな無力感など・・・

これを依存と言う痛み止めなしに受け止めることなんて

無理ですよね。

 

ちょっとしたクレービングでしたら

自分の中の何がその衝動を起こしているかを

見つけていければ

大きな自分への優しさ、愛情ですよね。

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
30
6月
2019

「やりたいことは何ですか?」→お金の悩み編

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はこのスピーチをだいぶ前に見たのですが

もう一度最近の自分自身にも

聞き直したくシェアしますね。

 

音が出てしまうのですが字幕付きなので

消音で見れたら大丈夫かもです〜

 

========

 

最近、本当に感じるのは

私たちはいつの間にか自分に無意識に

沢山の制限をつけて生きているなぁという事。

 

職業柄「癒し」ということに携わる機会が多いのですが

癒しは「何かできる私になる」ことではなく

「どうしてそれができる様にならなきゃダメ」と思ったの?

できない私がダメな私・・・と思い込んでいる

その辛さがどこから来ているのか・・・

 

 

そして生まれたばかりの私=何一つ「◯◯するべき」のない私だったら

目の前の出来事に対してどうしたいのか?

どうするだろう・・・どう振る舞うだろう・・・

 

一切の思い込み(ビリーフなど)のないナチュラルそのものの私が

本来持っているエネルギーで

自分らしく動いていける様に戻れたら・・・

それが自分癒しの一つの側面だと感じます。

 

制限が(抑圧)が悪いわけでもなく

なぜそれが生まれたかを自分が理解していく旅は

癒しそのものだと感激します。

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
29
6月
2019

慢性的にずっとある悩みの構造

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は慢性的な悩みについて・・・

いつもなんとなくずっと感じている不安感や

怖さやなど・・・

 

そういったものはどういった構造になっているかを

みなさんとシェアしていきたいと思います。

 

 

=======

 

例えばAさんはずっと自分で何かを決める事が苦手。

今回も引っ越しがあったのですが

引っ越し前に色々と自分なりの家具を探し

検討してある程度は決めていました。

 

が、実際に見ようと売り場に行くと

一緒に付き添ってくれていた友達が

「これに似ているのにもっと安いのを他で見たよ」とか

「さっきの方が便利じゃない?」

 

何気ない一言で決める事ができずに

結局、引っ越し前に家具を買えずに

不自由な暮らしをしていました。

 

Aさんは頭では「少しづつ揃えればいいや」とか

「昔よりも迷いが減っているからいいや」と

一生懸命に自分を庇ってはいますが

本当はもっと決断力が欲しいし、それを同僚や上司にも

指摘されていました。

 

=======

 

Aさんの心の仕組みはどうなっていたのでしょう・・

 

小さい頃から実は蓄積されていた思い出が

沢山の層になっていて一つ一つは小さな事でも

決められない理由がかなりのボリュームで見えてきました。

 

「私の決めたことは本当にあっているか自信がない」

「私の決めたことは必ず後悔が残る」

「私の決めたことは周りに迷惑をかける」

「私は騙されやすい人」

などなど・・

 

人生の中で上記の思いを感じた時間が

多ければ多いほど、自然と蓄積されて

それが自分の中では事実となっていきますよね。

 

こういったビリーフやセルフイメージを

しっかりと数十年抱えていきているので

むしろ「すぐに決めれないこと」は

Aさんにとってナチュラルなんです。

 

どうやって決断できる人になるか・・・よりも

なぜ決断できなかったのかを探してから

そこにある感情や思いと対話していく事が

→セラピー併用

「本当の意味での行動の変化」へ繋がります。

 

決断する事で何もまずい事がなければ

自ずとそれに見合った考えが出てきて

行動が伴うのです。

 

こういった時間がかかって蓄積されたテーマは

すぐに変化は難しいのですが

見つけた分だけは必ず行動に現れてきますし

自分が自分を理解できる事で

優しい眼差しを持つ事ができます。

 

自分への理解=自分への愛情

 

今日も優しい1日をお過ごしくださいね♩

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
28
6月
2019

眠れない時ありますか?

おはようございます!

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今日から3日間は溝口あゆかさんMRという

セラピーのプラクティショナー講座のアシスタントです。

 

人間関係や、漠然とした不安など一般的な悩みももちろんですが

恐怖症、トラウマ、依存症などの症例にも

非常に効果的なセラピーです。

 

私も毎日、使っております。

 

 

=======

 

皆さんの中で、普段は寝つきがいいのに・・・

まぁ、起きても1回ぐらいですぐ眠れるけど・・・

 

いつも眠るまでに時間が掛かる・・・

寝ても何度も夜中に目が覚めて朝がすっきりしていない・・・

 

そんな方はいらっしゃいますか?

 

眠りにも色々なパターンがありますし

短い時間でも深くしっかりと寝た感じがあって

それなりに朝が爽やかであれば問題はないのですが

 

寝落ちするまでの間、または

途中で起きてしまった時に

頭の中でどんなことが起きていますか?

 

昼間の起こった出来事?

続いている心配事?明日の事?

気になる誰かの事?なんでしょう・・・

 

上手く眠れていない時、頭の中のおしゃべりがそこにはありませんか?

 

または夜中に目が覚めて無意識に携帯を開いて

意味なく画面を見ている時…

どんな言葉が頭の中に流れているでしょう…

 

その頭の無意識のおしゃべりが穏やかになれば

→悩み事や心配事や周りがどうかを把握したいなどが減ると

きっと自然と眠れるようになると思いませんか?

➤「早く寝ないと明日、起きれないよ(不安)」も

無意識の頭のおしゃべりですよね

 

どうやって眠れるかより

どうやって考えごと(意識、無意識のおしゃべり)を減らすかです。

→そもそも、不安や悩みがあるのに眠れませんよね。

 

セッションでは何が不眠という状態を作っているのかを

特定しながら、理由を紐解き、感情を触ることで(セラピー)

本当に長年の不眠も状態に変化が出てきます。

 

全部が意味があってそこに現れている症状。

ここの意味付けが変化すると不眠の症状も変化してきます。

 

いつも応援ありがとうございます♪

励みになりますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.