投影

04
4月
2019

誰かを支えてあげたいときのヒント

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

先日も書きました通り、私は月一で

HRA主催の家族会のファシリテーターとして

場所は東京になりますが活動もしています。

 

不登校、引きこもり、うつ、依存症、そのほかの心の病、

精神疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる方への

色々なお話を聞くことから

心理セラピストの観点で何かリフレッシュや

ラクになるヒントやレクチャーなど

行っております。

 

こういった「ケアラー側」の方との中で見えてくる

一つが「相手の気持ちをラクにしたい」とき

何がそこに起こっているか・・・

 

これはケアラーだけでなく、実はどんな人間関係にも

使えるヒントでもあります。

 

ここをみなさんと分かち合えたら‥と思います。

 

=======

 

もし、自分がケアしてもらう側だとします。

どんなケアだと安心しますか?嬉しいでしょうか?

 

どんな見守りが欲しいでしょう・・・

 

では相手があれこれ(良かれと思ってですし、愛情ベースでも)

何かをしてくれると、なんだか

「相手の期待に応えなきゃ」って感じませんか?

 

勝手に相手がしているから別にいいや。って

思いにくいですよね。

 

そして相手の期待に応えたら、なんだかもっと

親密になれたり、深いつながりや愛がもらえる感じも

しませんか?

 

こういったベースが自分側にあると・・・

何が起こってくるでしょうか?

 

それは「NO」「出来ない」「それは好きじゃないの」

「やりたくない」・・・

こういった言葉が言えなくなりませんか?

 

=======

 

究極に私たちが安心できる時・・・

それは「自分のNO」が受け入れられていると感じたとき。

これは言い換えると「ありのままを認めてもらった感覚」

 

自分の「NO」が聞いてもらえないんだ・・・

伝わらないんだ・・・

または拒否された…と感じたらどうでしょう・・・

 

とても怖かったり、悲しくなりませんか?

 

「相手のNOを受け取る事」は実は自分側にも

充分な安心やスペースが無いとできません。

 

自分自身の経験からも「相手に変わってほしい時」は

相手のNOを心から受け取れませんでした。

 

受け取るフリ、理解しているフリは(無意識ですが)出来ても

そういったエネルギーって相手に必ず伝わります。

➤不登校でもこのままずっと家にいていいよとは

作り笑いでしか言えなかった気がします

 

特に相手が繊細なタイプですとなおさらです。

➤相手は自分のココロを敏感に察知する能力が高いです

 

まずは自分の平和と安心安全は一番の基本。

ここがしっかりあれは

「相手のNO」を待ってあげる余裕や理解が

本当の意味で深まり、それが相手の安心に繋がります。

 

相手を安心させるためにはまずは自分自身の安心から♡

凄く遠回りして、凄く抗った経験からこれは本当、事実。

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
04
3月
2019

相手を縛りたくなる時

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「相手を縛りたくなる時」

色々な相手がいますよね・・・

例えばパートナーや子供や上司や部下や・・・

友達もあるかもしれないし、

同じマンションに住んでいる人かもしれません・・

 

「自分の価値観」と違う人は世の中に沢山いるのは知っているし

それでいい・・・とはいうものの・・・

「知っている」し「分かっている」のに

どうしても相手をコントロールしたくなる・・・

 

そんな時はありませんか?

今日はそこを皆さんと分かち合いたいと思います♪

 

========

 

 

私も今でもゼロではないですね~

やっぱり大切な相手ほど、親しくなりたい相手ほど

価値観が一緒だったらなぁと感じることは否めません。

 

でも以前よりずっとこの部分が軽くなったのは何故か・・・

何故自分が相手をコントロールしたくなるか

理由が見えているから。

そしてそこにくっついている感情が減っているからです。

 

たんまり感情や思いの束があるのに

頭の理解だけでクールに割り切ることは逆に

ストレスになってしまいますよね。

 

例えば、「キミとはずっと仲良くやっていきたいし

子供も愛している。生活も守っていきたいし

大切な存在なんだ。でも他の人とも恋愛を楽しみたい」

そんな風にパートナーから言われたらどうでしょう・・・

 

自分にとっての意味付けが

『愛する事=相手だけに一筋』であれば

これは相手は本気でも、自分にとっては

愛されている、大切にされていることに

ならなくなりますよね。

 

同じマンションのごみ出しも

自分はこうやって捨てなければいけないと思い

必ずペットボトルのラベルをはがして潰して捨てているのに

ラベルも貼りっぱなし、中身も少し残ったまま

瓶の中身も洗わずに汚いまま捨てている人を見ると

環境への配慮が足りないと

ココロの中で「批判」がでてしまう・・・とか

 

子供に毎朝、「早く支度しないと間に合わないよ!

お友達が待っているよ」といってもマイペースで

TVに夢中になっている我が子に最後は怒鳴ってしまう・・・

 

 

自分と一緒じゃない人といるとどうしてこんなに

自分の中に反応が出るのでしょう・・・

 

 

=今日の自分への問い=

*どうして自分と相手が価値観が同じではないと

イライラしたり、不安になったりするの?

相手はどうあるべき?

 

*そうしてくれないことは、自分にとってどんな意味があるの?

どんな感じになる?何が嫌?

何をされているように感じる?

 

*価値観が同じではないと何が起こりそう?

どうなっていきそう?

自分バージョンと相手バージョン、両方書いてもいいかもです。

 

*何が一番感じたくない?嫌い?イヤ?

怖い感じ?不安?心配?

 

 

などなど、自由にまた身体を通じて良く感じながら

フォーカシングの要領で書き出してみましょう

纏めず、心に浮かんだ思いをただ書いていってもOK。

 

そして眺めてみましょう・・・

 

何を感じますか?

私がどうして相手を縛りたくなっていたか・・・

少しだけ見えてきたでしょうか?

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

Read More
03
3月
2019

過食・・依存症と私③

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今日は講座を2つ自宅で開催するので

おやつのケーキを焼いていました。

朝、5時から料理もして、お菓子も焼いて

充実~ ^^

 

 

今回も過食を入り口に、どんな風に過食嘔吐と

私が共存していたのかを、これで悩んでいる方々と

分かち合えたら‥と思います。

 

=========

 

前回、ストレスが…と書きましたが

「ストレス」の正体ってなんでしょう・・・

 

ストレスというもの自体が実態であるのではなく

簡単に言うと、何かをイヤだと感じていたり

本当は好きじゃないし、OKではないのに

自分の本音と逆走している感じ。

本当の気持ちと違う事を頑張って続けている状態の時・・・

 

これ嫌い~と抵抗している時・・・

感じたくない~とブレーキをかけている時などなど

色々な言い方は出来ますが

これは気づいているものもあれば

無意識下でそうなっている時もあり、分かりにくいものもあります。

 

例えば結婚して子供がいれば

どんなに相手がイヤだなと感じても

「母親なんだから・・」

「みんな多少は結婚生活には我慢が必要」とか

いわゆる「〇〇するべき」「〇〇すべきじゃない」

「ねばならない」になっている時は

ストレスは知らず知らずに貯金されて行きます。

 

ストレス貯金が高まるとどうなるか・・

いわゆる借金みたいなものなので「感じたくない」ときに

私たちはそれを感じなくて済むものが「必要」となります。

 

それが依存症です。

 

例えば、食べ物(過食・拒食)や、買い物、仕事、お酒

ギャンブル、たばこ、恋愛・・・

爪かみや髪を抜く・・・

何でもそこはその人が「感じなくて済む」ものであればOK。

 

それをしている時には一瞬、頭が休まって

自分が苦しい我慢からお休みできるのでどうしても

「必要なもの」として依存先は色々ですが出てきます。

 

私がかかった依存先は特に食べ物(過食)でしたが

ここにも理由があり、食べっぱなしだと太る自分を自分が許せずに

必ず嘔吐が必要となりました。

 

依存症は必ず「必要性」があります。

必要なかったら依存が要らないのです。

 

他にも激しくかかったのは「買い物依存」

 

20代~30代後半までは激しく買い物依存にも

なっていて、それが欲しいという表面上の想いに

引っ張られていましたが

今思い返せば立派な依存症だったと思います。

 

そのころは本当に振り返ると必死に生きていて

依存先がなかったら生きていなかったかも・・・

そのぐらいに激動の時代でした。

パニック障害になったのもこのころ。

 

 

これも私の現れ方は「ストレスが抱えきれずに」突然ある場所で

パーンと大発作が起きて、最初はそれが何なのかさえ

分からないものでした。

一番最初の大発作は「美容院でのシャンプー」

その後電車にも乗れないし、その場から直ぐに出れない、動けないものに

大きな発作がくっついて、生活に制限が出ました。

 

丁度このころには子育て、仕事、離婚

すったもんだが激しく交互していたし、離婚後も

元夫にストーカーされて一緒に死のうと言われたり

一人で子供を育てるプレッシャーと子供のいじめがきっかけで

不登校にもなっていて

その子が自殺企図を繰り返す・・・

 

もう、パニック発作や過食嘔吐や買い物依存がなかったら

生きていけなかったので、避難先として存在していたなぁと

今ならわかるのですが

 

まずは「過食」=「必要な避難先」をどうやって消せるかでは

実はそれは消えても、別のものが必要になるだけで

根本的には、それを作っている「ストレス」をなくせば

見事に症状や依存先は必要がないため現れなくなります。

 

今では「したくても出来ない」状態なので

変化した、とか無くなったと言っていますが

システムはこんな感じです。

 

ここら辺にあった自分の悩み、ストレスを丁寧に見つめて

ケアを続けることにより、私の場合は数年かかりましたが

いつのまにか全て無くなっていました。

 

でも20年以上悩んでいたのに数年で見事にすべて消える・・・

これを時間が掛かると思うか、遅いと感じるかは

色々ですよね。

 

辛かった時にはセッションを受ける2時間、3時間後が

もう待てない程、緊迫していて(死んでしまいそうだった)

どうやって生きていたらいいのかが混乱していたぐらいだったので

時間をかけて・・・という言葉が全く適切ではないことも

経験しています。

 

毎日を綱渡りのように生きながらえて・・・

それの連続が少しづつ余裕が出来て

半日は待てるようになって・・・だんだんと期間が長くなって

そんな感じで回復の道をたどったなぁとしみじみ・・・。

 

システムの理解はとても大切。

症状に振り回されて、また周りに振り回されて

自分を見失っている時が一番つらいですよね。

 

一言で過食・拒食といっても

それを支えている「ストレスの根っこ」は

同じ人がいらっしゃらないので、

まずはそこを探していくのはポイントです。

 

=探すための自分への問い=

*それをしている時(依存しているものを味わっている時)

何を感じなくて済む?

逆に言えば、それがない時にいつも何を感じ続けている?

お酒に依存している人ならば、お酒を飲んでいない時にはいつも

どんなプレッシャーやストレスと共に自分はいる?

➤だから避難先としてそれが必要だったんだね・・

 

ノートに書き出してみましょう

 

いつも応援、ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

Read More
27
2月
2019

世界はみんないい人ばかり

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

短い時間でしたが小旅行に行ってきて

感じたことをまた皆さんと分かち合えたら‥と思います。

 

今日のテーマは「自分の感じ方」について

 

題名にも書きましたが

「世界はみんないいひとばかり」

 

このフレーズが10年前の私にはかなり少なかった気がします。

または感じていても、もっと嫌な感覚が直ぐにやってきて

この「温かなイメージ」を拭い去ってしまっていたので

殆ど自分に残っているのは

「世界は厳しい」とか

「世の中は怖い」とか「気を緩めたらダメ」とか・・

 

そんなイメージだったかもしれません。

 

勿論海外に行けば、最低限の身を守るための

「緊張感」や「気配り」は必要。

 

でもやはり周りの見え方は「自分通じて作られる」

これは実感です・・・

 

例えば・・・

コスメを買う気もなかったのに凄く押し売り??してくる

店員さんや、いらないと言っているのに

他を勧めてきたり

またははっきり断ると明らかに「嫌な顔」をしたり・・・

 

そんな彼女が可愛く見えたり

あぁ、一生懸命仕事しているなぁと感じたり

以前は「断る事」が苦手で、お付き合いで

仕方なく買ったりしていたので

「買わされた感」「させられた感」が強く

相手に対してネガティブなエネルギーで

私が被害者になっていましたが

 

買わなくてもとても楽しいし

相手ががっかり感や怒りを持っていたとしても

それ自体が生命の動きの感覚や

ちょっとしたあいさつのやり取りで

こんなに豊かに過ごせるのだ…と実感。

 

世界中どこでも人は悩んだり、苦しんだり

怒ったり、悲しんだり、喜びも、嬉しさも・・・

満ち満ちている・・・

 

全てがあって良い感じ。

 

上手く行っても行かなくても・・・

実は大きな目で俯瞰したら、全てが完璧に動いている感覚。

私はその中で安心して自由に過ごしていい・・

 

もし、「世の中は怖い」という感覚がまた戻ってきても

安心して悩んで大丈夫な感覚・・・

 

自分の「見え方・感じ方」はとても大きいです。

世の中は何一つ、前と同じはずなのに・・・です。

 

いつもは「自分」の苦しさを書いていますが

なんとなく今日は気軽にこんな視点も足跡で残しましょう♪

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
10
2月
2019

ラクに生きるために・・・【投影編】

おはようございます♪

今朝はどんな朝をむかえでしょうか?

 

今日はよく心理学用語として出てくる「投影」について

みなさんと分かち合いたいなと思い書いてみますね。

 

実は「投影」って難しいのです・・・

ネットや書物で書いてあることはすぐに理解して

分かった感じなのですが

実際に私たちは投影で悩み、苦しみ、悲しみを

持ったりします。

 

逆もしかり。

投影で喜びや幸せ感や満たされた感覚にもなります。

 

「投影」は自分がもつ意味付けであり、解釈。

 

本当にどんな投影を持つかで(どんな世界観に自分が住んでいるのか)

全く同じ風景をAさんとBさんでは違う捉え方をするのは

このためなのです。

 

 

=======

 

例えばAさんからみた「C上司」

C上司は気遣いが出来て、部下に圧を掛けずに

上手にモチベーションを上げてくれる人。

 

Bさんからみた「C上司」

優秀だけど厳しくていつもどの人が良く働いているか

会社にとって大事な人かを判断していそうな

警戒しないとダメな人。

 

こんな風に思っていたとします。

 

実は事実は「C上司」がいる。以上。

 

ここにそれぞれの意味付けがこんなに違うとどんな風景が

Aさん、Bさんのココロの中に繰り広げられるでしょう・・

AさんもBさんも今自分が感じていることはそれぞれが

体験して実感している自分たちの事実です。

 

例えばC上司が「あの仕事どのぐらい進んでいる?」と聞くと

Aさん:心配してくれて気にかけて貰って安心

Bさん:信頼されていないんだ・・・マズイ

 

事実は「あの仕事どのぐらい進んでいる?」のセリフだけです。

 

C上司:「今度のプロジェクトの責任者はDさんに決めました」

Aさん:Dさん、さすが。頑張っていたし私もお手伝いできたらいいな

Bさん:こんなに私、頑張ってきたのにC上司は認めてくれない・・・

 

とことんC上司に対しての心象がこれだけ違っていたら

明らかにAさんの投影=解釈の世界の方がラクですよね。

事実はDさんがプロジェクトの責任者に選ばれたとしても。

 

辛い時はBさん風な心の風景の中に「自分が住んでいる状態」。

 

でもBさんのこの仕組みはC上司と出会って作られたというよりは

もともとこういった解釈、意味付けをしやすい状態が

あったことが多いです。

 

だから持っている訳ですから・・

持っていることがいけないのではなく

「何故その解釈の世界に住んでいるの?」

 

ココを見つめていって対話することが

根本的なラクな世界観を持つ第一歩です。

 

例えば深い自分を構成している部分で

「絶対に私は助けて貰えない」とか

「私は嫌われる」「受け入れて貰えないひとなんだ」など

しっかりと無意識の中に組み込まれていたら

友達の優しい温かいアドバイスや応援や

一緒にC上司の悪口を言ったとしても根本的には

Aさんの苦しい世界は崩れません。

 

根っこにある私のケアをすることで全てが影響が出るほどの

世界の見え方が出来るのです。

 

これはいつでもできます。

例えそれが何十年続いていても・・・

私も体験しています。

だから大丈夫♡

 

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

Read More
04
2月
2019

相手を信じることが出来ない

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今、家にパーソナルトレーナーさんを呼んで

運動のサポートをしてもらっているのですが

職業柄と駅から1分という利便性から極度の

「運動不足」になっていまして・・・

 

いつもトレーニングの後はひどい筋肉痛で

ヨロヨロ・・・

毎日の散歩の習慣をまた戻さねば・・・です(;_:)

 

 

========

 

さて、私たちは誰かに「それで本当に大丈夫?」とか

「心配なことはない?」とか確かめたり

聞いたりすること、ありますよね。

 

例えば子供に対して「勉強、今日はちゃんと終わった?」

受験生がいるご家庭では「模擬試験でどのぐらいだった?」とか

 

会社では部下や同期に「どこまで終わってる?」

「あの契約は上手く行っている?」

 

パートナーには「私の事、嫌いになった?」

もしくは「愛していると言って」

 

すごく軽いノリで言っているのは全くいいのですが

神妙なエネルギーで聞いている時は

自分のココロに聞いてみます。

 

 

こういった言葉が出ている時は

心配しているというよりは

自分の中の不安から言っていませんか?

 

もし、本当に相手を信じていたら・・・

全く心配していなければ・・・

この言葉自体が出ないか、とても軽いエネルギーで

温かく伝えているはず。

 

どこかで相手を信じていない時には

表現上はあたかも相手のために言っているようで

実は自分の不安が「聞きたい」「確かめたい」と

なっていませんか?

 

 

========

 

信じられないのがいけないとか

子供やパートナーや、仲間を信じましょうという話ではなく

「何故、信じ切れないのか」を自分に聞いていきたいのです。

 

誰よりも信じたいのに、その方がずっとラクなのに

それが出来なくて辛いのは何を隠そう自分自身。

 

そこには人それぞれの無数の訳があります。

 

もしかしたら「信じたら裏切られる」という体験をした

傷ついた私がいるのかもしれませんし

「いつも上手く行かない」といった自分の中の

無意識のビリーフがあるのかもしれません・・・

 

=今日の自分のココロへの問い=

 

*もし相手を信じ切ってしまったら何が起こると思っているの?

➤それが怖ったね・・・

 

*人ってもともと自分にとってどういう存在?

本当の意味で安心してしまったらどんな風になりそう?

➤それは感じたくないよね・・・

 

*もし、この気持ちがなかったら私は相手に対して

どんな風に接するだろう・・・

➤こうしたい自分がいつもいるよね・・・(できなくて辛いね・・)

 

ポイントは頭ですぐに答えを出さずに

じっくりとイメージの中の自分と対話して身体で感じてから

書き出しましょう♡

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
03
2月
2019

自分のためにお金を使えない

皆さまおはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今日は午前中、午後共に自宅での講座開催です。

どんな時間になるのか楽しみ・・・♡

おやつはフランス産粉、発酵バターの

チョコチャンククッキーです♪

 

=======

 

 

時々これも出てくるテーマなのですが

お金を自分のために使おうと思うと躊躇してしまう・・・

家族や誰かのためには結構惜しみなく出せるのに

自分の事ではずごく悩んでしまう・・・

 

こんなテーマを見つめてみましょう。

 

*なのでセッションを受けること自体がハードル高かったなど

後からお話ししてくださること、多いです。

 

 

 

私も例えばですが自分のためには

タクシーを使うことが凄く贅沢で歩けばいい、とか

電車を使えばいい、バスは?など

タクシーに乗れば身体の疲れや時間も随分節約できるのに

(ここもタクシーに意味付けが深く乗っていたので)

頑張ってとても重い荷物を持っていても

タクシーの乗らずにそのあと整体でもっと高額な

出費をしていた・・・

タクシーに節約した自分で満足し

結果的にはもっと出費しているにも関わらずです・・

こんな側面があったりしました。

➤今では以前の半分以下は気軽にタクシーを

使っています。(罪悪感ナシ)

 

 

子供の塾や、例えばちょっとした風邪などでも

家族には病院に行け、行けというのに

自分の事となると休めば大丈夫とか

 

本当はちょっと贅沢ランチを食べたいけれど

子供にはすぐにお金を出せるけれど

自分は冷蔵庫の残り物でいいやとか・・・

 

そういったことはありませんか?

 

逆の人もいます。

例えば私の息子は自分が一番いいものを食べ

休日もたっぷりと取り、自分に無理をさせずに

自分のしたいことをしています。

 

そして何だか分からないですが自分で何かできる感覚や

ダメでも失敗してもまたやり直せばいいとか

転職も躊躇の時間や悩む時間が短かったり

行動が早いです。

 

この差ってなんでしょうね・・・

 

「自分はそれをする価値がある存在」

「自分はそれを受け取るのがマッチする感覚」

「なんか大丈夫で出来る感覚」など

言葉は色々ですが

自己肯定感が高いと(自己愛が高い)

自分にある意味都合のよい

自分に優しい解釈で全てを判断します。

 

上司が自分に怒ってきても、相手がなにか

機嫌が悪いことがあったのかなあったのかな・・・とか

自分のせいで自分が出来ないから怒られたとか

そういった反応が出にくいです。

 

また「お前は本当にできないな」と言われても

「(上司の)あなたの方がどうだろうか・・」

「自分がダメな気がしない」など

同じことが起こったときに反応がここまで違います。

 

 

自分への信頼、自信、価値を増やすことは

心の仕組みが無意識に決めているのですが

この仕組みさえ変化してくると本当に自然に対応全てが変わります。

世の中や相手は一切変化しないのに・・・

 

ただ仕組みさえ変わればいいのではなく

ポイントは「何故この仕組みを持つようになったのか」

 

ここを探して対話する事です。

 

理由なきものは私たちの中に存在しません・・・

 

自分に優しくなかったら、どうして相手だけをずっと

受け入れることができましょう・・・

 

まずは自分ケアというのは本当に大切なんです。

➤それが他者への優しさへ繋がるので・・

 

=今日の潜在意識との対話=

 

*どんな人にはお金を使うのはOK?

➤自分はそういった人じゃないと感じているんだね・・・

 

*本当は何をしたいの?(お金を使う事で何がしたいの?)

➤それをいつも無意識に我慢していたね・・・

 

*出来ている人を本当はどんな風に感じていた?

➤そこにあった感情はなんだろう・・・

 

 

じっくり、身体に聞きながら書き出してみるのも

自分の内側との対話♡

 

いつも応援ありがとうございます<m(__)m>

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

Read More
29
12月
2018

自分の「考え方」の癖、知っていますか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

私は窓ふき、寒いキリっとした空気の中しました♪

 

 

皆さんの中で職場の対人関係がうまくいかない、

しょっちゅうイライラしたり、不安になったりして落ち着かない。

ちょっとしたことですぐ落ち込んでしまう。

「ものごとがなかなかうまくいかない」と感じているなら、

それは、自分でも気づいていない「考え方の癖」が原因かもしれません。

 

「考え方の癖」?

 

そうです、実は同じような場面に遭遇しても

自分へのダメージが軽めの人、傷ついても立ち直りが早い人

または回復力が強い人と

物凄く傷ついて、そのあと、より将来に不安を持ったり

周りが自分を責めているように感じてしまったり

または「全部自分のせいだ・・」と

自分責めに陥りがちな人・・・

 

どうしてこの差がでるのでしょうか?

 

それは「その出来事」をどんな風に解釈したか?

どんな意味として自分が捉えたか?といった

「考え方の癖」のよって違いを作っています。

 

この考え方の癖が作られるのは繰り返しになりますが

自分では気づかない「潜在意識」のエリア。

ここで様々な状況を判断するベースがあり

ここを通じて感情や思考は生まれています。

 

もともとここのエリアが「自分に優しい」ものであれば

生きやすくなりますし、

「自分に厳しいもの」であれば「生きづらい」感覚を

常に抱えていくことになりますよね。

➤考え方の癖が厳しい人に「大丈夫だよ」のアドバイスが

あまり効果がないのはそのためです

 

自分の考え方の癖=潜在意識にあるイメージは

どんなものでしょうね。

 

ある人にとってはAは厳しくてもBに対しては緩めだったり

ある人にとってはその逆もあります。

 

自分特有の仕組みが潜在意識にはあるので

まずはそこを丁寧に紐解くことがポイントです。

 

入門編としてココロの仕組みなども

2019年は思っています。

どうぞ温かな1日をお過ごしくださいね。

 

いつも応援ありがとうございます♪

励みになります<m(__)m>

 


心理カウンセラーランキング

Read More
26
12月
2018

「なぜ助けて」と言えないのか?

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

先日ご招待いただいたみらいrita財団のパーティーのなかでの

「シングルママ大阪応援団」のサポーター通信より

何故シングルママが「助けて」と言えないのかを

読みながら気づいた事を書いてみますね。

 

シングルママだけではなく、私たちも言える「助けて」と

言いずらい「助けて」ってあると思います。

 

この通信おたよりに書いてあったのは

シングルママさんたちは「一人で頑張らなくてはいけない孤独感」が

あり、一人で子供を育てなければいけない重圧感

元夫からのDV、労働条件の悪さと収入の少なさ、

実家や身内との疎遠、または縁を切られてしまった経緯など

様々な要因が重なり「助けて」が言えない状況が多いと

なっています。

 

確かに・・・

ここの団体さまと繋がっているシングルママさんたちは

本当にこの状況ですと心身ともに疲弊し

人間不信、社会不信になって感情を感じないようにするしか

なかったのでしょう・・・

でもこことの繋がりから人間関係の回復などを

初めとして色々な支援の中で変化しているのだと思います。

 

私たちも、様々な理由から

「自分が一人で頑張るしかない」とか

「自分は助けてもらえる存在じゃない」とか

「自分は迷惑をかけている存在だ」とか

「守ってもらえない」とか・・・

「愛されていない」とか・・・

 

様々な心の中に「自分像=セルフイメージ」が

無意識にあるので、それに従った行動をとりますし

逆にセルフイメージにそぐわない状況を

無意識に拒否したり遠ざけたりします。

➤ここは自分ではコントロール不可能なエリアです。

 

DVを受けることが人生で多かった女性などは

とても優しいパートナーを心から望んでいるのに

実際に大切に扱われることが続くと

嬉しい反面、自分のセルフイメージとマッチしないので

自分から離れようとします。

 

自分でも何故だか分からず、

別れた後にとても悲しかったり後悔するのですが・・・

 

助けてほしい時に「助けて」が言えない時

何故言えないの?

言ったらどうなりそう?

 

この答えをじっくりと心に問いながら

自分の中の「理由」や「訳」を聞きましょう。

ココロの声との対話です。

 

ここをまずは自分が知ってあげる事で

根本的な緩みへ繋がっていきます。

 

温かな一日をお過ごしください♡

 

いつもありがとうございます♪

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

Read More
13
12月
2018

思考を通さない透明な視点とは?①

おはようございます♪

本当に1日ごとにしっかりと「寒さ」を感じる

12月・・・

もうすぐ今年も終わるんですね・・・

色々な思いが駆け巡ります・・

 

さて冒頭にも書きましたが

「思考を通さない透明な視点」とは?

 

透明をほかの言葉で言い換えると

*ありのまま

*事実

*ゼロ

*何も乗せていない状態

*中立

などなど・・・

 

色々な言葉で言い換えることが出来ます。

 

実はこの「観点」「位置」に常に私たちが居れれば

多分、悩みの殆どが動き始めます。

私もセッション以外では普通にこの視点以外の世界で

自由に色々な思考と共にいますが

 

悩んでいる時は何が起こっているのか・・・

それは

ありのまま、中立、ゼロに自分の何かを乗せているんです。

➤乗せているものは感情、思い、ストーリー、体感覚など・・・

 

 

例えば過去、会社でもそれなりに立派に仕事人だった父が

今はリタイアして、庭でスズメに餌をあげています。

お父さんの顔はスズメを愛おしそうに眺め

パンくずをいつもこのために集めたりして

小春日和の一風景です。

 

でも娘さんはそんな父を見て可哀そう・・・

今は認知症も進み、そんな父が哀れで悲しい・・・

あんなに立派だった父が・・・

 

こんな相談だったとします。

 

この風景の何が思考を通さない中立、透明、ありのままか

分かりますか?

何が苦しみや悩みを作っているのでしょうか?

 

②へ続く・・・

 

いつもクリックありがとうございます♪

励みになります♡


心理カウンセラーランキング

 

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.