RFT

17
8月
2018

自分を理解する真の寄り添い

おはようございます♪

今朝は少し涼しい!

嬉しい!

冷房を使わない外気に触れて気持ちがよい幸せ!

 

朝の短い時間かもしれませんが自然の配慮に感謝しつつ

このブログを書いています・・・

 

自分を含め、セッションでも私たちは「無意識に」

自分の気持ちに蓋をします。

 

無意識なので本当にいつ、どんな蓋をしてたかなんて全く

分からないでしょう・・・

 

心理学の言葉では「抑圧」なんていいますが

この「抑圧」って本当にある意味素晴らしい産物だと思うのです。

 

大抵セッションでは「抑圧」してしまったものを見つけて

その下にずっとあった日の目を見なかった「思いや感情」を

見つけてその声を聞いていくことをしていますが・・・

 

この「抑圧さん」側にも実は深い深い声があったっりします・・・

 

過去にこんな例もありました。

その方のお父さんはとても優しくて、一杯働いて

その子自身の大好きな存在だったようです。

そして同時にこの父親から守って貰えている限りは

絶対に大丈夫な感覚・・・

父親に愛されていれば、必ず大丈夫な感覚・・・

 

ここに「どんな私でも」というものはなく

「いい子の私」「気に入られている私」「役立っている私」

「自慢できるような私」なら・・・というのも同時に刷り込んでいました。

だから同時にこの子は「ちゃんとやらなきゃ」も持っています。

 

 

というのも母親が自分の夫に対して全く同じ感覚だったので

当然子供にもそれは刷り込まれますよね?

 

「お父さんが居るから私たちはこうやって食べていけるのよ」

「お父さんが居るからこうして守られて生きていけるのよ」

 

母親の信じている世界観をそのまま子供が受けとりますよね。

 

ある日、父親が持ち帰ってきた珍しい海外のお土産が

机に並んでいました。

勿論、わぁ~っと子供はテーブルに集まりニコニコ眺めて

あれが欲しい、これが良いなと言っています。

 

ところが次の朝、母親に「あなた、お土産ひとつ盗ったでしょ。

お父さんが言っていたよ。早く出しなさい」

 

自分が尊敬して大好きな父親に「盗った人」と間違ったレッテルを

貼られたその子は傷ついてしましました・・・

 

「あの父がまさか、自分を間違えるなんて」

 

100%信じていた父親への信頼が崩れそうになった時に

出てきたのは「否定しない自分」でした。

 

酷く母親に叱られてお尻を叩かれている時も・・・

自分が盗人と決められた感覚も・・・

間違われたショックも・・・

母親も父親の言葉をすっかり信じ込んで自分に決めつけてくることも・・・

 

「悲しさ」「悔しさ」「怒り」などもあったものの・・・

「一番感じたくなかった感情は何?」

 

その子が言っていたのは「失望感」でした。

もし、父親に対して信頼を失い失望感を感じてしまったら・・・

自分の大切な安心をすべて失う・・・

愛する存在を失う・・・

尊敬し続けることが出来ない悲しみ・・・

 

「これを失うよりも黙って自分の濡れ衣を掛けられていたほうが

良かったの・・・

お父さんを愛せない私でいるよりはずっとましだから・・」

 

こんな健気な声が出てきたときには思わずその子に駆け寄って

本当にそうだよね・・・

これだけはどんなことがあったとしても守りたかったよね・・・

父に失望する感覚だけは感じたくなかったんだね・・・

愛を失いたくなかったんだね・・・

 

 

この子の「父親に対する愛」に駆け寄りハグして

ただただすべてを理解してあげたい気持ちが出てきました。

 

お尻を叩かれる姿は「父への愛の姿」そのものでした。

 

自分の名誉や尊厳よりも、父への愛がこんなに深いその子を

こころから慈しみ、心から「私が愛している」と感じたときに

全てが溶けていくような深い感動がありました。

全てに赦しのエネルギーがいきわたった気がしました。

 

過去の悲しい出来事や思いだしたくないシーンは

こうやってここに埋もれている声を引き出して

自分が自分を理解することで・・・

 

自分への愛情が深まる時間でもあります。

セッションは自分への愛を深めていく時間でもあるなぁと

いつも感じます。

 

今日も自分が自分を愛する時間を持てるように

自分自身も誰かも真摯に見つめていきたいと思います。

 

 

 

Read More
13
8月
2018

自分の中の声は何と言っている?

こんにちは♪

さっきまで映画やドラマの中で見るような

ピカピカの雷が天から降ってきて

地響きと共に、凄い様相でした。

 

丁度、セッションとセッションの間だったのですが

これでは怖くて外は歩けませんよね・・・

自然の前には人間は任せるしかないのだなぁと感じていました。

 

丁度週末がHRAのカウンセラー養成講座だったのですが

「境界線」と「ビリーフ」の講座でした。

 

先ほどのセッションでも感じたのですが

本当に私たちは「ビリーフ」=「自分の中の声」通りにしか

生きられないというか、それをもとに行動や思考や感情が

生まれています。

 

 

例えば・・・

就職が上手く行かないと悩んでいる方がいて

職から離れて2年近く・・・

 

立派な経歴やそれなりの経験もあるのですが何が

就職を困難にしていたか…と言いますと

心の中の声、その方オリジナルの仕組みを紐解いていくと

「特別なポジション」でなければ人の上に立てない・・・

 

しかも300人に1人しかとらないような難関のポジションばかりを

目指していて、誰でもそこそこ入れるようなところでは

意味がない・・・

 

こんなその方オリジナルの仕組みが見えてきました。

→ここでもっと通りやすい就職を選びましょうといったアドバイスが

あまりその方をラクに出来ないことが見えてきます。

ラクではこの方は安心できないのです・・・

 

そして顕在意識ではそこ(難関ポジション)を目指しているものの

深いところではそのポジションを得られない自分なんだという

絶対に感じたくない自分の姿も出てきました・・・

 

 

また過去の幼少時代からも失敗したらもう二度とやりたいことは

やらせてもらえないといった思いや

みんなからも責められる自分像や、常にトップでいないと陰口を

言われてしまう恐怖感や・・・

親を悲しませているという罪悪感も・・・・

 

 

何故自分が就職が上手く行かないんだろう・・から

何故こんな就職を無意識に選んでいたのかが見えてきて

ご本人も納得と驚きでした。

 

これじゃ、1等の宝くじを絶対に当てなきゃだめだと

言っているようなものだなと・・・

 

何故自分が特別さを求めていたか・・・・

何故特別さが必要になっていったのか・・・

 

全てはこころの深いところ、自分では気づけない

無意識の部分にしっかりあって、ここが自分を動かしている

源になっているのです・・・

 

この求めているものが手に入らなくて叫んでいるこの声こそが

光を当てて分かって貰えた時に

その方オリジナルの深い癒しと緩みの世界が広がってきます。

 

今までも声の「文字」としては同じでも

→例えば「誰でもいいから私を分かってほしい」とか

 

この声の質や中身が同じだったことは一つもなく・・・

 

皆さんがオリジナル。

完全オーダーメイド、オートクチュールなのだと思います。

 

自分の中の見えていなかった声を自分が抱きしめて

迎え入れるときに・・・

その苦しみこそが精一杯生きている美しい証だったり、

生命の営みそのものを感じたり・・・様々ですが

 

この終わりなき「生命の営み」

本当に美しくていつも涙が自然に溢れます。

 

終わりなきに安堵や、安心を覚えてきつつ

今日も午後を丁寧に過ごしたいと思います♪

 

 

 

Read More
08
8月
2018

「されている側」の弱い私

おはようございます♪

昨日と今日は雨でお天気は悪いのですが

気温が少し収まり、息継ぎが出来るようなそんな

2日間ですね。

 

今までが暑すぎて危険な災害レベルの暑さでしたから

もっともです☆

 

さて、今日は私を含めてですがクライアントさんの殆どが

大なり小なり持っている感覚について書いていきたいと思います。

 

ご相談のお話を聞いていると・・・

自分の立ち位置と言いますか、存在している場所と言いますか

殆どが誰かや環境や、社会や何かに「されている側」になっているのです。

 

一見、「している側」に居るようでも、そこに例えば怒りを感じているときなど

「している感」が足りなくて、こんなもんじゃすまされないとか

私はもっと傷ついたんだとか・・・

 

あなたはこれを同じように分かるべき、知るべき、罪滅ぼしを

するべき・・・などなど・・・

 

もしくは周りは私を助けるべき、理解するべきなど・・・

 

色々な形こそあれ、「されちゃっている私」または

「過去にされていた私」であることが多いですよね。

 

この思いを持っていると良くないから

「明るい力のある私へ変化しましょう」とか

どうやったら許せるでしょうね~という事を言いたいのではありません。

 

 

これらのある意味大なり小なりのみんなが経験したことがある

「される側」の私の「何故今も、これに苦しんでいるのか」の

理由と訳を聞いていってあげたいのです。

→例え普段は忘れていたとしても10年前の出来事を

思い出せるのはその時の自分の傷があるからですよね。

 

時薬・・・

時間が解決してくれるってよく親にも言われたし

先生もそう言っていたけれど・・・

本当にそこにある傷は時間で忘れようとしても

実は蓋をしているだけで「あるなぁ」と感じざるを得ません・・・

 

 

自分の中に出ている思いや感情・・・

「あの時、あの人がこんなことをしなかったら

今の私は違っていたはず」

 

「社会がもっと私を助けてくれていたら

今の私は自由に生きていたはず」

 

「やりたいことが出来ないのは

〇〇のせいだ・・・」

 

他者や環境が悪い…と感じている時の私の傷ついた声は

本当に聞いてもらえていない心の叫びであることが

多いなぁと感じます。

 

そして根本的に「される側」でデフォルトの私が強く存在していると

どうしてもそこに引っ張られてしまうのは

当たり前なんですよね・・。

 

私も自分の中の「される側の弱い私」=「被害者の可哀そうな私」を

ずっと見つめてきています。

いっぱいいますから・・・笑

永遠のテーマです♪笑

 

 

自分自身の深い声は「諦めていたり」「世の中そんなもんだ」とか

「誰もわたしのことは分かってくれない」とか

最初はそんな声ばかりなのですが・・・

 

ここをとことん「セラピーで聞き倒すこと」で

どんな声もずっと押さえつけられてきた日の目を見ることが出来なかった

痛みの声なので理解して理解して受容して受容していくと・・・

 

ある瞬間に「どわぁ~」っと溢れて出てきます・・・

もう、本当に涙が洪水の様に出て・・・

そして「これが欲しかったの(欲しかったものは様々です)・・・」

と小さい子の叫びの様に

ずっと抑えていたものが見えてきたときに・・・

 

本当の意味での赦しや、癒しや、緩みが体感できます。

 

直ぐに訪れないことも多々ありますし

無意識に楽になることへの抵抗もあったり

苦しい自分からの変化が怖くて

 

そこに触れられないことも良くあります・・・

 

私も何年もかけて同じようなテーマを

自分自身が見ているものもあります。

 

でも・・・一度これを体験したら・・・もう、本当に

それは「完璧な安堵」しかなく、常にこれしかないことを

身体全てで感じます。

 

ご自身の中にある「されている側」の私を

優しい眼差しで抱きしめてあげる経験は

自分自身の理解とこれこそが自分への愛そのものだと

 

日々のセッションや経験から感じています。

 

 

 

Read More
02
7月
2018

自分が自分をOKできる自信とは・・?

おはようございます♪

 

本当に朝から暑い・・・

夏なんですね・・・

暑くないと野菜も育たないし、生命の生育に必要なものですが

段々と軟弱になってきたせいで、ふ~ふ~言っております(笑

 

======

 

昨日はフジコヘミングさんのソロコンサートへ・・・

あぁ、やっぱり素敵・・・

何が素敵か・・・

 

存在そのものが、沢山の愛の経験が、

別れや喪失や・・・心の痛みや、温かさや柔らかさが・・・

音に伝わる・・・

 

ミスタッチや、年齢も85歳・・・身体だっても元気はつらつではないでしょう。

でも何がこんなに人々を惹きつけるのでしょう・・・

 

昨日の中で私の中で一番響いたのは最後から2曲目の

Rranz Lisztの「愛の夢」

もう、音から全ての愛に優しさと賛美が込められているような

そんなエネルギーが満ち満ちていました。

 

愛ってハッピーだけじゃない体験もあるでしょう・・・

残酷で冷たくて打ちひしがれたような裏切られたような

愛もあるでしょう・・・

ズルい愛や、卑怯な愛・・・

一杯色々な愛の顔があるのに、こんなに優しくて

生命のエネルギーに満ち満ちているのは何故なんだろう・・・

 

あぁ、全てあって良い・・・

 

ピアノの音色が全てを受容してくれているような気がして

本当に素晴らしかった♡

 

彼女の波乱万丈な人生や自分が自分を肯定している

強さや、逞しさがまた音に色を付けてくれている感覚・・・。

 

最近、ある方の言葉で改めて感じたことがありました。

死ぬ前にどんな風に自分に言葉を掛けたいか?

 

「ごめんね」より「ありがとう」が言いたい・・・

 

自分にありがとうって心から言えるとしたら自分を肯定していなかったら

なかなか本当の意味で言えないなぁと改めて感じました。

*すぐに日々の忙殺の中で忘れてしまう・・・

 

自分を肯定できている時ってきっと自信も自然にそこにあって

しなやかな強さと優しさで満ちている感じ。

 

そんな時はきっと周りのすべてにも自然な感謝で一杯でしょう・・・

 

同じ勉強をしている仲間の方があげていたYouTubeの中で

フジコさんが自分の演奏を「上手く弾けた」と

凄く自分自身を賛美している言葉が光っていました。

 

TVで自分の演奏を自分が自然に褒めれるってなんて凄いんだろう♪

でもそんな風に「在れたら」楽だろうなぁと・・・

 

「恐れからの自信を持つべき」ではなく「自分が自分をOKできる自信」を

本当に愛しいと感じた時間でした♡

 

でも、「恐れがあるから自信を持たなきや」も

やっぱりその内側にいる怖がっている私自身も愛しさそのもの・・・

 

素敵な一日をお過ごしください♡

Read More
26
5月
2018

ありのままのパワー

おはようございます♪

どんな朝をお迎えでしようか・・・?

今日、明日は一般の方向けの「インテグレイテッド心理学」

アシスタントに向っています。

皆さんの「え~~、ぎゃ~、そうなんだ~、嘘~~」

目から鱗のそんな声が毎回私も改めて染み入る2日間です。

 

今朝は自分の中にあるパターン、傾向を観察しての

シェアをしていきますね。

 

私の傾向として誰かに何かをするのが好き・・・

誰かが喜ぶことが好き・・・

親切にするのが好き・・・

相手が(自分のしたことで)助かっているのを感じるのが好き・・・

 

こういった「好きの傾向」が結構多いなぁと

過去の人生振り返って感じていました。

 

で、どうして相手のために何かをするの?と自分に問えば

何度も出てくる「相手に役立っている自分」を感じられるから・・・

 

この時なんですが何故私が「役立ち感」を大切にしていたかというと

役立っている時には「優しさと温かさ」のエネルギーと

触れる時間だったから・・

 

 

今回のワークは「役立たないと見捨てられる」怖さとか

そこに「居るため」には役立たないとダメといった側面でなく

自分をある意味犠牲にすることを、人生で何故その姿を止めないのかを

見つめていくと・・・

 

犠牲を止めてしまったら

「愛や温かさや優しさと永遠にバイバイしなければいけない」

 

そんな私オリジナルの思いが見えてきました・・・・

 

このつながりだけは失いたくないと思ってずっとやめていない

私の姿が見えてきました。

 

 

では人に対する犠牲を細胞の隅々まで私から抜き切ってしまったら

どうなるんだろう・・・

ここを見ていくと端折りますが

もっと目の前の人を「ありのままの姿」として

映している私がそこに居ました。

 

幼い私は小さなころから母を可哀そう人だから私が助けたい、

力になりたいと必死で傍にいましたが

私の眼差しに映った母は「そのまんまの等身大の母」。

 

その母は決して弱くなく可哀そうでもなく強かった・・・

家族全員を見つめてみると

本当に一人一人はありのままで全く私が助ける必要がない

強さを持った存在そのもの・・・。

 

この「相手をありのままに見ている」視点で手伝ったり、

助けるのと、「弱い人」として助けるのでは雲泥の差ですね。

 

そしてじゃあ、愛や温かさや優しさは私の中から抜けてしまったのかといえば

相手の中に強さを見つけられている私そのものが

「優しさと温かさ」で満タンなんです・・・♡

 

いかにありのままを見ていないか・・・を再認識。

ありのままでない時はとてもつらくて苦しい自分・・・。

そのものが見えている自分は平和そのもの・・・♡

 

 

きっと相変わらず何かを誰かにしたい気持ちは存在しますが

衝動の根本が違うエネルギーとしてそこに在るときは

表面的には同じ行動でも中身が違う軽やかなエネルギー。

 

 

自分の中の「私はこんな人なんだ」というセルフイメージがあったら

是非見つめてみましょう。

 

どうしてそう感じたの?

どうしてそれをしたの?

しなかったらどうなる?

何を分かって欲しかったの?

相手や状況をどんな風に見ている?

 

*これらは全てが「ありのまま」ではなく自分の解釈の目で

見たり感じたり判断しています。

これが悪いとかいけない事ではなく「そう感じている自分」を

心から理解し、受け入れる、許すことに繋がっていきます。

 

自由さ、軽やかさって自分が作れる・・・!

 

素敵な一日を♡

 

Read More
23
5月
2018

自分に反応が起こっているとき

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

最近はセッションや講座の前にほぼ

ジムに行くか、近くの広い公園を歩くかして整える毎日です♡

 

 

どの子もそれぞれが精一杯に生命を謳歌していますよね〜

 

ここに現れている紫陽花さんたちは隣の紫陽花と自分を比べて

「あっちの株に生まれたかった。

もっと綺麗な色が出せるのに…」とか

「あそこに私がいればもっと目立つかも」とか

「ここは日当たりが良くてラッキー」とかって感じているのでしょうかね…

 

コメントがない世界でただそこに存在しているような静かだけれど、

ただシンプルに生命の謳歌がそこに在る感じがします・・・

 

*******

 

私たちは日常の生活の中で常に何かに反応し続け、

頭の中は万単位の思考が流れ続け

他者と自分や状況を比べたり

上手くやれていればホッとして安心したり

充足感を感じたり、幸せを感じて緩む感覚に浸ったり…

 

上手くやれていない、マズイと感じれば

緊張感が身体を包み、戦いモードになったり、

それを補う何かを探したりしていますよね?

 

ハッピーな感覚はいくら湧いてきても問題ないと思うので

セラピストとしてはネガティブな感覚が湧いてきた時のことを書いてみます。

 

自分が何かや誰かに反応している時…

例えそれが微細なすぐに消えてしまって

忘れたかのようであっても…

 

大きな嵐の中で航海している小舟のような状態であっても…

 

大きさや重さや痛みの差こそあれ

そこには自分の傷が反応しています。

 

そして、自分がそれを絶対に感じたくない思いが強ければ強いほど、

大抵の場合は

本当に本気で相手が悪く見えたり感じています。

相手や状況が不条理で、自分は大抵、被害者側になっています。

→もれなくワタシもです♡笑

 

そんな時はどうしたって相手を攻めていますよね…?

大抵が自分の「正しさ」や「あなたは理解するべき」のエネルギーと共に…

それが証拠に私は相手が自分の思った通りの

反応がないと怒ります・・・笑

 

一見、自分の気持ちをちゃんと伝えて、自分を尊重できたとか、

自分を守れているようで、

この行為は自分の傷を満たすための攻撃になっています。

 

なので、実は結構大変で、自分が傷ついています…

→見えにくいし分かりにくいけれど

 

相手が全然悪くないんだよと言う話ではなく、

自分の中の仕組みの話です。

 

自分の反応がなくなる、

または薄くなってから相手や状況をみてみると

 

もっと前向きで建設的で、愛や優しさがベースの話や交渉が現れそうな気がしませんか?

 

その方が断然、自分に優しいのです♡

 

そうです、要するに本当の意味で

自分に優しいことを見つけられて実行できる時間が

増えていけばハッピー♡

 

こんな真のハッピーを探し続けることが楽しい♪

 

自分に一見優しいこと、正しいことをしている時に

力が入っているか、緊張感があるか・・・

チェックしてみましょう♡

 

柔らかい一日をお過ごしください~

Read More
20
5月
2018

一緒の楽しさ、パワフルさ♡

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか…?

おはようございます♪

私はHRA OADセラピスト養成講座のアシスタントに向かっています。

今朝の爽やかなの6時台のお散歩で

出会った開いたばかりの額紫陽花♡

6時台の方が人が多かったです〜

 

 

最近、またふと感じたことをツラツラと

書いてみます…笑

 

*********

 

皆さんは一人は好きですか?

 

 

私は小学生の時、中学生の多感な時期は

一人を感じる事がとても嫌でした。

仲間はずれやいじめ…

自分がされたり、されている人を見て

 

 

自分は嫌われて受け入れられていない感覚…

私の存在や所属感、そこに居ていい感覚を

感じられないから…

絶対感じたくない感覚だったから・・・

 

どうやって仲間を作るか

親友づくりが一番大切な程に誰かと居たかったわたし…♡

誰かがいる価値があるワタシ。

誰かに必要とされている感覚・・・一人ぼっちじゃない感覚・・・

 

ウンウン、わかるよ…

自分はそもそもひとりぼっちだと言う思いがあるなら

誰かと居たい気持ちはそこに出てきていいし、あっていいよ…♡

 

大人になってからは逆に誰かと行動する事が面倒になり、

交わらない私がメインでした。

一人で好きなものを買い、好きなものに囲まれ、好きな所に旅行に行き、

クラブに行っても一人で踊り、その場で交わる仲間が心地良かった…

 

今は…

どちらもあるなぁ…♡

 

でも、同じものが好きで、興味があって

それをみんなと分かち合っている時の

心地よさ、安心感、充実感は格別に大好き♡

 

「何かを感じないため、埋めるための一緒」

から…「一緒に何かを感じたい、謳歌したい」へ…

 

安心して委ねて良い感覚…

 

これがハッピー♡好きだ♡

恐れや不安から来ている誰かと一緒の感覚があれば、正直に自分の声を聞いてあげよう♡

 

何故愛情のない彼とそこに居るの?

 

気を使って自分がしたくない姿でいないといけないグループに

居るのは何故?

 

一人ではやっていけない不安や怖さはどう?

私は大丈夫?

 

 

 

そこにあるものをちゃんと認め

私が私を受け入れてわかってあげたい♡

実際にする、しない、居る、居ないは置いておいて・・・

私だけは私の真の理解者でいよう。

 

素敵な一日を!

 

 

Read More
29
4月
2018

一つの事を極める美しさ♡

おはようございます♪

ここのところ素晴らしいお天気が続いていますね。

昨日はセッションが終わってすぐにある場所へ・・・

 

お台場にあるビッグトップへ・・・。

 

久しぶりの空いた時間に「シルクド ソレイユ」の

キュリオスを見に・・・

 

開場自体が3000人程度のテントなのでどこに座っても舞台が近い♪

せっかくなので正面近くの見やすい席でもありましたが

今回、色々な角度からこのショーを見ていました。

 

とにかく世界最高峰の完璧な「技」を失敗なく魅せる・・・

これに感嘆の思いでした・・・

勿論、単純に素晴らしい!とかよくあんなこと出来るなぁ~といった

感想もあるのですが、この技を失敗なく披露するまでに

どのぐらいの時間を練習し続けたんだろう・・

 

相当な苦労や相当なプライド・・・

オーデションに合格してこうやってスポットライトに当たるまでの

様々にあったであろう舞台裏に気持ちを馳せます・・・

 

でも出演している方々の表情は真剣さと誇り高さと

喜びで満ちていて・・・

 

なんでもそうですが、何かを習得するって大変です・・・

 

例えば新しい仕事のやり方を学ばなければいけない・・・

今まで習ったことのない技術を取り入れて

使えるようにならなきゃいけないとか・・・

 

ジムでトレーニングしている人なら今持てる重りを更に

20キロ増やすためには練習しかないし筋肉量を増やしていかないと

それは出来ません。

 

先生みたいなダンスがしたい人ならばやはり数か月では

同じぐらいにはどうしても追いつかないし

先生もどんどん進化するからまた知らないことも出てくる・・・

 

私は趣味でお菓子作りをしているのですが

久々にお教室に行けば「ナッぺ」という作業があるのですが

パレットナイフを使ってショートケーキなどの生クリームを

均一に平らに塗る作業などです。

 

これなんかてきめんに表れちゃいます。

 

ずっとパレットナイフを使っていないと全く上手く

ナイフと自分と生クリームが一体化して出来ないのですが

これも練習し続けて毎日使えば上手くなるのです。

 

久々に握ったパレットナイフから現れる生クリームは

ぼこぼこで均一じゃなくて本当に汚い~~

 

ピアノもそうですね。

一日弾かないと自分の指が動かなくなるのは感じますし

2日弾かないと先生に伝わる・・・

3日弾かないとオーディエンスにも伝わると言われていたことも

思い出しました。

 

 

結局思い出すと「好き」がないと続けられなかったですし

「好き」であれば好奇心と絶対に上手くなりたいが支えてくれます。

 

好きじゃなくて「出来るようになるべき」で習ったものは

今は離れていますし、続けるのが苦痛でした。

 

人もそうです。

「この人を愛するべき」「支えるべき」「助けるべき」は

後で苦しい結果に・・・

 

そういった意味で「べき」なのか「したい」なのかは

大きな分かれ道ですね。

 

早く自分の「〇〇したい」ものが身近に増えれば

きっと辛いことも楽しみに変化していきます♪

→違う言い方をすれば「べき」を見つけ「べき」と心から

自由な気持ちでバイバイすること♡

バイバイできない時はそこにある相当な理由や訳を紐解いて

その自分に充分に寄り添い話を聞きます。

 

*心理学では「抑圧」と「投影」「攻撃」「防御」などと

呼びます。(インテグレイテッド心理学より

 

自分の中の「好き」「したい」を大切に育て続けたいと

改めてキュリオスから学びました♡

Read More
24
4月
2018

「私」を動かすものはいつも…

こんにちは♪

今朝は曇りのお天気・・・週末は

HRAのOADセラピスト養成講座のアシスタントを

していたのでここで改めて感じたことをシェアしていきます。

 

そして・・・♡

今日は急な空き時間が出来たので

趣味のお菓子教室に気分転換兼ねていってくる予定です♪

 

======

 

 

先日久しぶりに「相田みつを美術館」へ行ってきました。

館長の相田一人さんのお話や作品紹介なんかも聞けて

とても懐かしい時間でした。

 

 

というのも8年以上前、時々行っては作品の言葉を眺め

一人で号泣していたので・・・笑

 

物凄くファンとかでもないのですが(ごめんなさい🙏笑)時々

本当にその通りだなぁと染み渡ることがあります。

 

======

 

「感動とは感じて動くとかくんだなぁ」

 

こんな詩と直筆の書体を眺めながらある出来事を思い出していました。

 

本当にその通り。

人が動く時はどんな風に動くのだろう・・・、私が動く時ってなんだろう・・・

決して飾ってある額に、文字だけの風景に

反応しているのではないのです。

 

心の仕組み(インテグレイテッド心理学基礎講座)

から見ると何が起こっているのでしょうか・・・?

 

======

 

私も含め皆さんが何かを感じている時はどんな状態でしょうか?

観察してみましょう。

 

例えば友達同士でのカフェで「疲れたね~、少しリフレッシュしたいね~」

そんな時にどこに旅行行こうか?と話題になったとします。

一見言葉と言葉の交流に見えますよね。

 

私ならば今は渓流と緑を味わいたいので

「奥入瀬♡」と言いますが

ここで何が起きているかといえば

「奥入瀬」という漢字3文字が頭の中にあるのではなく

「奥入瀬」に纏わる自分の中のイメージ、映像、渓流の音、風の感覚

緑の新緑の匂いまで浮かんでいます。

 

そしてそこには身体で感じているさわやかな感覚、風の感覚

深呼吸したくなるような感覚・・・

リラックス感もくっついているのです。

 

私たちは一見「言葉」を使って話はしているものの

かなり影響を受けるのは「イメージや感覚、感情」なのです。

 

リアル感を産んでいるのは上記です。

言葉は実はただの文字であってそこに様々な映像、感覚が

くっついているものです。

 

例えば「苦手な人、自分を責めた人」などでしたら

その人の「名前の漢字、文字」が思い浮かぶよりは

その人に何かされたと感じたときの身体感覚やその時のその人の

表情や、受け取った電話の声やメールの内容にくっついていた

感情などでその人の名前を思い浮かべて感じています。

 

文字(思考の言葉)はただのある意味「情報」でしかありません。

 

 

これだけ普段から私たちは身体を通じて実は感じ続けている

存在だと思うと・・・

 

なんか緊張感が取れない・・・

なんかいつも不安感がある・・・

よく眠れていない感じ・・・

頭の中がぐるぐるしている・・・

 

理由が少し見えてきますよね。

 

自分の中の「感じて動いているもの」は言葉の文字ではなく

そのエピソードにくっついている感情や感覚が

とても大きいという事なんです。

 

エクササイズとして

*思い浮かんだエピソードがあれば

そこにどんな思い、感情、身体感覚がくっついているかを

探してみませんか?

 

自分が支配されていた本当の芯が見えてきます♪

あぁ、ここに反応していたんだね~

これが嫌だったんだ~、好きだったんだ~、

欲しかったんだね~などなど自分と対話します。

 

この気づきは思考の整理にも役立ちますし

ハートの声も聴けたりします。

 

遊び感覚でお試しくださいね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read More
24
3月
2018

どうしてそんなに怒っているの?

おはようございます♪

今日は久々に快晴の朝・・・

 

最近休んでいた(サボっていた!)散歩を

意図的に頑張って続けるようになると

体中の細胞が喜んでいるような気がします。

 

(基本重度の花粉症だったですが)マスクしながら

深呼吸すると、木々の命や暖かな太陽の光も

平等に優しいなぁと感じます。

 

*最近の花粉症を支えてくれている

マリエン薬局グッズ達

======

 

最近、同じようなテーマで自分もセッションを受けたり

クライアントさんも来ることが多いのですが

一つの自分の体験を書いてみます。

 

ずっと好きだった、安心できる人がいました。

気が合ってより深い話もお互いにして

気ごころの知れた仲だと

思っていました。

 

何か困ったことや相談事があれば何でも話せて

お互いに助け合っていると思っていたのですが

この時にはお互いに「尊重」があったように感じていました。

 

「親しき中にも礼儀あり」

 

この言葉とても好きです。

お互いに尊重や礼儀が薄れていきすぎると

色々な違和感を感じていくことが多かったからです。

 

私は何故この言葉が好きなんだろうと、こだわるんだろうと

心の内側を見つめてみると

相手から礼儀が無くなったと、感じるときに怒りが出てくるパターンが見つかりました。

 

例えば・・・

いくら親しいからと言って、自分の大切なものを

軽んじられたり・・・

プライベートな部分を興味本位で判断されたり・・・

自分を大切に尊重されないと感じると・・・

 

どうして怒りが出てくるのか・・・

表面上では「当たり前」と思いがちですがその内側は・・・

 

 

私はとても優しくしたい気持ちがベースにあるのですが

相手に「優しくできない」時に

「何で優しい私でいさせてくれないの?あなたのせいだ!」と

相手を責めていました。

 

あぁ、そうだったんだね・・・

分かるよ・・・

ずっと優しい私と優しくしたいあなたの関係でいたかったのに

相手が自分のなりたい姿にならせてくれないって怒っていたんだね。

 

私はAさんにずっと優しくしたくて仕方がなかったのです。

 

自分がしたいことが出来ていなかったから

怒りが出てきていたことが分かって

そんな自分に一番してあげたいことが

 

「この優しくできなくて怒っている自分」に優しくすること。

 

とても愛しい自分の悩める姿に愛を感じ

怒っていたら怒っているほど優しくしてあげたくなりました。

 

EFTのセットアップフレーズに

「私は私を深く愛し受け入れます」というのがあるのですが

まさしくこれです。

 

必ず理由や訳があるものです。

 

抑えられていた見えなかった声を拾うことって

本当にほっとします♡

Read More
1 / 512345
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.