RFT

20
5月
2017

『私の中の抑圧』を赦したことはありますか?

こんにちは♪

今日はまたセッションのご感想かねての紹介ですが

過去の私ももちろん含め人は「抑圧」と聞くと

 

*それはいけないことだ

*早くそれを取り除かなければ

*我慢しているなんて・・・私にそんなことさせる相手が

本当に悪い・・・イライラする

*「抑圧のない私」にならなければ・・・!

どうしたらそんな私になれるんだろう・・・

 

などなど・・・

 

抑圧さんはどちらかというと「悪い子」として捉えられていて

そもそも、何故私たちが抑圧しないといけないのか・・・

こちらにフォーカスすることが少ないようです・・・。

 

私も過去、凄くいけないものと考えていてセッションを

受けているときに「早くこれをなくさなきゃ」

「変化しなきゃ」と感じていました。

 

今回は継続中の方のジャーニーの「一部」です♪

まだまだ続き、もっともっと緩まりますから…♪

 

=====

 

テーマは「メールでのやり取りに胃がムカムカする」

ずっと携わっているボランティアの心のケアの

ミーティング後のメールです。

時間をかなりかけて決めたにも関わらず、

その時に参加していなかった人から、100%の賛同が得られませんでした。

自分達のほうがずっと貢献しているのに…!

いつもその私を押さえていました。

 

 

「私のことを誰も本当の意味で丁寧に扱ってくれない」

もう一方では「私は私のことをわかっていない人」

 

などの深い自分では気づけない潜在意識の中にある

ご自分のセルフイメージやビリーフは見つかっていましたが

ずっとそんな自分を自分で抑圧していることに

OKが出せないでいました。

→当たり前ですよね♪

 

世の中が怖いし、傷つきやすいのでよく出てくるイメージの

ご自分は「防護服」を着ている姿でした・・・

 

通常は防護服を着ながら「誰かに分かって貰えるように頑張ったり」

「引き受けたくないことも(無意識に)引き受けないといけない」と

感じたり…

 

疲れて自然や植物に癒しを求めたり・・・

そしてどうして私を誰も本当の意味で分かってくれないの?と

悲しさや虚しさを感じたりしています・・・

 

どうしてそれを着けているの・・・?

みんなは着けていない・・・

これだから私は人と違う・・・理解されない・・・

 

 

こんな姿のクライアントさんでしたが

「防護服を着けている私」に

こんなにやさしい眼差しに変化して・・・

自分のことをより理解し、受容する時間となりました。

 

********

 

ひとの苦しみを感じてしまう苦しい繊細な私をわかってほしいと思っていた。

ひとの苦しみを感じる繊細な私を守りたいと思っていて、でも守れないと感じていた。

(*この方も常に無力感や絶望感がありました)

 

言いたいけど言えずにいたことが言えた時、本当のことを言った時、

自分の中の苦しみを言葉にした時、表に現れた感じがしてエコーが落ち着いた。

 

*今回のセラピーでは他者優先になり助けを求められない

自分像が出てきていました。

 

(*エコーとは(ECHO):Energy Consciousness Holograms の略。
エネルギーが形としてイメージされる、インナーチャイルドのような存在。)

 

これ以上人の苦しみを感じないようベールをつけた時、

嬉しそうにニコニコしていたエコー。

守ってくれるものがあり安心していました。

私にとっての自分を守ろうとすることは、

「私は私のすべてを守れない存在」の自分を抑圧し続けることだと実感しました。

 

*(ここ、本当に頭で理解するのとセラピーの中で体験されて実感するのは

全く違います。

私が私を理解する(受容する)ことは「私」の予想をはるかに超えます♪)

 

セッション前は必死で自分を守るべきと、それを強く抑圧し、

さらにその抑圧をダメと否定していました。

 

セッション後は防護服が光のベールに変わり、抑圧は絶対ダメ!なものから、

抑圧は大事なこと、必要なことに、抑圧への投影が変わりました。

 

=======

 

こんな風にセッション後は

相変わらず自分を理解していない人は世の中にいるけれど・・・

刺激される自分もいるけれど・・・

「見方や感じ方」が違うとこんなにも世界が、人が

温かく見えたり、ユーモアに見えたり、余裕が出てきます。

 

自分を受容するって本当にパワフルなんです♪

Read More
08
5月
2017

セラピーと問いかけ勉強会10回目最終日

おはようございます♪

今日もいいお天気ですが・・・

今日からお仕事が始まる方も多いのでは?

 

私のGWは昨日、一区切り付きました・・・

昨日書いたEFTプラクティショナー講座3日間と次の2日間は

問いかけとセラピーの集中勉強会10回コースの最終日。

第1期生、第2期生の最後のクラスが続きました。

あぁ、感慨ひとしおです・・・

10か月前のみんなは本当に今のみんなと違っていたなぁ・・・

 

「緊張しています・・・」

「問いかけ、全くわかりません・・・」

「自分だけが場違い・・・」

「きっと私はペアワークの時に相手に解放までできないから

申し訳ない」

「帰り道は頭がクラクラします・・・」

「自信がなくなりました・・」

「みんなの方がわかっている感じで焦り、緊張が走っています・・・」

 

などなどなど・・

 

そんなみんなが昨日も一昨日も難しいクライアントロールを

一緒にホールドしながら進めていきましたが・・・

 

いい質問出ています!

いい切り口、見つけられています!

 

そして、ちゃんと待ってあげられています・・・

クライアントさんが考えて潜在意識へアクセスしている時間を・・・

 

これ実はなかなか難しくてセラピスト側がどうしても早く

相手から答えを得たくなってしまい自分から

無意識に何か話し始めてしまうんです。

 

*ここ、微妙ですが提案とか助ける意味で話しているのとは違うのです・・・

 

やはり継続は力なりですね~

 

スペシャルゲストが懇親会にジョインしてくださり

皆さん喜ばれていました~

*当日のその時間まで私も予想していなかった本当にハプニング

でした♪笑

 

このまま引き続き継続される方もそうでない方も・・・

 

ファミリーとしていつでもホームはここにありますよ~~

 

抑圧投影を勉強している同志なのでここで培われて、ここでシェアをし合って

ここで涙を流し、共感し、ともに見つけた自分のビリーフやセルフイメージは

本当に宝物ですよね~♥

 

結構、知らない間にわたしもつい難しいテクニックや、どうしても

伝えたい、習得してほしいことをバンバン言えたのは・・

 

「みんなを信頼して出来ると思っているから・・♥」

「上手になってほしいから・・♥」

 

私もみんなと一緒にたくさんの学びの時間を持てたこと・・・

感謝でいっぱいです。

 

 

Read More
07
5月
2017

EFTプラクティショナー養成講座終了♪

おはようございます~(*^^)

今日はGW最後の休日の方も多いのではないでしょうか・・・?

私のGWは3~5日はJMET EFTプラクティショナー養成講座

トレーナーをしていました。

 

そして昨日、今日は「セラピーと問いかけの集中クラス」最後の

10回目と続きます・・・!

 

今回はお顔もほぼはじめましての方が多かったのですが

皆さん、とても柔らかいエネルギーで和気あいあいと・・・

そしてEFTのパワフルな効果・・・

こんな風に使っていくんだということ・・

知識もそうですがペアワークの4回を通じ、お互いの体験の中で

実感されたようです♥

 

3日間の講座ではプラクティショナーとしての必要なレクチャーは

もちろんなのですが車の免許で言えば取り立て状態。

ここから練習を沢山して高速を怖くなくスイスイと

走れるようになっていくのです・・・

 

セラピーが上手になるための練習は言わば職人の世界感と

似ているなぁとも感じます・・・

 

大工さんだったら親方のそばで見たり、聞いたり・・・

実際に触って現場にたくさん携わって身体で覚えていく部分も

ありますよね・・・

 

すし職人さんも最初からいきなりカウンターに立てない(立ったとしても

多分ぎこちないですよね・・・)ような・・・

 

私もEFTを習ってから実際にセラピストとしてお金を頂いて

セッションするまで(カウンターに立つまで)時間をかけました。

 

なぜならまずお店を開いたことなどないし

お魚の知識、さばき方、お魚の季節の持ち味、シャリの扱い、

握り方・・・温度・・・包丁の使い方、扱い方・・・

お客さんとのコミュニケーションの取り方・・・

 

このお客さんのこの表情の時、体調の時は「これ」だ!とか・・・

出す順番・・・

仕入れの時から今日のあの人の好みと市場での魚の状態とか・・・

 

奥深いです・・・セッションは・・・!!

で、それがとても大好きなんです・・・♥

 

何が出るか、どうなるか・・・全く分からないし「生もの」です。

同じクライアントさんでもその時によって違います。

 

みなさんの手に渡ったEFTがみなさんの色を加えながら

「お伝えした絶対外せない基本」は守りつつ・・・

皆さん色に羽ばたいていくことがとてもうれしいです・・・

 

陰ながら応援していますし、何かのご縁でまたともに練習できる

仲間として再開で来たらうれしいです♥

 

師匠の溝口あゆかさんに改めてこれを伝えてもらったうれしさが

沸き上がってきます・・・笑

Read More
26
4月
2017

「私が悪い」というマントラ

おはようございます♪

ここのところブログの更新が滞っていましたが

「JMETのITTワンデーセミナー」をしていたり

「問いかけとセラピー」のクラスと目白押し・・

 

師匠の溝口あゆかさんが帰国しているときは

勉強会やこの時にしか受けられないようなセミナーなど

アシスタントに入れてくださることで学びが一杯♥

 

この春からの新しくなったテキストの講師としての学びが一杯です。

 

もっともっと私自身も吸収して学んでそれを常にアウトプットして

いい循環の中に存在していたいとゆるく感じています♪

 

OADセラピストとして自分自身を見つめていけたらとも感じています・・・

癒しの旅は永遠ですしどんな形もそれは完璧・・・

 

自分自身のセッションで動かない頑なな姿を見つけるたびに

「半分頑固さに苦笑い」と「半分は愛おしさ」が同居します。

 

こういった「動かない頑ななエネルギー」に触れるたびに

クライアントさんにも自分自身にもより内側のキャッチできていなかった

隠された声を拾っていきたいと感じます・・・♪

 

その「声」との対話こそがOADの醍醐味なんです♥

 

この声をセッションでも聞いていくと本当に「自分の中に何一つ

いけないもの、取り除くもの、排除して変えるもの」がないことが

実感できます!

 

========

 

最近のセッションでよく出てくるの声の一つなのですが

「私が悪いから・・・」

→セルフイメージなどでは「私は悪い、諸悪の根源」とか

「私はトラブルを起こす火種」とかそれはその方にピタッと来る

ものが多種あります。

 

そして同じ人でも状況においてこのセルフイメージの言葉が

違ったりします。

 

大ざっぱなのですがこの「私が悪い」ってものすごく人生に影響を

及ぼしているんです・・・

☆因みにこのセルフイメージは自分で全く気が付かない潜在意識の

中にデフォルトとして同化しているので自覚なしです。

これがスタンダードな当たり前な感覚なのですべてが

ここから発信されていきます。

 

以下はあるクライアントさんの例です。

 

・私が悪いから、私が話すことはわかってもらえない。

・私が悪いから、助けてもらえない。

・私が悪いから、責められる。

・私が悪いという思いで見ているので、好ましくないことが身の回りで起きると、人から責められる、理解されない、助けてもらえない、全てが私のせいだ、となっている。

 

もしも、ご自分の人生の中で「私が悪い」というセルフイメージがあって

それが全く無意識で自分が気が付けないで

この思いが元で世界を、誰かを見ていて感じていて聞いていたとしたら・・・

 

世の中が怖くて冷たくて、誰かは助けてくれなくて

助けてもらうためには気を使って嫌われたらいけなくて

責められないように細心の注意が「生きるために、自分が存在するために」

必要になってくることが見えてきますよね・・・

 

これが「通常モード」なんです・・・

 

こういった方々は緊張感が「通常」なので緩むことに対して

頭では「緩みたい、楽になりたい、自由になりたい」と渇望していますが

実際には「緩んだら、楽になったら、リラックスしたら生きていけない」と

無意識で本気で思っているので時間もかかりますし、何度も同じテーマを

繰り返し見つめていくのですが・・・

 

*心の仕組みは溝口あゆかさんが提唱しています

「インテグレイテッド心理学基礎講座」でお伝えしています。

基礎講座は開くことが認定されていますので

またお知らせしますね。

 

そこにはものすごく大切な「この姿でいなけれないけない私の切ない声」が

たくさん詰まっています・・・

 

健気なその声たちを聴いていけばいくほどにそこには愛おしさ、感謝

そしてそれが「真の強さ」であったことが見えてくるでしょう・・・

 

私自身にもありますとも・・・!

絶対に信じ切っていて「緩められない部分」が・・・

 

でも、なぜ以前と違って感情の渦に巻き込まれにくいか・・・

巻き込まれていてもそこから出ることができるか・・・というと

やはり「OAD」を学び続けているから・・・

 

OADは人生を変えてくれてOADは豊かさを与えてくれました。

 

話がずれていきましたが・・・

何が言いたかったかといいますと「全く変わらないだろう」と感じる

ご自分の中の頑固な絶対に動かないエネルギーも癒しを続けていたら

変化が起きるということです。

 

この変化はある意味「避けられない」「起こってしまう」もので

それこそが自然に変化していきます。

 

「変えなきゃ」という思いが変化するかもしれないし

「動かない」ものが実際に動くのか・・・

 

それはその方の一番ふさわしい形でやってきます・・・♪

 

今度は5月のGWにエネルギーを動かすセラピーの一つ「EFT」を

お伝えします♥

 

JMET EFT詳細こちらから・・・♪

タイミング合う方がいらっしゃいましたら是非お会いしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read More
23
3月
2017

暗闇をひゅ~って落ちて行った先には・・・

おはようございます♪

今日もいいお天気ですね♥

今回のセッションのご感想は30代女性

セラピストさん志望、

デザイナーさんであり、ずっと継続で

セッションを受けてくださっている方です。

 

かれこれ3年目のお付き合いですがやっと

「触れる問題」が出てきています・・・

 

その位深すぎる「抵抗」はあるんです・・・

 

そして癒しは一足飛びではないけれど継続で

ご自身が「自分を見捨てず対話を続ける」ことで

必ず変化がある奇跡をずっと見守り続けています。

 

*隠された声たちはみんな待っています・・・♥

 

私自身も今も癒しのジャーニーの真っただ中・・・♪

これでいい、これが良いよねってクライアントさんと

喜びを分かち合う時間でもあります。

 

マニアックな内容も含まれていますがこの

クライアントさんも(私も自分が受ける側でのセッションで体験している)

「光」は是非、頭の知識ではなく「体験」で体感して

下さいね・・・♪

 

そこはもう・・・

本当に言葉じゃない「経験」がただあります・・・

 

しらずしらずに「私」は変化して確実にラクになっています・・・

途中、怖い辛い思いや余計な今まで抑えていた苦しさを見るとき

胸が痛みますが、必ず変化が起きています・・・♪

 

ここで止めてしまうか、続けるかも大きいですね♪

 

常に全力でのサポートを、ホールドを続けながら今日も

楽しみます♥

 

全てのセッションはOADに忠実にそして

問いかけを使い「自分で気が付けない意識」にある

ビリーフ、セルフイメージを出してから

そのテーマの抑圧投影の関係が見えたところでセラピーへ

移行しています。

 

長文なのでお時間のある時のどうぞ♪

 

==========

 

【前回からのセッションまでの感じていたこと】

前回のセッション時は疲労がひどく、抑圧が出来ない状態というのを味わっていました。

月曜の朝の気分が最悪だったのですが、毎日仕事に行くにつれてその気分がマシになっていって

『これが抑圧なんだ、抑圧って悪いものではなくて私を守っているんだな』

と気づき、ひしひしと実感していました。

 

*ハイ、実は抑圧のメリット、役割もちゃんと声を聴くと

素晴らしい側面が見えてきます♪

 

【今回取り扱いたかったテーマ】

最近、お金や将来についての不安が出てくるようになってきました。

これは今うまれたのではなく、ずーーーーっと長い間自分が無視し続けていたものだとわかりました。

必死に気づかないふりをしていたとても恐ろしいもの(お金や将来の不安)に、

向き合える自分になっていることを少し嬉しく(感じているもの自体はツライんだけど)感じていました。

 

【セッションを終えて感じたこと】

就学支援の申請書を、市のHPからダウンロードしようとしている私をエコーにしてセッションして頂きました。

お金に対する不安、という漠然としたものでしたが、

それが、息子の将来のチャンスをお金がないことで奪ってしまうのではないかという恐れだということがわかって、びっくりしました!

そこまで息子の教育や将来のことを気にしていたという自覚がほぼなかったのですが、

言われてみれば無意識にすごく気にしていたんですね。

私の中で、親は子供の必要なものを全て与えるべき、というビリーフががっつり入っていました。

息子のニーズに応え続けるべき。全然気が付いてなかったー。。。

息子の将来は私にお金があるかないか次第だと、無意識で思っていたことも。

息子が持っている力は、まったく考慮に入れていませんでした。

あと、怖いという気持ちを感じることは、恥ずかしいことだと思っていたことに初めて気づきました。

だから、余計に抵抗していたんだなって。

セラピーでは、不安を前にして怖いのだけど、その怖さの中に崩れ落ちて降参する感じは初めてでした。

降参すると、なぜか力が抜けて楽なんだなと初めて知りました。

怖さに抵抗しているほうが苦しかった。

そして、エコーが『見捨てないでくれてありがとう』って言ってきたことにドキっとしました。

怖さを感じているエコーを見捨てようとしていたことがバレていたと思って。

わたしは、このエコーのわたしを無いものとして生きてきて、

見ないように気づかないように必死にしらんぷりしてきたんだけど、

絶対にないものには出来なくて(居るって、どこかではっきりわかってるから)。

でも今回のセッションで初めて向き合うことが出来たとき、分離していた自分を、

本体の自分に回収できた感じがしました。この感じも初めてでした。

きっと、本体から分離している自分がほかにもたくさんいるのだろうな。

ますみさんが、『みんな待ってる』と言ってくれたのを思い出すと、すごく泣けてきます。

お金のこわさに対するセラピーでは、また、光を体験することが出来ました。

私が感じていた怖さは、真っ暗でなにもなくて底なしの暗闇でした。

そこに入って、どんどん落ちていく、というのを、ますみさんのしっかりとしたホールドの中、安心して落ちていったら、

(でも、ヒューっとした感覚がすごく気持ち悪かったー(笑))ずっと下のほうに光が見えてきて、

実は懐疑心の強い私は、『噓でしょ?そんな都合よく光がある?』と思っていました。

都合のいいように自分で想像しているのかと思いましたが、やっぱり違う。

光はだんだん強く大きくなって、とうとう私を包み込んで、暗闇だったところは全部光になりました。

今でも不思議で仕方ないけど、どう抗っても光から逃れられないということを、体験的に知りました。

あぁぁ。。って感じです(笑)

どうしてセラピーで光が見えるのぉぉー??ってほんとに不思議。

光に包まれたとき、『本当はこっちなんだ』とわかりました。

テスティングで、セラピー前の自分を思い出したら笑えて仕方なかったのも、すごく面白かったです。

だって、一生懸命『お金』のことについて不安に思っているさまが、

『何でそんなに真剣に悩んでるのー?コントですか?』みたいな感覚でした(笑)真剣に演技しているみたいな。

ほんとは知ってるくせにさー、みたいな(笑)

その感覚はすぐにいつもの自我の感覚に戻っちゃうけど、

真実を体験できて、今回もとてもすごく気づきが盛りだくさんのセッションでした。

いつも本当にありがとうございます!

 

【セッションから数日たって・・・】

 

振り返ってみると、以前はできなかったことが自然に出来ていることがあります。

二年近く前、妹がつわりのためにうちに数か月いたとき、私は家で音楽を聴くことができませんでした。

イヤホンで聞くことも、びくびくしながら聞いていたのに、今は当たり前のように好きな音量で聞いています。

家族がテレビを見ているときに、『私はこっちが見たいから、変えてもいい?それかビデオ録画してもいい?』と交渉できるようになりました。

以前は何も言わずに我慢して怒りを溜めていたのに。

あと、とても大好きで勇気をもらっていたシンガーソングライターさんに魅力を感じなくなっちゃったり、

以前は歌詞も曲もつまらんと思っていた歌が、最近すごくいいと思えたり、内面が少しずつ変化しているのを実感しています。

Read More
17
3月
2017

お母さんを可哀そうな人と思っていた♪

おはようございます♥
今朝はまばゆい太陽の光・・・

眩しさの光の中でこの記事を書いています・・・

今日も素敵なセッションのご感想をいただいたので

ご紹介しますね♪

 

40代女性

セラピストさん目指して勉強中の

継続中の方の体験談をどうぞ♥

 

長文ですがやはり彼女の中の苦しみの

変化(解釈、投影の変化)が分かりやすいセッションでした。

セラピーって何十年前の事でもこうして滞っていた

エネルギーがちゃんと動いて・・・

過去の当時の自分や相手とちゃんと会話で来て

通じ合えて・・・

 

あぁ、やっぱり楽しすぎます♥

 

この方のバックグラウンドは以前、お母さんが危篤の時に

創られたトラウマワークをしたこの場面を再度扱っています。

セッションでは同じ場面を何度も触ることで

残されているアスペクト(その問題の要因)を

取りこぼすことなく見つけることが出来ます。

 

 

子供は「その場で起こった全て」を自分のせいだと

思い込む例・・・

それがビリーフとなりずっと大人になってからも

抱えていて苦しかったこと。

 

『全てが私のせいと罪を背負えばお母さんの命が助かる』と思い込んだ娘と

『娘を一人残して絶対に死ねない』と誓った母の

お互いのエネルギーが溶けた時間でした。

 

*だからいつも彼女はお母さんのニーズを私が

埋め続けなければと「無意識」に行動し、

モヤモヤ、怒りを抱えていました。

 

「弱くて可哀そうな母」は実は何度も手術や危篤を乗り越える

「強い母、私を愛するが故の母」へ・・・

 

こうして、こうしてまた少しずつ「母子問題」は

変容していきました♥

 

長文なのでお時間のある時にどうぞ♥

 

********

【前回から今回にかけての感想】

自分の投影の中で生きている事を日常でも意識できるようになった感じがします。

抵抗しても、怒ってても、何もかも全て許されている。

そんな想いが自分を楽にしてくれています。

ネガティブも愛おしく嫌うものではないのだと、やっと解ってきたような気がします。

 

【今日のテーマは?】

仕事関係で見つけた私は卑しめられる存在だというビリーフ。

あと、母のなに健気ない言動で、もやもやしていた事がひとつ。

自分で問いかけをしてみましたがなかなか出来ずにいました。

私は使われるとか、そんな感じになっていたような。

 

【今回のセッションでの気づき】

ますみさん昨日も素晴らしいセッションをありがとうございました。

今回ほど問いかけの醍醐味?問いかけの潜在意識の声をひろう凄さを感じた事はありませんでした。

セッション前日に母に軽く言われた一言から、始まったモヤモヤを抱えながらセッションに望みました。

電車の中で問いかけを自分でするも、怒りの感情が先にでてなかなか問いかけが進みませんでした。

モヤモヤしてなんか嫌なのに、つかめない。

というより、掴みたくない。凄く抵抗していたような気がします。

ますみさんのセッションで、問いかけられて、初めは母の操り人形だ!とかでてきたのですが、

なんか、違うような。表面的な感じがしていました。

しかし、問いかけが進み、その下には 「母が可哀想」だと思っていた自分がいた!

この衝撃!泣き崩れました。

あまりに、くしっくりしすぎて。

そうだ、私はそう思っていた!

だから、私は母親の言う事を聞かないわけにはいかず、

もし母親の言う事を聞かなかったら母親が可哀想になってしまう。

そして私だけは母親の手を離せないそんな想いが見えてきました。

そのビリーフができた発端の場所は、私がまえにトラウマのセッションをやって頂いたあの場所でした。

13歳の私が母が倒れ命が危ないと言われ、

たった一人でイトコの家の階段で母親の安否の電話を待っている、そんな場所でした。

彼女は階段にひっそりと座っていました。

最初は無表情でしたが、受容してもらううちこんな想いがでてきました。

私が悪い子でわがままだったから! お母さんはこんな事になったんだ!

ごめんなさい!ごめんなさい! 泣きながら叫びつづける私がそこにいました。

彼女を受容しながら、抱きしめ、背中さすりながら、ゆっくりとセッションは進みました。

お母さんを助けるために私が悪者にならなきゃ!

私が悪い子になればお母さんが助かる!

その切ないくらい、いじらく、一途で健気な私が愛おしくて、気づけなくてごめんね。と彼女に伝えました。

全て愛でしかない。

本当にそうだと強く感じました。 母親をこんなに想っていた私がそこにいました。

悪者にでもなんでもなるから母を助けて!そんな心の声が聞こえてきました。

ますみさんから母をその場所に連れてこれる?と言われ 母を彼女のまえに連れていきました。

母の視線で私を見ると、幼い私を、ただ愛おし思っているのだと伝わってきました。

そして、ただ、私を一人にしないために、生きようと思っていることが感じられました。

私が死んだらこの子が一人になるのだと。

その視線を感じた時にお互いに深い理解が生まれたような、不思議な静けさが3人を包みました。

理解という癒やし。 そのままの私であっていい、そのままの母であっていい。

受容されながら、エコーの私と母、そして、今の私にも深い癒やしが起こっていました。

全て愛しかない。本当にそう感じました。

そして、にラベンダーの色に包まれながらセッションは終了しました。

ますみさん、今回も本当にありがとうございました。

深い癒やしを又経験する事ができて幸せです。

癒やしって本当に自分へのギフトですね〜。

ますみさんには感謝しかありません!自分をこんなに健気で愛おしく思えるようになったのですから!

 

【セッションからしばらく経って改めて感じること】

やっぱり問いかけの凄さを今回は感じました。

最近、自己ワークで問いかけがなかなか出来なくなっていて、

途中でリタイアしてしまう事が多くなっているのですが、

最後まで諦めないで時間をかけて向きあってみようと思います。

あと、母親を見る目が少し変わったような気がします。

この変化をじっくり観察してみたいと思っています。又報告致します。

今回も、素晴らしいセッションありがとうございました!本当に感謝です!

母も受容してもらって癒されたセッション。嬉しい限りです!

マトリックス上ではこんな事もできるんだなぁと、改めて実感しました。

Read More
14
3月
2017

ジワジワと変容する本当の赦し♪

おはようございます!

今朝は曇り・・・

曇りもたまにはいいですよね・・・

何だか全てがアンニュイに包まれるというか・・・

爽やかじゃなくてもいいよと言われているような感覚とか・・・

 

余りにも晴れ渡っているお天気なのに

自分のココロが晴れやかじゃないと

逆に疲れを感じたりしませんか?笑

 

今日はふと朝、目にした師匠溝口あゆかさんのOADのリーフレットから

感じたことをつらつらと書きます。

 

*もしかしたらこのリーフレットはまだ

一般公開していないかもしれないので、全文掲載は出来ませんこと

ご了承ください☆

 

==========

私たちの苦しみを生み出している心の状態を

 

①心の仕組みの観点からまずは見つめ・・・

(インテグレイテッド心理学)

 

②その私だけのオリジナルな心の深層を純粋に

問いかけを使いながらセラピストの解釈や分析なしに

見つめて探していき・・・

(問いかけ)

 

③セラピーを使い変化、変容させていく・・・

 

これをOADという言葉で表していますが・・・

最近、卒業と同時に新しいクライアントさん、特に

全くこのOADやあゆかさんの講座を受けたことのない方が

体験セッションを受けに来て下さるときに

感じることを書いていきますね。

 

どうしても過去の苦しかった私も含め、「辛いとき」は

まずは

●この苦しみの原因は何?

どうして私はこんな風に感じてしまうの?

この思いや感情はどこから来るの?

 

ここから始まり、ご自分のセルフイメージや、深いビリーフを

見つけるまではいいのですが・・・

 

ココから私も経験した「コレ」が顔をどうしても出します。

「この原因、ビリーフ、セルフイメージさえ変化して

無くなって新しい自由なラクな私にどうやって早くなれるの・・・?」

 

私もほぼ100%こう感じてセッションに向かっていましたし

頭ではいくら「これが悪者ではない」

「このビリーフのお蔭で私はこんなにも守られていた」

 

ありがとう・・・・

これがあってもいいよ・・・

 

この言葉を言っている「つもり」でしたが

本当の意味では無意識に「排除したい」「変化させたい」と

感じていたことを今さらながら逆によく分かるのです・・・

 

私たちの本当に傷ついたエネルギー達、抑圧されて

声を出すことを抑えられたエネルギー達の声を

いかに無視してきたか・・・

 

これも無視するしかなかった経緯や訳、理由が

こんなにもあるんだ・・・

 

癒しに携われば携わるほど感じる毎日です・・・

 

ここをいかに「自分が拾えるか、受容できるか、理解できるか」で

大きく変容が変わります。

 

*変容の深さ、変容の質・・・

(これに良い、悪い、出来ている、出来ていないのジャッジは

全く入っていません♪)

 

潜在意識と「ダイアローグ(対話)」がいかに出来るかがカギなんです。

 

抑圧されたエネルギーの声もですが

抑圧するしかなかった過去の自分の声も本当に大切で

両方共にまったく「全てが愛しい大切なわたし」と

毎回のセッションで感じざるを得ません。

 

で、何が言いたいかと言いますと、どうしても最初のころは

「目の前の苦しみ」をどうにかしたいとするあまり

結果だけを追い求めたり、抑圧された声を拾う事が

まどろっこしいと感じたり、一気に解決したくなったり・・・

 

この衝動が出ることが十分に自分の経験からも

分かるのですが・・・

 

この期間を乗り越えたクライアントさん達が口を揃えて

言って下さる言葉・・・

 

「やっと、この本当の意味が分かり始めました」

 

もう、継続を何回も受けてくださっている方が言う

この言葉の重みを感じざるを得ません・・・!

 

私も同じです・・・

 

今でもセッションを受けながら毎回ノックダウンされるのは

「あぁ、まだ自分にこんな思いが隠されていて

私はちっとも聞いてあげていなかった・・・」

 

本当に感じます。

 

でも、本物の(戻らない)癒しはスローかもしれませんが

確実に浸透していきます。

 

派手じゃないし地味で・・・つまらない・・・

そんな時間もあるでしょうが・・・

 

真の変化って体験したらもうやめられません♥

 

きっと一部のマニアックな方にしか届かないかもしれないのですが

私のとても大切にしている部分です♥

 

Read More
11
3月
2017

私は祝福のピースで創られていた♪

おはようございます♪

今日もいいお天気です❤︎

またセッションのご感想を載せたいと思います。

40代女性

会社員をしながらセラピストとしての

本格的な勉強をしている継続中の方の

投影の変化を(解釈の変化)お楽しみください❤︎

 

いかに私たちは事実を自分の解釈で苦しんで

感じているか、見ているか…

 

長文なのでお時間あるときにどうぞ♪

OADに忠実にセッションは進んで行きました。

 

************

 

【継続中の今回のテーマは何度も出てきていた

私は目立ってはダメ!という思いからでした】

 

投影が頭でなく。

本当の意味で、腑に落ちた感じがします。

自分のビリーフで世界をみるとはどうゆうことなのか?

やっと解った感じがします。

そして、だからこのような反応が出てしまうのも、当たり前なんだと

自分を受容できりるようになった感じがします。

自分が目立つような事があると胸がぎゅっとなる。

目立つと人の責任もとらなくては、いけないという想いに気づきました。

**********

昨日は深い深いセッションをありがとうございました。

ここ3回くらいますみさんとのセッションは、深い深いセッション になっています。

泣いて顔がはれてしまうほど。

今回はあまり、テーマを決めないでお伺いしたのに、

話しながら 出てきたものは、自分は目立つのが怖い。

そんなところから セッションが始まりました。

なぜ、目立たないようにしてるのか?

責任をとりたくない。

目立たってばそれだけ他の人の責任もとらなくてはいけないから。

だから目たちたくない。

出てきたのは小さい女の子、

自分は力があるから皆の為に責任をと って死ななきゃならない。

なぜ?私が死ななければならないの?

私はなんにも悪くない!おんなの子はじたんだを踏んでいました。

そんな激しい怒りの感情をますみさんが丁寧に丁寧に受容してい ってくれました。

そして、しばらくすると、ふっと女の子が消えました。

探しても見えません。

ますみさんがエネルギーがまだ残ってるから 大丈夫、と困惑している私を落ちつかせてくれました。

彼女は諦めていたのです。

諦めるしか自分をま守る事ができないか ら。

諦めるしかこの生死にかかわる状況を受け入れられないから。

深い諦めのエネルギーを又丁寧に受容していただきました。

私は、暗い雨のなか、ずぶ濡れになりながら小さい女の子を抱きし めていました。

私と女の子が見ている世界はずっとやまない雨の世 界。

シトシトと降り続ける雨。

冷たくって、誰も助けてくれないそ んな世界。

ますみさんの声がします。

その世界に光を探してみて!

光、光。 雨の世界、なかなか光はみつかりません。

ふと、足もとをみると光 の線がかすかに足もとに見えました。

そして、2人でそのかすかな光の線に飛び込みました。

なかなか、辿りつかない。

やっぱり見つからない。

ずっとずっと そんな事を思いながら2人で潜りつづけました。

ふっと、ふっと何が変わったような唐突さて、白い世界が目の前に 広がっていました。

その世界は私達にこう言っていました。

抵抗していい。

あらがっていい。

それでいい。

何が崩れていきました。

それはただそこにそのまま、私達を生かし 祝福してくれている深い愛だけの世界でした。

その祝福に泣きました。

あまりにも慈しまれている事に気づいて。

泣きました。

泣きながら癒されている自分に気づきました。

本当に最近のますみさんのセッションは深くて、泣いてばかりで す。

自分の立ち位置が変わると世界はこんなにも、変わって見える のですね。

私の世界は全て祝福でできていたなんて!

こんな気づきがでるなんて!

本当にありがとうございました。

やっぱり目を、潤ませてくださっている、ますみさんに、

その涙に 感謝せずにはいられません。

この世界を見せてくださってありがとうと。

癒やしって本当に素晴らしいです!

********

【セッション後しばらくしてからの感覚♪です】

自分は祝福からしかできてない、

そんな世界を、見る事ができ、自分にいろんな感情が出てきたとき、

この祝福を思い出してみようと思います。

抑圧にならな程度に。

毎回深いセッションが続いて本当に感謝です。

自分では絶対行けない場所。

そこに行かせて頂いて感謝しかありません!

ますみさん本当にありがとうこざます!

 

**********

深い深い絶望が出てきたとき…

そこに深い深い諦めがありました。

そこを抜けたときに、、、

頭で理解した受容ではなく身体で感じる

『それ』に触れたとき、抱かれたときの

クライアントさんの涙には私も一緒に

泣いてしまいます、、、笑

 

引き続き、チーム組んで一緒に体験して行きましょう❤︎

 

Read More
27
2月
2017

父の最後から見えた本当の私の姿♪

おはようございます♪

昨日までは2日間佐藤純子さんのRFT®プラクティショナーコース@東京の

アシスタントとして参加していましたが・・・

 

*セラピスト紹介欄に載せて頂いています♪

 

みなさんの中に「無意識にある抵抗の思い」を受容すると

こんなにも溶けて行く・・・緩む・・・

赦される感覚・・・大きな気づきがやってくるものかと

本当に驚いています・・・♥

熱い紅茶の中に角砂糖が溶けて行くような・・・

 

RFT大好きです♥

今日はまたセッション例とご感想をシェアしますね。

ほぼRFTを使い、最後はまたMRで〆のお茶漬けのような?

がっつりとホールドした時間でした。

基本的に全てのセッションにOADを使っております♪

 

*オープン アウエアネス ダイアローグの略

春から新たにテキストも変わる師匠溝口あゆかさんの

インテグレイテッド心理学で発表されます♪

 

素敵な懐石料理のように・・・・

最初は先付・・・から始まり最後はお茶漬け?のあとに

有機農法の貴重な果物や甘味と共に・・・

 

セッションは進みましたが本当に私も泣ける時間でした。

長いのでまたお時間あるときにどうぞ♪

 

============

40代前半 女性

ご自宅でお仕事されながら心の勉強もされています♪

継続180分のコース、継続90分コースを受けてくださり

一区切りついた最終回の様子です。

匿名でご紹介OKとのこと、本当にありがとうございます♥

 

***********

 

一昨年亡くなった父の危篤状態のとても苦しそうな姿を思い出すのが辛かったり

、二晩付き添っていながら席を外した20分足らずのうちに父は逝ってしまい、

一番最後の死に目に立ち会えなかったことが辛いのか…

セッションでますみさんに「何が一番辛かった?」

私「自宅療養中にもっと話を聞いてあげたかった。身体をたくさんさすってあげたかった…」

さらに問いかけていただいた先に「父を理解してあげられなかった」ことが

一番辛かったのだとわかり号泣しました。

小学校3年くらいから父との間に距離を感じ、

亡くなって1年3カ月経った今も、

亡くなったことは理解しているのにどこか受け入れられてない部分、

埋まらない何かがあるままでした。

それが「父を理解してあげられなかった」罪悪感。

そしてたくさんの時間とお金をかけて不妊治療をした理由の中には、

(夫との子どもが欲しい、何もない自分に役割ができる、

孫がいることで親孝行できるなどの理由の中に)命のリレーで父との距離を埋めるためもあり、

それでも子どもを授かることができずにいた自分を「女性としての機能を果たせない無価値な私」、

「娘としても女性としてもダメな私」をものすごい勢いで罰して、

言葉が出ないくらい自分を責めていたことがわかりました。

その状態をどこまでも受容していただき、ますみさんに

「不妊治療で子どもを授かれず、孫の顔を見せてあげられなかった、

でもお父さんとの距離感埋めるために妊活も頑張っていましたよね?

頑張り続けた彼女に何て声かけてあげたいですか?」と導いていただき、

私は「父の希望だったかどうかはわからないけれど、あなたなりに頑張ったね、って。」

「うん、うん。お父さんの希望かどうかはわからなかったけどね、

あなたは、あなたなりに、ものすっごい頑張ったよね。

理解したい、距離縮めたい、と思って、あなたの愛し方で、

すごく頑張ってた彼女にあなたから声かけてあげてください…」

…大号泣でした。。

正しい・間違いじゃなく、私なりの愛のカタチで父を理解しようと一生懸命だったことに、赦された感覚。。

そして場面が変わって自宅で酸素の療養生活を送っていた頃の父に対して、

たまの帰省で会っても他愛のない会話をちょこっとしかできず、

照れがあってどうやって接していいのかがわからない私。

「もっと頻繁に帰って、たくさん話を聞いてあげて、もっと身体をさすってあげたかった…」

その思いからもどんどん受容していただき、最後はその「照れ」が親子であることをわからせてくれている感覚…。

父はたくさん会話しなくても、私が帰ってきた時のちょっとの会話でも私とつながってることを感じられてとても嬉しくて、

ただいてくれるだけでいい…その無条件の愛の中に私はずーっといた…

それがわかったと同時に身体の奥から大きな赦された感覚がこみ上げてワンワン泣きました。。

ずっと「父」と「私」と孤立した感覚だったのが、

今は「父が私」で「私が父」くらい近い存在に。。

 

今回のセッションで「自分が自分を絶対に許さない」と罰していたことがよくわかりました。

許さないことで「ダメな自分を感じなくてすむ」「父の娘でいられる」。。

愛されるために、生きるために必死で健気な自我のすごさを実感しました。

すべての思いに理由があること、自我の動き、もっともっと自分を見ていきたいと思いました。

〇〇コース前にセッションが受けれたことも本当に良かったと思います。

 

今回、振り返りをしていても家族に対してまだまだいろいろな思いがあることを感じたので、

また早くセッションを受けたいです♪

 

こんなに家族とつながれている感覚、最初から深く繋がっていた感覚を感じれる癒しの旅になっていることに、

ますみさんには感謝の気持ちでいっぱいです。。本当にありがとうございます!!

最終日に頂いた素敵な花束は携帯の待ち受け画面にしていつでも咲いています♡

勉強会や、セッションもまた続きを受けたいので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m!!

 

********

 

実は私は今ありがたいことに父は生きてはいますが

この方のように「照れ」がありストレートに父に

愛している、とか大好きって身体に触れることが出来ません・・・笑

ハグなんて小さい頃からしていないし

父の胸で大泣きしたこともないなぁ・・笑

 

でも、なんか通じ合っています・・・

1分の短い電話の会話でもお互いに通じ合っている感覚・・・

 

愛していることを伝えたくて

感謝を伝えたくて何か食べ物を送ってみたり

旅行をプレゼントしてみたり・・・

孫の写真を送ってみたり・・・笑

 

凄く私にも思い当たる節が沢山ある素晴らしい時間でした♥

また絶対にセッションさせてくださいね!!

 

 

Read More
13
2月
2017

【セラピー、問いかけの集中クラスのお知らせ♪】

こんにちは♪

今日はお知らせがあります♥

去年8月からスタートしたこの【セラピー、問いかけのクラス】

もうそろそろワンクール10回目が終了します。

みなさん、かなりかなり8月に比べてグーンと

スキルアップされました☆

 

セラピーするときも、自己ワークで自分の心の仕組みを

純粋に紐解き、構造を知るためにも・・・

溝口あゆかさんが提唱している問いかけは

私自身が命の炎が消えそうな8年前に

このスキルで救って貰った手法でもあります・・♪

 

*今回、あゆかさんのblogにて最近のセッションのご感想を

載せて頂いています♪

 

参加される方は心の仕組みにご興味があり、自分で自分の

ワークを進めたい方・・・

 

または将来セラピストとしてお仕事したいのでその為の方・・・

 

既に今現在、セラピストとしてお仕事されている方・・・

 

ただ今、3クラスありますが4月からは平日クラス

6月からは土曜日、日曜日クラスと再び動き出します。

 

ご興味ある方はお問い合わせからどうぞご連絡くださいね♪

新しいクラスごとのの日程、振り替えの仕組みなど

お知らせします☆

*日曜日クラス、土曜日クラス、平日クラスがあります。

月一の開催です♪

 

 

*参加資格

インテグレイテッド心理学基礎講座受講済みの方

セラピーの勉強もされたい方はEFT,MR,RFTなどどれでも

一つ以上の受講済みであればOKです♪

 

過去の記事をご参照ください♪

2016/6/15の記事です♪

問いかけとセラピーの新しいクラスのお知らせです

 

アットホームな中で、少人数でお一人お一人に寄り添いながら

ラポールの中でのクラスとなります。

10回終わるまでにかなりの仲良しになっています♥

 

次の新しいクラスでの学べるみなさんとの出会いが

今から楽しみです!

 

どうぞ宜しくお願い致します❤︎

 

 

 

Read More
  • 先頭へ
Copyright (C) 2014 Healing space mamy All Rights Reserved.